« 箱根駅伝のコースを走りたい その3 | トップページ | 頬に真冬の風 »

2006年12月29日 (金)

年末の自転車通勤

今年は12/31まで出勤の予定で、今日もいつものように自転車で出勤。
今朝は一昨日~昨日の暖かさが消え去り、その前と同じような気候に戻っていた。
いつも鶴見川に沿って西から東へ走るのだが、今日は北西からの追い風のおかげであまり漕がなくても25km/h以上で巡航できた。

昨日で官公庁は御用納め、今日は大納会で金融系も仕事納め。もう正月休みの人が多いのだろうか、朝は道路がずいぶん空いていた。
いつも晴れていれば5~6人はすれ違うスポーツ自転車乗りも、今日は1人も見かけず。
ウォーキングをしたり犬の散歩をしたりの高齢者だけは、いつもどおりの生活リズムらしい。

急に寒くなったせいか、夜にジョギングや犬の散歩をする人も、たむろする若者もかなり減った。通勤者が少ないこともあり、帰りはほぼ貸し切り状態で鶴見川沿いを走行。
北西からの風は朝と変わらず吹いていて、向かい風のために行き+5分程度多くかかってしまった。

風の強弱に合わせてリアを1~2枚上下すると、カチっという小気味よいシフターの音、ほぼ同時にシャキっというチェーンの移動音。それらが乾いた冷たい空気に吸い込まれていく。ひととき、割に心地よい孤独感を味わいながら帰ってこられた。

|

« 箱根駅伝のコースを走りたい その3 | トップページ | 頬に真冬の風 »

通勤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/13263027

この記事へのトラックバック一覧です: 年末の自転車通勤:

« 箱根駅伝のコースを走りたい その3 | トップページ | 頬に真冬の風 »