« 新年の計は持ち越し | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい 実行編(後編) »

2007年1月 2日 (火)

箱根駅伝のコースを走りたい 実行編(前編)

かねてからの予定どおり、今日は新春ツーリングとして箱根駅伝往路を自走してきたので、そのレポートを。

・スタートまで
まずは朝3:00に起床。体の目を覚まさせるため、パン・バナナ・野菜ジュース等を胃に流し込む。
次に心拍計センサーと自転車ウェアを着用。曇っていてそれほど冷え込んではいないようだが、朝が早いのでやや暖めの格好をイメージ。上はCRAFTの長袖インナー+Naliniの防風性ジャージ+ウィンドブレーカー、下は短レーパン+パッドなしタイツ+ナイロンパンツ。手足には冬用の手袋とシューズカバー。

通勤用MTBのリアに輪行袋や補給食を入れたバッグを装着し、ハブダイナモライトとヘルメットの点滅ランプのスイッチを入れ、いざ出発。
車でなら国道1号で箱根の山を越えたことがあるのだが、そこを自転車で走る大変さは未知数。体力を温存するため、少しプランを変えて東京まで輪行することにし、東神奈川駅へ。(横浜線の始発を待っていると東京駅に着く時間が遅くなってしまうので。)

5kmほど走って東神奈川駅に到着、自転車を輪行袋に詰めてガラガラの京浜東北線に乗車。約40分後東京駅に着き、丸の内北口に出て自転車を組み立てる。

スタート地点である大手町の読売新聞社前に着くと、時刻は5:40。
テレビのスタッフが車や機材の準備をしているのは当然として、もう一般のファンが20人ぐらい来て待っているのには驚いた。
やがて出場チームの一行が到着し、テレビのスタッフが監督に挨拶をしている。
写真は出番を待つ、日テレの1号車。

20070102_01

・1区
予定どおり2時間のマージンを持って、6:00少し前に出発。
夜明け前で道路はまだ空いているのだが、信号が多くてストップ&ゴーが多い。
時間には余裕があることだし先も長いので、焦らず巡航速度23~25km/h、心拍数120~130で進んでいく。
写真は京急線の踏切、レース中は選手の通過に合わせて遮断機が下りないように電車のほうを調整することになっている。もうすぐ高架になってこの踏切は無くなるそうだ。

20070102_02

鶴見中継所に到着、すぐそばのコンビニで、1回目のトイレ&補給休憩。テーブル席に座り、あんまん・おにぎり・お茶で朝食の続き。
ここに限らず、中継所近くのコンビニでは必ずテントやテーブルを出していて、マップや旗を配ったり、おしるこやお茶など温かいものを売っていた。

20070102_04_1 20070102_03_1

・2区
横浜東口を過ぎてしばらく行くと、駅伝の名所である「権太坂」に差し掛かる。
始め、たいしたことない上り坂だなぁと思っていたのだが、徐々に心拍数が上がってきて、いつの間にか150を越えていた。1.5kmほどだらだらと上りが続くので、徐々にきつさが蓄積されていくのかもしれない。
「権太坂上」(だったかな?)という交差点が見えて、そこが頂上かと思って近づいて行ったところ、頂上はもう少し先だったのでちょっとがっかり。
写真は坂の頂上地点の様子、テレビ中継用の固定カメラが見える。

20070102_05

不動坂交差点で、横浜新道(自動車専用道路)を避けるため、旧国道1号へ迂回。戸塚駅そばの踏切で5分近く足止めを食ってしまった以外は、順調に走行。

戸塚中継所は下の道(旧道)と自動車専用道路に挟まれたところにあるので、一度自転車を置いて中継所に上がっていく。
選手が来るのはまだまだ先のはずだが、歩道にはもうかなりの観客が出ていた。
とりあえず中継所を写真に撮ってから、下の道に戻って続行。近くのコンビニで2回目のトイレ&補給休憩。

20070102_06

・3区
134号へ抜けて海岸沿いを走るコース。この区間は湘南大橋を起点にしばらく渋滞していた以外、概ね快調に走ることができた。
134号ではロードバイクを結構見かけた。平塚までの間で3人ぐらいに抜かれ、5人ぐらいとすれ違ったと思う。見たところ速さはまちまちで、新春の走り初めの人もいれば、いつも通りのロード練習の人もいるのだろう。
もっと時間があれば景色のよい海岸の自転車道を走ったりしてもいいのだが、今日は先が長いのでパス。
写真は茅ヶ崎「サザンビーチ」のすぐ近くから見た海。小さく写っているのが「烏帽子岩」。

20070102_07

やや心配していた海岸沿いの風はたいしたことがなく、無事に平塚中継所に到着。信号待ちの多さと休憩2回の影響で、マージンは最初の2時間から1.5時間に減っていた。
写真に撮りそこねたが、ここはちょっとした広場になっていて、既にたくさんの観客が集まっていた。その熱気はまるでお祭りでもやっているような感じ。

20070102_08

|

« 新年の計は持ち越し | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい 実行編(後編) »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/13330119

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝のコースを走りたい 実行編(前編):

« 新年の計は持ち越し | トップページ | 箱根駅伝のコースを走りたい 実行編(後編) »