« 手持ちのリュックをフリーパック化(1) | トップページ | 風よけになるの巻 »

2007年2月27日 (火)

通勤用MTB その後(電球とタイヤ)

昨日の予報では午前中雨となっていたが、起きてみると雨は降っておらず、一応最新の予報を確認してから通勤用MTBで出発。

2月も末になってかなり日は長くなってきたけれども、日没前に勤務先を出られることはないので、昨年秋に揃えたハブダイナモホイールと専用ライトは帰宅ライドの心強い味方だ。

一つ不安なのは、予備のハロゲン電球をまだ持っていないこと。
そのうち買えばいいやと思いつつ3か月も経ってしまったが、累積使用距離が2,000km(うち夜間のハロゲン点灯は半分なので1,000km)近いので、そろそろ1回切れてもおかしくない。

自分が普段利用しているショップはどこもその電球を在庫していないし、サイクルベースアサヒもずっと品切れになっている。
今度都内に用事があるときにでも他のショップに寄ってみて、それでもなければ取り寄せを依頼するしかない。

もう一つ、ほぼ同じ頃に入れたタイヤ(IRC スムージー)の減りがやや目立ってきた。
今までに使ったタイヤ(シュワルベ・マラソン、スペシャライズド・ヘミスファー)はどちらも堅牢で減りが遅かったので、2,000kmかそこらでこんなに減るとは...とやや驚いている。
スムージーの柔らかさは多少なりともグリップのよさに繋がっていると思うので、悪いことばかりではないのだが。

もうしばらく使ってから1回前後のローテーションをし、5,000kmぐらいになったところで次のタイヤに交換することになりそうだ。さて次のタイヤは?

|

« 手持ちのリュックをフリーパック化(1) | トップページ | 風よけになるの巻 »

機材とグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/14090760

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤用MTB その後(電球とタイヤ):

« 手持ちのリュックをフリーパック化(1) | トップページ | 風よけになるの巻 »