« 通勤着1枚追加 | トップページ | SPDシューズ壊れる »

2007年8月23日 (木)

追悼・富樫雅彦さん

各種報道によると、昨日ジャズドラマーの富樫雅彦さんが67歳で逝去されたとのこと。
ここ数年はライブもなかったのだが、いつかまた元気な姿を見たいと思っていたので、残念に思う。

富樫さんの存在を知ったのは高校時代、「スウィング・ジャーナル」という雑誌を読んだことから。
ある号に、自分が先に好きになっていた山下洋輔さんとデュオで「兆(きざし)」という」アルバムを出すと書いてあり、地元のジャズに強いレコード店で早速そのLP(^^)を買ったのが始まり。

いそいそと自宅に持ち帰って聞いてみると、とにかくものすごい緊迫感と静謐さ。平凡な高校生にはちょっと難解だったけれど、スピーカーのボリュームを上げ(田舎ならでは...)、彼らと対峙するようにして何度も聞いたものだ。

そこから、渡辺貞夫さんや佐藤允彦さんと共演した「スピリチュアル・ネイチャー」など数枚のLPを購入して愛聴し、それらは「兆」とともに今でも大切に持っている。

当時、富樫さんは既に車椅子生活で、特殊なドラムセットを使って手で音を紡ぎ出していた。そのことを読んで知ってはいても、手だけでやっているとは信じがたかったのだが、後に東京へ来てから実際に目にして納得したもの。

実は今、アナログのプレーヤーが手元にはない。CDで「兆」が出ていたら、買い直して聞いてみようか。

今年、自分の好きな音楽家ではマイケル・ブレッカー、ロストロポーヴィチ、日本では阿久悠さんがこの世を去った。
自分も年を重ねてきて、昔から知っている人の訃報を聞くことが多くなってきた。仕方のないことだけれども、やはり寂しい気持ちは否めない。

|

« 通勤着1枚追加 | トップページ | SPDシューズ壊れる »

その他」カテゴリの記事

コメント

ありゃ。まつあにさんもJAZZ好きだったのですか。
私も学生の時に、ソプラノサックス使いの友人に感化されて依頼、モダンジャズに浸かっています。
会社の研修所が青山にあるので、10年ほど前に1月毎に泊まりがけで1年半継続する研修があった時には、夜はブルーノート青山に行くのがお約束でした。

余談(?)ですが、種々の事情により乗鞍はキャンセルとなってしまいました。来年にかけます。

投稿: SFK | 2007年8月23日 (木) 22時30分

> SFKさん
そうですね、ジャズは中高生の頃からレコードではかなり聞いてましたっけ。
東京の大学に入ってからはライブハウスや、当時はまだ沢山あったジャズ喫茶!に行ったりしたものです。(^^);

乗鞍、行けなくて残念、お察しします。
来年は自分も出ようと思ってますので、そのときはぜひご一緒させてください。(その前に、どこかチームに登録して抽選に通る必要がありますが...。)
次は王滝ですか? SFKさんは普段からロードで鍛えてるので、かなり行けそうですね!
現地でお会いできるのを楽しみにしてます。

投稿: まつあに | 2007年8月24日 (金) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/16214871

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼・富樫雅彦さん:

« 通勤着1枚追加 | トップページ | SPDシューズ壊れる »