« 手持ちのリュックをフリーパック化(3) | トップページ | ゲーム理論の話(情報操作) »

2007年3月 6日 (火)

通勤初パンク&王滝ボトル紛失

今日は雨上がりでいつもよりやや澄んだ空気の中、気持ちよく家を出発。
ところが、数分後に日産スタジアムに近づいた頃、いきなりのパンク発生。
後輪からブシュッという音が聞こえ、タイヤが数周する間に完全に空気が抜けてしまった。

とりあえずMTBを押して日産スタジアムの入口前へ待避。自転車を裏返し後輪をよく見ていくと、大きさ小指の爪半分ほどで鋭角な三角形をしたガラス片が、接地面に深々と刺さっている。これではひとたまりもない。

070306_01

始めてから2年半、実は通勤の往復でパンク修理するはめになったことは一度もなかった。
(朝見たら空気がなかった、というスローパンクは1回あり。)
今までは単なる“お守り”だった修理セット(タイヤレバー・予備チューブ・エアポンプ)を取り出し、さっそく修理開始。

チューブを出してタイヤの裏側を触ってみると、幸い他に傷はなさそう。急いで予備チューブを入れ、噛みこみがないか確認して空気を入れる。
焦っていたせいか、タイヤの脱着にやや手間取ってしまい、約20分後に勤務先へ再出発。

...と思ったところ、さらに数分後、ボトルケージにボトルがないことに気づく。
おそらく自転車を裏返した際に脱落して、気づかずに出発してしまったのだろう。
(通勤では出し入れのしやすさ重視で、緩いケージを使っているのが裏目に出た。)
もう戻る時間はないので、そのまま勤務先へ向かう。
帰りに寄って探してみたが見つからず、そのボトルとはこのままお別れになりそうだ。

実はこのボトル、去年秋の王滝100kmで湧き水を入れたりして使ったもの。
当日は砂を含んだ泥を大量に被り、振動で擦れもしたので、傷に泥が入り込んで洗っても落ちなくなっている。
(王滝へ初めて行く方、ボトルは傷だらけになってもいいのを持って行きましょう!)
傷だらけでとても汚いけれども記念の品なので、ボトルとして役に立たなくなっても取っておこうと思っていた。ちょっと残念。

ここは気分を切り替えて、新しいボトルと新しい思い出を(笑)作っていくことにしよう。
しばらくは、年末のエンデューロ(日産スタジアム)で賞品として貰った、OGKのボトルを使うことにしたい。

|

« 手持ちのリュックをフリーパック化(3) | トップページ | ゲーム理論の話(情報操作) »

通勤」カテゴリの記事

コメント

おお!あのボトルが日の目をみましたね!
(思い出のボトルは残念でしたが。。)
正月にボトルを壊してしまった私はポーラーボトルを買ってみました。でも、あれからほとんどボトルがいるような距離走ってません。。

投稿: くろだ | 2007年3月 8日 (木) 00時06分

くろださん:
そう、あのボトル!です。
このボトル、蓋をパチっと押し込んではめるタイプですが、蓋をねじ込む方式に比べて寿命が短いので、自分では買いません。もらい物ならではです。(^^);

ところで賞品といえば、グリコの「エキストラ・ビタミン&ミネラル」はよかったですか?

投稿: まつあに | 2007年3月 9日 (金) 19時32分

↑毎日飲んでるわけでないので
効いてるかどうかわからないんですよね~。ただ、あの後自転車屋さんに行ったらかなりの高額品だったのでびっくりしました。効いてるにちがいありません!

投稿: くろだ | 2007年3月12日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/14177420

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤初パンク&王滝ボトル紛失:

« 手持ちのリュックをフリーパック化(3) | トップページ | ゲーム理論の話(情報操作) »