« 2007ジャパンカップ観戦記1 土曜日 | トップページ | TOKYOエンデューロ申し込みそこね »

2007年10月30日 (火)

2007ジャパンカップ観戦記2 日曜日

10/28、日曜日。朝起きてカーテンを開けると、外は台風一過の秋晴れ。
ホテルをチェックアウトして駅前のミスドに入り、この看板と自走観戦のロードバイクを見ながら朝食をとって気分を盛り上げてみた。(^^)

071028_01

その後、前日の天気が嘘のような気持ちのよい青空の下を、たくさんのスポーツバイク組と一緒に森林公園へ向かう。朝からウィンドブレーカーが要らないほどに暖かい。

田野交差点付近のテントで当日券を買ってひと坂登り、森林公園に到着。まずは公式パンフでも買おうかと思ったら、なんと売り切れ。スタートリストだけは貰えたのだが...。

選手達が出走サインをしている時間帯、ステージでは1チームずつ順に上がって今中さんにインタビューを受けていた。写真は愛三チームの5人。

071028_02

開始時刻が近づいたのでスタート地点に移動。天気がよいので紅葉がいい感じに空に映え、季節感満点だ。この後、ピストルの乾いた音とともに、いよいよスタート!

071028_03

始めの2周ぐらい、たまたま本部前に残っていたら、「先着30名限定で沖選手のサイン会をします」というアナウンスが!
ダッシュで列に並んで、サイン&握手をしていただくことができた。間近で見た沖選手はキラキラ輝いているような感じで、笑顔がとても素敵な人だった。(^^)

071028_04

前日の一件で写真にはすっかり自信がなくなったので、デジカメはずっと動画モードにしておいた。
(とりあえず3本、Yahoo!動画に置きましたので、興味のある方はご覧になってください。)

A 古賀志林道の頂上ゲート、ガッツポーズで山岳賞のゲートをくぐる廣瀬選手

 

B 鶴CCの最後の登り、縦長になって駆け上がっていく先頭集団

 

C ゴール近くの花道、独走で帰ってきたモーリ選手と後続のスプリント合戦

 

今中さん&イイミワさんの実況によると、昨年の覇者・リッコ選手が最終週の古賀志林道で落車してしまい、チームメイトのモーリ選手が平坦区間でスパートして他を引き離したとのこと。最後はぶっちぎりでゴール前に戻ってきた。

まだ興奮冷めやらぬ表彰式。カメラマン達が近寄ってバシバシ写真を撮っている。これを見終わったら次は選手にサインを貰いに行くつもりだったが...。

071028_05

なんと!今年は表彰式が終わっても観客をピットに入れない方針に変わったそうで、従来のように選手にサインを貰いに行くことができなかった。
来年は中に入りたいと思うなら、何らかのメディアを立ち上げて「プレスです!」作戦で行くか、関係者に知り合いでも作るしかないだろう。(笑)

かろうじて、帰り際のウェーグマン選手にサインをお願いすることができた。ドイツ国旗色をあしらったチャンピオンジャージ、それに「神風」のハチマキがよく似合う、なかなか格好いい男性だった。(日本の女性にはイタリア人の方がより受けそうだけど...。)

071028_06

終了後は宇都宮駅まで自走し、自転車をパックして土産を物色。横浜までは宇都宮始発の湘南新宿ラインに乗って帰宅。

レース全体としては、今年はプロチームは去年より少ない3つ、別府フミ選手も出場しないので、去年よりやや地味な感はあった。ただ、例年と違って外国人選手が逃げグループに加わったり、新城選手が健闘して5位になったり等、それなりに見所があったと思う。

今年は自転車を持ち込んだことで機動力が上がり、カレーを食べたりトイレに行ったりしつつ、あちこち移動してレースを観られたのがとてもよかった。古賀志林道も自分の脚で登ってみたし。←意外に短かったです。
ちなみに、写真はトイレの前に置いてあったBIANCHIのカーボンロード。持ち主を待って話をする勇気はなかったけど、おぉこういう方向のカスタマイズもありか~と感心。

071028_07

来年は持ち越しになった自走と、スキルシマノに移籍した別府フミ選手が来るのを楽しみにしよう。
最後に、雨の中を付き合ってくれた同行者のくろださん、お疲れさま&どうもありがとうです。これに懲りずにまた行きましょう。来年はカーボンのロードバイクで、かな?

|

« 2007ジャパンカップ観戦記1 土曜日 | トップページ | TOKYOエンデューロ申し込みそこね »

レース(プロ)」カテゴリの記事

コメント

動画で見ると雰囲気伝わってきますねー。
会場にいると盛り上がるんだろうなぁ。

しかし、モーリ選手速い!
きっとあれでも余裕なんでしょうね。

投稿: 藤之助@仕事中 | 2007年10月30日 (火) 23時21分

> 藤之助さん
動画はあえてその瞬間だけでなく、選手を待つ観衆の雰囲気も入れつつエンコードしました。もとがデジカメの動画なので、絵も音もたいしたものではありませんが、当日の盛り上がりっぷりが伝われば嬉しいです。(^^)
平坦区間だと風が通り過ぎていったような感覚で、選手の識別も難しいほどでした。
モーリ選手、他にも強い人がたくさんいる中で、あれほど差を付けて帰ってこられるとはすごいですね。

投稿: まつあに | 2007年10月31日 (水) 09時47分

はじめまして!
国内コンチネンタルチーム愛三レーシングのブログを運営しているものです。
ジャパンカップの模様をアップしています。
今回は愛三、というより全体の様子を掲載していますので
よろしければご覧下さい。
今年は日本人が頑張ってくれて大いに楽しめました!

投稿: aisan press | 2007年10月31日 (水) 10時59分

> aisan pressさん
お知らせどうもありがとうございます。
今回一緒に行ったくろださんが匠さんの大ファンです。←ばらしてゴメン
西谷選手は結果的には表彰台に届きませんでしたが、新城選手とともに獲りに行った姿をとてもカッコ良いと思いました。

投稿: まつあに | 2007年10月31日 (水) 20時33分

やはり別府匠選手は、ルックス&実力どちらもありますからね~。
会場からから出る愛三のワゴンににむかって
”匠く~ん!!”
と声をかけたらこっちむいてくれました。
”目が合った!”
って言ったら、matsuaniさんが脱力してウケてくれました。。

投稿: くろだ | 2007年10月31日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/16922269

この記事へのトラックバック一覧です: 2007ジャパンカップ観戦記2 日曜日:

« 2007ジャパンカップ観戦記1 土曜日 | トップページ | TOKYOエンデューロ申し込みそこね »