« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

ヘルメットをかぶろう!

今朝は玄関を出ると、昨日よりはひんやりした冬らしい空気に戻っていた。
いつもどおり、MET“ストラディバリウス2”を被ってストラップを締め、冬用グローブをはめてから、SPDクリートをパチッと入れて漕ぎだし。

ヘルメットといえば、自分が自転車通勤を始めたきっかけでとても影響を受けたサイト『MTB通勤.com』の管理人・うめ吉さんが「ヘルメットをかぶろう!キャンペーン」を始められた。そのバナーはこれ。(クリックするとキャンペーンのサイトに飛びます。)

ヘルメットをかぶろう!キャンペーン

自分のホームページではトップにバナーを置かせていただいたのだが、ブログは無料のものでデザインのカスタマイズができないため、今日は1項設けてみた。(^^)

私はうめ吉さんの影響もあって、自転車通勤を始めた3年半ほど前から、乗車時は必ずヘルメットを被っている。
今までに転倒は2~3回したことがあるけれども、幸いヘルメットが割れるとか潰れるとかするほど頭を打ったことはなくて、「ヘルメットが無かったら命がなかったかも?」という実感がある訳ではない。

それでも、万一のクルマやバイクとの接触、また自爆でも転び方が悪ければ、頭を強く打つだろうことは容易に想像できる。事故になったら、加害者・被害者どちらの立場だったとしても、よりダメージが軽い方がお互い不幸になる度合いが低くて済む訳だし。

被らない人の理由はいろいろあると思うが、大別すると「格好悪い」「大げさすぎ」「お金がかかる」「効果に疑問」「夏暑い」「髪型が乱れる」あたりだろうか?
個人的には、いずれも自転車に乗ること自体にリスクがあると考えるなら許容すべき程度の話だと思う。ただ、これだけヘルメット無しの人が多い現状を見ると、そう考えない人の割合は高いのだろう。

自転車に乗る人の安全に関する意識を高めよう、そのためにもヘルメットを、といううめ吉さんのお考えには大いに賛同できるし、ごく微力ではあるが啓蒙活動へのご協力を惜しまないつもりだ。
このバッヂをリュック等に付けて自転車通勤する人たちが大勢現れ、「それ何?」とあちこちで話のネタになる...という展開を期待したい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

鶴見川に水蒸気

今日はこの2週間ほどでは例外的と思われる、妙に暖かい日。
いつものように新横浜から鶴見川の土手に出てみると、通常よりずっと見通しが悪い。走りながらチラッと川面に目をやると、なんと水面から盛んに水蒸気が立ち上っている。

080130_01

上の写真は逆光かつ携帯で撮ったものだが、モヤーっとした感じがお伝えできるだろうか?
今までにも何度かこういう場面には遭遇したけれど、場所的にはより上流のほうが発現しやすいので、ちょっと予想外。
ちなみに、写真の円柱状の建物はプリンスホテル、横には間もなくオープンする新横浜の駅ビルも見えている。

この後は鶴見川沿いを川崎まで走っていったが、暖かいせいかお年寄りの犬の散歩が多くて賑やか。リードを付けていない人も結構いて、注意して走らなければならなかった。(犬そのものに罪はないけど...。)

ふと止まって桜の木を観察すると、蕾が順調に膨らんできていた。今年もいつもとそう変わらない時期に暖かくなりそうな予感。

但し、予報によれば明日からまたぐっと冷え込んでくるらしい。寒暖の差が大きい時期は風邪に要注意。汗の処理やうがい、睡眠やビタミン補給などに気をつけようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

雨の留守番

今日は平日だがシフトの関係で仕事は休み。(今週は土曜日出勤予定。)

昼過ぎまで、家内は次女を健診に連れて行くという用事があった。ずっと雨が降っていて外出もためらわれたので、自宅で長女と留守番。

長女は、サンタさんにもらった『リカちゃんハウス』を運んできて、これでいっぱい遊ぼうと言う。まだ訳が分からない次女がいると、リカちゃんの髪や服をぐしゃぐしゃにされたりしてゆっくり遊べないので、こういう時がチャンスということらしい。

というわけで、まずは電話、ポット、鏡などの細かい部品に貼るシールをピンセットで貼ったりの準備。これは次女が「シール剥がし名人」なので、今まであえて貼らずにいたもの。しっかり貼らないとすぐに剥がされてしまうので、念入りに施工。(^^);

続いて、いづみちゃんが遊びに来て、食事したりお茶したり、風呂に入って本やDVDを見たりして、一緒に寝て、起きて食事して、着替えてライブに行く、という長女の考えた流れに沿って進行。(笑)
4歳にもなるとかなりロールプレイング的な遊びができるんだなと思いつつ、不慣れな人形遊びを小1時間。

次は昼食。豚コマ、あり合わせの野菜、ごま油等を使い、味噌味の煮込みうどんを作ったら好評。長女が餅をリクエストしたので、余っていた餅を入れて一緒に食べる。

家内が戻ってきてのおやつ時、リカちゃん遊びと昼食のことを嬉しそうに報告していたし、一緒に風呂に入った際も「今日は楽しかったね!」と言っていたので、自転車いじりはあまり進まなかったがいいことにしよう。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

ユーラシア(8) フレーム等の掃除

今日も相変わらず北風の冷たい1日。ただ、この2週間ほどで寒さの中を自転車通勤するのに体が慣れたようで、きついなぁという感じがなくなってきた。
そして、すっかり慣れた頃には寒さが和らいでくるのが例年のパターン。

昨日今日で少しユーラシアいじりの続きをやったので、その件を少々。今回は主にフレームや部品のクリーニング。

フレームはカーシャンプーで洗浄してみたが、前より綺麗にはなっても何だか薄汚れた感じは変わらない。
極細コンパウンドで表面のクリアを一皮剥けば綺麗になるかと試してみても、やはり同じ。どうやら長年の間に汚れが深くまで浸透しているようだ。
それと“EURASIA”等の文字は全て塗装でなく粘着シールで(普及車なので仕方ないけど)、その端々の黒い汚れだけを綺麗に取り去るのは困難と分かった。

もっと綺麗にしようと思うなら、全部剥離してオールペンするしかないのだが、今回はあえてオリジナル塗装を残し、錆びたところだけ錆落としをして似た色のタッチアップをしておくことにした。

またもやホームセンターへ行き、携帯のカメラで撮った画像と色見本を見比べて探す。
先入観ではプリウスの金色が近いかな?と思っていたが、それより茶色っぽい日産グロリアの色が近かったので購入(写真)。持ち帰って試したら若干色の違いはあったけど、まぁいいことにしよう。

080128_01

続いてフレームの内部。抜いたシートピラーを見ると、サドルに近い部分は錆びていないかわり、下の方は錆だらけだ(写真)。ということは、フレームの中は錆だらけか?
手持ちの用具では掃除するにも限界があるので、パーツクリーナーを吹き込んでから棒でウェスを突っ込んで拭き取る程度。あとはラスペネをスプレーしておく位しか頭に浮かばない...。

080128_02

シフトのダブルレバー、シートピラー、ブレーキ本体等は、洗うと綺麗にはなったが仕上がりは今ひとつ。
ふと思いついて、台所にあった“スコッチブライト”に水を付けて擦ってみたら、期待した以上に光沢が出た。さらに極細コンパウンドで磨いたら、けっこう蘇った感じがする。
これらは乾かしてから、必要な部分に注油して再利用するつもり。

これでほぼ準備が整ったので、いよいよ組み付けに入れる。
泥よけ以外を付けた時点で一度試走し、さらに調整していくつもりだが、素人がそうスムーズにことを運べるものかは謎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

ランニング練習 4回目&鯛焼き

今朝も起きて外へ出ると冷たい空気。
やがて日が差してきたのを見計らい、午前10時ごろに家を出発。
向かった先は日産スタジアム周辺。いつも沢山のランナーがいて、鶴見川の土手と違いランニングシャツやタイツなど本格的な服装の人の比率が高いのが特徴。(笑)

日産スタジアム周回なら、フィールドと同階層に上がる階段やスロープを混ぜれば、よりハードで長いコースになる。最初はそうしようかと上がってみたら、なんとバザーの真っ最中。バザーには来たことはあるのだが、今日は出店者・お客ともにいつも以上に多く、人並みを縫って歩くのがやっとで諦めた。

前回同様、心拍計をセットして、心拍数最大の70%台キープで10km走。
何度かすれ違う、自分とは逆回りしているらしい人たちの中に、紐で手を繋いでもらい伴走者と走る視覚障害の方がいらした。寒風の中、ランニングシャツとパンツ姿でサクサクと走っていて、そのスムーズな脚の運び方に見とれる。

今日は北風は冷たかったが陽光は柔らかで暖かく、途中でウィンドブレーカーを脱いで続行。
見晴らしがきくところでは富士山や丹沢はもちろん、遠くは南アルプス(?)まで見渡せ、山肌と雪のコントラストが素晴らしい。何だか得をしたような気分。(^^)

予定どおり1時間弱で10kmを走り終わり、汗を拭いてウィンドブレーカーを羽織る。
ふと頭に、「小机で何かおやつを買って、クールダウンしながら帰ろう」という考えが浮かんだ。
こういう時、いつもなら和菓子やさんの『三吉野』か今川焼きの『おすとあんでる』に行く。地元育ちの家内によると両店とも昔からあって、子供の頃から何度となく買い物をしている店らしい。
(以前、この2店が一緒にテレビで紹介されたことがあるようです。)

今日もそのつもりで小机駅前に来たところ、何だか小豆のいい匂いが...。見ると、角の店がいつの間にか鯛焼き屋になっていて、思わず中に入ってしまった。

待っているお客さんは3人しかいなかったのだが、3人とも10個とか20個とかの「箱買い」をしており、なかなか順番が回ってこない...。この人たち、全部自分で食べるのかな? それとも、小机フィールドでサッカーをしている子どもたちにでも届けるのか? と思いつつ、20分待った。
ようやく4個買い、歩いて帰宅。袋に入れたまま置くと湿気でダメになるので、一度ザルに上げて冷ます。紙袋の説明どおりに暖め、3時のおやつに提供。

食べてみると、甘さ控えめで自分の好み。薄皮で餡の量が多く、小豆好きの子供たちも美味しそうに食べていた。これで1個130円はすごく安いとは言わないが、納得できる価格設定。
家内によると、その鯛焼き屋ができたのはつい最近で、初めは店の外まで列ができていたそうだ。自分はその通りを普段通らないので、全く気がつかなかった。

さて、今月は10kmを4回走って特に体が痛い等もないので、来月は少しずつ距離を伸ばしていく予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

元ご近所友だち宅へ

今週末は土日の連休。
今日は家内のリクエストで、昨年引っ越していった長女のご近所友だちのお宅へ。

その家は新築二世帯住宅の2階。駅からはやや離れているが、閑静な住宅地で小学校もすぐ近くにあり、買い物も割と便利。内外装に暖かみがあっていい感じだった。
クルマは何台も置けないので、比較的安く駐められる近所のホームセンターの駐車場へ。(^^);

子どもたちは長女と前後数ヶ月以内生まれの4歳児、プラスその弟妹たち。再会すると挨拶もそこそこにさっそく外へ。バケツなどに張った氷で遊んで楽しそうだった。

例によって、パパ達が子どもの遊び相手をしている間にママ達が昼食の準備。事前に分担して作ったものを持ち寄ったのだが、ママ達は頑張ったようで、どの料理も美味しかった。

昼食後は室内で遊び、おやつにその家のママ手作りのフルーツ入りケーキをご馳走になって、暗くなるまでまたひと遊び。
帰り際、名残惜しいのかいつまでも手を振っていた長女は、夕闇の高速を走る間にすっかり寝入ってしまった。(^^)

4歳の子たちはしばらく見ない間に背が伸び、顔立ちが大人っぽくなっていた。性格的にも個性がより強く出てきたようだ。
既に幼稚園に通っている子もいるし、長女のようにそうでない子もこの春からは幼稚園へ行く。集団生活の中でそれぞれがどんな風に成長していくのか、もうしばらくは楽しめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

氷と富士山

前夜の北風が予感させたとおり、今朝は横浜にしてはかなりの冷え込み。気温はたぶん0℃近くまで下がったと思う。
身支度を済ませて玄関を出た瞬間、キーンと音がしそうな冷気を受けて身が引き締まった。

早いもので冬至からもう1か月、午前7時過ぎでも充分明るいようになった。
寒いことは寒いけれど、この時期ならではの透き通った青空の爽快さ。それを少しでも長く味わおうと、今朝はあえて鶴見川土手の未舗装区間を選択。

そこには一昨日の雨雪でできた水たまりがいくつかあり、どれも珍しくピンと氷が張っていた。わざと乗り入れるとバリバリという音。体に受けた感触で、場所によってはけっこう深くまで凍っているのが分かった。

今日は天気もよくなったし、遠くの山も見えるかな?と思い、止まって振り返ってみる。すると、橋の向こうには真っ白い富士山。若干霞んでいて満点とはいかないけれど、いい眺め。思わずバッグから携帯を出して写真を1枚。

080125_01

晴れてよし曇りてもよし不二の山 元の姿は変らざりけり

山岡鉄舟が超越した心境を詠んだこの歌を思い出しながら、自分もそのように達観できるようでありたいものだと思ってみたり。(笑)

今週は月末恒例のひと山な仕事で忙しく、帰りが遅かったので、つかの間でも遠くを見て気分転換する余裕を持てるのはいい。これも自転車通勤の利点かと。

明日は仕事は休みで、二世帯住宅を建てて引っ越していった長女のご近所友だち宅を訪ねる予定。そこは駅から遠いし明日も寒そうだしで、車で行くことになりそうだ。
週末恒例のランニングと自転車いじりは日曜日にしよう。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

雨上がりの朝、北風の夜

今朝は起きて外へ出ると曇り空。この時期にしてはそれほど寒くなさそうに思われた。
心配していた路面凍結はなく、濡れたマンホールの蓋や道路のつなぎ目などに注意しながらの出勤ライド。途中で暑くなってきて、ウィンドブレーカーの前を少し開けて調整。

日中はよく晴れて、里山にでも行って青空の下で暖かいコーヒーを飲みたいような天気。
(と書きつつ、元々アウトドア派ではないのでまだバーナーの類を持ってなかったりするが...。)

帰りは午後10時台に出発。朝とは一変、強い北風に向かい姿勢を低くしての厳しい帰宅ライドになった。
リアをいつもより2枚は軽くして回すようにしてみたが、それでも心拍数は高めで、最大の80%も行ってしまった。
加えて、時おり横からの突風が来て、ブワっとあおられそうになるのも怖かった。
ただ、時間が遅かったせいか、行き違う人や自転車はごく僅か。
北風のゴーゴーという音を聞きながらたった1人で走る、そのシチュエーションは季節感満点だし、暖かい自宅に戻ってホッとする瞬間もまたよろし。(^^)

軽く食事をしながらネットで雲の画像を見た。筋状の雲が強く出ている、“典型的な冬型”というやつになっている。明日の朝はかなり冷え込みそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

雪の日

今日は仕事は休み。長女が行く幼稚園の入園説明会があり、家内が午後はそれに出る予定で、子守のために冬休みの残り1日を今日にしてあった。
朝起きた時、外はまだ雨だったが、午前8時ごろからは雪に。横浜ではこの冬の初雪だ。
かなり視界が悪そうで、今日が出勤日で出発時にこれなら自転車は躊躇したかも。

寒いからと運動しないのも何なので、レインウェアを着て軽くランニングに出た。
鶴見川の河川敷にはうっすらと雪が積もり、水鳥が天候が落ち着くのを待つように固まって休んでいたりもして、いつもとはずいぶん違う光景。風もあり、5分とじっとしていられないほどの寒さだ。

080123_01080123_02

家に戻ってしばらく経ち、外がうっすら白くなったところで、長女から「外で雪を触りたい」というリクエスト。
量も少ないしどうせベタベタ雪だろうからあまり遊べないとは思いつつ、せっかくなので着こませて一緒に外へ。
雪だるまを作ってみたが、下が土のところだとすぐに真っ黒くなってしまうので、鉄製の駐車場へ移動してしばらく一緒に遊んだ。

080123_03

30分ほど遊んでいたら雨に変わってきたので、引き上げて暖かいお茶と昼食。
長女にとっては、少しではあっても雪に触れたのが嬉しかったらしく、家内にニコニコしながら報告していた。

午後は予定どおり、子どもたちとの留守番。昼寝、おやつ、ブロック、お絵かきに続き、「お母さんといっしょ」のテレビを見ていると家内が帰宅。

家内にバトンタッチして、雨の中を昨日分に書いた会社同僚宅のお通夜へ。
場所は藤沢橋の近くで、天気さえよければ境川を下って自転車で行くようなところなのだが、今日は電車とバスで1時間以上かかった。
円覚寺ご住職の読経を聞きながら、昨日のことを思い出したり、自分の親や叔父叔母たちのことを思ったり、いろいろ胸に去来するものがあった。
(うちの実家は臨済宗ではなくて曹洞宗だけど、同じ禅宗ではあるし。)

今日は夜までずっと雨だったので、明日の朝は冷え込んで凍結するのが心配。
出発前に路面状態を確認してから、自転車で行くかどうか決めようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

長女の言葉に

昨日に続いて曇りがちで、昼間も寒い1日だった。
相変わらず冷え冷えした中、信号待ちで鼻水を拭いての通勤ライド。自分には見えないが、鼻の頭や頬が赤くなっているかもしれない。

勤務先に着くと、総務担当から伝言。自分が長いこと一緒に仕事をしてきた同僚のお父様が昨夜亡くなられた、お通夜は明日の夜、告別式は明後日の午前、とのこと。
明日は昼間私用があって休む予定だが夕方以降は解放されるので、お通夜に行くことにした。

今日はわりと早めに家に戻ると、子どもたちはちょうど寝る前で着替え中。
長女に「明日は1日家にいると言ったけど、パパのお友達のお父さんが亡くなったから夕方からお別れの会に行くんだ、ごめんね。」と話しかけると、「うん、わかった。」という返事。

着替えが終わって子どもたちが床につき、明かりを消そうとしたところで、長女に呼び止められた。
「ねえパパ、○○(長女の名)のジジババたちはずっと元気かな?」
内心やや驚きつつ、「大丈夫、きっと○○が大きくなるまで元気でいてくれるよ。」と笑顔で答え、明かりを消した。

部屋の扉を閉め、暖めてもらった夕食を食べながら家内と話す。
「亡くなる」というのは「死ぬ」ことで、そうなると二度と会えないというイメージができてきたのだろうか。
家内によると、最近はテレビのニュースを見て「死亡しました」等のフレーズに敏感に反応するらしく、先日も“八戸の母子三人殺害事件”のことを何の話かと聞いたとのこと。
(それは余りに悲惨で異常な話なので説明しづらく、「ママにもよく分からないわ」と答えたそうだ。)

他には、「ママのジジババはどうしたの?」とも聞いてきたとのこと。
(それには「ママのジジババは年を取って、○○が生まれる前にとっても遠いところへ行ったの。でもいつもママのことを見ていてくれるのよ」と答えたそうだ。)

その反面、「ぶたにく」は豚を殺して取った肉だ、というようなことはリアルには分かっていないあたり、まだ発展途上らしい。(^^)

こんど、娘が生と死について思い至るようになったら一緒に読もうと思っていた、『わすれられないおくりもの』という絵本を出してみようと思う。

そんなこんなで、子どもたちが物心ついていく大切な時期に立ち会っているという自覚を新たにするとともに、丁寧な接し方・話し方をしていこうと話し合った、寒い日の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

続・長女のおねだり

暦の上では大寒。
先週の天気予報では「21日は南関東でも雪が」という話だったのでやや心配したが、結局雪は降らず。(箱根や丹沢方面は雪だったそうです。)
ただ、寒いことはかなり寒くて、日中もあまり日が差さなかったために夜も寒かった。
帰りは腹も減っていたので、途中にある交差点そばの自販機でホットのココアを買って一息。するとごく弱い細かい雨が降ってきて、もう少しで雪になるところだったのかな?と想像した。

さて、1/16の続き。
翌日、家内に「なんか甘いんじゃない?」と言われつつも承諾を得て(笑)、日記に書いた嵐のライブDVDをAmazonに発注した。例によって、中1日で土曜日に到着。
(ジャニーズはディズニー並みに肖像権等にうるさいので、写真は載せませんが。)

これを少しずつ観て、ライブというものがどういうものかを把握し、他の歌も好きになるようだったら、近場(横浜アリーナあたり)で行われるライブに連れて行くことを前向きに検討しよう、という趣旨を分かりやすく長女に説明。
昨日はまず、最初の5曲と長女お気に入りの『Love so sweet』を観た。

このDVDは、昨年アジアツアーの凱旋公演として行われた東京ドームでのライブを収めたもので、代表曲はほぼ網羅されているらしい。
オープニングでイメージビデオが上映され、続いて急に明るくなるとそこには5人がスクッと立っている、『A・RA・SHI』を歌って盛り上がる、というような流れは良くできているし、歌・踊り・MCとも上手いので観ていて飽きない。
なるほど、人気が長く続いているのももっともだな~と納得する部分あり。

長女のほうは、始め食い入るように見て、やがて会場のお姉さん達をまねたらしく、立ち上がってピョンピョン跳ねだした。
とはいえ、やっぱり4歳児。一応説明はしたのだが、「ライブでは本物の5人は小さくしか見えない」ということが、まだよく分かっていないようだ。(^^);

しばらくはこのDVDを少しずつかつ繰り返し観て、様子を探ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

ユーラシア(7) ハブのメンテ

今日も昨日に続いての寒い1日。

昼過ぎまでは家の用事。横浜市では2月から燃えるゴミの回収が週3回から週2回に減るので、次女が大量生産する「使用済紙おむつ」をはじめとしたゴミを入れておくため、ゴミ箱を買いに行ってきた。

午後は子どもたちが昼寝しているのを見計らって、ユーラシアのメンテ。とりあえず、前後ハブから始めてみた。

まだハブスパナを買っていないので、モンキーレンチ(薄いのと厚いの)を使ってのバラし作業。取り外した部品はこんな感じ。(写真はリアの部品)
摩耗した金属片が混ざったのかグリスは少し灰色に汚れていたが、いちおう粘度は保っていて、玉も綺麗で傷や編摩耗はなさそう。

080120_hub

着こんでからホイールとトレイに入れた部品を持って屋外へ行き、パーツクリーナーを吹きかけて古いグリスを流し、ウェスで拭き取り。
部屋に戻って、デュラグリースをたっぷり塗り込んでから組み付け。ガタつかない、それでいてスムーズに回るという頃合いを掴むまで、前後各2~3回やり直し。
それでも手で軸を持って回してみると、他に持っているカンパのユーラスほど滑らかではなかった。まぁ古いものだし、この辺が限界かもしれないけど。あるいはもう少し粘度の低いグリスを使うべきなのか?

ついでにホイールやクイックを磨こうとしたのだが、外でやるには寒すぎ、中でやるにはパーツクリーナーやコンパウンドが臭すぎで、いい場所が見つからない。

リムは雨が浸みたのか、ニップルの裏がところどころ錆びていた(写真)。これは風呂場で換気扇を回し、コンパウンドを付けた歯ブラシで擦ってみたらだいぶ綺麗になった。
テンションが明らかにおかしかったり大きく振れていたりはしないので、基本的にそのまま使えそう。

080120_rim

クイックは一部錆にやられていて(写真)、ちょっと擦っただけでは綺麗にならなかった。おそらくバラしてヤスリをかけないと綺麗にはならないが、それをやるとより錆びやすくなるので塗装が必要か? いや、重要保安部品なので新品に変えるべきか? これはもう少し考えよう。

080120_quick

ちなみに、前日轍屋さんで買ってきたNITTOのランドナーバーはこれ。(写真)
ハの字になっているので、外-外の幅の割には持ってみるとコンパクトな感じだ。

080120_nitto

平日はなかなか時間が取れないけれど、細かい部品の掃除だけでも少しずつやって、来月の頭ぐらいには試走に持って行きたいところだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ランニング練習 3回目

今週も先週に続いて土日の連休。
最初は朝のうちにランニングをしようかと思っていたが、あまりに寒かったので11時ごろまで出発を遅らせた。

先日、ランドナーバーを注文していた轍屋さんから入荷のお知らせが届いていた。
今日も10km程度のランニングを予定していて、終わって昼過ぎになれば既にお店は開いている。
自宅から青葉台までは約9kmなので、少し足して10km走ってからお店に行けば、わざわざ受け取りのためだけに行く必要がなくなる。...で、走っていくことに決定。(^^);
上を機能性インナーとウィンドブレーカー、下をパッドなしタイツに着替え、終わってすぐに自宅に戻らないので防風性ジャージ1枚をバックポケットに入れ、外へ。

まずは玄関前で入念にストレッチ。少しは日差しがあったので、その頃には朝に比べれば走りやすそうな感じになっていた。
鶴見川土手に出て10分ほどウォーキングしてから、走り出して恩田川沿いを進んでいく。
恩田川の土手は鶴見川のそれとは違い、ほとんどが舗装されていない砂利道。安定して走るには舗装路よりもバランスのよさが必要だなぁと感じながら、5km30分ペース・心拍数最大の70%台で刻んでいく。
寒い中、ランナー何人にもすれ違ったり追い越されたりして、中にはかなり速いペースで走っている人もいた。

平台から環状4号を北上して青葉台へ。Edge305で確認するとやはり9kmしかなかったので、そのまま青葉台循環のバス路線に沿ってプラス1km。
そこには長い登り坂があり、自重してスピードを7~8km/hに落としてもなお、心拍数が最大の85%ぐらいにアップしてしまった。湘南国際マラソンは海沿い平坦路なので登坂練習は必要ないけれど、負荷を掛けるとどうなるかの実験にはなったかも。

プラス1kmも終わって、轍屋さんの隣の公園までウォーク。そこでストレッチをし、防風性ジャージを出して着込んでからお店へ。NITTOのランドナーバーと、ついでに切らしていたラスペネ1缶を買ってから昼食。
CoCo壱で普通の“豚しゃぶカレー”を食べたのだが、長時間屋外にいて冷えた体に、暖かいカレーはとても美味しく感じられた。

その後、紀伊国屋で長女のリクエスト「いちご大福」購入→ランニングの格好+アルミハンドルを1本片手に下げて(笑)電車で帰宅→子どもたちの相手、でほぼ終了。
明日は空き時間があれば、少しユーラシアのメンテをやってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

大寒近し

今朝は見たところ、前日よりも冷え込んだようだ。朝ゴミ出しのために外へ出た際、家々の前に水がまかれた所、特に日陰が凍ってしまっていた。
筆者は北国生まれなので「翌朝凍って危なそうな所には水をまかない」という常識があるのだが、横浜の人たちはあまりそういうことを気にしない。転んで怪我をする人がないように祈ろう。

暦の上では大寒が近づく中、今日は終日気温が昨日より低かったようだ。昼休みに食事に行くのにスーツ姿で出たらものすごい寒さ。ちょっと後悔しつつ、一番近い牛丼屋で済ませてしまった。

自転車通勤そのものは、往復とも強い北風が吹いていなかったせいか、昨日より楽に感じられた。週末で疲れが蓄積しているであろう割には、快調なペースで走行。ただ、寒くて鼻水が垂れてくるのには閉口したけれど。
↑手鼻がうまくかめないので、信号待ちでティッシュを出して拭いてます。(^^);

天気予報では月曜が雪になっていて、もし積もったら自転車通勤はお休みの予定。
土日も寒そうだがどちらかでランニングに出るつもり。ユーラシアの部品の掃除も進めていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

ユーラシア(6) RD購入

今日は日中はよく晴れたのだが、北風が強くて終日寒かった。加えて朝は向かい風がきつく、いつもより2枚もリアを軽くして回転重視走行。

さて、懸案の折れたリアディレイラー(サンツアーVX)について。
できれば同じものでと、ヤフオクや中古パーツ屋をあたってみたが、中古でも程度のよさそうなものなら3000~4000円はすることが分かった。
手持ちの壊れたRDは軸が折れていて、金属疲労による破断だろう。とすると、中古品に交換してもまた破断するかもしれない。
それなら似たような品物で新品は?と思い、昼休みに先週タイヤを買ったカメダサイクルさんへ行ってみた。

親父さんに「先日はどうも」と挨拶してから、持ってきたサンツアーVXを出し、これの代わりになるものを買いたい旨をお伝えした。
「だいたいのものは使えるんだけどね」と言いつつ、親父さんが出してきたのは同じサンツアーのディレイラー。見ると、“サイクロンマークII”と書いてある。

080117_01

サイクロンはたしか、ロード系の軽量コンポのはず。両者を見比べてみると、ゲージの長さはあまり変わらないのでキャパシティ的には問題なさそう。前後から見てチェーンラインも同じと見た。
そこでこの新品“サイクロンマークII”を買って行くことに決定。当時の定価より少しお安くして頂いた。

一緒にワイヤー類(ブレーキとシフトのインナー・アウター)を量り売りで、またリムテープ(自分で巻いて切るタイプ)を1巻購入。
在庫がなくて買えなかったのは、ブレーキレバーのゴムカバー。ダイヤコンペは現存するので、後で取り寄せ入手できるかも。

これでハンドル周り以外は揃ったことになる。ランドナーバーについては入荷したという連絡が入っていて、週末には受け取りに行けそう。
これから時間をうまく使って、掃除や組み立てを進めていきたい。

ちなみに、今日の買い物にハンドルと先日購入したタイヤやコンパウンド等を合わせると、全部で2万円近い出費。(^^);
日曜にランニングに出る際、家内に「ランニングは靴一足で始められるから、あまりお金がかからなくていいね。」(言わずもがなだが「機材にお金がかかる自転車と違って」の意)と痛いところを突かれたばかりなのだが(笑)、まぁ許してもらおう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

長女のおねだり

今日の夜はマーケティング勉強会の打合せから直帰だったため、自転車通勤はお休み。
いつも家内が起きている時間であれば、帰宅すると1日の出来事を話してもらったりする。今日は長女から「嵐のライブに連れてって」というおねだりがあったとのこと。

話は去年の秋に遡る。長女が行く予定の幼稚園の運動会を見学に行った際、年長の子どもたちが嵐の『Love so sweet』に合わせて踊っていたのを見て、すっかり影響されたらしい。
以来、買ってきたシングルCDをかけてはポンポンを持って踊る習慣がつき、歌詞もすっかり覚えてしまった。(歌詞の意味は全く分かっていない。)

家内は長女が喜ぶかと、年末の歌番組をHDDレコーダーで録画し、『Love so sweet』を切り出して見せてみた。
(実は福山雅治が出る全番組を流しで録ってあり、それらを後で編集したに過ぎないけど。)
それでさらに踊りや歌に熱が入ってしまい、嵐そのものについても「お兄ちゃんたちの顔がきれい」「衣装もかっこいい」等と言い始めた。

今日のおねだりは、「ママはこの前マシャのライブに行ったんでしょ?」という話から始まったそうで、自分もライブに連れてってもらえば嵐を生で観られると気づいたらしい。(笑)
とは言ってもそこは4歳児。「ライブは長いものであって『Love so sweet』はその中の1曲にすぎない」という事実を正しく理解していない。
筆者もドラマや歌番組を全く観ないので、嵐の曲といっても初期の『A・RA・SHI』や『SUNRISE日本』、近年の『サクラ咲ケ』『We can make it!』ぐらいしか頭に浮かばない。

Amazonで調べたところ、代表曲がまとまったものとしては東京ドームのライブDVDが出ているらしい。ただ、アイドルのDVDはレンタルにはあまり出ないので、買わないと観られない可能性が高そう。
明日以降、とりあえずそれを買って皆で観てみようという話をしてもいいかな?とは考えているのだが...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

ユーラシア(5) ライト検討

今日も昨日に続いて寒い1日。特に朝は北東寄りの風が冷たくて、耳・首・靴の各ウォーマーが大いに活躍した。
先月からは保温ボトルに暖かいドリンクを入れて家を出ている。今週はその中身が冷えるまでの時間が大幅に短縮。勤務先近くの信号待ちで、1時間もしないうちにすっかり暖かさが失われたドリンクを飲んで、改めて寒さを実感した。

さて標題の件、平日は時間がないので自転車いじりはお休みだが、昼休みにライトをどうするか考えてみた。

頂戴してきたユーラシアにはローラー式のダイナモがあり、試してみたら生きていてライトは点灯した。ダイナモを全ばらしする元気はないけれど、回転部に軽く注油する程度で使い続けることはできそう。
ただ、通勤用のMTBに一昨年の秋着けたハブダイナモ(DH-3N71)と専用ライト(LP-600)をとても便利に思っているので、できればコンバートして使い続けたい。

自転車用リムには種類がいろいろあって、MTBだと32H、ロードだと36Hが一般的。
(レース用でもっと少ないものもありますが。)
シマノのハブダイナモにも32H用と36H用があり、自分はMTB用に32H用のハブダイナモとリムで1本組んでもらった。

ユーラシアのホイールは今ではあまり見ない650Aという規格で、大きさはMTBとロードの中間に位置し、ロードバイク的な36Hが一般的らしい。
ネットで650Aかつ32Hのリムを探してみたけれど、全然見つからない。例えば、ARAYAから650Aのリムが出ているが、カタログにある「KP-80」や「SP-30」は36Hだ。

ハブダイナモを導入した当時はMTB以外を通勤に使うプランは全くなかったので、仕方がないことではあるのだが、36H用を買い直すしかないのか?
あるいは、前後異径になることを承知でそのまま使うか?(カンチブレーキを調整すれば無理矢理使えないことはなさそう。)
まだまだ悩みはつきない...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

筋肉痛なし&成人の日に

昨日の午前中に10kmのランニングをしたのだが、今朝はどこも痛くなっていなかった。(^^)
先週はいきなり運動強度を上げすぎたからか、単に2回目なので脚が慣れただけかは分からない。
でも、このまま距離を少しずつ伸ばしていければ3月には30kmを走れる、という見通しがついたように思えて、少しは気が楽になった。

さて、今日は祝日だが通常の時間帯で出勤。冬型の気圧配置に切り替わったようで、ネックウォーマーや厚手のグローブ等もオーバースペックではなかった。
朝7時台にもかかわらず、街中には早くも髪や着付けの準備に行くらしい若い女性を多数見かけて、「そうか成人の日か」と改めて納得。

MTBの車上では、自分の成人式ではなく、小6の頃に子ども代表で新成人にメッセージを贈ろう的なシチュエーションに行かされたことを思い出していた。
その時、「『僕たちが二十歳になったらこういう人になりたいな』と思うような、素敵なお兄さんお姉さんでいてください」という趣旨の作文を読んだ記憶がある。今思えば何とも恥ずかしい話。(^^ゞ

それから30年が経ち、今の自分は小学生の子どもたちにとって「将来はああいう大人になれたらいいな」と思うような存在かと問うと、そうとも言えなそう。
ただ、基本的な礼儀・品格・教養を持つ、好奇心・探求心を失わない、できるだけ広い視野を持つ、主体的に考え行動する、そういう態度を持って年をとっていけたらきっと“素敵”に違いない...と思いながらクランクを回し続けた、そんな成人の日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

ランニング練習

昨日に続いて仕事は休み。
昨日の雨を区切りに、急に冷え込みが厳しくなった。温暖な当地では氷点下にはならないまでも、最低気温2~3℃といったところ。
その寒さをものともせず、湘南国際マラソン30kmへの道ということで(笑)、先週に続いて午前中はランの練習に出た。

ストレッチとウォームアップ(ウォーキング)をしてから、鶴見川の土手を使って新横浜方面に走りに行こうとしたのだが、土手上は北風が冷たくて寒すぎ。なので、下の農道を使っての周回に変更した。
先週は土手の上をたくさんの人が走っていたけれど、今日は数がずっと少ない。この寒さのせいか、それとも新春の誓いがもう切れてしまった人もいるのかな?

逆回りしているらしい少年野球の子どもたちと何度かすれ違いながら、先週と同じく10km走。
但し、先週は翌日にふくらはぎや膝上がかなりの筋肉痛になってしまったので、今日は少しセーブ。10kmのタイムを先週の55分から60分に落とし、姿勢や足の運び方に気をつけて綺麗に走るように心がけてみた。

今日は最後まで心拍数を最大の70%以内に抑えることができた。このペースなら、足腰のどこかが痛くなったり等しない限り、もっと長い時間走れそうな感じ。
週末はあと7~8回使えるので、体調を整えつつ週1のラン練習を続けて、より長い時間走り続けられるようにするつもり。

午後は家族でケーキを作ったり食べたりして過ごす。
年末に子どもたちが(続いて家内と自分も)風邪をひいて、クリスマスケーキがお流れになってしまったので、その代わりだ。
家内が昨日のうちに焼いておいたスポンジケーキを使って、今日は子どもたちと一緒にホイップした生クリームを塗り、イチゴや板チョコで飾り付け。
見た目は買ってきたケーキのようにパッとはしないけれど、子どもたちは自分で飾り付けをしたケーキを嬉しそうに食べていたので、これはこれでいいかと。

明日は祝日だが、通常の時間帯で出勤の予定。
天気予報では明日以降もかなり冷え込みそうとのこと、いよいよ1年でもっとも寒い時期が到来しそうだ。
来週の自転車通勤では、末端の冷えやすきま風の防止に気を遣った服装をして行くことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

ユーラシア(4) バラシ

昨日までとガラッと変わって、寒い1日。朝から冷たい雨が降っていたので、自転車の練習もランの練習も見送って、空き時間にユーラシアをいじってみた。

実はまだメンテスタンドを持っていないので、まずホイールを付けてスタンドに立てた状態で外せるものを外し、ホイールを外さないと取れない泥よけ(裏にナットがあるので)は後回しにした。下の写真はリアのカンチブレーキを外しているところ。

080112_01_2

こうして8mmと10mmのメガネレンチ、プラスとマイナスのドライバー、アーレンキー数本で次々に部品を取り外していき、後で何のネジやナットだか判らなくならないよう、整理して置いていった。

080112_02

フレームから外せなかったのは、クランクとBB。クランクはスギノのsuper maxy(165mm)。キャップが外れないので破壊(後で買えるのか?)したが、専用のコッタ抜きがないと無理だと判断して見送り。

080112_03

部品は少しずつ磨いていくとして、フレームの状態をチェック。見たところ、年代に比べて傷みはそれほどひどくないので、「屋外保管だが屋根のあるところには置いていた」ぐらいな感じか。

錆が目立つのは、シートチューブの上端。塗装がすっかり剥げて錆にやられている。そんなに擦れるところでもないと思うのだが。

080112_04

ヘッドパーツ。中のグリスはさすがに固化していたが、綺麗だった。グリスアップしなおせば大丈夫そう。

080112_05

FDの取付部分付近。FDの跡に本来の(たぶん)外装色が見える。新車時はさぞかし綺麗な金色のフレームだったのだろうと想像。

080112_06

フロントフォーク。フォークとシートステーには左右ともこのように傷が多く、線状やドット状の傷に入り込んだ錆だけを綺麗に除去するのは難しそう。
やはり全部剥って塗り直した方が手っ取り早いか、それとも「サビチェンジャー」で処理しておくか?←赤錆が黒錆になるので格好悪し。

080112_07

ここで子どもたちが昼寝から起きてきたので、今日の部は終了。(^^);
来週はぼちぼち外した部品の掃除をしながら、フレーム補修の作戦を考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

ユーラシア(3) 磨きグッズ等購入

昨日までの天気予報では今日は雨ということだったが、今朝は「雨は夜中から降るでしょう」に変わっていたので、悩むこともなくMTBで出勤。相変わらずこの時期にしては暖かくて、ドリンクも冷たいやつでよかったか?と思いながら走っていた。
帰りは若干天気の崩れが早まり、午後9時頃から雨がぱらつきだしたが、幸い本降りになる前に自宅へ到着。

さて、ユーラシアの3回目はしばらく空けてディレイラー探しの顛末を書くつもりだったが、昨日ショップから「ご注文のランドナーバーは来週前半に入荷予定です」との連絡があった。
そこで、ディレイラーが入手できたら早期に組み込んで試走できるよう、バラシと掃除を先行してやることにした。

というわけで、帰りにラゾーナ川崎に入っている「Unidy」というホームセンターに寄って、手入れに使う道具を物色。
本来なら、全ての部品を取り外す→塗装剥がし→オールペン→磨き→組み付け、という流れが理想。
今のところは、フレームの状態が全体的にそう悪くはないので、部分的な補修だけで乗ってもいいかな?というスタンス。

今日買ってきたのは以下の品々。今日は小さめのリュックで行ったので、これらの荷物でパンパンになって帰ってきた。(^^);

080112_01

・耐水サンドペーパー(1500番)
・コンパウンド(極細)
・さび止め剤
・パーツクリーナー
・ワイヤーブラシ
・板ヤスリ
・モンキーレンチ

耐水ペーパーやコンパウンドは、まずは細かめのを買ってみた。
パーツクリーナーは、ちょうど切らしていたし安かった(200円台)ので。
板ヤスリは、今までアウターの処理を紙ヤスリで済ませてきたので、ついでに。
モンキーレンチは、ヘッドパーツの分解に必要な33mm開くもの。ヘッドスパナよりは他の用途にも役立つかと。

他には金色のタッチアップが欲しかったのだが、色見本からは判断が付かなかったので見送り。クルマならメーカーや年式で特定できるだろうが、どこかにフォークの実物でも持ち込んで調合してもらうしかないかも。

今週末は土日と連休なので、どちらか天気の良さそうな方でランニング、悪そうな方で自転車いじりができればと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

帰り道でばったり

今日は終日、比較的穏やかな気候だった。
朝の出がけは昨日より少し寒いかな?と思ったが、まだ冬型が緩んでいるからか途中で暑くなってきて、ヘルメット下に被っていたキャップを脱いだ。でも、自転車通勤的にはこれぐらいの気候が一番走りやすい。
週も後半になったが疲れは感じなくて、年末年始の風邪からはほぼ立ち直れたようだ。

帰りは早めに午後7時過ぎで上がり、いつものようにササッと着替えて出発。
途中の末吉橋という交差点に差し掛かると、1台のロードバイクが信号待ちをしていた。
ヘルメットにタイツ姿、脚が綺麗だし走れそうな人かなと思いつつ、近くに停車するとすぐに「こんばんは~!」と元気に挨拶された。

おっ爽やかな人だと思い、「今日は暖かいですね」とかで返そうと顔を見ると、何と自分もお世話になっている轍屋の常連のお客さんだった。お互いに「あ~っ!」と声を出して、改めて挨拶。
自分はその方がMTBに乗っているところしか見たことがなかったので、すぐには気づかなかったのも無理はないけれど。

その後しばらく、道の広いところのみ併走しつつお互いの自転車通勤の様子などを話した。
彼はお勤めがすぐ近くで、鶴見川から舗装路主体で青葉台まで、片道20kmを通勤しているとのこと。最近は楽だから通勤にはロードバイクを使っているそうだ。
朝は出勤時間帯が少しずれている(自分の方が少し早い)けれど、帰りは今までも時々遭遇していたかもしれない。

いつもの道のりも道連れがいるとずいぶん短く感じて、あっという間に新横浜へ到着。
新横浜大橋の交差点で「お疲れさま!」「お気を付けて」と挨拶をして別れた。
彼の明るいキャラも手伝って、残りの区間も頭の中が楽しい余韻でいっぱいだった。

末吉橋の交差点は、近隣から鶴見川沿いに出ようとする人が必ずと言っていいほど通る場所。尻手黒川道路という準幹線なので交通量が多く空気も悪い。朝夕は通る車やバイクが殺気立っているし。
でも、信号待ちが見知らぬ人に話しかけたりするのにいい頃合いだったりして(以前ハブダイナモを見せてくださいと話しかけられた)、実は自分にとって楽しい場所の1つだったりするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

ユーラシア(2) タイヤ購入

昨夜から曇っていたせいか、今朝はあまり冷え込んでいなかった。
家を出る時には着けていたイヤーウォーマーが途中で暑苦しくなり、外してバッグへ仕舞う。ドリンクの消費量もこの季節にしては多め。やはり温暖化しているのかと思う。
もっとも、今週末に雨が降ってから週明けは冷え込むという予報なので、そういう話はそれを味わってからでも遅くないか?

さて、昨日分が日曜の話で終わってしまったので、昨日の話を一つ。
夕方、仕事を早めに切り上げ、勤務先からほど近いカメダサイクルセンター(貝塚店)へ寄ってみた。
以前一度行った時、ガラス棚に古い部品がたくさん並べてあったのを思い出して、ちょっと見に行ってみようかと思った次第。

当時はそういう観点で見た訳ではないので、このショップには失礼ながら「古い部品がたくさんある店」という程度の認識しかなかった。
改めて見に行ってみると、昔のカンパ、シマノ「600」、サンツアー「SUPERBE PRO」などのオールドパーツが山ほどあって、その手の部品が欲しい人には“宝庫”と言えそう。
自分にとってもこれから心強いショップという位置づけになるかも。

先日引き取ったユーラシアの根本から折れてしまったリアディレイラーは、サンツアーの「VX」というもの。
まずはこのディレイラーをヤフオク等で探してみようと思っているが、終了したオークションを見ると落札価格は割と高いことが多い。
ダブルレバーでインデックスが関係ない訳だから、多少アバウトでも動けば用は足りるという考え方もあるかも。
それなら「VX」にこだわる必要はないので、それなりの価格で買える、見た目で浮かない代替品を買えばいいことになる。
(クランクやBBだと、規格が違えば全く使えないことが多いので危険だけど。)

今日はここでそれっぽいタイヤがあれば買って帰ろうということで、親父さんに「650Aのタイヤはありますか?」と聞いてみた。
多分パナレーサーが出てくるかと待っていると、「あるよ~」と出てきたのは“MITSUBOSHI TRIM LINE”というレア物。(^^)

080109

見ると確かに「650 38A」と書いてあり、いわゆるランドナー用に間違いない。
いま履かれているパナ、他にはシュワルベマラソン位しか選択肢はないだろうと思っていて、意外な展開だが面白がってそれを買ってきた。ちなみに価格は2本で5000円ちょっと。
昨日はMTBで出勤したので、2本束ねられたそのタイヤをタスキがけにして帰ってきた。(笑)

次回はディレイラー探し、ハンドルやブラケットカバー探しの予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

ユーラシア(1) 出会い

これは一昨日の続き。
日曜の午後、ある古い自転車を譲り受けてきた。

昨年の暮れに某ショップへ行った際、古い自転車が置かれているのが目に入った。
近づいてみると、ゴールドのフレームには“EURASIA”の文字。

興味半分で店員さんに質問してみた。
「あのユーラシア、リストアでも頼まれたのですか?」
「お客さんに『いらなくなったから処分して』って頼まれたんです。捨てると言っても簡単には捨てられないし、ユーラシアらしく乗ってくれる人がいたら上げたいと思ってました。持って行きます?」
「これぐらいの状態ならヤフオクに掛けたら2~3万で売れそうですけど。タダでいいんですか?」
「ええ。」

当日はあいにくメジャーを持っていなかったが、見た目では乗れそうなフレームサイズに思われた。
置き場所その他を一晩熟考してから(ウソ)、家内に承諾を得て(これは本当)、翌日電話で年明けまでの確保をお願いしておいた。

さて、年が明けて一昨日。改めてそのユーラシアにご対面。
保管状態はそう悪くないようで、フレームに塗装の傷みは若干あるが錆は少ない。ダブルレバーやフロントディレイラーも大丈夫そう。

但し、フラットバーに改造されているのと、リアディレイラーが壊れているのが難点。
店員さんの「ユーラシアらしく」という言葉にも「やっぱランドナーバーでしょ」という含みがあると思う。
リアディレイラーが根本から折れてしまっていたので、工具をお借りしてチェーンを切り、ミドル+トップに固定して自走。持参した輪行袋は使わずに済んだ。
とりあえず帰路に撮った写真を1枚。逆光だが雰囲気は伝わるだろうか?

080106_02

この話は今後、ドロップハンドルやリアディレイラー等の調達、可能な限りバラして掃除と調整、通勤車としての活用、と進んでいく予定。
単なる飾りではなく実用に耐えるものにしたいので、当時のままでは性能的に厳しいと思われる部品(その代表はブレーキ)をどうするか、ただいま考え中。
見た目さえ気にしなければ、現行品でも動かせるとは思うのだが...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

筋肉痛の朝

今日からまた仕事再開。
昨日はこの時期にしては暖かく、ランニングしていて額から汗が出てきたが、今日はうって変わって曇りの寒い日。午後からは弱い雨も降った。
新年も2週目に入り、徐々に道は混んできたが、まだ通常の平日朝の混雑には及ばない。踏切で目にした電車にもまだ余裕がありそう。

さて、昨日分には「体には特に違和感はなし」と書き、そのとおり昨日の夜は何ともなかったのだが、今朝起きてみるとそうではなかった。(^^);
両脚とも、ふくらはぎと膝の上がかなりの筋肉痛で、最初は階段の上り下りがスムーズにできないほどだった。
たぶん、年末年始の運動不足が効いたのと、普段自転車に乗るときは使わない筋肉を急に使ったからだと思う。

実は自転車で行くかどうか少し迷ったけれど、自転車に乗ってみたらそれほど痛くないので、ギア軽め・ゆっくりめで流して出勤してきた。
あと1日で痛くなくなれば「超回復」とか呑気に構えてもよさそうだが、ずっと痛いようなら明らかにオーバーワーク。

ちなみに、ランニングでも自転車と同じように「LSD」という言葉が使われるようだ。MTBの車上で、「ランニングもLSD走で少しずつベースを作っていかなくちゃね~」と思った、そんな筋肉痛の朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

初ランニング

今日は仕事は休み。
朝食後少し休んで、ストレッチをしてからカロリーメイトとヴァームゼリーを摂取。
上はUNDER ARMOURの長袖インナーにウィンドブレーカー、下はNIKEのパッドなしタイツという服装に着替えて、鶴見川の両岸を走りに行ってみた。

一昨日買ってきた『金哲彦のランニング・メソッド』では、フォームのチェックポイントを3点挙げている。これらに気をつけると速く・格好よく・故障せずに走れるらしい。(^^)
 ・丹田に力を入れる
 ・肩甲骨を引く
 ・骨盤を前傾させる
日曜なのでたくさんのランナーとすれ違ったが、なるほど速く走っている人はフォームが綺麗でいかにも無駄がなさそう。その辺りは自転車と同じだと思った。
自分も極力、本で見たイメージを持ちながら走ってみた。

GPSや心拍計は自転車用のEdge305を流用。
通常の心拍計では、自転車でいうケイデンス計にあたるオプション(「フットポッド」等と呼ばれる)を使ってランの速度や距離を測るようだ。
この点、Edge305はGPS付きなので、こういう時に単体で距離や速度を測れてよい。

今日は心拍センサーを着け、本体を手に持ってのランニング。
これでも衛星の捕捉はできていたけれど、片手が塞がってしまうと危ないし、何かの拍子に落として壊すこともあり得る。これは透明の袋に入れて首から下げる、何らかのアダプターを介して手首に着ける等、よい装着方法を考えたい。
あ、腕時計型のForerunner305に買い換える予定は...なし!です。(笑)

手に持ったEdge305に時々目をやりながら、一応の心拍数目安を最大の70%台として10km走。所要時間は55分だった。
このペースが維持できれば、湘南国際マラソンの時間制限(30kmを4時間)は楽々パスできる訳だが、そう甘くはなさそう。まだまだ練習が必要だ。
というのは、6km過ぎから同じ速度を維持するのに必要な心拍数がじりじりと上がってきて、80%を超えてしまうようになったから。(逆に言うと、同じ心拍数だと速度がガクッと落ちてしまう。)

走り終わってから、本に書いてあったようにクールダウンとストレッチをして、鴨居駅まで散歩をしてきた家族3人と合流。駅前のヴェローチェでおやつを食べて帰宅した。
今のところ、体には特に違和感はなし。

これからは自転車通勤でコンディションを整えながら、週末はランの距離を増やしていくつもり。
体の状態しだいでは、週に1回ぐらいは“ランニング通勤”もできるようになるか?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

自転車初出勤&シューズ購入

今日は土曜日だが出勤。
ようやく咳も出なくなったので、今日からめでたく自転車通勤再開。
今朝は気温そのものは極端に低くなさそうだったが、曇が厚くて北風も冷たく、体感的にはけっこう寒かった。温暖化はしててもやはり1月。

道路がものすごく空いていた割に、かかった時間は通常時とほとんど変わらなかった。
都合1週間余り休んだので疲れは全くなく、最初は体が軽いような気もしたが、体力は落ちたようだ。これから徐々に体調を上げていきたい。

さて、帰りは早めに上がって、勤務先近くの「B&D」というスポーツショップに寄り道。
ランの練習をするに先だって、まずはシューズを調達しようと思ったのだ。
かなり大きなショップだが、どの店員さんもお客さんに丁寧に説明していて、その様子には感心。
途切れたところで店員さんに声を掛け、「クッション性とサポート性を重視した初心者向け」「タイムは狙わないが距離は30km~フルマラソンを射程に入れる」というニーズを伝えたところ、お勧めを何種類か教えてくれた。
で、その中から1足購入。初シューズはASICSの“GEL-1120”という製品になった。

080106_01

3月の本番で暖かければ、ランニングシャツとショートパンツは必要になると思うが、今月は寒くて必要なさそうなので、ゆっくり考えることにした。
その他、キャップ、ネックウォーマー、インナー、防風性ジャージ、ウィンドブレーカー、アームウォーマー、グローブ、バッドなしタイツ、ニーウォーマー、ソックスは当面自転車通勤グッズを流用。
(これらを眺めながら「今までに自転車用のグッズをこんなに買ったのか...」と呆れて笑ってしまった。)
実際に何度か走ってみて、ランニング専用品が必要と感じたものがあれば買えばよい、というスタンス。

明日は仕事が休みなので、さっそく軽く走ってみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

ランニングの本を買ってみた

今日は仕事始め。
比較的冷え込みの緩い朝ではあったが、まだ咳が少し出ていたので自重して電車出勤。
幸いまだ休みの人が多いのか通勤電車は空いていて、それほど苦痛ではなかった。

年末の日記に「湘南国際マラソン」にエントリーしたと書いたが、まだほとんど準備をしていなかった。風邪が治ったらぼつぼつ走り始めるのだが、その前に少し基礎知識を頭に入れておきたい。
そこで昼休みに近くの本屋へ行き、ランニングのコーナーをざっと漁ってみた。
雑誌やムックは自転車関連のも近年種類が増えてきたが、書籍のほうはランニング関連が圧倒している。
ゴルフや釣りには負けるけど、その数たるや相当のもので、著者的にも小出監督・増田明美さん・谷川真理さん・弘山晴美さんなど有名な方が多い。

本日購入した1冊は『金哲彦のランニング・メソッド』

080104_01

値段が手頃、写真が多くて分かりやすそう、考えられる故障とその原因の話が載っている、あたりで決めてみた。
まだ目次はひと通り、中身はパラパラめくってみただけだが、「体幹を鍛える」「体のバランスを良くする」等々、自転車のトレーニングでも言われる話があちこちに出てくる。
そういえば前に自転車誌で、藤田晃三さん(バルセロナ五輪25位・現在はヒルクラの強豪)が、オフのトレーニングにランを取り入れていると読んだことがある。
体のベースを作る点において自転車とランニングに共通点が多いとしたら、走ることは後々自転車にも効いてくる訳で、それは一石二鳥な話。

もう1冊は『Running Style』というムック。

080104_02

こっちは昔のfunride誌みたいに付録のDVDがあり、今回の中身はフォームのチェックらしい。
他にも冬場のウェアの特集などあり、今後の参考になるかもということで。

本番は3月に迫っているので、今さら欲張った計画を立てても消化できない。
これらの本を参考に、故障しやすいフォームにだけはならないようにして、あとは少しずつフィジカルを上げていければと思っている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

正月休み終了

5日間の年末年始休暇が今日で終了、明日からは通常どおりに出勤予定。

暮れに長女と約束したので、午前中は家族で近くのイオンへ行き、ガシャポンとホッケーゲームをやって、アイスクリームを食べて帰ってきた。
他には長女用にジュニアシート、次女用に洋服の福袋を購入。

何とも安上がりな正月休みの過ごし方だが、店は意外と空いていてゆっくりできたし、泊まりがけの旅行は長女が幼稚園に行く前に行けばいいさということで。(^^);
ガシャポンでは長女が先日のプリキュアとは違う『おしりかじり虫』の時計を選択したのでやや驚く。大晦日にテレビで“みんなの歌スペシャル”を見た影響が大きいか?

家に戻って、昼食をとりつつ箱根駅伝復路の終盤をテレビ観戦。
結果的に筆者の出身校は上位をキープしてシードに残ったが、家内の出身校は今年もシード落ち。そこもかつて優勝したほど強かったのだが...。
来年は今回アクシデントでリタイヤした順天堂や東海などの強豪校と一緒に予選会に出なければならないので、ちょっと厳しいかな?

夕方は通勤用MTBを軽くメンテし、フラッシャーの電池を充電器にかけてから、子どもたちと長風呂。
その後は珍しくビールを飲みながらすき焼きをつついた。(といっても2人で500缶1本。)

昨年は仕事のごたごたをうまくやり過ごせず、それ以外でもいま一つ体力気力が充実しないまま終わってしまった感があるので、今年はひと工夫してよい結果を出したい。
軌道に乗せるためには出だしの1月が鍵なので、1日1日を大切にしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

家で見る駅伝

今日は熱はすっかり下がったけれど、まだ咳が出て完調にはほど遠い感じ。
正月は近所にある家内の実家へ挨拶に行き、寿司をご馳走になって帰ってくるのが恒例になっているのだが、義父母に風邪を移してはまずい。
なので、今回は家内と子どもたちだけ昼に出かけてもらい、自分は留守番することに。

ふとテレビを付けてみると、箱根駅伝の5区を生中継中。
去年の正月、選手達に1時間半ぐらい先行して自転車でこの区間を走ったので、「あ、ここは坂がきついんだよなぁ」等と思いながら観ていた。
今年も行きたかったのだが体調不良で家にいるはめになったことを、非常に残念だとは思いつつ。

というのは、自分の母校の選手が4区までかなり健闘したようで、しかも5区で大幅に順位を上げていたから。それを生で応援できたらさぞかし気分良かっただろう。
まぁ上位校はテレビには頻繁に映るんだし、今年はそれを観て我慢するしかないけど。
一方、家内の母校のほうは昨年がシード落ち、今回も予選会はパスしてきたが下位に沈んでしまって、明日は繰り上げスタート。
彼女も実家で寿司を食べながら駅伝を観ているはずなので、帰ってきたら言葉に気を付けよう。(笑)

さて、テレビにはあまり映らないが、今年も金魚のフン的に白バイの後ろに着いていくオートバイや自転車が沢山いたのだろうか?
規制解除車の後ろは通常の交通ルールなのだから、信号に代表される規則は守らなければならないはずだけれど、去年箱根で見た限りでは誰も信号を守っていなかった。
もちろん、信号で止まったらクルマの波に飲み込まれる訳だが、規制解除車の直後にいれば信号を守らなくていいという道理は何もない。
沿道の大観衆に「正月早々悪いものを見たな」という感じを与えて、スポーツバイク乗りの印象が悪くならなければいいのだが...というのは取り越し苦労だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

新年の我が家

あけましておめでとうございます。
本年が良い年になりますようお祈りします。>皆さま

というわけで、自分まで風邪で熱を出してしまった前日から一夜明け、今日から2008年。
おかげさまでまずまず順調に回復。昼前までは寝ていたけれど、午後からは起き出してほぼ普通の生活に復帰できた。(^^)

で、起きれば子どもたちが放っておかない訳で、まずは室内でかつ子ども2人で一緒にできるお絵かきからスタート。新春の作品はというと...

長女作『しんかんせん』。上に伸びた棒のようなものは「えき」とのこと。発車してこっちに走ってきたとの説明。いちおう遠近法のような概念が出てきたか?(笑)

080101_01

次女作『おそら』。主に水色のクーピーをひたすら動かしていた。この季節のどこまでも真っ青な空の印象が強いのか? 2才になったばかりだと、これに雲や飛行機を足す芸の細かさはまだないらしい。(笑)

080101_02

昨日今日、当地にしてはずいぶん冷え込んだようだが、寒くても外で走り回って遊ぶのは楽しいもの。残りの休み、天気が良ければ外で鬼ごっこや凧揚げをしてみたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »