« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

世界選手権 男子ロード

昨日に続いて、気温の低い雨の日。実走で練習に行くにはなれず、かといって何となくローラー台をやる元気も出ず。

午前は家内が美容院に行く間、昼食の支度をしつつ子供たちの相手。午後も子供たちが昼寝する間に少し本を読んだだけで、割とだらっと過ごしてしまった。

夜はテレビで世界選手権・男子エリートロードの観戦。
クネゴたちの逃げグループをどこまで行くかなぁと思って見ていると、やがて逃げ集団を吸収したメイン集団から次々に揺さぶりがかかり、メンバーがどんどん絞られていく。
最後には残った5人の勝負となり、ベッティーニが力強く抜け出してポーズを決めながら2連覇のゴール!

イタリアチームはどんな展開になっても誰かは対応できそうなすごいメンバーだったし、最後にベッティーニが一番得意なパターンに持ち込んで勝ちきれたのも、チームワークがよかったからだろう。

日本の3選手は全員DNFで、日本人が行って完走するだけでも厳しいと言われる、世界レベルの高さを改めて感じた。
ちなみに別府史之選手はディスカバリー解散後、来年はスキルシマノで走るそうで、公式サイトにもそのことが出ていた。新天地でクラシックに臨む別府選手、来年もテレビで応援できそうで楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

津軽・南部の物産展

今週末は土日とお休み。
天気が良ければロードバイクで軽く走りに行こうと思っていたのだが、あいにくの雨。しかも寒い...。

では家族で軽く出かけてこようと思ったところで、数日前の新聞折込に「津軽・南部の物産と観光展」とあったのを思いだした。
青森県南出身の自分としては、郷里の産品を改めて子供たちに見せるのもよかろうと思い、会場の横浜高島屋へ行ってみた。

電車で横浜駅まで行き、西口へ出ると、はっぴを着たスタッフが青森県南地方の観光PRをしており、アンケートに答えて南部せんべいを受け取る。
アンケート項目の1つに「北東北3県それぞれの場所をイメージできるか」とあって、思わず苦笑。自分は青森出身だが四国でも九州でもだいたいの地図は書ける。一般の人はそうではないのだろうか?

高島屋に着いて催事場フロアへ上がると、とにかくものすごい数の人。若いカップルや家族連れはほとんどおらず、たいていは高齢者。

070929_01

会場にはここ10話ほど青森編をやっていた“美味しんぼ”のディスプレイ。“美味しんぼ”はかなり前からある定番的な漫画で注目度は一定あると思うので、この特集で食べ物から青森に関心を持つ人が増えたなら嬉しい。

070929_02

自分も読んでいたこの連載、青森を「原日本」と表現し、他の地方にはあり得ない食材や食べ方を多数紹介していた。自分も食べてきたいわば“ソウルフード”が次々に登場し、読んでいると楽しかった子供時代のあれこれが目の前に浮かんでくるような感じだった。
4歳の長女が様々な食べ物について「どこで何をした時に食べた」云々の話をよくするあたりから、食べ物と記憶は密接に結びついているのかも?と思う。

今日は「豆しとぎ」を1つ購入。これはもともとは神様への供え物で、青大豆・米粉・砂糖・塩から作られる。自分は高3の頃、アルミ箔にこれを載せてストーブで(笑)暖めて食べながら勉強していたものだ。

ちなみに、家内に「田舎の食べ物でいちばんカルチャーショックだったのは何?」と聞いたら、答えは「せんべい汁」とのこと。たしかに、知らない人から見たらきっと妙な食べ物だろう。(^^);

※せんべい汁を知らない方はこちらをご参考に → せんべい汁研究所
 ちなみにこのせんべい、米ではなく小麦粉でできてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

TREKコンセプトストア

今日はまた気温がぐっと上がって、日中は30℃近くに。通勤ライドもやや蒸し暑い中の往復となった。
帰りは崩れていく天気の中を家路へ。ルートの後半では弱い霧雨に当たってしまったが、本降りになる前に無事帰還。明日はどう見ても天気が悪そうだ。

帰宅すると、3年前の自転車通勤開始時からちょくちょくお世話になってきた、国道15号沿いの“いそや”さんから、新装開店の案内葉書が来ていた。
それを見ると、10/6にTREKコンセプトストアとして新装開店するとの趣旨が書かれていて、ちょっと驚く。

このショップ、以前はTREKやCANNONDALEからDE ROSAまでと幅広いメーカーを扱い、かつてのロード中心から最近はMTBのイベントも開催したりと幅を広げてきていた。
もうあそこでDE ROSAを見ることはないのか...と時の流れを実感してしまう。
もちろん、TREKコンセプトストアになることで、仕入の値段や優先順位、広告宣伝、プロモーション(選手が来てくれるとか)など、様々な便宜が受けられるのかもしれないし、選択をどうこう言うつもりはない。
何度もお世話になったショップだし、新しい形態になってより一層の繁盛をお祈りしたい。

もっとも、個人的には、自分がSALSAを買った轍屋さんのブログでスタッフの下松さんが書かれた下記のコメントに惹かれる。

≪以下9/23分より引用≫
様々なブランドを知るにしたがって、より自分の個性にあったブランドを選ぶ楽しみがあると思うのですが、その選択肢がなくなってしまうのもなぁ・・・と思ってます。(中略)VoodooやSalsa、Surlyといった中小ブランドの製品作りも楽しくてワクワクします。やっぱりそれを捨ててしまうのも悲しいなぁ~と。
≪引用ここまで≫

大手資本によって系列化されたショップ、こだわりを持った中小ブランドまで扱うショップ、それぞれに存在価値があるとは思うが、最近の自分は後者寄りを好むようになってきつつあるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

世界選手権 個人TT

今日もいつも通りのルートで自転車通勤。
仕事のほうは月末恒例の1セットがとりあえず本日で終了。やや遅くなったので空高くに登ってしまった満月を見ながら、まったりペースで帰ってきた。
但し、早く終わらせたのは中間決算月のみあるプラスαを控えてのことで、まだ続きはいろいろあるのだが...。

帰宅して食事をしながら、世界選手権男子タイムトライアルのテレビ観戦。
けっこう順番は進んでしまっていたが、後半のグループには間に合った。
見ていると、選手達は平均時速50km近くでぶっ飛ばしていても、ペダリングは綺麗でほとんど乱れない。
中でも優勝したカンチェラーラにはつい見とれてしまう。ツールでも山岳に入るまで非常に強かったカンチェラーラ、一度生で見てみたいものだ。

日本から出場した別府史之選手は48位とのこと。日曜日の個人ロードにも出るはずなので、そっちでの活躍を期待しつつテレビの前で応援しようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

秋の虫はまだ元気

今朝は北東からの湿った風の中を出勤ライド。昨日のようにカラッとした空気ではないので気持ちよさはあまり感じないものの、気温が低めなので比較的楽に思われた。

ただ、いつもより出るのが5分ほど遅くなってしまい、いつもは掛かったら掛かったでいいやと思う踏切を、遠くから見てたまたま空いていたのでダッシュして通過。
急いでいると気持ちのゆとりがなくなってくるので、余裕を持って準備するようにしなければ。これから冬になると、身につけるものが多くなって身支度に時間がかかるようになることだし。

帰りは西からの風に向かっての帰宅ライド。
ほぼ空一面に雲がたれ込めてしまい、昨日のように月を見ることができないのはやや残念だったが、まだまだ元気な秋の虫たちの合唱?は充分に楽しめた。
たぶん“リリリリリ”はコオロギ、“リーンリーン”はマツムシだと思う。
この頃急に涼しくなりつつあるが、今年はいつ頃まで虫たちの声を聞けるだろう?

さて、自分は西の自宅と東の勤務先を往復していて、特に秋から冬にかけては今日のように「行きは東風で向かい風、帰りも西風で向かい風」というパターンが多くなってくる。
今週は心拍計も使わずに適当に走る日が多かったのだが、この向かい風はトレーニング的には利用価値がありそうなので、走り方をひと工夫してもいいかも?
先日の王滝100kmを走ってみて、もうちょっと走れるようになっときたいよね、とは思っていることだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

帰りに月見

今日は昨日に続いて涼しい1日。
朝方は曇っており、少し路面が濡れていたところをみると、明け方にパラッと雨が降ったかもしれない。
その後はだんだんと乾燥して空気が澄んでいき、夕方にはすっきりと晴れた。

午後9時台に帰る途中でその空を見上げると、まったく雲に邪魔されない月が自分に着いてくるよう。
で、ふと思い出したのが、今日は中秋の名月だったということ。

せっかくなので、亀ノ甲橋というところでデジカメを取り出して撮ってみた。
ハンドヘルド+自分の腕だと、これで限界。(^^);

070925_01

今日はお月見の日には違いないが、実は満月ではない。(満月はたしか明後日のはず。)
それでも、1人で秋の澄んだ空に浮かぶ月を眺めていたら、何だか心が洗われるような感じ。
こういうのも自転車通勤の醍醐味ってやつ?と思った、中秋の名月の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

休出の朝は

世間的には祝日の振替休日、自分は出勤日。

今朝は、一昨日のサイクリングで味わった暑さ(30℃以上)は何だったんだろう?と思わせるほど、劇的に気温が下がっていた。

曇り空で湿気はそこそこあるけれど、気温が低いので走り出しは少し肌寒い。この「最初はやや肌寒くて走っているうちにちょうどよくなる」程度の気候が、自転車通勤にとって一番いい頃あい。
これから11月ぐらいまでが年間で一番楽かつ気持ちの良いシーズンなので、自転車通勤を始めてみようかなぁと思っている人がいたら、ぜひ背中を押してあげたい。

仕事のほうは、業者からの電話で中断されることがないので黙々とやれ、結構はかどった。ただ、この黙々とやれるというのも曲者で、集中するあまりにはまってしまい心の健康にひびくこともあり得る。要はバランスだろう。

今日はいつもよりは少し早い、午後7時過ぎに仕事を終わって家路へ。
今朝は道路ががら空きだったが、帰りは遊び帰りの車で所々渋滞していた。
明日からの通勤路はまたいつも通りだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

ファーストシューズその他

昨日は自分だけ楽しんできたので、バランスを取って今日は家族サービス。(^^);
体が小さくて発達が遅かった次女だが、1歳半を過ぎてようやく立って歩くようになった。というわけで、初めての靴を買うべく車でセンター南の港北東急へ向かった。

センター北とららぽーとに相次いで大型商業施設ができてから、センター南はそれまででは考えられなかったほど空いている。今日も10時ちょうどに着いて、全く待たずにガラガラの駐車場へ。

中の店舗をいくつかはしごして、コンビ、ピジョン、ミキハウス等々を試し履き。本人の気分はそう悪くないらしく、ニコニコしながら歩いていた。
結局、長女のときに買ったのと同じ、ミキハウスの靴を購入。(高い...。)

070923_01

長女のほうも去年買った靴たちがそろそろ小さくなっていたので、スニーカーを1足、オレンジ色の長靴を1足購入。4歳ともなると自分の好みが強く出てきて、これと思うものでないと納得しない。今日はお気に入りのが見つかってご機嫌。

070923_02

昼食は何件か物色して、長女の希望でサイゼリアへ。周りがほぼ全部子供連れで落ち着かない店ではあったが、食べ物はすぐに出てくるし、安くてお腹がいっぱいになる点でよろし。

帰り際におやつを買って帰ろうと思い、デパ地下へ寄る。どうも東北地方の菓子のフェアをやっているようだ。ざっと見て周って目があった、花月堂のロールケーキに決定。

070923_03

季節限定の“キャラメルモンブラン”を1本、ちょっと季節外れっぽいが“プランタンヌーボー”を1本、それぞれハーフで。
持ち帰って家族で食べてみたところ、どちらも甘さ控えめでたいへん上品な味。一度冷凍して解凍したものだと思うが、それでもふんわりした食感でかなり美味しい。
この店の名前はネットで見たことはあったけど、自宅近くで買えることがあるとは思っていなかったので、今日は運が良かったかも。

明日は祝日だが出勤予定。予報によるとだいぶ涼しくなりそうだし、道路も空いていそうなので快適な通勤ライドが期待できそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

江ノ島サイクリング

今日は、2週後に一緒に日産スタジアムのイベントに出るメンバーで、江ノ島までサイクリングしてきた。
集合は町田のヨドバシ前、午前9時。5分ぐらい前に着くと、mikutaroさんとTAKEさんが到着済で、間もなくくろださんも到着。mikutaroさんは車にご家族同乗で町田まで、他の3人は自走。

ご挨拶の後、近くのコンビニに寄ってから境川CRへ。かなり暑かったのでゆっくり走り出し、やがて両側に水田や住宅地が続くのどかな景色の中を気持ちよく進んでいく。

070922_01

自分の下調べがいまいち不足で、相鉄線近辺のCRが途切れるところで迷いそうになるも、親切なおばちゃんが「そっちは行き止まりよ~」と呼び止めてくれ、迂回してCRの続きに戻ることができた。
途中の公園で小休止。ちょうど居合わせたおじさんに話しかけられ、これから飯田牧場へ行く話をしたり、「みんな高そうな自転車だね~」と言われたり。

070922_02

2kmほど走り、俣野橋でいったんCRから出て、すぐ近くの飯田牧場へ立ち寄り。
休日かつ非常に暑かったせいか、駐車場は満杯、レジにはジェラートやソフトクリームを買い求める家族連れが引きも切らななった。

070922_12

店内に入ると、奥の方では牛乳を使った様々な製品を加工している模様。休日はチーズや牛乳も販売されている。

070922_04

この時期限定のジェラートは“巨峰”と“サツマイモ”で、迷わずダブルで行った方も約1名。(^^)

070922_03_2

牧場の裏へ回ると牛舎があり、優しい顔立ちの牛さんたちにご挨拶。扇風機全開でも今日はかなり暑そうだ。

070922_05

牧場を後にし、CRの残りプラス、藤沢橋から467を使って江ノ島へ到着。
ここでちょうど昼時になったので、ネットでいくつか調べておいた中から、民宿ゑじまへ。先に外で注文し、ちょっと待って入店。自分たち以外にも自転車ウェアのグループがいた。

070922_06

シラス丼1050円なり。自分は釜揚げにしたけれども、生のほうも美味しかったよう。

070922_07

昼食後、店の裏手がすぐ海なので、ちょっと降りてみた。色はあまり綺麗とは言えないが、シーカヤックあり、釣り人ありで、まさしく海。

070922_08

昼食場所は食べたらサッと出るような雰囲気で、あまりゆっくりはできなかった。道々のファミレスにでも行って少し寛いで行こうか?というような話が出たところで、くろださんから「鵠沼海岸に美味しいかき氷やさんがある」という情報。江ノ島のすぐ近くなので、さっそく行ってみることに。

着いた駅そばのかき氷やさんは埜庵といい、ほぼ住宅街の民家といったロケーション。
人に聞かなかったらずっと知らなかったことだろう。この方面に明るいくろださんに感謝。

070922_09

先に注文と会計をして、2階の応接間のようなところへ通される。写真はTAKEさんのグレープフルーツと、くろださんのキャラメルババロア。他に、mikutaroさんはゆず、自分はリッチアールグレイをオーダー。
お互いに少しずつ味見してみたら、それぞれが本格的なデザート。そもそもきめ細かい氷自体がとても美味しくて、長瀞で冬に作られる天然氷だかららしい。普段よく見るかき氷とは全く別物だった。

070922_10

埜庵のあまりの居心地のよさにまったりと話し込んでしまい、重い腰を上げて帰路へ。
mikutaroさんが町田まで戻ってご家族と合流ということで、全員で町田へ戻る。
まだ暑いながら徐々に日が傾いていく中を、ややファストランで帰還。町田の境橋まで戻ってきてお開きに。

070922_11

今回はコースや集合場所を決めるのが遅くなったり、道があやふやなところがあったりと、幹事としては頼りなかった。皆さんにずいぶん助けられて結果的には楽しいサイクリングになったけれど。
町田・飯田牧場・江ノ島等の座標はGPSに仕込んできたので、完全に迷ってしまうことはなかったが、次回はもうちょっときちんとした準備をしなければ。
それと、途中で巡航速度が速くなってしまったところがあり、MTB組のお二人、特にブロックタイヤのくろださんには負担を掛けて申し訳なかった。

さて、早いもので2週後は日産スタジアム。当日は怪我のないように楽しく遊んできたいもの。くろださんやmikutaroさんはロードの購入を検討中とのことなので、当日は試乗のほうも楽しみだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

TOKYOエンデューロ?

今日は9月の後半にしては蒸し暑い1日。明日予定している江ノ島サイクリングも暑い中になりそうなので、日焼けと水分補給には注意しよう。

さて、先日届いたファンライドと一緒に、年末のTOKYOエンデューロの読者先行予約チラシが入ってきた。
その説明によると、開催日は12/15(土)、先行予約期間は10/1までとのこと。
昨年はサンタコスプレのくろださんと一緒に出て、mikutaroさんに差し入れを頂いたのも記憶に新しいところ。

そのチラシを見ながら、今年も年末が近づいてきたのか...という思いが半分、そうか出るなら早く申し込まくちゃ...という思いが半分。実はこのイベント、結構人気があって近年は締切が出ているのだ。

今年はどうするか、9月末までには決めたいところ。日産スタジアム同様、チームで出て楽しめるようだと一番いいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

ジャパンカップ観戦は?

今日はまた暑さが戻ってきて、昼間はかなり蒸し暑かった。
もうお彼岸なだけあって、さすがに朝夕は涼しくなり、夜の鶴見川沿いで虫の声を聞きながらのくつろぎモード。
顔や体に体当たりしてくる虫たち、遅くまで花火等をやって騒ぐ若者。そういう夏の風物詩?が去って、いよいよ秋に突入したのだなぁと実感している。

さて、宇都宮のジャパンカップ観戦の件。
今年は富士チャレンジ200をパスしてそっちを観に行くつもりではあったけれど、実はまだ何も準備していない。
既に観戦チケットの発売やバスツアーの受付も始まっていて、決断は急がなければならない。

年々人気が高まってきているので、諸々(バスか電車か自家用車か、前泊か当日早起きか等々)を早めに決めて行動に移さないと、身動きが取れなくなりそう。

去年はバスで行ったのだが、自転車があれば便利なことは分かっているので、自転車を持ち込むかが目下の検討ポイントだったりする。
衆目の中を走るのは、別に上手くも強くもない自分にとって、ちょっと恥ずかしいことではあるのだが...。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

MTBのダメージ確認

今朝はだいぶ疲れも取れたし、東寄りの涼しい風だったせいもあり、快調に自転車で出勤。
夜はやや遅くなったので道が空き、チェーンの駆動音が闇に吸い込まれるような感じの、静かなリフレッシュタイム。自分1人になる時はあまりないので、このひと時は捨てがたいもの。

さて、王滝で使用したMTBをぼちぼち真面目にメンテしなければならない。
先日はとりあえず全体を水洗いし、シートピラーを抜いて倒立で水抜きしておいた。

今日改めて全体を見ると、石をヒットさせたり砂で擦れたりで、傷が何カ所か増えている。これはまぁ仕方のないところ。
ブレーキの手応えは特に怪しくなっていなくて、パッドも思ったほどは減っていない。これはズバリ、自分が遅いから。(^^);

いまいちなのは変速動作で、王滝の前に比べてスパスパとは決まらない。
ディレイラーは曲がってはいないようなので、ワイヤーが泥を被ったせいだろうか?
チェーンにも細かい汚れが奥深くまで入り込んでしまい、歯ブラシ程度では容易に落ちない。

それと、アウターでクランクを逆回転させると、チェーンがチェーンホイールから外れそうになるところが1箇所。
たぶんアウターの一部に石を当ててしまったのだろう。正回転でもチェーンが外れるようなトラブルにならなかったのは運が良かった。(当日、ペンチややすりは携帯していなかったし。)

というわけでシフトワイヤーとチェーンは新品交換、アウターは削るか曲げるかで修正、他にもBB周辺、ハブ、サスのリンク等のクリーニングは必要そう。
時間を見つけて徐々に自分でやっていくか? ショップに預けてしまうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

王滝でEdge305が

朝から好きなだけ自転車に乗れるという、ある意味で夢のような日も過ぎてしまい、今日からまた普通に仕事。
通勤用MTBに乗り換えて、いつものコースで勤務先へ。頭がすっかりローノーマルに慣れたようで、今朝は何度かシフトダウンのつもりでシフトアップしてしまった。いっそ、通勤用MTBもローノーマルに換装してしまおうか?

割と涼しくて乗りやすい気候のはずなのだが、まだ疲れが完全には抜けていないようで、あまりピッチは上がらない。でも、体を動かしたほうが疲労は早く抜けると言うし、軽く回していけば疲れの上乗せにはならないだろう。

さて、王滝ネタの続き。
今回もGPS兼心拍計のGarmin Edge305を着けて走ったのだが、いざゴールしてSTOPボタンを押そうとしても、どうにも押せなくなっていた。隣のLAPボタンも同様。とりあえず、そのまま電源をOFFして帰宅。

当日はMTBも体もかなり泥を被り、ハイドレーションの飲み口が砂だらけで閉口したほどだったので、Edge305のボタンにも容赦なく砂が入り込んでしまったようだ。一応防滴をうたっているので、他の機能には問題はなさそう。

というわけで、カッターナイフの刃でこじり、ボタンを外してみた。

070918_01

中にはPCのキーボード的なスイッチがあり、その周囲に砂が溜まっていた。これをアルコールに浸した綿棒で丁寧に拭き取ってみたところ、めでたく復活。(^^)

このEdge305、地図を仕込んで王滝に持って行ったのだが、画面が小さい、ほとんど常に振動にさらされる、大雨で水滴が付着、等々の理由で、実はあまりよく見えなかった。
おそらく二度とない、臨時コースのログが取れたのはいい記念にはなるけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

王滝から帰還&軽くレポ

昨日は宿へ戻って一風呂浴びてから、午後6時に王滝を出発。
途中で食事をし、渋滞がほぼ消えた頃に小仏トンネルを通過するはずだったのに、当てが外れて大月から事故渋滞30km。(TT)
あまりに退屈で眠いので、たまらず上野原で高速を降りて国道20号へ。もちろんそっちも渋滞。

開き直って多少空いてから帰ろうと思い、国道を逸れて公園の駐車場で1時間近く寝てから、相模湖・津久井湖経由で帰還。
結局、家に着いたのは午前3時、最低限の片付けをして寝たのが午前4時。昨日は午前3時に起きたので、仮眠しただけで一昼夜起きてたことに。

今週から仕事が繁忙期ですぐには詳しいレポートが書けなさそうなので、とりあえず写真付きで軽く当日のレポを。

まずはスタート前、MTBを置いて、自分の位置から見た先頭方向。
既にかなりの数MTBが並んでいるように見えるが、これでも自分はほぼ真ん中あたり。
この後続々とMTBが並べられていき、700人以上が集結。

070917_01

ほぼ定刻にスタート、コース変更でいつもとは違う舗装された道路へ。
途中でなぜか車列が止まってしまい、何だろうとよく見ると、多数の大きな蜂が襲来!
目の前で10数人が次々に刺され、「痛て~」などと叫びながらうずくまっていく。自分は運良く刺されなかった。
後で聞いた話では、蜂は“キイロスズメバチ”という種類で、中には痺れて動けなくなったり発疹が出たりで病院へ搬送された人もいるとのこと。

やがてオフロード区間へ移ると、初めはポツポツだった雨が徐々に強まり、やがては本降りに。登りはまだしも、下りになると寒さに耐えられない。視界も悪くなってきた。
たまらずCP1で、リュックに入れてきたベストとゴアキャップを装着。
一度はずぶ濡れになってしまっても、ベストを着てからは少しはましに。また、湿気で曇るのは仕方ないとしても、ゴアキャップで雨の直撃もやや緩和。
スタート時は持ってくるか迷ったこの2つだが、これらが無かったら完走は難しかったと思う。

時々雨が横なぐりになる中、CP2へ。雨で道がドロドロになり、漕ぎは重い。自分はトルクがないので、このドロドロは結構きつかった。
CP2は狭いのでいったん通過し、少し登って崖で小休止。写真は雨に煙るCP2。

070917_02

雨で体力の消耗が激しいようで、CP3までは結構時間がかかった。心拍数が140位にしか上がらなくなってくる。
また、下りはタイムの稼ぎどころなのだが、アイウェアの曇りと泥の中でコントロールするテク不足から、あまりスピードが出せないのも痛い。

CP3以降は途中からコース変更。地図で見ると通常コースより少し楽かなと思っていたが、だらだらと続く登り道で、ちっとも楽ではなかった。
最後の下りに入る前、天然エイドステーションで一服。何度も泥を被り、FDがすぐにインナーに落ちなくなっていた。アイウェアや顔をハンカチで拭うも、既にハンカチが砂だらけであまり役に立たない。

070917_03

最後の下りも神経を使いながら走行、40km/h台に乗ったのはほんの少しだけ。
結局7時間10分で完走、写真はゴール直後の状態。MTBはもちろん、ウェアや脚も泥だらけ。
(自分が下手だからで、上手な人はマシンコントロールで水たまりを避けるのでこんなに汚れません。(^^);)

070917_04

今回は蜂の件や激しい雨などあり、去年よりずっとアドベンチャーだった。正直、ゴールに着いた時は嬉しくて、タイムは良くなくても自然とガッツポーズが出てしまったほど。
それと、いろいろ反省点がある。例えば、雨が降り出した時点でベストを着るべきだった、寒いのでもっと積極的に補給をとるべきだった、パンクを恐れてタイヤのエア圧を高くしすぎた、等々。

さて、MTBの方はと言うと...。泥汚れは洗い落としたものの、BB、ハブ、シフトワイヤー等はフルメンテが要りそうだ。まずは自力で外せるものを外して逆さにし、中に入った水を抜こう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

無事完走

070916_01
いま表彰式が行なわれています。
自分のタイムは7時間10分ぐらいでした。あ、いつもより10km短いので、いいタイムではないです。
雨でとにかく寒くて、アイウェアがくもって視界も厳しかったです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

到着

070915_01
王滝の受付を済ませてのんびりしてます。

070915_02_2
崖崩れで一部コースが変更になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

初ピューロランド

今日は夏休みの残り消化で、その後は土日祝なので17日まで連休。
明日・明後日と自分1人で王滝へ行くことでもあり、今日は家族でサンリオピューロランドへ行ってきた。

平日ゆえ、遠足・修学旅行、台湾からのツアーなどの団体がメインで個人客は少なく、様々な出し物をゆっくり観ることができてよかった。

実は自分も含めて皆ピューロランドは初めて。長女は大きなキティちゃんにひるむこともなく、ミュージカル仕立てのショーやパレードに釘付け。次女は最初のシナモロールのショーだけは観ていたが、後は大音響にもかかわらず爆睡。(^^);

070914_01_2

帰ってからは家族で夕食。その後MTBの前後サスのエア圧をチェックしてから、ヘルメットその他のグッズと一緒に車載完了。明日は渋滞の前に小仏トンネルを通過すべく、早朝に出発するつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

王滝の荷造り開始

今朝もあまり早くは起きられなかったが、一応5時に起床。

明後日の早朝に王滝へ向け出発するので、現地で手に入らないものについては今日か明日に入手しておかねば。
(といっても、タイヤ、ウェア、ハイドレーションバッグなど、スモールパーツ以外ならひと通りテントで売ってたりするけど。)

と思って、チェックリスト片手に諸々の在庫チェックをしつつ、かごに入れていく。アンプルピン、チェーンオイル、予備チューブ等々。チューブは新品が1本もなくて、パンク修理したものはないけど全部1回は使用済。どうしようか?

その合間に、去年の自分の王滝体験記を読んでいて、1つ初心者ならではの操作ミスを発見。
貯水池の平坦路でその日初めてアウターに入れたと書いてあり、それは本当なのだが、正解は「チェーンが暴れないように下りに移ったらフロントはアウターに入れる」だろう。画面の前でちょっと赤面。(^^);

ひと区切りつけて朝食を済ませ、自転車ウェアに着替えて出発。
今朝は涼しいというより何だか肌寒く感じた。まだ腕の皮膚保護のためにアームウォーマーを着けているのに、体が温まってきてもあまり不快にはならない。
つい先日まで汗だくになっていたことを思うと、ずいぶん急に季節が進んでしまったものだ。来週はもうお彼岸だし、涼しくなっても不思議はないけれど。

引き続き、明日も早起きして生活リズムを整えていこう。日産スタジアムのイベントに出るメンバーを中心にサイクリングの予定もあるので、起きたら地図を見ながらコースを考えたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

雨の朝、食べ過ぎの夜

今朝は携帯を目覚ましにして、予定どおり5時に起きることは起きた。でも、ボーッとして何も手に着かない状態。
眠い目をこすりながら窓を開けると、辺りからシャーっという音が聞こえてくる。けっこう強そうな雨だ。天気予報によると、雨は昼までに上がってその後は曇りとのこと。

朝食を済ませ、レインウェアを着て自転車で行こうかと身支度を始めたところ、4歳の長女に「パパ、雨がたくさん降ってるから自転車は危ないよ、今日は電車にしたら?」と言われる。
特に根拠はないのだが、何となく娘の言うことを聞いたほうがいいような気がして(笑)、バス+電車に切り替え。

雨で道路が混んでいるのか、バスはなかなか来ない。そのうち、こうしてバスを待っていると必ず目にする、女性のMTBライダーが目の前を通り過ぎていった。
この女性、雨の日はレインウェア上下を着込んで自転車でやってくる。自転車はスペシャの“HARDROCK”だと思う。

レインウェアが濃色で目立たなそうなのと、車道をある程度のスピードで走っているのにヘルメットを被っていないところが、個人的には少し引っかかるのだが、まぁ元気でいいかなぁとは思った。

今日は急にややヘビーめな資料作成依頼が入ったりと、若干計算外のこともありつつ、ササッと片付けて夜8時ごろ家路につく。

帰宅後は、通勤で乗らなかったので夕食のあとで軽くローラー台。
回転重視で軽くというつもりで始めたのだが、夕食を食べ過ぎてしまったのか、何だか胃のあたりが気持ち悪い。
どうも思うようにケイデンスを上げられないので40分間位で切り上げ。ちょっと失敗だった。
ローラー台はいつどういう風にやるのがいいか、いろんな資料を見ながら検討してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

できない早起き

今日も朝は曇り空。天気予報は午前が雨、午後は曇り、夜はまた雨。
昨日に続いて出る前に雨雲の動きを確認、夜8時台の帰宅ライド。丹沢方面にはまとまった雨雲が来ていたようだが、幸いほとんど雨に当たらずに帰ることができた。

さて、今週末が王滝なので生活リズムを整えていくべきところ、あまりうまく行っていない。
当日は6時スタートで、3時間前の3時には起きて食事と支度を始める。10日位前から徐々に起きる時間を早めていき、前々日には3時に起きるのが理想なのだが、昨日も今日も6時まで起きられなかった。(^^);

今週はやや早めに帰るようにはしているけれど、それでも9時とか10時に床につくのは難しい。
自分の場合、正直なところ実力が伴ってないので、「コンディション命」みたいなもの。
明日はせめて5時には起きよう。

あとは前日~当日の天候と、先日の台風で崖が崩れたりしていないかがやや気がかり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

晴れ間を縫って

週明けの自転車通勤は、どんよりと曇った空からスタート。
曇天で気温があまり下がらなかったのか、朝から蒸していて、肌に感じる空気はベタッとしていた。ほどなく額に汗が浮かび、保冷ボトルのドリンクが順調に減っていく。

昼間は雨が降ったり止んだり。夕方になり、例によって「東京アメッシュ」と「レインアイよこはま」をチェック。アニメーション表示を見ると、西から雨雲がどんどん流れてきているらしい。

今日はある程度自分のペースで区切りを設定できる類の仕事をしていたので、逆算して自宅へ着くまでは強い雨に当たらずに済みそうだと思われた、午後7時半頃に勤務先を出発。
実際には途中の新羽というところでポツポツ来だして、新横浜からは路面が軽く濡れる程度の雨になった。ちょっと読みが甘かったかも?
一応雨具は持ち歩いていたけれど、気温が高いので帰って着替えれば問題なしと判断して、そのまま帰宅。

いまのところ今週は毎日雨という予報になっている。雨用のグッズを持ち運びつつ、できる範囲で晴れ間を縫って行き来するようにしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

今年最後?のプール&ヘルメット洗浄

次の週末は土日と王滝なので、今日は一応家族サービス。(^^);

近所へ梨狩りに行く、ピューロランドへ行く、等、他の選択肢を押しのけて長女が選んだのは「家でプールをする」。
家には小さいビニールのプールがあって、この夏も暑い日にはそれで遊んでいた。この1週間はそういう天気ではなかったのでお休み。今日はどうしてもやりたいらしい。

ぬるま湯を張ってから、まずは水着の長女がおもちゃ多数とともにプールへ。次女も裸にして入れ、自分が入るには小さいので、外から子供たちの相手。
気温が30℃を越えるような暑い日もそろそろ終わりだろうから、もうすぐこのプールも仕舞うことになるだろう。

その後は、昨日のバザーの余韻なのか「幼稚園ごっこ」に付き合わされる。長女なりに時間割があって、歌と踊り、お絵かき、泥遊び、お弁当の順で進行。ひと通り終わって家に帰ってきたことになったところで終了。

午後は子供たちが昼寝したところで、ロードバイクと通勤用MTBを軽くメンテ。天気がいいので、ついでにヘルメットを洗うことに。手持ちのヘルメットは2つあるが、どちらもしばらく洗ってなくて、だいぶ汗臭くなっていたので。

まずは、マジックテープで留まっているフェルト状の部品を外してシャンプーで洗う。
本体のほうはシャワーで流してから、シャンプーをスポンジで泡立てて優しくなで洗い。
最後にまたシャワーで流し、物干し台に吊して乾燥。

2つのうち、古い方(Bell)はもう買って3年になるので、そろそろ廃棄予定。
もう1つ買い足してからも、バイザーを着脱できる点が捨てがたく、雨やオフロードで重宝していたので、後継はバイザーありにしたい。

夜になってすっかり乾いたので、元通りに。シャンプーの攻撃性は分からないが、微かにいい香りがする点ではよかったかも?

明日からはまた普通に仕事なのだが、今週は予報ではずっと雨がちとのこと。通勤で乗れない日には軽くローラー台をやって調整しようと思っている。
王滝に向けては、極力家に早く帰り、早寝早起きをしたいところ。さてどうなるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

幼稚園のバザーへ

台風は上陸後、東北地方を北上して行ったらしい。早朝に起きだしてみると、台風の余波なのか、まだ風は強い。湿度が高くてやや暑そうだが、久々に練習日よりか?

...と思ったところで、家の用事を1つ思い出す。
長女が来年から幼稚園で、現在申し込むところを検討中。今までに3つ見学した中で本人が一番行きたいと言う幼稚園で、午前中にバザーがあるのだ。
まだ満足に歩けず目に付いたものには何でも手を出す次女を連れていては、家内も身動きが取りづらいだろうと思い、自発的にそちらを手伝うことに変更。

というわけで、バナナやパンを適当にかじってから、扇風機を引っ張り出してローラー台を90分。BGVとしてPCでツールの総集編の録画を流しておく。
ウォームアップ10分。心拍数最大の70%、ケイデンス100を50分。心拍数最大の80%、ケイデンス90を20分。クールダウン10分。

実走ではこのように連続的に負荷を掛けることはないので、正直ローラー台のほうがずっと疲れる。ウォームアップが終わるとすぐ、滝のような汗。しかも、最近真面目にやっていないので体が衰えていて、メーターから目を離すとすぐにケイデンスが落ちてしまう。
でも何とかやり終えて、シャワー&朝食。

この後、件のバザーへ。到着すると同じように来年から幼稚園なお友達も来ていて、そのパパたちに「今日は練習はお休みですか?」と話しかけられる。(笑)
(今日はパパは自転車の練習があるから来ないかも、と事前に家内が言っていたらしい。)
皆で一緒に列に並び、カレーライス等の食べ物や、キャンディレイ、ヨーヨー等の遊びの券を買って、皆で食べたり遊んだり。

印象としては、先生方や保護者が手作りでやっている感じがよかったし、園児たちの表情も生き生きとして、きっといい幼稚園なのだろうと思った。家内も子どもを通わせているママたちと園の雰囲気や必要なもの等の話もできたし、行った甲斐があっただろう。

長女本人は、ここに通いたいという気持ちがますます強まった様子。各幼稚園の受付が始まる11/1には、そこに願書を出すことになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

台風通過

台風のほうは小田原に上陸し、昨夜~今朝は自宅周辺でも激しい風雨となった。
今朝は雨は我慢できそうだが風があまりに強く、煽られて鶴見川に落ちると笑い話では済まなそう。

というわけで昨日に続いて電車で出勤。東神奈川駅まで来たら京浜東北線がストップ。京急に乗り換えようと仲木戸駅に向かったが、駅構内に入るまでずぶ濡れになりながら20分ほどの行列。これには朝からかなり参った。
帰りは天気が回復することが予想できたし、多少無理しても自転車がよかったかも。

さて、半原で落車してから明日で2週間になり、その時の傷はほぼ直った。
もともとの練習不足にその落車の影響も加わって、王滝に向けたトレーニングは全然足りないのだが、もういいトシだし今からガンガンやっても体を壊すのが関の山。

明日は早起きして走りに行くか、ローラーである程度負荷の高いメニューをやるか、どちらかにしよう。走りに行く場合、特に峠には大雨で砂が流れた跡があちこちにありそうなので、下りはそろそろと慎重に走ることになりそう。(また落車してケガしたら王滝は“Did Not Start”確実...。)
あとは強度の高い練習はなし。極力早寝早起きをして、体調を整えて当日を迎えられたらよし、と割り切ろう。あ、最近いつもそんな風になってしまってますが。(^^);

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

「サクリファイス」読了

今日は台風が関東南岸に接近中。
朝の時点ではまだ雨は降っておらず、風もたいしたことがなかったが、夜は傘が役に立たないほどの雨と風になるという天気予報を見て、自転車は自重。

行き帰りと昼休み少々で、日曜日に届いた近藤史恵さんの「サクリファイス」(新潮社)を読んだので、その感想を少々。

Sacrifice

陸上選手だった主人公が自転車ロードレースに出会い、エースを勝たせるアシストに魅力を感じてその世界に入っていく。

話の展開にはロードレースの世界観が巧みに織り込まれていて、チームメイト(エース、若手スプリンター、ベテランアシスト等々)の描写もロードレースに詳しい人のそれ。
(作者はロードレース好きで、シモーニのファンだそうです。)

普通ならロードレースを知らない人にも読んでもらおうと説明がくどくなりそうなところ、ポイントを押さえているし、終わりの3章で展開されるミステリー的な要素もなかなかの読み応え。

結末は単に爽やかさでは終わらず、タイトルが「サクリファイス」(犠牲)なだけあって、主人公は重いバトンを受け取ることになるのだが、読み終えてとても清々しい気持ちになった。

全体として文章が簡潔で言葉が選ばれているためか、スーッと頭に入ってくるのも好感度高し。
文庫になったら...ではなく、すぐハードカバーで買って読んでよかったなと思った一冊。まだの人にはぜひお勧めしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

販売の理論より

今日は断続的な雨&夜は月例勉強会のため、自転車はお休み。
勉強会のほうはゲーム理論が一段落し、マーケの基本に立ち返っているところ。
ちなみに、テキストはこれ。

070905_01

今回は販売の理論。店舗設計や接客等について、基本的なセオリーのおさらい。内容を一部紹介すると...

◇店舗の設計:コンビニの例
・立地は車で走ってきて左側の角がベスト。
・道路に面する側には雑誌を置き、人がいるという演出をする。
・顧客の目の高さに売れ筋を配置。
・レジ付近と一番奥に売れ筋を置き、店内を回遊させる。
(通常、レジ付近にはおにぎり等、奥にはドリンク類が置かれる。)
等々。

◇心理的な側面:笑顔のフィードバック理論
電気刺激で顔の筋肉を動かして笑顔を作ったら、楽しい時と同様の脳波が出たという実験がある。(シュワルツ教授)
顔の筋肉の動きが脳にフィードバックされるからと説明され、意識的に笑顔を作ることで脳に「楽しい」という感情を起こさせることができる。
販売の側面では、笑顔を作ることで販売員自身が明るい気持ちになり、それが顧客に伝染するという文脈で使われる。ディズニーランド、ウォルマート等。

◇同:メーラピアンの法則
初対面の相手に抱く印象の割合は、
・態度や外見 55%
・声のトーンや話し方 38%
・言葉の内容 7%
で決まるという理論。
最後には言葉の内容という論理的な要素も入ってくるが、そこまで行く前にあらかたの決着がついていることになる。

自分の勤務先は小売や飲食ではないけれども、それらで実践されてきたものには応用範囲の広いのが多そうだし、話のネタとしても便利かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

王滝の準備(補給編)

今日はここ数日では暑い方で、往復とも汗だくの自転車通勤。
特に朝は、腕を紫外線から保護するためにアームウォーマーを着けなければならないのが難。昼休み、UVカットの薄手のがあればと某スポーツ用品店へ行ってみたが、オバチャンが使いそうな腕カバーみたいなのしか置いてなくて買えず。

さて、昨日に続いて王滝に持って行くものの話。今日は補給編。

070904_01

まずはカロリー面。
昨年のEdge305の記録によると、自分が王滝100kmで消費したのはなんと5200kcal。
これをもとに今年のプランを考える。

朝食はおにぎり(当日早朝に宿から出される)、バナナ、パワーバー等で2000kcalを目標に摂取予定。とすると、走行中には3000kcal程度の補給が必要か?
自分程度のスキルでは、王滝の上り下りをこなしながら固形物を食べるのは厳しいので、液体やジェルがメインになる。

①TOPTEN 2本
 1本360kcal→2本で720kcal

②CARBOSHOTZ 4本
 1本117kcal→4本で468kcal

③アミノバイタルゼリー SUPER SPORTS 5パック
 1パック100kcal→5パックで500kcal

④CCDドリンク パウダータイプ 3袋
 1袋141kcal→3袋で423kcal

①②は、ボトル詰めしてTOPEAKのトライバッグに入れていき、第3CP過ぎぐらいで無くなるようなペースで。
③はチェックポイントその他で休憩する際に。
④はハイドレーションパックに入れる水に混ぜ、水分と一緒に随時。
①~④の合計は、2111kcal。...まだ足りないのでプラスαを考えよう。

他には、今回初めて⑤VESPAを2パック用意。
これは轍屋さんお勧めのサプリメントゼリーで、いわばVAAMの高級版のようなものか?
運動を始める前に飲んでおくと脂肪の燃焼が促進される等の効能をうたっていて、VAAM同様にカロリーは少ないと思われる。
当日はMTBをスタート地点に置くのが4:30ごろだと思うので、その後に1パック。道中の真ん中あたりでもう1パックか?
経験上、同様の効果があるVAAMやPERFECT PLUSのゼリーを飲むと、体がカーッと熱くなって平地の走行速度が2km/hぐらい上がるので(笑)、それ以上の効果をプチ期待。

次に水分。
昨年はハイドレーションパックに1リットル、+天然エイドステーションで汲んだ水を1リットル近く飲んだと思うが、それでも帰りに車を運転していてひどい頭痛がした。
重くなるのは避けたいがハイドレーションパックに入れる水を1.5リットルに増やすか、時間のロスにはなるが途中で足すことを考えよう。
ちなみに、VESPAを飲むことで発汗量が増える可能性が高いので、水分不足にはさらに注意が必要。

最後にアフターケア。
⑥EXTRA AMINO ACIDS
 これをレース中にガンガン摂る人もいるらしい。
 自分はリカバリー用と位置づけて、ピルケースか何かに数粒入れて行くつもり。

⑥ザバス タイプ2 スピード
 日常、運動後に飲んでいるプロテイン。
 自宅には乳児用のミルクを小分けにして持ち歩くための小袋があり、その1回分とプロテイン1回分がほぼ同量なので、遠征時にはこの小袋を流用。(^^)
 オレンジジュースを1パック用意しておき、終わってから溶いて飲む予定。

というわけで、何かレース中でも食べやすいプラスαを探してみることに決定。
ちなみに上記①~④は全部甘いので、足すのは塩味の食べ物がよさそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

王滝の準備(GPS編)

早いもので、秋のSDA王滝が2週間後に迫ってきた。

去年、GARMINのEdge305は既に持っていて、本番でも心拍計とログ取りには使ったのだが、今年はもうちょっと使いこなしてみたい。
具体的には、地図やプロファイル(高低図)を取り込み、「あと何キロでCP1だぞ」とか「あと何キロでこの登りが終わるぞ」とかを、ビジュアルで確認したいところ。

この点、“カシミール”を使えば、ROUTEを作成して転送することはできる。しかし、これだと非常におおまか(次ポイントの名前と方角を指すコンパスが出るだけ)で、細かい情報は分からない。
正月に箱根駅伝コースで試してみたが、例えば鶴見に着いたら“SW TO TOTSUKA”(戸塚は南西です)と出るだけ。
そこで、地図やプロファイルを作るには、トレーニングコースを作る必要がある。

Edge305添付のCD-ROMには、管理用ソフト“Training Center”が入っていて、それを使えばトレーニングコースの作成はできる。
但し、「トレーニングコースは走行履歴をコンバートすることによってしか作れない」という制約があるのだ。

去年自分が王滝を走った時のトラックログはあるものの、本家WEBの体験記に書いたように、途中の落ち窪んだエリアで衛星をロストした区間があり、そこはカシミールの地図で見ると見事に「直線」になってしまっている。
“ALPSLAB ROUTE”にある王滝の地図をコンバートしたいが、どうしたらいいか?

で、いろいろ探して、たどり着いた記事がこれ。

☆RYOさんのブログ GARMIN Edge 305 (トレーニング編2)

ここに書いてある“GPX2CRS”というソフトを使い、“ALPSLAB ROUTE”から落としたGPXデータ(3パートに分かれている)を、一度カシミールに読み込んで連結し、再度GPXデータとしてエクスポート。これを“Training Center”のコース作成画面にインポートして、無事に王滝全区間をトレーニングコース化することができた。感謝。
自分で好きなコースを作るには、カシミールで作って同じようにGPX化して転送すればいいので、応用範囲の広いHOW-TOだ。

写真が不鮮明だが一応Edge305の画面を載せておくと、まずは地図。

070903_01_2

次にプロファイル。

070903_02_2

あとはトレーニングコース設定画面でポイント(CPや登りの終わり等)を作成して転送し直せば、初めに書いた用途に使えるようになるはず。

ただ、画面が小さいので拡大(より狭い範囲を表示)せざるを得ないだろうし、最後まで正常に動作する保証もないので、紙に印刷したプロファイルを併用することにはなりそうだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

輪行函を届けに

日産スタジアムその他のイベントでご一緒しているくろださんが、今年初めて“ホノルルセンチュリーライド”に参加するとのこと。
2年前に自分が行った際に使用した、カブトの“輪行函”という段ボールを差し上げることになり、今日はその配達に行ってきた。

070902_01

昨日、畳んでしまってあった“輪行函”を出して、配達された時のように畳み直してみたところ、大きさはおよそ1600mmX800mm。重さは5kg前後だと思う。
実物を出してみる前は、そんなに重くないし電車でもいいかな?と思っていたのだが、その大きさを前にめげてしまい、あっさり車に変更。(^^);

自分の手持ちはハッチバックの小型車で、後部座席を畳むとフラットな荷室ができる。
箱形に組み立てた状態でも長辺が1200mmあり、収納は結構ぎりぎり気味。

くろださん宅は渋谷区内。到着は午前9時台を目安にと事前に連絡しておき、途中の混雑や不慣れな山手の住宅地で迷うことも考慮して、8時少し前に家を出た。
ところが、第三京浜→環八→246→それ以降と全く混んでおらず、近くに行ってからも用意した地図でパッと分かってしまい、約束よりだいぶ早い8時半過ぎに到着...。

にもかかわらずくろださんは快く対応してくださり、ついでに弟さんのチタンフレーム車など珍しいものも見せていただいた。コーヒーをご馳走になりつつ、しばらくホノルルセンチュリーの話。

自分の経験(といってもたった1回)から話したのは、
・周囲に惑わされないようにして、マイペースは守る。
・とはいえ、涼しい午前の間に距離を稼いでおきたいので、特に往路のチェックポイントでは休憩を短めに。
・スタート6:15、ゴールクローズ17:30なので約11時間あるが、復路のほうが往路より時間がかかると想定して、遅くとも11時には100マイル折返しを出たほうがよい。←この場合、行き約5時間、帰り約6時間。
それが無理そうならば75マイル折返しで引き返す。
...あたり。くろださんは100km以上のサイクリングを何回かしているそうなので、そのベースにハワイ効果が加わって、100マイルはきっと大丈夫だろう。

この後、来た道を逆に走って帰宅。帰りはさすがに行きよりはやや混んでいて、1時間20分位。

家に着くと、先日某ネット書店に予約した「サクリファイス」が届いていた。
発売日は8/30、その日「ヤマトのメール便で発送しました」というメールが来たので、配達には3日かかったことになる。送料無料なのであまり文句は言えないが...。

ヤマトのメール便は最近、翌日に配達しなくてもいい(3~5日程度で可)という決まりに変更された。要するに、いつ届くかは配達員(パートの主婦が多い)しだいなのだ。
で、最初のほうを少し読んでみたところ、文がとても読みやすく、どんどん読み進められそうな感じ。雨の日の電車通勤の楽しみにしておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

涼しい休日

今週末は土日と休み。
今日は何だか急に涼しくなった。今朝は曇り空で、平地は降っても小雨程度で済みそうな感じ。
...ということはトレーニング日よりなのだが、長女から「涼しいから日産スタジアムで自転車乗りたい」というリクエストがあり、希望を聞いてあげることに。

7月は雨、8月は猛暑で全く乗っていなかったので、長女の自転車はすっかり埃をかぶっていた。←室内保管は自分のだけ。(^^);
ひと通り拭き掃除、チェーン注油、エア補充、ブレーキ調整、サドル高調整、で準備完了。

タイヤの指定空気圧は3BAR。チューブには米式バルブが使われているのだが、あまりにタイヤが小さいので、スポークの間を縫ってポンプの口をバルブに垂直に差し込むのが大変。
長女はここ数ヶ月でまた背が伸びたようで、脚がやや窮屈そうに見えたので、サドル高は少し上げてみた。
大人と同じ決め方(一番遠くしたときに脚がぎりぎり伸びきらない程度)だとちょっと高すぎるようで、ペダルをうまく上に戻せない。そこから1cm強下げると楽になったとのこと。

日産スタジアムに着くと、フィールドでは子供たちのフットサル大会をやっていて、たくさんの保護者がサポートや応援をしているようだった。
長女は広場で自転車練習、自分は後ろからそれを見守りつつランニング。といっても、長女の自転車は補助輪付きだし、それほど速く走れるわけではないので、自分の運動になったかは?だが。家内と次女は近くを散歩。

その後は噴水で軽く水遊びをし、長女はお約束でびしょ濡れに。涼しいことでもありササッと着替えをして、近所のファミレスで飯を食って帰宅。
自分は子供たちが昼寝したのを見届け、扇風機を出して、回転重視で軽くローラー1時間。ちょっと足りないけど、 こういう休日もいいことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »