« 自転車部屋の片付け | トップページ | 第二の人生? »

2007年12月10日 (月)

10年前の自分に

土日と休んだので、3日ぶりの自転車通勤。どうも昨年より速いペースで寒くなっているようで、朝は冷え冷えした感じに変わってきた。今日から7分丈パンツの中をレッグウォーマーからパッドなしタイツに変更。
最近は日の出が遅くなり、朝7時過ぎだとまだ夜明けの名残を見ることができる。東の空が赤く染まり、続いて周囲の濃い青色にだんだんと色が付いていくその様子は、クルマではじっくり味わえない。これもまた自転車通勤の醍醐味の一つ。

さて、昨日部屋の片付けをしていて一つ出てきたものがある。
それはHP200LXといい、Hewlett-Packard社が出していたDOSベースの携帯パソコン。PDAとしてもよくできていた。1999年に生産中止が発表されると、一生分と言って5台10台と買い置きする人が現れたほど。

071210_01

1990年代、筆者はこれでスケジュールやアドレスの管理、ちょっとした文書作成、PHSを繋いでインターネットメールの送受信などをしていた。アキバで水晶を買い半田ごてを握って倍速化したり等、当時のマニアがしていたことはひと通り経験。(^^);
ちなみに1998年以降はPalmユーザーに変わっている。

今日はちょっと気が向いたので、夕食後にちょっと動かしてみた。
必要なファイルはフラッシュメモリカードに入ったままだったので、電池を入れて電源ONですぐに起動。
中のファイルを見てみると、例えば1997年に”netPC”という雑誌の記事からメモったものがあった。

***
現代のいい会社とは
①市場への姿勢
・価値創造型(例:3M)
・経験体現型(例:ディズニーランド)
②行動特性
・スピード志向
・高付加価値志向(例:モスバーガー)
・グローバル志向(例:Amazon.com)

いい会社を作るには
①状況を認識する
②ゴールを見定める
③ゴールを共有する
④ゴールと現時点を結ぶ
⑤私に何ができるか考えてやる
***

これをメモったこと自体すっかり忘れていた位なので、当時は内容もよく分かっていなかったのかもしれない。
ビジョン、コミュニケーション、リーダーシップの重要性を説いているのだが、それらは今でも企業経営の基本とされること。かつ現在の筆者にとっても重要で困難な課題なのだ。
こうして10年前の自分が残したものを見ると、いかに進歩していないかもよく分かるし、過去の自分を超えて行かなくちゃ!という刺激も受ける。
当時は書いていなかった日記を、今はこうしてブログという形で書いている。10年後の自分が日記を読んで「あの頃より多少は進歩したかな」と思えるように、時間に代表される限りある資源を有効に使っていかなくちゃ、と思った。

|

« 自転車部屋の片付け | トップページ | 第二の人生? »

その他」カテゴリの記事

コメント

HP200LX懐かしいですねー。
私はZaurusでしたが当時の同僚が楽しそうに使っていました。
今じゃまた紙に戻りせっせとノートに書いています。
10年前と云えばMosaic(スペル?)が注目され始めていて、アラン・ケイがある講演で『これからはWebの時代だ』と言うのを聞いて、ワークステーションにMosaicを入れて夜遅くまで会社で遊んでいましたよ。
まだJUNETの頃でしたが、すぐにアランの言った通りになってしまいました。

投稿: 藤之助 | 2007年12月11日 (火) 21時41分

> 藤之助さん
本文に書いたように今の自分はPalmユーザーの残党です。Linux Zaurusに興味はありますが、いまやサドルやデュアコンのほうが優先順位が上という...。(笑)

“NCSA Mosaic”ってマーク=アンドリーセンっすね。(^^)
自分は1994年に初めてインターネットに接続しましたが、95以前はWindowsでインターネットに接続する環境を整えるのが面倒で、200LXの母艦ともどもMacでまかなってました。
当時、生活が便利になるかもとは思いましたが、大きな商売のネタになるとは予見できませんでした。もっと非営利的な方向へ活かされると思ってたもので。
例えば三木谷さんみたいに早く商売としての可能性に気が付いて行動した人は偉いと思います。

投稿: まつあに | 2007年12月12日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/17333366

この記事へのトラックバック一覧です: 10年前の自分に:

« 自転車部屋の片付け | トップページ | 第二の人生? »