« 時差出勤 | トップページ | 帰省の準備開始 »

2007年7月21日 (土)

自転車道のゲートに思う

仕事のほうは今週からまた月後半の繁忙期入りしていて、今日も土曜だが出勤。
先月までのように集中しないように気を付けてはきたものの、他に予定外の業務を頼まれたりして、やはり忙しくなっている。
この日記も昨日までの1週間分ぐらいを、メモを見ながら昼休みや移動中にバックデートして書いた。(^^);

さて、鶴見川沿いを走って勤務先まで往復していることは今までにも何度か書いた。
最近、その途中の鷹野大橋付近で自転車歩行者専用道路へのゲートが交換され、ちょっと通りづらくなった。

前はただの「間の広い柵」だったものが、交換後は半円状の金属棒と狭いスペースで立てた柵の組み合わせに。
降りなくてもバイクコントロールでクリアできるかもしれないが、そこで引っかかって転ぶと恥ずかしいので、自分は一度足を着いてゆっくり通り過ぎるようにしている。

070721_01

このすぐそばには信号機があり、平日の朝は信号が変わるとたくさんの人や自転車が道路を渡ってこのゲートを行き来するので、結構渋滞してしまう。
それでも進入禁止を無視して入ってくるバイクが減るなら、多少の不便は我慢しようというもの。

しかし、実際には前と同じ人が、前と同じ平然とした顔でバイクに乗って入って来るし、台数も特に減ったとは思えない。これって「ただ不便になっただけ」「官費の無駄遣い」ではないのだろうか。
車椅子の人などは全く入れないようになってしまったし、自分のような自転車に乗る人以外にも不便になったのでは?とも思える。

写真右端のシマシマの部分は押せば少し前後に動くようになっていて、原付バイクぐらいなら無理矢理通れてしまうだろう。
結局は、それなりの権限を持った人が時々立って取り締まる、みたいなことをしないとバイクは根絶できないのかも。

こういう「ただ不便になっただけ」なゲートがあちこちにでき、反面バイクは減らない、という現象は他でも同じなのかと、ちょっと気になった。

|

« 時差出勤 | トップページ | 帰省の準備開始 »

通勤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/15831320

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車道のゲートに思う:

« 時差出勤 | トップページ | 帰省の準備開始 »