« ヘルメットにLEDライト装着(knog FROG) | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい »

2006年12月13日 (水)

シマノ WH-3N71-Roadの記事(CYCLINGTIME)

今日は午後から雨の予報で、実際に夕方まで雨が降っていた。幸い自分が勤務先を出る頃には止んでいて、路面はまだ濡れていたものの雨に当たらずに帰宅できた。
まだ気温はそれほど低くないので、冬用の服装にレインウェアを重ね着すると暑すぎると思い、半袖アンダーウェア・薄い長袖ジャージ・膝丈パンツとレインウェアで走行したが、それでちょうどいい感じだった。

さて、今日づけでCYCLINGTIMEに、ロード用のハブダイナモ付ホイールである「WH-3N71-Road」とライト「LP-R600」のインプレが掲載されている。
自分も最近、通勤MTB用にハブダイナモと同じライトを導入したので、興味を持って読んだ。

「LP-R600」の形状について、「コンパクトでハンドル上の収まりも良い」とある。自分にとってはかなり大振りな部類で、ケーブルとの干渉に気を遣ったこともあり、ずいぶん印象が違うものだと思った。
(これより大きいライトでよく売られているものが思い浮かばない。CATEYEのHL-EL500ぐらいではなかろうか?)

また、ライト上部に着いている白色LEDについて、「不必要だと思うが低速で発光してくれるのはありがたい」という何だか曖昧な書き方で、ライターの苦労?がうかがえる。
個人的には、この白色LEDの「より早く点灯し、より遅く消灯する」という特徴を肯定的に捉えている。というのは、上り坂で低速になった時や交差点での停止直前・発信直後の被視認性に気を配っていて好感が持てるから。
もちろん、電池内蔵のLED点滅ライトを併用すれば不要な機能ではあるが、最悪これ1個でも何とかなるという意味での心強さはある。

いずれにせよ、CYCLINGTIMEのように多人数がアクセスするサイトでハブダイナモや専用ライトが取り上げられることは、より多くの人がその存在を知ることに繋がるし、逆に既に流行りつつあることの現れと言えるかもしれない。

☆通勤通学ライダーを喜ばせる軽抵抗ハブダイナモホイール(CYCLINGTIME)

|

« ヘルメットにLEDライト装着(knog FROG) | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい »

機材とグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/13065306

この記事へのトラックバック一覧です: シマノ WH-3N71-Roadの記事(CYCLINGTIME):

« ヘルメットにLEDライト装着(knog FROG) | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい »