« 筋肉痛なし&成人の日に | トップページ | 長女のおねだり »

2008年1月15日 (火)

ユーラシア(5) ライト検討

今日も昨日に続いて寒い1日。特に朝は北東寄りの風が冷たくて、耳・首・靴の各ウォーマーが大いに活躍した。
先月からは保温ボトルに暖かいドリンクを入れて家を出ている。今週はその中身が冷えるまでの時間が大幅に短縮。勤務先近くの信号待ちで、1時間もしないうちにすっかり暖かさが失われたドリンクを飲んで、改めて寒さを実感した。

さて標題の件、平日は時間がないので自転車いじりはお休みだが、昼休みにライトをどうするか考えてみた。

頂戴してきたユーラシアにはローラー式のダイナモがあり、試してみたら生きていてライトは点灯した。ダイナモを全ばらしする元気はないけれど、回転部に軽く注油する程度で使い続けることはできそう。
ただ、通勤用のMTBに一昨年の秋着けたハブダイナモ(DH-3N71)と専用ライト(LP-600)をとても便利に思っているので、できればコンバートして使い続けたい。

自転車用リムには種類がいろいろあって、MTBだと32H、ロードだと36Hが一般的。
(レース用でもっと少ないものもありますが。)
シマノのハブダイナモにも32H用と36H用があり、自分はMTB用に32H用のハブダイナモとリムで1本組んでもらった。

ユーラシアのホイールは今ではあまり見ない650Aという規格で、大きさはMTBとロードの中間に位置し、ロードバイク的な36Hが一般的らしい。
ネットで650Aかつ32Hのリムを探してみたけれど、全然見つからない。例えば、ARAYAから650Aのリムが出ているが、カタログにある「KP-80」や「SP-30」は36Hだ。

ハブダイナモを導入した当時はMTB以外を通勤に使うプランは全くなかったので、仕方がないことではあるのだが、36H用を買い直すしかないのか?
あるいは、前後異径になることを承知でそのまま使うか?(カンチブレーキを調整すれば無理矢理使えないことはなさそう。)
まだまだ悩みはつきない...。

|

« 筋肉痛なし&成人の日に | トップページ | 長女のおねだり »

ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/17713112

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア(5) ライト検討:

« 筋肉痛なし&成人の日に | トップページ | 長女のおねだり »