« この冬最初で最後の?雪遊び | トップページ | 通勤用MTB その後(電球とタイヤ) »

2007年2月26日 (月)

手持ちのリュックをフリーパック化(1)

以前、ドイターのフロントバッグをエクステンダーでシートポストに付けて使っている話を書いた。
今でもそうして使っているのだがやや容量不足で、本や雑誌、食料品、コーヒー豆などを買った時の持ち運びにはやや困っている。
(A4版の書類は薄ければ、クリアファイルに入れて曲げると折り目を付けずに運ぶことが一応可能。)

解決策として、薄手で畳めるバックパック(前に東急ハンズで見た記憶あり)を買う、リクセンカウルのフリーパックシリーズを買う、などを考えていた。
既にリュックはドイターやGillなど複数持っていて、また1万何千円も出してフリーパックを買い足すのが、何だかもったいないような気がしてきたところ。

軽くググってみると、リクセンカウルのバッグ側に付けるアダプタ(ドイターのフロントバッグに付いているのと同じもの)は、単品でも買えるらしい。
このアダプタ、6角のボルト4本で表側と裏側のプラスチック部品を留めるようになっている。
手持ちの中でもGillのリュックには、背中に型崩れ防止のプラスチック板が入っているので、ボルトを通す穴さえ開ければ、アダプタが付く可能性が高い。
そのリュックはヤフオクで1000円だか2000円だかでゲットしたやつで、実験に使って仮に失敗してもいいかな?と判断。

うまく改造できればドイターのフロントバッグはもう使わないと思うので、そこから外して試しにリュックへ取り付けてみようかと思っている。

結果については後日この日記でレポート予定。

|

« この冬最初で最後の?雪遊び | トップページ | 通勤用MTB その後(電球とタイヤ) »

機材とグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/14068533

この記事へのトラックバック一覧です: 手持ちのリュックをフリーパック化(1):

« この冬最初で最後の?雪遊び | トップページ | 通勤用MTB その後(電球とタイヤ) »