« TDLの1日 | トップページ | ユーラシア(12) エンドが... »

2008年2月19日 (火)

ユーラシア(11) 組み立て中 その2

今日はTDLの余韻覚めやらぬようで、長女は「ディズニーランドごっこしよ!パパはお客さん。」と言いながらキャラクターになりきって踊るし、次女は脳に刺激を受けたらしくよく喋るようになった。

さて、前回の続き、部品入手の話から。

・クランクキャップ
分解した際に破損したので代わりを入手したかったのだが、なかなか見つからない。
ある日ネットを漁っていて、『6wheel.net』というWEBショップを見つけた。メールを出したら返事が来て、スギノのクランクキャップは在庫ありとのこと。
で、商品代金と定形外郵便料を振り込んだら、まもなく届いたのがこれ。

080219_01

元のと同じくプラスチックにメッキしただけの代物だが、新品なのでピカピカと輝いている。これを付けておけばしばらく持つだろう。

・ブレーキレバー
もう一つ入手できていなかったのは、ブレーキレバーのパッド。DIA-COMPEからは今でもランドナー用のレバーが出ているが、パッドだけでは売っていない。
ヤフオクには時々パッドだけで出てくるが結構高い。上記のWEBショップでもパッドはビンテージ商品のようで、オールドカンパなどはかなり高額になっている。

う~ん、パッド込みで新品のブレーキレバーを買うしかないか...と思ったところで、一つ気づく。
現代のコンポのようにシフターを兼ねておらず、単に引ければいいのだから、ワイヤーをオリジナルの上からでなく後ろから入れてもいいのではないか?
そうすれば、カンパのコンポみたいにブレーキアウターをバーテープで巻けて、ハンドル周りがすっきりするし。と考えて買ってきたのが、同じDIA-COMPEの“BL-07”。

080219_02

パッドの色が違うこと(オリジナルは茶色)、ワイヤーの引き方が違うことから、原形は失われる。でも、フロントバッグに地図などを入れた際に見やすくなるし、カンパユーザー的にはこの方が見慣れているので、まぁよしとする。
ブレーキレバーを取り付け、一度アウターにインナーを通して、左右いっぱいにハンドルを切りながら長さの検討。カットしてハンドルにビニールテープで留めておいた。ハンドルの操作感やブレーキの引きには問題なさそう。

ブレーキの取付が済み、シフターを調整するか~と思ったところで、問題発覚。(^^);
(次回へ続く)

|

« TDLの1日 | トップページ | ユーラシア(12) エンドが... »

ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

個人的にはワイヤー上出しにして欲しかったですねぇ~っ。
でも確かに上出しじゃない方が使い勝手はいいんですよねぇ~っ!!

投稿: つっち~ | 2008年2月21日 (木) 18時44分

> つっち~さん
バーテープで巻き込むと雰囲気違っちゃうのは確かなので、パッドが見つかったら上出しもやってみるでしょう。(^^)
オリジナルのレバーは磨いてあるし、ブレーキワイヤーもそう高価ではないしで。
それに、巻き込むとワイヤーの傷みはより早くなると思います。
(シフトワイヤーの場合、露出するシマノより巻き込むカンパの方が傷みやすいところから想像するに。)

投稿: まつあに | 2008年2月22日 (金) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/40196942

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア(11) 組み立て中 その2:

« TDLの1日 | トップページ | ユーラシア(12) エンドが... »