« 通勤用MTB その後(電球とタイヤ) | トップページ | 通勤をトレーニングにするには »

2007年2月28日 (水)

風よけになるの巻

今日は冬型の気圧配置で、北風の強い一日だった。
特に帰りは北西寄りに変わっていて、勤務先から見て西にある自宅へ帰るまで、ほとんどの区間が向かい風。

最近、通勤にもメリハリをつけてトレーニング的にしてはどうかと思い、月水金を「やや負荷を高くする日」、火木を「積極的休養の日」にしてみた。
(土曜に出勤して平日に休む週は適宜変更。)
今日は水曜で負荷の高い方の番。最大心拍数の80%を目安に「メディオ」ペースで巡航する。

堤防や河川敷はほぼ吹きさらしだし、自転車が姿勢の高いMTBでもあるので、今夜の向かい風はかなり効いた。それでも、軽めのギアでケイデンス毎分90~100をキープして巡航。
不意に後ろに気配を感じ、チラっと見ると、1台のロードバイクが自分にぴったり付いている。
風が右斜め前寄りになると自分の左斜め後ろに動き、完全に風よけに使っている様子。

今日は「向かい風でメディオ」というテーマでやっているので、あまり気にしないようにしていたが、友達でも知り合いでもない人に、それもこちらMTB・相手ロードで何kmも続けてそれをやられると、さすがに腹が立ってくる。

ボトルを取って水を飲むふりをして、スピードを30km/hから20km/hまで露骨に落としてみたところ、しばらくこちらの様子を伺ってからようやく諦め、自分の方を見ないようにして追い越して行った。
その際確認したところ、自転車のブランドはTREK。別に好きでも嫌いでもなかったが、これからはTREK嫌いになるかもしれない。(もちろん冗談。)

いちおう「爽やか系自転車乗り」を目指す(笑)自分としては、逆の立場なら、1~2km走ったところで「向かい風で後ろに付いてすいません、今度は僕が前を走りますよ!」とか声を掛けてスッと前に出る、ぐらいのことはしたいものだ。

まぁ別の見方をすれば、自分もローディさんに「今日はあれに付いていけば楽かな?」と思ってもらえる程度には速く走れるようになったとも言えて、ちょっとは喜ぶべきことかも?

|

« 通勤用MTB その後(電球とタイヤ) | トップページ | 通勤をトレーニングにするには »

通勤」カテゴリの記事

コメント

困っちゃいますね。
脚が無いので付位置ならまだしも、脚を残して付位置というのはいけません。そのような状態で付きたいなら、自分でも前を分担しなきゃ。。。

推測ですが自転車の基本中の基本、集団走が身についてない方なのでしょう。最近になって乗り始めたのかも知れません。
ロードバイクの醍醐味って高速ローテーションにあるのに、もったいないなと思います。

投稿: SFK | 2007年3月 2日 (金) 23時21分

SFKさん:
> 最近になって乗り始めたのかも知れません。
そうかもしれませんね。当地でも一昨年、昨年とスポーツ自転車が増えてますし、ロードバイク率も上昇中なので、自分も含めてキャリアの浅い人は確実に増えていることでしょう。

> ロードバイクの醍醐味って高速ローテーションにあるのに
自分もそう思ってます。まだフルに享受してるとは言えませんが。(^^);
MTBの醍醐味(コントロールを楽しむ等)も同様です。

投稿: まつあに | 2007年3月 5日 (月) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/14090783

この記事へのトラックバック一覧です: 風よけになるの巻:

« 通勤用MTB その後(電球とタイヤ) | トップページ | 通勤をトレーニングにするには »