« 風よけになるの巻 | トップページ | 手持ちのリュックをフリーパック化(2) »

2007年3月 1日 (木)

通勤をトレーニングにするには

今日の通勤では負荷を軽くして回すようにしようと思っていた。朝、ロードバイクで出発し、最大心拍数の70%を目安にケイデンス100~110で走行。

6月のMt富士ヒルクライムに向け、ちょっとは練習しようと思っているけれども、最近仕事が忙しくなり、平日の帰りに遠回りしたりという気力が湧かない。自転車通勤はずっと続けているのだが...。

帰り道、朝と同じように走りながら、通勤をうまくトレーニングに使うには?と少し考えていた。途中で5kmほど信号がなく車が通らない区間があるので、例えば...
・水 →ソリア(最大心拍数の90%)3分間を往復各2回
・月火木金 →メディオ(同じく80%)10分を往復各1回
等として、前後の時間はウォームアップやクールダウンとすればよいのではないか。

それにプラスして、
・土 →ローラー台でパワートレーニングorインターバル走
・日 →行事がなければ屋外でLSD走とか
にすれば、週2回高負荷な練習・残りはやや低負荷な練習、ということになる。

でも、平日にあまりがんばると会社で居眠りしてしまうかも?
少し試してみて、経過はこれから日記にも書いていこうと思う。

|

« 風よけになるの巻 | トップページ | 手持ちのリュックをフリーパック化(2) »

通勤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/14105565

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤をトレーニングにするには:

« 風よけになるの巻 | トップページ | 手持ちのリュックをフリーパック化(2) »