« 津軽・南部の物産展 | トップページ | 急に寒さが »

2007年9月30日 (日)

世界選手権 男子ロード

昨日に続いて、気温の低い雨の日。実走で練習に行くにはなれず、かといって何となくローラー台をやる元気も出ず。

午前は家内が美容院に行く間、昼食の支度をしつつ子供たちの相手。午後も子供たちが昼寝する間に少し本を読んだだけで、割とだらっと過ごしてしまった。

夜はテレビで世界選手権・男子エリートロードの観戦。
クネゴたちの逃げグループをどこまで行くかなぁと思って見ていると、やがて逃げ集団を吸収したメイン集団から次々に揺さぶりがかかり、メンバーがどんどん絞られていく。
最後には残った5人の勝負となり、ベッティーニが力強く抜け出してポーズを決めながら2連覇のゴール!

イタリアチームはどんな展開になっても誰かは対応できそうなすごいメンバーだったし、最後にベッティーニが一番得意なパターンに持ち込んで勝ちきれたのも、チームワークがよかったからだろう。

日本の3選手は全員DNFで、日本人が行って完走するだけでも厳しいと言われる、世界レベルの高さを改めて感じた。
ちなみに別府史之選手はディスカバリー解散後、来年はスキルシマノで走るそうで、公式サイトにもそのことが出ていた。新天地でクラシックに臨む別府選手、来年もテレビで応援できそうで楽しみ。

|

« 津軽・南部の物産展 | トップページ | 急に寒さが »

レース(プロ)」カテゴリの記事

コメント

私はオスカル・フレイレの4回目を密かに願っていたのですが、そうはならなかったですね。

最終回に近づくにつれて、一気にペースアップしていく様が私的には凄まじく、手に汗握ってましたよ。

投稿: SFK@某所 | 2007年10月 3日 (水) 08時00分

> SFKさん
そうそう、最後は究極のサバイバルゲームって感じでしたね。
本家サイトのプロフィールにも書いたように、ベッティーニは非常に好きな選手で今回も応援しましたが、一方で密かにエヴァンスの表彰台を期待してました。
彼はランスやラスムセンのように綺麗な乗り姿ではないけれど、多少フォームが乱れようが必死に食らいついていくその姿、魅力的です。(^^)
自分は一応Ridleyのユーザーなので、供給しているロットチームの選手を応援というのもありますが。

投稿: まつあに | 2007年10月 3日 (水) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/16630702

この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権 男子ロード:

« 津軽・南部の物産展 | トップページ | 急に寒さが »