« ランニング練習 4回目&鯛焼き | トップページ | 雨の留守番 »

2008年1月28日 (月)

ユーラシア(8) フレーム等の掃除

今日も相変わらず北風の冷たい1日。ただ、この2週間ほどで寒さの中を自転車通勤するのに体が慣れたようで、きついなぁという感じがなくなってきた。
そして、すっかり慣れた頃には寒さが和らいでくるのが例年のパターン。

昨日今日で少しユーラシアいじりの続きをやったので、その件を少々。今回は主にフレームや部品のクリーニング。

フレームはカーシャンプーで洗浄してみたが、前より綺麗にはなっても何だか薄汚れた感じは変わらない。
極細コンパウンドで表面のクリアを一皮剥けば綺麗になるかと試してみても、やはり同じ。どうやら長年の間に汚れが深くまで浸透しているようだ。
それと“EURASIA”等の文字は全て塗装でなく粘着シールで(普及車なので仕方ないけど)、その端々の黒い汚れだけを綺麗に取り去るのは困難と分かった。

もっと綺麗にしようと思うなら、全部剥離してオールペンするしかないのだが、今回はあえてオリジナル塗装を残し、錆びたところだけ錆落としをして似た色のタッチアップをしておくことにした。

またもやホームセンターへ行き、携帯のカメラで撮った画像と色見本を見比べて探す。
先入観ではプリウスの金色が近いかな?と思っていたが、それより茶色っぽい日産グロリアの色が近かったので購入(写真)。持ち帰って試したら若干色の違いはあったけど、まぁいいことにしよう。

080128_01

続いてフレームの内部。抜いたシートピラーを見ると、サドルに近い部分は錆びていないかわり、下の方は錆だらけだ(写真)。ということは、フレームの中は錆だらけか?
手持ちの用具では掃除するにも限界があるので、パーツクリーナーを吹き込んでから棒でウェスを突っ込んで拭き取る程度。あとはラスペネをスプレーしておく位しか頭に浮かばない...。

080128_02

シフトのダブルレバー、シートピラー、ブレーキ本体等は、洗うと綺麗にはなったが仕上がりは今ひとつ。
ふと思いついて、台所にあった“スコッチブライト”に水を付けて擦ってみたら、期待した以上に光沢が出た。さらに極細コンパウンドで磨いたら、けっこう蘇った感じがする。
これらは乾かしてから、必要な部分に注油して再利用するつもり。

これでほぼ準備が整ったので、いよいよ組み付けに入れる。
泥よけ以外を付けた時点で一度試走し、さらに調整していくつもりだが、素人がそうスムーズにことを運べるものかは謎。

|

« ランニング練習 4回目&鯛焼き | トップページ | 雨の留守番 »

ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~っ。
結局クランクとBBは外してないんですよねぇ?
何となくBBとBBシェル(って言うんでしたか?)が気になるんですが・・・
僕がメンテした古いフレームは(と言っても3本ですが・・・)どれもBBシェルのサビが一番ひどかったです。
やはり一度外して見た方が良いのでは・・・?
すでに外されて確認済みならいいんですが・・・

投稿: つっち~ | 2008年2月 1日 (金) 18時49分

> つっち~ さん
ご指摘のとおり、まだ外せてないです。(^^);
BBは使用中は雨水にさらされ、保管時も地面に近くて湿気の影響を多く受けるところだと思いますので、ぜひ外してメンテをしたいですね。
現在、クランク抜き工具探索中...。

投稿: まつあに | 2008年2月 2日 (土) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/17899634

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア(8) フレーム等の掃除:

« ランニング練習 4回目&鯛焼き | トップページ | 雨の留守番 »