« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

旅立ちの春

先週風邪を引いて以降、なかなか体調が戻らなかった。仕事が忙しくて、休むことも早く帰ることもままならなかったせいか、ずいぶん長引かせてしまった。
ようやく今日あたりから調子が出てきたので、天気さえよければ来週からは自転車通勤も復活できそう。

ここ最近は暖かくなり、勤務先の目の前にある前庭スペースの桜もいよいよ満開を迎えた。
ぽかぽか陽気で風も弱く、昼どきになるとそこにオフィスのある人たちが弁当を広げている。どこからか熟年の夫婦や女性グループも集まってきて、桜の下で談笑中。

070330_01

自分もそこでコーヒーを片手にしばらく桜を眺めつつ、今日は転職する職場の同僚の最終出勤日だったと思い出す。
彼女は入社してから経理のセクションに3年いて、4月からは都内の会計事務所に勤めるそうだ。
きっと親御さんの育て方がよかったのだろう、明るく朗らかで周りの人の気持ちを和ませるようなところがあり、同年代の人にも年配の人にも好かれていた。

会計というのは、商売なり会社なりがある限りはどこに行っても必ずあるものなので、それについてポータブルなスキルセットを身につけてやっていくというのは、とてもよいことだと思う。
まだ若い(26歳!)彼女の前途がすばらしいものであるようにと願う、年度末の週末だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

満員電車&“ミラノ~サンレモ”

結局、今週は中盤以降ずっと風邪が治らないまま終了。せっかく暖かくなって桜も咲き出したというのに、残念ながら自転車通勤もここ数日お休みしている。

熱はそれほどないのだが、相変わらず喉が痛くて、VICKSドロップのレモンとオレンジを交互に買っては使用中。鼻もまだ頻繁にかんでいる。
1日しっかり休めばおおよそ治りそうな気もするが、今は時期的にそれが叶わない。今日も土曜日だが朝から出勤し、勤務先を出る頃は午後10時近くになってしまった。

東神奈川駅に着くと、日本代表グッズを身につけた人たちでホームが溢れそうになっている。すっかり忘れていたけれど、今日は日産スタジアムでサッカーの国際試合がある日だった。何とかそれをかき分けて、階段の向こうに待つ自分が乗るべき電車へ。
新横浜駅ではサッカー観戦の人たちにプラスして、ちょっとおしゃれした30代ぐらいの女性グループも大勢乗車。今週は水木土日と横浜アリーナで福山雅治のライブがあって、その帰りらしい。

...と言うわけで、すし詰めの電車で最寄り駅に向かいながら、体調が良くないのだから帰る時間帯を選ぶべきだった、とつくづく後悔。
すっかりくたびれて家に着くと遅い食事。ちょうどテレビでは“ミラノ~サンレモ”というレースをやっていた。早く寝ればいいものを、観だしたら止められなくなり、最後まで観戦。(^^);

この“ミラノ~サンレモ”は今回100周年を迎えた、有名で伝統のあるワンデーの自転車レース。選手たちが隊列を組んで地中海沿岸を飛ばしていく様子は、よく雑誌等でも紹介される。
コースは300km近くあるのだが、中盤までは平坦基調で時速45kmぐらい出ているので、意外と短時間で終わる。
終盤にはヒルクライムがあって、上りでアタックが掛かり出すと一気に緊迫感が増す。その上り下りを終えると、残りの短い平坦で精鋭たちによる最後の戦いが繰り広げられるのだ。
コースプロファイルのためか、逃げ切りで決まることは少なく、近年は最後の最後に猛ダッシュで差しきるタイプ(スプリンターと呼ばれる)がよく勝っている。

さて、見ていると今年は天気がかなり悪いようだ。路面がスリッピーで視界も良くないらしく、何度も落車事故が起こっている。
終盤の山岳ではリッコ(昨年宇都宮でのジャパンカップで勝った選手)の若者らしく活きのいいアタックが目を引いたが、結局はいつものスプリント勝負へ。
最後はスペインのフレイレという選手が余裕で差しきって勝ち、両手を挙げてガッツボーズ。
フレイレは、過去に世界選手権を3回も制している名選手。前年は故障で棒に振ってしまったので、きっと今シーズンは期するものがあるのだろう。

これからしばらくは春の有名なワンデーレースが続くので、早く体調を整えてテレビ放映されるものは全部観られるようにしたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

自転車通勤お休みの日

風邪で体調を崩していた次女は順調に回復中。ところが、今日は自分がちょっと風邪ぎみ。朝起きると喉が痛くて、体がだるく鼻水も出る。

原因としては、このところ恒常的に帰りが遅くなりやや睡眠不足なことと、ストレスが溜まっていることが思い当たる。
「自転車に乗ったらひと汗かいて風邪も吹っ飛んださっ」という図が頭に浮かんで、出発直前まで迷ったけれども、一応大事をとってバスと電車で出勤。

今日は随分春らしくなり、吹く風も南寄りで優しく柔らかい。しかし、その前しばらくの間季節が冬に逆戻りしていたせいか、電車の中には悪そうな咳をしている人が結構いる。
普段あまり電車に乗らない自分にはますます体調が悪くなりそうに思える、満員電車での出勤となった。

体調を考えて早く帰りたいところだが、結局夜10時ごろの退社。
早く調子を戻して、来週末あたりはきれいな桜の花が見られるところへツーリングに行きたいものだ。

※ファーマシー関係のスパムコメントがすごいので、とりあえずタイトル変えてみました。(07/6/4)

| | コメント (4)

2007年3月20日 (火)

勤務先近くで火事、実は...

未明に勤務先の近くで火事があった。ネットで確認すると、その火事で母親と幼い姉妹が亡くなったとのこと。

その後、昼になっても午後になっても、パラボラを掲げたテレビの中継車、朝日・読売などの新聞記者が大勢来ている。
ただの火事にしては随分扱いが大きいぞ?と思ったが、後で確認すると50代の男性が放火して実の娘と孫を...という話だった。

自分も3歳と1歳の子どもを持つ身になり、その真っ黒に焼け焦げた細長い3階建ての家を見て、何とも言いようのないやりきれなさを感じた。
せめては亡くなった親子のご冥福をお祈りしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

次女を病院へ

昨日発熱した次女、今朝になっても熱が38℃とあまり下がっていなかった。
昨夜食べたものは戻してしまったし、今朝も顔が少しむくんでいるように見えたので、朝一番で掛かり付けの小児科へ。

予想はしていたが、休み明けの小児科には後から後から親子連れがやってきて、待合室は診察が始まる頃には満杯になってしまった。早く行った甲斐あって順番は最初の方に。
まずはインフルエンザの検査を受け、おそらくは陰性とのこと。体重を確認され、風邪に対応する薬を処方していただいて帰宅、自分は会社へ向かう。

夜戻って家内から聞いたところによると、薬を飲むことは苦ではないらしく(その薬は甘くて美味しいらしい)、夕方になって熱も37℃に下がったとのこと。
寝顔を見ると腫れぼったい感じがなくなっていて、とりあえずは一安心。
向こう何日かは自宅で静かに過ごして、体力の回復を待つことになりそうだ。

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

次女発熱

今日は仕事は休み。朝起きて少し散歩してみると、昨日に続いて風がかなり冷たい。

暖かくなったら子どもたちを連れて散歩でもと思ったところ、昼前ごろから1歳の次女の様子がおかしい。
顔が少し赤くなり、いつになくずっとぐずっているので、熱を測ってみると38.3℃。
その後はどんどん上がってくるという感じではなく、いちおう食欲もあるようだ。
楽観はできないが、今日のところは自宅で冷やしながら様子を見て、明日の朝も熱が高けれはいつもの小児科に行くことにする。

長女もそうだが、次女もあまり具合が悪くなることがなくて、育てやすい方だろう。
だからと言って、特に最近のように急に寒くなり周りに風邪を引いている人が多い時は油断せずに見てあげねば、と改めて思った次第。

来週だとちょうど福山雅治のライブの日で家内はいなかったので(笑)、今日でまだよかったかも。

| | コメント (0)

2007年3月17日 (土)

いつもより早く出勤&「よあけ」

今日は土曜日だが出勤日。
このところ仕事が忙しく、毎日夜遅くの帰宅ライドとなっているので、少し始まりを早くして終わりを早めようかと思い、今日は試しに5:00起き・5:30出発にしてみた。

出発時はまだ薄暗く、走りゆくクルマはヘッドライトを点灯している。自分もハブダイナモライトのスイッチをONにして、いざ出発。

この1週間の自転車通勤では毎朝寒いなぁと感じていた。例年より暖かいとはいえ一応冬だった先月と変わらないか、むしろさらに風が冷たいほどだ。
今日はそれに加えて時間がかなり早いので、頬に触れる風には肌が切れそうな厳しさがある。
ちょっと暑いかも?と思ったネックウォーマーとシューズカバーも、どうやら最後まで着けていてよさそうだ。

自分の出勤コースは概ね西から東へ向かうルート。
途中で明るくなるにつれて無彩色からオレンジに変化していく東の空を見ながら、「よあけ」という絵本のことを思い出した。

この絵本、自然の雄大さや湿った空気感が水彩画でじわっと表現され、とても印象に残る1冊。柳宗元の漢詩が基だそうで、添えられた言葉は極めてシンプル。
何がいいのか分からないが、3歳の長女のお気に入りでもある。

なにぶん鶴見川の中~下流ゆえ、見えるものと言っても汚い水面や工場の煙突が中心で、「よあけ」の描く深淵さには遠く及ばない。
それでも夜明けには、様々な事物が息づいていく、1日の始まりらしさが充分に感じられるものだ。

さてこの早朝出勤、朝は電話は来ないし人に呼び出されることもないので、デスクワークが非常にはかどった。
但し、管理部門に確認したところ、光熱費が余分にかかるからという理由で止めるようにという指示。まぁもっともな理由だし(笑)、来週からはもうできないのだが。

☆「よあけ」(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

“ららぽーと横浜”オープン初日

このところ仕事が忙しくなり、気がつけば日記も更新せずに1週間過ぎてしまった。
移動中などにバックデートして書いていこうと思う。

さて、今週は今日休みで、土曜日に出勤する予定。
「ららぽーと横浜」のオープン日なので、偵察がてらMTBで行ってみた。

ららぽーとまでは自宅から2kmほどなので、体も温まらないうちに着いてしまう。
まだ開店前の9:30時点で、平面の駐車場は既に満杯だ。

070315_01

とりあえず、駐輪場で支柱とMTBを巻いてロック。写真で駐輪場がガラガラなのは、時間が早いのと、この駐輪場が遠い(ヨーカドー側)ため。ここを後にする11:00頃にはびっしりで、MTBを取り出すのに苦労した。

070315_02

施設内は10時過ぎの時点で写真のような具合。徐々に通路を歩くだけでも大変になってきた。

070315_03

アウトドア系を中心に、興味のある店舗を一応チェックしていく。
まずはFoxfire。ベイサイドマリーナの店舗とそう変わらない品揃えという印象。
用意された1万円の福袋は飛ぶように売れたらしく、自分が見た時は残り2~3個になっていた。

070315_04

次はNORTH FACE。Foxfireの2倍(2区画分)の広さがあり、比較的贅沢にスペースを使ったディスプレイの仕方。ここは特にオープン記念の特売品の類はなさそう。

070315_05

続いてAIGLE。近年ではセンター北とたまプラーザで買い物したことがある。
色が綺麗な服が多くて、自分に似合うかどうかは別として(笑)、割と好きなブランド。

070315_06_

福袋は2万円のはほとんど売れ、1万円のがまだ残っていたので、一つゲットしてみた。
ちなみに中身は、ダウンジャケット、スウェット(フード付き)、Tシャツ、バスタオル、肩掛けのポーチ。
ダウンジャケットには23000円、スウェットには9700円、ポーチには6200円だかの値札が付いている。仮に嘘でなくて、それでも利益が出てしまうとしたら、いったい原価は何円なのか?と興味深い。

070315_07

3階から見下ろすと下の写真のようになっている。10時台後半になると各階ともかなりの混雑ぶり。

070315_08

11:00過ぎにららぽーとを出て、鴨居駅側に伸びる道路を撮ってみた。
この調子で鴨居駅まで途切れることなく人波が続いている。(もちろん、歩行者天国ではない。)

070315_09

さらに周辺をぐるっと回ってみたところ、道路がかなり混んでいる。特に梅田橋では2km以上渋滞していた。
この辺は各種事業所や陸運局などがあり、もともと交通量が多いところ。
予想どおり、これからはかなり環境が悪化することを覚悟しなければならないようだ。
そのマイナスの方が得られる利便性を上回るのでは?と心配になった、オープン初日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

長女の絵

以前1月末の日記に、IKEA港北で子ども用のイーゼルを買った話を書いた。
長女はそれからほとんど毎日のように何か書いているようで、専用のロール紙は1本目をほぼ使い切りそうだ。

朝食の際に昨日描いたとおぼしき絵のことを聞いたところ、本人いわく“ふうかちゃん”(NHK教育テレビの「いないいないばぁ」という番組に出てくる女の子)とのこと。
なるほど、髪の雰囲気あたりはそんな感じもする。まだ顔はちょっとノッペリしているかな?

070314_01

また、最初は単発で動物や人らしきものを書いていたが、この頃は紙を広く使って何らかのシチュエーションを描くようになってきた。
例えば「みんなで動物園に行ったとき」と称して、キリンやペンギンなどの動物と自分たち家族、周りのおともだち、アイスやさんなどを1枚に描く等。

まぁ上手下手はともかく、絵が好きになった点ではいい買い物だったかも。
小さい子どもや孫がいる方、お一ついかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

手持ちのリュックをフリーパック化(5)

必ずしも自転車の話とは言えなくなってきたこの話だが、とりあえず続きを。
前回はリュックにアダプタープレートを付けてみたところまでを書いた。

リュックの底が膨らんで垂れてしまう問題については、ここ数日昼食をファーストフードで済ませて(笑)、ダイソー・東急ハンズ・無印良品などで使えそうな商品を物色中。

素材では塩ビやプラスチックの板、完成品ではファイル立て、キッチン用トレー、ダストボックス、その他いろいろ見比べてみた。
まずは安価に実験ができればと思い、本日ダイソーで写真のような整理カゴ(100円)を調達。

070312_01

早速リュックの底に入れてみたところ、うまい具合に膨らみが抑えられ、自転車が上下に揺れても後輪に擦らなくなった。
但し、安いカゴなのですぐにバキッ!と割れてしまうかもしれない。

もう一つ、内容物に傷が付く問題については、クリアファイル1枚(なぜかヨン様がプリントされている...)を入れて対応中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

留守番と料理の日曜

本来なら日曜はロングライドの練習や季節に応じたツーリングに使いたいところ。
しかしながら、やや疲れが溜まっているし天気も荒れ模様なので、レインウェアを着て30分ほど散歩に出た以外は自宅で過ごすことに。

今日は家内が午前中に美容院へ行きたいと言うので、快く送り出す。
2週間後に横浜アリーナでましゃ(福山雅治)のライブがあるので、その心構えの現れだろう。と分かっているのであえて聞かなかった。(笑)
自分も富士山、王滝、鳥海山等々へ出かけてしまうし、それらは観光産業の都合で前泊がほぼ必須になっているので泊まりがけだ。年1回のライブの日に子どもたちの面倒を見る程度のことは進んでやっておこうと思っている。

さて、「セサミストリート」を見終わってから、留守番しつつ昼食の支度でもと冷蔵庫をチェック。
ちょうど菜の花があったので、軽くゆでて薄い塩味のパスタに。(春らしくてよろし。)
出来合いのピザ生地を見つけたので、それにピザ用チーズ、プチトマトなどを載せ、250℃で予熱したオーブンへ。焼けてから載せる生ハムも用意.。
また、キャベツの外側の固いところ、シメジ、タマネギなどを切って火を入れ、コンソメ味のスープに。

長女は3歳半で若干の分別はあるのだが、次女の面倒見を任せられる訳ではないので、2人に目が届くようにしながら料理を進めていく。
家内から到着時間を知らせるメールが来たところで所要時間を逆算して仕上げ、家族4人で昼食。
まぁ、たまにはこういう日曜があってもいいだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

ちびっこ駅伝大会に遭遇

今週末も土日と連休。

日産スタジアムには1週前の3/4に行ったばかり。長女はどうも味を占めてしまったらしく、「また日産スタジアム行って自転車乗りたーい!」と言う。
天気予報では、今日の後半から天気が崩れ、明日は雨。もし行くなら今日のほうがいい。マリノスのゲームも今日はアウェイのはずだし。

...と思って行ってみたところが、駐車場が満杯で入れない。仕方がないので少し離れた外部の駐車場にクルマを置く。

日産スタジアムへ近づいていくとテントが沢山並んでいて、普通のサッカーがない土曜には考えられないような人手。しかも、スポーティな格好をした小学生を含む家族が多い。
いったい何の行事?と思って近づいていくと、「よこはま国際ちびっこ駅伝大会」というイベントと判明。

中を覗くとなるほど、日産スタジアムのフィールドや上階の通路を繋いだコースをタスキをした子どもたちが一生懸命に走っている。
それをビデオに撮ろうとする親、動物の着ぐるみ、売店で食べ物を買う人たちなどが入り乱れて、結構盛り上がっている。
しばらく見ていると、フォームがビシっときまって速い子、よれよれ気味で速くない子と様々。エキスパートの大会というよりは、ちょっと緩めの盛り上げ系イベントらしい。
「国際」という名前のとおり?、ちゃんと外国人の子どもも出ていた。

というわけで、スタジアムの敷地内は混みすぎているので、長女には新横浜よりの遊歩道で自転車に乗ってもらった。
そこは脇に川が流れていて(あまり綺麗ではないが)、自転車で走り回ると気持ちのよいところ。
今日は先週とは打って変わって風が冷たいのだが、長女は先週末同様にニコニコしながらペダルを回していた。まだ上り坂になるとピタっと止まってしまうのでお尻を押してあげたりしつつ、あたりを小一時間ほど自転車散歩。

その後は近くのタリーズでおやつを買ってきて、芝生の上でしばし休憩。
最近仕事が忙しくてストレスが溜まり気味なので、コーヒーを飲みながら「こういう休日もいいものだなぁ」と実感した日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

“ららぽーと横浜”オープン間近

来る3/15、自宅から歩いても20分ほどという至近距離に、大型商業施設“ららぽーと横浜”がオープンする。
最近、ららぽーとに出店する企業のいくつかからオープン告知のDMが届いた。
それらについては、以前に近隣の他店舗でポイントカード等を作ったことがある。
一定の距離や所要時間を条件とし、顧客DBから「“ららぽーと”の方が来やすくなる人」を抽出して一斉に発送をかけたのだろう。
例えば、写真は「アカチャンホンポ」から来た葉書で、正式オープン前の2日間に招待セールをすると書いてある。(仕事だから行けないけど。)

070309_01

この“ららぽーと横浜”、大規模で店舗のラインナップも結構魅力的なので、オープンすれば近隣に想像を絶するような渋滞を発生させることだろう。
今でも“IKEA港北”のせいで港北インターから下りるだけで1~2時間かかったりしているのに、どこまで酷くなってしまうのか?

渋滞は移動が不便になるだけでなく、空気が悪くなる点でも心配の種。
排気ガスはアイドリング~低速ではより汚れているので、それと台数増の相乗効果でものすごいことになりそうだ。

というわけで、地元民の自分としては、利便性云々よりは上に書いた不安の方がずっと大きい。
江ノ島や鎌倉などの観光地に住む人も、きっと同じような思いをしているのだろうなぁと想像してしまう、今日この頃。

オープンしたらちょっと覗いてみて(少なくとも最初は自転車で行くと思う)、実際の雰囲気などをレポートしてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

手持ちのリュックをフリーパック化(4)

一昨日はボトル紛失で話を終わってしまい、“フリーパック風”リュックのことを書き忘れた。
当日の朝、いざ走り出してみると、進むにつれて徐々にリュックが垂れてきて、底が後輪に擦れるようになってしまった。VIVAのバッグサポーターは後ろに短いので、リュックが膨らんで垂れるとはみ出してしまうのだ。
というわけでやむを得ず、途中から普通のリュックとして背負って出勤。

ちなみにこのリュックは低機能で、コンプレスができない。それができるリュックならたぶん大丈夫だろう。
とりあえずの対策として、最初期に鞄を括り付けて使っていたAMOEBAのリアキャリアを付けて下から支えようと思ったが、リアキャリアには上方向に角度が付いていて、エクステンダーと干渉するので不可。

他の方法として、VIVAのバッグサポーターに細工する(何か付けて後ろに延長とか)、泥よけを付ける、リュックの底に固いプラ板などを入れる、等が考えられるので、引き続き実験予定。
リアタイヤに擦りさえしなければ、“KLICK fix アダプターシステム”の2つのメリット(バッグがしっかり固定できる、着脱がワンタッチである)が得られて満足な訳だが...。
やはり本物のフリーパックにはかなわないらしい。(笑)

もう一つ、帰宅後に着替えを入れたビニール袋を見ると、アダプタープレートの裏側があたった箇所が傷んでいることが判明。
もし本などが当たったら、一発で表紙が痛んでしまいそうだ。
これも、プレートの裏側表面に何か貼る、クリアファイルやプラ板を入れる等、試してみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

ゲーム理論の話(情報操作)

今日は月例の勉強会で出先から直帰のため、自転車通勤はお休み。
ゲーム理論の学習は佳境に入っていて、あと2回程度で終わる予定。

本日のテーマは「情報非対称ゲームの連続と情報操作」。
ざっくり書くと、相手の手の内が明確に分からなくてゲームが連続的に繰り返される場合には、情報操作戦略が有効だという話。

例えば、自社が支配している市場に新規参入を狙う企業が出てきたとする。
相手を迎え撃つと短期的には価格競争に陥って損をするとしても、「あそこは強硬派だ、戦わない方がこちらの損害が少なくて済む」と思わせることができれば、以後の新規参入を抑制して長期的には利得を得られる。

テキストによると、これを確実にやっている企業の代表例がマイクロソフト社とのこと。
新規参入者が出てきたら徹底的に戦ってやっつけてしまう。(例:対ネットスケープ)
それによって、他の企業に「あそこと戦うと損だから仲良くしておこう」という意識を植え付け、独占を長期間維持しているという趣旨だった。

現実社会はビジネスにしても政治にしても、情報が対称(全ての情報が共有されている)ということは通常ないので、「自分のことを相手にどう思わせるか」が非常に大切になってくる。家庭でもきっとそうだろう。(笑)
そのことを改めて思い起こさせてくれる、興味深い内容であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

通勤初パンク&王滝ボトル紛失

今日は雨上がりでいつもよりやや澄んだ空気の中、気持ちよく家を出発。
ところが、数分後に日産スタジアムに近づいた頃、いきなりのパンク発生。
後輪からブシュッという音が聞こえ、タイヤが数周する間に完全に空気が抜けてしまった。

とりあえずMTBを押して日産スタジアムの入口前へ待避。自転車を裏返し後輪をよく見ていくと、大きさ小指の爪半分ほどで鋭角な三角形をしたガラス片が、接地面に深々と刺さっている。これではひとたまりもない。

070306_01

始めてから2年半、実は通勤の往復でパンク修理するはめになったことは一度もなかった。
(朝見たら空気がなかった、というスローパンクは1回あり。)
今までは単なる“お守り”だった修理セット(タイヤレバー・予備チューブ・エアポンプ)を取り出し、さっそく修理開始。

チューブを出してタイヤの裏側を触ってみると、幸い他に傷はなさそう。急いで予備チューブを入れ、噛みこみがないか確認して空気を入れる。
焦っていたせいか、タイヤの脱着にやや手間取ってしまい、約20分後に勤務先へ再出発。

...と思ったところ、さらに数分後、ボトルケージにボトルがないことに気づく。
おそらく自転車を裏返した際に脱落して、気づかずに出発してしまったのだろう。
(通勤では出し入れのしやすさ重視で、緩いケージを使っているのが裏目に出た。)
もう戻る時間はないので、そのまま勤務先へ向かう。
帰りに寄って探してみたが見つからず、そのボトルとはこのままお別れになりそうだ。

実はこのボトル、去年秋の王滝100kmで湧き水を入れたりして使ったもの。
当日は砂を含んだ泥を大量に被り、振動で擦れもしたので、傷に泥が入り込んで洗っても落ちなくなっている。
(王滝へ初めて行く方、ボトルは傷だらけになってもいいのを持って行きましょう!)
傷だらけでとても汚いけれども記念の品なので、ボトルとして役に立たなくなっても取っておこうと思っていた。ちょっと残念。

ここは気分を切り替えて、新しいボトルと新しい思い出を(笑)作っていくことにしよう。
しばらくは、年末のエンデューロ(日産スタジアム)で賞品として貰った、OGKのボトルを使うことにしたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

手持ちのリュックをフリーパック化(3)

今日は夕方から暴風雨という天気予報だったので、自転車通勤はお休み。
予報どおりに帰り(午後9時ごろ)は傘が使えないほどの風と強い雨だったので、自重して正解だった。

さて、3/2分に書いた、リクセンカウル「アダプタープレート」の続き。
その日の昼に和田サイクルさんへメールを出してみたところ、午後2時には早速返事が来て、在庫あり・即日発送可とのこと。そのまま発注し、翌3/3には早くも受け取ることができた。
週末はいろいろ立て込んでいて手が着かなかったので、今日は深夜に工作の時間。(^^);

まず、アダプタープレートの上下位置を検討。既存のフロントバッグとの比較、フリーパックの写真からの計算、店で実物を見た時の記憶を総合して決定。

次に、穴を開ける4箇所に白マジックでマークしてから、裏側に不要な雑誌をあてがい、錐で4箇所に穴開け。

このリュックの背中に当たる面は、薄いプラスチック板をスポンジで挟んだようになっていて、厚みがかなりある。
スポンジを切り取ってからアダプターを取り付ける手もあるが、強度の低下やスポンジのほつれ対策が面倒なので、とりあえず前後のプレートでそのまま挟んでボルトで固定してみることにした。
スポンジを潰しながら無理やりに留めるので汗だくで格闘し、ようやく4箇所を固定して“フリーパック風”リュックが完成。

070305_01_1

さっそく通勤用MTBに取り付けて、後ろから撮ったのが下の写真。前から付いているVIVAのバッグサポーターはそのまま。

070305_02

本来ならバッグサポーターは外してしまいたいところだが、これがないとリュックの下がタイヤに当たってしまう。底面に型崩れ防止がされていないリュックなので、底がポッコリ膨らんでしまうのだ。
プラ板などを入れる手はあるけれども、重くなるし四隅に局所的な負荷がかかって穴が開きそうで、ちょっと迷うところ。

脚が短くてサドル低めではあるが、一応数センチのクリアランスは確保できそう。
明日から使ってみて、バグ出しをしていこうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

長女と自転車練習

朝から晴れてとても暖かい一日。予報によると気温が20℃ぐらいまで上がりそうとのこと。こういう日は外で散歩するのが気持ちよさそうだ。
というわけで、長女がテレビ(セサミストリート)を見終わると、長女の自転車と次女用ベビーカーをトランクに入れ、車で近くの日産スタジアムへ行ってみた。

日産スタジアムではちょうどフリーマーケットをやっていて、回廊は1・2階ともかなりの人手。
フリマと言っても、昔ながらに素人が不要品を売っているような雰囲気ではなく、出店者はみなプロないしセミプロだ。服などを見ても程度に比べてお買い得でもない。
特に買う物もないので出店付近の人混みからはすぐに離れて、長女の自転車練習につきあう。

普段遊ぶ自宅そばの公園は芝生か砂地で、芝生は自転車を入れると傷むのでマナー違反だし、砂地はトルクがないのでなかなか漕ぎ出せない。
今日は下が舗装されて抵抗が少ないので、いつになく軽やかにペダルを踏んでいる。
加えて見晴らしもよいので本人は気分がいいらしく、何度も行ったり来たりを繰り返す。

070304_01_1

始めは下を見ていたので、行きたい先の前方を見て漕ぐようにと教えたところ、速くまっすぐ走れるようになってきて、念のため脇に付いている自分も結構いい運動になった。
まだまだへっぴり腰ではあるが、少しは走れるようになったので、追々ブレーキ操作なども教えていこう。(今まではブレーキが必要なほどスピードを出せなかった。)

自転車はバランス感覚や体の各部分の連動性を養うのによさそうだし、親が自転車好き云々は抜きにしても面白い道具だろう。
ただ、近所に3歳児でも安全に練習できて広い場所がないのが悩み。しばらくは今日のように広いところへ連れてきたほうがいいかな?と思う日曜日であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

我が家もひな祭り

このところ運良く土日の連休が続いている。

今日はひな祭り、我が家にも女の子2人がいるので一応イベント。
恒例では家内がちらし寿司を作るのだが、一昨日あたりに近くに住む義父から、寿司をとるので一緒に食べてお祝いしようという誘いあり。
それをありがたく受けて、娘らにいつもより少し可愛めの格好をさせてジジババ宅へ。

数枚の記念撮影のあと、大人はビール、娘らはジュースで乾杯し、寿司、定番の蛤の潮汁、その他数品を皆で頂く。
長女にはさび抜きのお子様用を準備。お子様用といっても小学校低学年生の1人前はありそうで、3歳半の長女は放っておくと全部食べてしまうので2貫没収。

食事中、長女にひな祭りに蛤を食べる由来を説明したところ、「○○(娘の名)も4歳になったら素敵な男の子に会えるかなぁ。」とのこと。やや中途半端だが大体分かったらしい。(^^);

自宅のほうは先月後半からひな人形を飾り付け中。但し家内の持ち物を流用している30年もの。(本当は1人1セット買うものらしい。)
本来は7段飾りなのだが全部出す場所も気力もなく、お内裏様・お雛様以外は箱の中で留守番してもらっている。
昔の人形なので、今の一般的な人形と見比べると顔がややふっくらしている。長女には「お内裏様かっこいい~」「お雛様きれい~」となかなか好評だ。

明日は晴れてかなり気温も上がるらしいので、外へ出かけてみようと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

手持ちのリュックをフリーパック化(2)

2/26の続き。

まずはドイターのフロントバッグからアダプターを外してみようかと、取付穴をよく見てみた。
すると、ボルトで固定されていると思ったのは自分の見間違いで、鳩目でがっちり固定されていることが判明。...ということは、外すには破壊するしかない訳で、それはちょっと切ない。

そこで、リクセンカウルから単品で出ているアダプタ(こっちは間違いなくボルト止め)を取り寄せてみることに決定。
改めてググってみると、商品名はアダプタープレート、品番はKM-811。常時置いてある店は杉並の和田サイクルとのこと。

杉並だと、送料と代引手数料を出しても往復の時間+交通費よりはまだ安いので、おとなしくメールで通信販売をお願いしておいた。
これが到着しだい、いよいよ実験開始の予定。

実際にアダプタープレートを付ける様子が、Danjunさんという方の日記に写真付きで載っていたので、参考にさせて頂こうと思っている。
この話に興味のある方、ぜひ下記のリンク先もご覧ください。

☆@つれづれ えんすぅ日記@ “Timbuk2 Euro tote の RIXEN化”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

通勤をトレーニングにするには

今日の通勤では負荷を軽くして回すようにしようと思っていた。朝、ロードバイクで出発し、最大心拍数の70%を目安にケイデンス100~110で走行。

6月のMt富士ヒルクライムに向け、ちょっとは練習しようと思っているけれども、最近仕事が忙しくなり、平日の帰りに遠回りしたりという気力が湧かない。自転車通勤はずっと続けているのだが...。

帰り道、朝と同じように走りながら、通勤をうまくトレーニングに使うには?と少し考えていた。途中で5kmほど信号がなく車が通らない区間があるので、例えば...
・水 →ソリア(最大心拍数の90%)3分間を往復各2回
・月火木金 →メディオ(同じく80%)10分を往復各1回
等として、前後の時間はウォームアップやクールダウンとすればよいのではないか。

それにプラスして、
・土 →ローラー台でパワートレーニングorインターバル走
・日 →行事がなければ屋外でLSD走とか
にすれば、週2回高負荷な練習・残りはやや低負荷な練習、ということになる。

でも、平日にあまりがんばると会社で居眠りしてしまうかも?
少し試してみて、経過はこれから日記にも書いていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »