« シマノ WH-3N71-Roadの記事(CYCLINGTIME) | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい 続き »

2006年12月14日 (木)

箱根駅伝のコースを走りたい

今日は勤務先の忘年会があり、自転車通勤はお休み。
代わりに前々から正月にやってみたいと思っていたツーリングとそれに関連する本の話を。
テーマは「箱根駅伝、自転車なら1人でランナー5人に勝てるか?」(やや鉄腕DASH風。)

自分と家内は箱根駅伝に毎年出る某大学(別々)の卒業で、知り合って以来、沿道でそれぞれの母校を応援するのが正月の習わしだった。(近年はどちらも成績が良くなく、その2校が最後のシード枠を争うこともある。)
2年前に自転車に乗るようになってから初めての正月、沿道で駅伝の応援をしている最中にふとこのテーマを思いついたもの。

トップアスリートである駅伝選手たちは、20kmを1時間そこそこで走る。理論上、こちらが平均時速20km強で走れれば彼らに先行できるはず。
しかし、交通規制の前に走らなければならないこと、その規制前ならば当然信号待ちがあること、コースにはきつい坂が含まれること等を考えれば、自分程度の遅い人間には易しいことではない。
いっそ先行は諦めて規制解除直後を狙って追走した方がよいだろうか?

他にも、自動車専用道路(横浜新道)をどう迂回するか、箱根では路面が凍結しているのではないか等、考えておくべきことはいろいろある。
まずは研究をと思って、昼休みに本屋へ地図を探しに行ったところ、「箱根駅伝まるごとガイド」(昭文社)といううってつけの本を発見。

箱根駅伝まるごとガイド

この本、東京・大手町から箱根・芦ノ湖まで、全コースの地図(縮尺は1/20000)が載っていて、右開きで使うと往路、左開きで使うと復路というわけ。
地図がとても見やすくて、プロファイル(高低差のグラフ表示)もしっかり載っている。素材も雨に強い紙を使っているし、近隣のビューポイントや歴史上の出来事の記述も充実。さすがはマップルと感心して、さっそく購入。

とりあえずこれをじっくり読んで、実行計画を練ってみることにしたい。
やりがい的には、権太坂や箱根のヒルクライムがきついけど往路の方だろうか?

☆箱根駅伝まるごとガイド(昭文社)

|

« シマノ WH-3N71-Roadの記事(CYCLINGTIME) | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい 続き »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

まつあにさんこんにちは!面白い計画ですね~!
正月休みの2日間はお雑煮を食べながら、駅伝を見るのが恒例行事の自分ですが、あのコースを走ってみようと考えるところは、流石まつあにさんです。
ロードですか?マウンテンですか?
復路の下り坂が一番怖いと思います。車でしか走ったことないけど、結構ブラインドコーナー多いしスピード出ちゃいますからね~!正月の箱根は凍結する可能性大ですから・・・実行する時は、気をつけて下さい。正月早々に怪我でもしたら大変です!

投稿: TAKE | 2006年12月15日 (金) 08時28分

規制解除の直後だと、イラついている車列の前を走る→流れに乗るには高速走行が必要→ロードバイク、というチョイスになるかな?と思ってます。
規制前なら余裕を持てばゆっくり走れるので、視点が高くてより周りの様子を見やすいマウンテンが向いてそうです。
凍結が怖いので、5区は今回はカットして夏場に再チャレンジするかもしれません。(^^)

投稿: まつあに | 2006年12月19日 (火) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/13066578

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝のコースを走りたい:

» まっぷるで楽しもう [まっぷる]
まっぷるの楽しみ方 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 00時33分

« シマノ WH-3N71-Roadの記事(CYCLINGTIME) | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい 続き »