« 祝日の通勤風景 | トップページ | 北国から帰還 »

2007年11月 4日 (日)

両親の個展へ

今日は訳あって東京駅から新幹線に乗車。
体調がよければ子どもたちも連れて行こうと思っていたのだが、あいにく2人とも風邪が治っておらず、鼻づまりで声がおかしい。家内に預けて1人で行くことにした。

用事というのは、郷里の両親が30年余り続けている書道の夫婦展を開いており、その最終日に顔を出して撤収を手伝ったりするというもの。
写真はこの日記に初登場、筆者の両親。ちなみに筆者は母親似と言われます。(^^);

071104_01

会場には夫婦合わせて40点ほどを出しており、題材は漢詩、和歌、碑文、仏典、それに前衛書など多岐にわたる。仏典については屏風にして菩提寺等に寄進しているそうで、写真の屏風もお寺に差し上げたものをお借りしてきたとのこと。

午後2時過ぎに会場に着いて弟夫婦に話を聞くと、来場者数は3日間で500人以上(片田舎としてはかなりの数)、地元紙に写真入りで掲載されたりとなかなか盛り上がったらしい。

午後4時で展覧会は無事終了。その後、作品を丁寧に外して巻き取ったり、パネルをばらして片付けたり、届けられた多数の花やお菓子を手伝ってくださった皆さんにお分けしたり、等々の片付けを手伝い、慰労会場の焼き肉屋でさがり肉(たぶん関東でいう“はらみ”だと思う)に舌づつみ。

田舎はかなり寒い土地で、この日も店を出ると相当に冷えていた(横浜の12月並み)ので、体調の思わしくない子どもたちは連れてこなくて正解だったかな?

両親はいま60歳代。「次は夫婦合わせて150歳の時にやるつもり」と言っており、まだまだ創作意欲は衰えないらしい。(笑)

とりあえずイベントは盛況のうちに終わり、設置や撤収でケガをした人もなくて、まずはひと安心。

|

« 祝日の通勤風景 | トップページ | 北国から帰還 »

その他」カテゴリの記事

コメント

ご両親、良い趣味をお持ちですね。
機会があれば是非作品を拝見したいものです。

投稿: pega | 2007年11月 7日 (水) 11時59分

> pegaさん
コメントありがと。(^^)
そうですね、共通の趣味なり一緒に取り組める何かがあるというのは良いと思います。
機会があればぜひ。

投稿: まつあに | 2007年11月 7日 (水) 19時19分

屏風の字、ものすごくお上手ですね。
上手下手とかそういうレベルでなく”表現”として書いていらっしゃるのでしょうけど。。

個展で500人はすごいですよ。

投稿: くろだ | 2007年11月 8日 (木) 00時16分

> くろださん
写真右は顔真卿流の楷書体、左は隷書体だそうです。←受け売り
案内葉書を500枚出してうち400人強が来場、残りは地元2紙の記事を見て近隣の市や町から来てくださった方々とのこと。
ちなみに私は不肖の子で字は下手です。^^);

投稿: まつあに | 2007年11月 9日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/16995168

この記事へのトラックバック一覧です: 両親の個展へ:

« 祝日の通勤風景 | トップページ | 北国から帰還 »