« 人に歴史 | トップページ | 油断禁物 »

2007年11月29日 (木)

楽しいパンク修理

今日は朝から北風が冷たく、日中も厚い雲が出ていてほとんど気温が上がらない1日。
ウィンドブレーカーに中厚手グローブ・ネックウォーマー・シューズカバーという“真冬用のちょっと手前”スタイルで家を出る。

往路のほぼ真ん中まで来たところで、急にリアからぶよぶよっとした嫌~な感触が...。
道路の左側によって確認すると、錆びて曲がった安全ピンがトレッド中央に深々と突き刺さっている。←ブロガーとしての自覚が足りず写真を撮り忘れました。(^^);

そこは鶴見川の土手上で、冷たい風に吹きさらされながら修理開始。
後タイヤの接地面を見ると、もともと2~3mmあったはずのブロックがほとんど無い。夏に装着してから舗装路ばかり2000km近くを走っているから仕方がないけれど、これでは釘やピンの類を拾いやすくなっていたことだろう。
家に帰ってからローテーションするのは面倒だし時間に余裕もあったので、修理ついでにその場で両輪を外してローテーション開始。

手がかじかみつつも両方のタイヤを外し、前後を入れ替えて装着、携帯ポンプでとりあえず前後3BAR位入れて出発。
ところが、いくらも走らないうちに後輪の圧が落ちてきてしまう。ローテーションしたので異物を残してしまったとしてもそれは前輪の方に回ったはず...。
後輪を再度外して確認すると、持ってきた予備チューブに小さな穴が空いてしまっていたようだ。今度は簡易パッチで対策。

この2回目の修理を始めた頃、「パンクかい?」という声が聞こえた。見上げるとママチャリにまたがった60代後半ぐらいの男性が1人。
「ええ、今日みたいな寒い日に限ってこんなで参っちゃいますね~。」と自分。すると
「俺も昔はずいぶん自転車に乗ったから、よく道ばたでパンクの修理したもんだよ。」
「自転車、お好きなんですか?」
「昔はカンパで組んだビアンキのロードレーサー・旅用・ピストまで、全部で5台持ってたよ。心臓を悪くして、坂は上がれないスピードは出せないでつまんないから全部売って、今はこれ(ママチャリ)だけど。」
...と会話が弾む。

昔のシマノの部品は弱くてハブが割れたりして困った、靴はストラップ留めだった、川崎“いそや”の先代に世話になっていた等の内容からして、今から20年ほどは前の話かと想像。
とはいえ、自分のMTBを指して「そういうのは今は単車みたいなブレーキが多いんだって?」(油圧ディスクのことですね)、「ロードレーサーはチタンが高級って言われたけど、最近の高いのはみなカーボンなんだってね」等、近年の傾向もちゃんとフォローはしているみたい。

やがて自分がタイヤをはめ、エアを入れて車体に戻すと、男性は「お、直ったね。それじゃ、気をつけて。」とペダルに足をかけたので、「おかげでパンクの修理が楽しくなりました。どうぞお気を付けて」と見送る。
そして自転車を起こし、グローブをはめて再出発。今度はエア漏れはなさそうだ。

自転車で通勤するならたまのパンクは避けられないとは思うが(ちなみに自分は3年間で3回め)、こんな風に見知らぬ人と話し込んだりできてしまうなんて、満員電車での通勤ではほぼあり得ない話。
改めて「自転車通勤ってなかなかいいじゃん。」と思い、曇天と寒風の中でも晴れ晴れした気持ちで会社へ向かっていく自分であった。

|

« 人に歴史 | トップページ | 油断禁物 »

通勤」カテゴリの記事

コメント

パンクって けっこう続きませんか?
私は10年あまりぼちぼち乗ってますが
あまりパンクしていません
しかし 2年ほど前 続けて(2ヶ月ぐらいで)
4回ありました
そのうち2回はシングルトラックで
寂しく 一人で 修理は つらいです
それ以来 ポンプを CO2にしました
ブシューと一気に空気が入るので
(ポンピングしなくていいので)
あっという間に 終わります
ロードでも高い空気圧まで一気にあげられます
一本数百円するのがたまりませんが
保険のようなものです(あれば安心)

投稿: リッチー2号 | 2007年12月 1日 (土) 09時26分

なかなかすてきなお話ですね。ほのぼのします。
私は多摩サイの一番下流まで行って、その先の羽田空港に向かう道でチューブレスがパンクしたことがあります。
昼間だというのに車以外だ~れも通っていなくて、しかもビードが固くて、泣きそうになりながらチューブを入れました。
ものすごい時間がかかったのになんとチューブに穴があいていたらしく、結局空気を入れては1kmくらいずつ走って、ようやく自転車屋さんでタイヤ交換しました。
あれ以来チューブレスは怖くてチューブ入りで使っています。タイヤもビードの固くないものを選ぶようにしました。

投稿: くろだ | 2007年12月 1日 (土) 19時31分

> リッチー2号さん
たしかにパンクって続くと思います。前の2回は当時履いていたスリックタイヤが摩耗してきた頃で、中数日で起こったような記憶があります。
なので、今回はローテーションして元から断とうかと。(^^);
通勤中は時間に限りがあるので、ボンベは対策として有効かもしれませんね。今度マネして1つ買ってみます。ありがとうございました。

投稿: まつあに | 2007年12月 3日 (月) 18時10分

> くろださん
こういう日記は書いてる自分も楽しい気持ちになってきます。(^^)
それと、こんな風に道行く自転車乗りを見ている人もいるんだと思うとますます、マナー的に恥ずかしいこと等は慎もうという気になります。
今のタイヤ(RITCHEY WCS)は割と緩くて付け外しがしやすいです。通勤用には向いてるかと。
チューブレスだとIRCはきつめ、MAXXISは緩め等とメーカーによってだいぶ差があるそうですよ。ちなみにEl Santoの次のタイヤを何にしようかな?と悩み中。

投稿: まつあに | 2007年12月 3日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/17231456

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいパンク修理:

« 人に歴史 | トップページ | 油断禁物 »