« TREKコンセプトストア | トップページ | 世界選手権 男子ロード »

2007年9月29日 (土)

津軽・南部の物産展

今週末は土日とお休み。
天気が良ければロードバイクで軽く走りに行こうと思っていたのだが、あいにくの雨。しかも寒い...。

では家族で軽く出かけてこようと思ったところで、数日前の新聞折込に「津軽・南部の物産と観光展」とあったのを思いだした。
青森県南出身の自分としては、郷里の産品を改めて子供たちに見せるのもよかろうと思い、会場の横浜高島屋へ行ってみた。

電車で横浜駅まで行き、西口へ出ると、はっぴを着たスタッフが青森県南地方の観光PRをしており、アンケートに答えて南部せんべいを受け取る。
アンケート項目の1つに「北東北3県それぞれの場所をイメージできるか」とあって、思わず苦笑。自分は青森出身だが四国でも九州でもだいたいの地図は書ける。一般の人はそうではないのだろうか?

高島屋に着いて催事場フロアへ上がると、とにかくものすごい数の人。若いカップルや家族連れはほとんどおらず、たいていは高齢者。

070929_01

会場にはここ10話ほど青森編をやっていた“美味しんぼ”のディスプレイ。“美味しんぼ”はかなり前からある定番的な漫画で注目度は一定あると思うので、この特集で食べ物から青森に関心を持つ人が増えたなら嬉しい。

070929_02

自分も読んでいたこの連載、青森を「原日本」と表現し、他の地方にはあり得ない食材や食べ方を多数紹介していた。自分も食べてきたいわば“ソウルフード”が次々に登場し、読んでいると楽しかった子供時代のあれこれが目の前に浮かんでくるような感じだった。
4歳の長女が様々な食べ物について「どこで何をした時に食べた」云々の話をよくするあたりから、食べ物と記憶は密接に結びついているのかも?と思う。

今日は「豆しとぎ」を1つ購入。これはもともとは神様への供え物で、青大豆・米粉・砂糖・塩から作られる。自分は高3の頃、アルミ箔にこれを載せてストーブで(笑)暖めて食べながら勉強していたものだ。

ちなみに、家内に「田舎の食べ物でいちばんカルチャーショックだったのは何?」と聞いたら、答えは「せんべい汁」とのこと。たしかに、知らない人から見たらきっと妙な食べ物だろう。(^^);

※せんべい汁を知らない方はこちらをご参考に → せんべい汁研究所
 ちなみにこのせんべい、米ではなく小麦粉でできてます。

|

« TREKコンセプトストア | トップページ | 世界選手権 男子ロード »

その他」カテゴリの記事

コメント

ソウルフードはですねー、たい焼き!
それと子供の頃、毎週日曜日に屋台で売りに来ていた団子です。
せんべい汁の存在は知っていましたが、食べた事は無いです。(岩手には無いのかな?)

JR東日本の夏のCMで駅いっぱいの風鈴がいっせいに鳴り出すシーンがあるのですが、私の地元の駅なのでCMを見るたびに魂持っていかれてました!

投稿: 藤之助 | 2007年10月 2日 (火) 01時35分

> 藤之助さん
せんべい汁は南部地方(今の青森県南~岩手県北)一帯に伝わるものだそうで、岩手県南の方ではまた違った食べ物になるかもしれません。
風鈴といえば、津軽鉄道の“風鈴列車”が好きです。今の時期は“鈴虫列車”もやってますね。(すごい経営努力!)

投稿: まつあに | 2007年10月 2日 (火) 20時10分

「美味しんぼ」ってまだ連載してたんですね(驚)。
究極のメニューは完成したのでしょうか。

投稿: pega | 2007年10月 3日 (水) 12時09分

> pegaさん
たぶん、まだだと思います。
いつの間にか各県へ行って対決するという趣向に変わってまして、青森の前はたしか長崎でした。
全国を回ったら次は外国へ行けばいいので、あと50年ぐらい続くんじゃないでしょうか。(笑)

投稿: まつあに | 2007年10月 3日 (水) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/16630682

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽・南部の物産展:

« TREKコンセプトストア | トップページ | 世界選手権 男子ロード »