« ハブダイナモ+ライト インプレ第1弾 | トップページ | 「僕の歩く道」いまさら初見 »

2006年12月 5日 (火)

ハブダイナモ+ライト インプレ第2弾

今朝は一見昨日と同じぐらいの冷え込みかと思い、同じ格好で家を出たのだが、5分ほどで足先の冷え具合が昨日とは違うことに気づく。シューズカバーがないので、勤務先まで我慢して走行。
今だから笑って言えるが、最初の年はまだシューズカバーを持っておらず、年末に足の指がしもやけになってしまったことがある。
過去ふた冬の経験からは、その頃になると頭、耳、首の保温も必要になってくるはず。

さて、昨日に続いてハブダイナモ+対応ライトの話。
いじる時間がなかったので、ライトの取り付け方は最初のまま。(昨日の写真を基準に、走行中はFサスのサグ分だけ若干下向きになると思ってほしい。)
この状態で、一番明るい部分は自分の5~6メートル先にある。

今日の帰り、反射板の付いたポールが並んでいる道路で、どの位の距離まで光が届いているかを確認してみた。
その結果、30メートル先までは確実に反射し、50メートル先でも微かながら反射することが分かった。

自分の場合、夜間の巡航速度は25km/hぐらいで、人や犬、無灯火の自転車などに気づいて停止ないし回避するための余裕を持つためには、最低30メートルは光が届いてほしいと思っている。
この点、この「LP-R600」は自分のニーズに合致していそう。パッと見はそれほど明るく見えないライトだが、思ったより遠くまで光が届いているようだ。

もう一つ、「X25」では、すれ違う歩行者との距離が詰まったときにやや驚いた表情をされることがあったのだが(特に年配者)、「LP-R600」ではそういうリアクションがない。
年をとって目の機能が衰えてくると、色温度の高いライトはまぶしく感じられるそうだ。その意味で、「LP-R600」のほうが黄色いからまぶしくないのかもしれない。

これからも気づいたことがあれば書いていこうと思っている。

|

« ハブダイナモ+ライト インプレ第1弾 | トップページ | 「僕の歩く道」いまさら初見 »

機材とグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/12962444

この記事へのトラックバック一覧です: ハブダイナモ+ライト インプレ第2弾:

« ハブダイナモ+ライト インプレ第1弾 | トップページ | 「僕の歩く道」いまさら初見 »