« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

初のランニング出勤

4年に1回の2/29だからという訳でもないけど、以前思いついたことを実行してみた。
それは「自宅から走って会社に行ってみる」というプラン。(笑)

自転車で行く場合、季節や気分、信号の変わり具合などで違う道を通る。今日はその中で一般道比率の低い中では最短のルートを使うとして、距離は16km。
前回の15km走から中4日空いたし、3/16の湘南国際マラソン(30km)に向けた練習としても手頃な距離だ。

前日自転車で出勤する際に2日分のワイシャツや靴下等を持って行き、うち1日分を置いてきた。これはリュック類を背負ってランニングするスキルが自分にはないから。
そのうち王滝の42kmランに出るようになれば(本当?)、MTBのときと同じように水を背負ったりするだろうけど。

今朝はいつもより1時間早く起床し、まずはバナナ、パン、ゼリー飲料で腹ごしらえ。
続いて着替え。下見で外に出てみたらほぼ予想どおりの気温だったので、前夜に揃えておいたセットを着用。ちなみに、上はCRAFTの長袖インナー+ウィンドブレーカー、下はCW-Xの7分丈タイツ+DeFeetのウォーマー。他に体が温まるまで、キャップ・ネックウォーマー・グローブをプラス。
心拍計の動作を確認し、財布・携帯電話・鍵などの最小限の小物をウィンドブレーカーのポケットに入れ、ストレッチを済ませた。いざ出発。

自分の足下がよく見えないし車や自転車からも見えづらいしで、まだ夜はランニングをしないことにしている。2月も末になると朝6時台でも明るいので、その心配は不要。
それなりに冷え込んではいたが、3~4日前と違って風がほとんどないのでとても走りやすい。晴れてきたので20分ほどで暑くなり、ネックウォーマーを外す。

ペースのほうは、早朝で体が充分に目覚めていないことも考慮して、やや抑え気味の5km30分に設定し、終わりの5kmで余力があれば上げることにしていた。
心拍数は最大の70%ちょうどで推移したまま、設定ペースで順調に走り続ける。
東横線の鉄橋(綱島です)でEdge305の表示は7.5km。あと半分ちょっとか。

いつも自転車の上から見ている景色が、一段遅い速度で流れていく。朝日を反射して輝く川、まだ寝ているのか動かない水鳥たち。それらを目にしながら自分の体を前へ進めていくのは何とも言えない感覚。

終盤、鶴見川を離れて一般道に入ると、当然信号待ちで止まらざるを得なくなった。急に心拍数が下がらないよう、脚を動かしながら待つ。
後半はより楽に感じられるようになったので、終わりの5kmは25分にペースアップ。CW-Xタイツの効果なのか膝や腰の張りもあまりなくて、割とあっけなく会社の近くに到着してしまった。
「自宅から走って会社に行ってみる」作戦は無事成功。コンビニでお茶とおにぎりを買い、ストレッチして着替えて小休憩、のちお仕事。(^^)

まぁもっと運動できる人にとっては「それくらいで何だよ」な話だとは思うが、自転車でさえ途中で休憩しないと会社まで行けなかった、という3年半前の自分を思えば、これでも結構進歩したほうなのだ。
出がけに家内からは「そんなことして、会社に着いてから仕事になるの?」と言われたけど、着いてからだるいとか眠いとかはなく、かえって集中力が高くなった気さえするのが不思議。
これを毎日やりたいとは正直思わないけど、いい練習になるのでたまにはいいかな?

さて、明日と明後日は連休できるので、明日は子ども達の遊び相手やユーラシアの修理、明後日は久々にサイクリングの予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

もうすぐ決算月

今朝は水溜まりに氷が張ったりして寒いことは寒かったけれど、朝からよく晴れていたし、風もたいていは横風(真北から)で済んだ。自転車で走る気候としては比較的恵まれた部類だったと思う。

先週~今週は毎月恒例の多忙期で夜遅い日がたまにあり、睡眠不足気味にはなりつつも何とかひとセットが終了。今夜はちょっとだけ軽い気持ちで出発、まだ冷たさは残りつつも頬に当たる風には春めいたものを感じてみたり。
それにもうすぐ3月だし。“3月”というその響きを聞くだけで、何だか頭の中がパステル色になってしまうような。←構造が単純なもんで。(^^);

そして3月といえば、3月期末の会社にとっては決算月でもある。
自分の勤務先会社は一応上場企業で、近年業績下降中。前期は赤字決算、公表している最新の当期予想は少額の黒字。
監査法人からは予め「当期の税引前利益がマイナス、または純利益(税引後利益)がマイナスだったら翌期の監査契約更新はしません」とはっきり言われているので、業績が下ぶれしないように細心の注意を払ってその兆候をとらえ、対策しなければならない。というのが恥ずかしながら最近の現状。

彼ら的には、クライアントの不正をスルーしたかどで解散させられた同業者もあるので、リスクの大きい会社からは手を引くという方針でやっていることだろう。(*1)
最近監査法人が変わった会社は、そうやって大手から切られてしまい下のレベルに変えざるを得なくなったところがほとんどだ。

今の監査法人は大手の1つで、小さな会社に対する要求としては結構厳しいことも言うけど大抵は理にかなった話だし、担当者個々人のスキルも高いと思われる。
市場の評価的には「○○が監査している会社」というステータスはたしかにあるし。

来月末を過ぎて決算整理と連結処理まで行き、いよいよ少額の赤字が残るという話になったら...、そうだ、ウルトラC(役員退職慰労積立金の取り崩し)で特別利益を足させてもらおう!(笑)

ふつう2期連続赤字になった会社というものは、役員報酬を全額返上する、経営陣が退陣する等、何らかの“示し”を付けるものだけど、この会社は経営者一族の持ち分が大きいために誰も引導渡しができないのが困りもの。(*2)
決算がどうなるかちょっとドキドキものだが、いい勉強だと思ってある意味楽しんでやってみたい。(^^)

*1 ちなみに、2期連続赤字の会社は銀行の自己査定でも「破綻懸念先」と分類されます。
*2 仮に取締役会で電撃的に社長を解任したとしても、株主総会でたっぷり仕返しできるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

雨上がりの強風

昨日は夜から風雨が強まるという予報を知りつつ、職場をそれほど早くは出られなかった。予報はおおよそ当たって途中から雨に降られはしたものの、割と軽いうちに自宅へ到着。出がけにレインウェア上下を着用したこともあり、実害なし。

今朝は家を出た瞬間、何だか暖かく感じた。天気が悪かったためにあまり冷え込まなかったらしく、ここ最近では早めに体が温まっていく。
いつものように鶴見川沿いに出ると、舗装未舗装を問わずあちこちに大きな水溜まりや土の流れた痕跡を見ることができた。明け方は寝ていたのでよく分からないが、比較的短時間に多量の雨が降ったと想像できる。
水溜まりの中には深さが5~10cmに達するものもあり、道幅いっぱいのは避けようがない。いっそジャーっと水しぶきを上げて通過するのも、MTBらしい使い方をしている感じがして何だか面白い。

反面、強い風にはちょっと参った。自分は往路は西から東へ、復路は東から西へ走っているので、一口に“北風”と言っても西寄りか東寄りかで影響はずいぶん違ってくる。
今朝は運悪く北東寄りで、風の弱い日と同じ心拍数では15km/hぐらいしか出せないほど。蛇行する鶴見川に沿って走るので常に向かい風というわけではないけれど、追い風で助かった!と思った区間はごく僅かだった。

ふと川の水面を見ると、上流方向へ向かって盛んに波立ち、まるでどんどん逆流していくよう。水鳥もこの風で移動もままならないのか、固まってうずくまっているシーンが多かった。

もうしばらくはこのように風の強い日が多くなり、気温の変動を繰り返しつつも春めいた陽気に変わってくることだろう。
例えば鳥の顔ぶれが変わってきた等、少しでも春を感じさせる事柄に触れると嬉しいような気がする、ここ最近の自転車通勤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

北京オリンピック観戦?

皆さんよくご存じのように、今年の夏は北京でオリンピックが開かれる。

外国とはいえイタリアやフランスよりはずっと近いところに世界一流の選手が来てくれるなら、観に行かないのはもったいないよなぁ...と思う今日この頃。
日本からも男子はフミ・新城両選手あたり、女子は沖・片山両選手あたりが出場するだろうから、ぜひ日の丸を持って応援したいというもの。(^^)

JOCのサイトにある競技日程表によると
 ・ロード(道路自転車!)=8/9~13
 ・MTB(山地自転車!)=8/22~23
となっている。行くとしたらどちらかに焦点を合わせることになるだろう。

自分は名所見物とかには興味はなくて(どうせ期間中はメチャ混みするだろうし)、そういうのを外したツアーで充分なのだが、どの程度融通を利かせられるのかな?

実際に行くまでには、いくつかクリアすべき課題がある。
まず、希望の日程でうまく予約が取れるか、仕事のスケジュールを調整して休みを取れるか、交通費や宿泊費の工面(超ハイシーズン料金...)の3点。
次に、いま準備中の某資格試験の準備。この時期だとちょうど一次は終わっている頃だけど、ふつう最終合格する人は夏休みに二次の準備をするものなので。(^^);

皆さんの中で自転車競技の観戦ツアーを検討している方はいらっしゃいますか~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

帰ってきた青空、気になる梅

今日からまた仕事。今いつも忙しい月の下旬なのだが、簡単に書くと早めに始めて負荷を分散することができ、毎日朝から深夜まで働くということはせずに済みそうだ。今年は2月が1日多いのも助かる。(^^)

今朝は外へ出ると、きりっとした冷たい空気。気温は1~2℃だっただろうか。頭・首・手・足などに防寒グッズを身に着け、気合いを入れて出発。
やがて鶴見川沿いの未舗装路に出ると、視界いっぱいに雲一つない鮮やかな青空が。おぉいい感じ!と思いながら、陽が差す方角を目指してどんどん漕ぎ進んでいく。

要するに気候が4日ぐらい前にすっかり戻ってしまった訳だが、この時期は揺り戻しをからめて徐々に春らしい気候に変化していくもの。
途中から一転して厳しい寒さとなったこの冬。ぼちぼち暖かくなってくれてもいいよね?とは思いつつも、この鮮やかな冬空をまだ楽しみたいしなぁ...と、何だか名残惜しい気もした。

昨日の強風でパスしてしまった家族での梅見には未練がある。この辺りは温暖なので、暖かいうちにスイッチが入り咲いてしまった梅たちがいつまで持つのかは気がかり。
土日は大倉山の観梅会だったはずだが、あの強風でも予定どおり行われたのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

CW-Xのタイツ&ビルドアップ走

本日は仕事はお休み。

早朝は寒くても割と穏やかな気候だったが、朝食後に週末恒例のランニングに出ようと思ったところで風がかなり強くなった。
前日(春一番が吹き荒れて空が橙色!)に比べて少しはマシかもしれないけど、木々の揺れ方を見ると風は半端なものではない。

もう少し様子を見ようかな~と思ったが、湘南国際マラソン本番では海沿いの箱根駅伝コースを走るのだから、往復どっちかずっと向かい風...なんていうのは充分想定できる。気を取り直し、着替えて出発した。

今回は新しいグッズが登場。それは、CW-X『スタビライクス』というタイツで、シリーズの中では「膝と腰のサポートを重視した入門者向け」という位置づけになっている。

080224_01

前回までの10km走では、痛くて歩けないほどではないにせよ、走り終わった後で右膝の外側(外側側副靱帯かな?)が張ることが多かった。
原因としてはもともとO脚ぎみ、体の右側を多く使う癖がある(筋力のバランスが悪い)、右脚の柔軟性不足(昨年落車した後のリハビリ不充分?)等が考えられる。
これらは本来なら時間を掛けて直すべきものだが、とりあえず30km走って無事でいたいのでグッズ頼み。(^^);

この製品には足首までと七分丈のがあり、今回は春以降の使用を想定して七分丈を購入。今日はこれを履いてから、風が冷たいので膝から下にDeFeetのウォーマーを被せて出発した。

遅ればせながら本番に向けて距離を伸ばしたいので、本日は15km走。
ペース配分としては、コニカミノルタのHPで見たビルドアップ走(*)を意識してみた。この練習をするとスタミナが付くらしく、実際のレースで「終盤の苦しい中で最後のひと頑張り」に効くとのこと。
今回は全15kmにおける1kmあたりの所要時間を、始めの5kmは6分、次の5kmは5分30秒、最後の5kmは5分とし、合計タイムを82分30秒と設定。

鶴見川に沿って北上していくと、市が尾の東名インターのあたりが7km地点。
予想より暑くて汗を多くかいてしまったので、そこから川沿いを外れてコンビニへ行き、水を買って小休止。少し回り道をして距離を調整してから鶴見川に戻り、帰りは8km。

前半と中盤はほぼそのとおりに走れたのだが、最後の5kmは思ったほどペースを上げられず。結局85分で終了。帰りは主に追い風だったので、もっと速く走れても良さそうなものだけど、あまり追い込めなかった。どんどん脚を出していかないと進まないランは、下りや追い風なら休んでいても進む自転車とはまた少し違うのかも。

CW-X『スタビライクス』の効果はというと、15km走ったにもかかわらず、先週までの10km走った後と比べて、体感的な脚の疲れが半分ほどになった。
これはすごい効き目だし、本番でもぜひ着用しようとは思ったが、要するに「サポーターを着けて走っているのと同じ」では?という疑問はある。
本当の解決は地道に筋トレ等に取り組み、体を支えるための筋肉を十分に付けることによってしか得られない。そのことを分かった上で、体ができあがるまで補助的に使うならいいとして、これがないと走れない人になってしまったら本末転倒だし、と思いは複雑...。

さて、午後は天気が穏やかなら家族を大倉山梅林に連れて行こうと思っていたのだが、この強風では梅見どころではないので中止。
ではユーラシアのエンドを直してもらいに轍屋さんへと思ったが、今日は『梨絵ちゃんと走ろう@伊豆ツーリング』というイベントのため休業なのを思い出したので取り止め。これは次の土曜日に持ち込むことにしよう。

* 自転車で同様に徐々に負荷を上げる練習は「プログレッシーネ」などと言いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月23日 (土)

サクラ咲ケ!

今週はTDLに行った月曜が休みだったので、今日は通常どおりの自転車出勤。
昨日に続いて朝は気持ち悪いほど暖かかったが、午後からは強風で電車が止まったりしたかと思うと、夜は急激に冷えてきた。
天気予報もそう言っていたので、イヤーウォーマーその他をバッグに入れて行き、帰りはそれらを着用して冷たい風に負けずに帰宅。明日の朝はかなり寒そうだ。

さて、自分の高校同窓生にmixiで日記を書いている女性がいる。
それを読むと、本日は田舎から上京してきた親戚の女の子(高校の後輩)を入試会場まで引率とのこと。
そこはたぶん自分が通っていた大学(学部は違うけど)で、相変わらずのマンモス校ゆえ人の数がすごかったらしい。
で、入試か〜とちょっと考えたら、自分の大学入試はもう25年前。四半世紀かよ!と愕然。(^^);

当時、練習として受けた入試日程の早い大学に落ちてしまい、心配した母親が「諦めないで最後まで頑張るのよ」と励ましの電話をくれたこと、父親が出張帰りに寄って暖かい鍋料理をご馳走してくれたこと、本命の入試が終わって受かった!と思ったので滑り止めに金を払わなくていいと伝えたけどやっぱり親は払ったこと...、そんなもろもろが頭に浮かぶ。
自分が親になってみて(うちの子どもたちはまだ小さいけど)、入試が家族のビックイベントであることを以前よりリアルに想像できるようになってきた、今日この頃。

日記の話に戻ると、その生徒は田舎の子らしく純朴な感じだそうで、勉強したいのは演劇分野らしい。
彼女のここまでの戦績はあまり芳しくないそうだが、勝負は下駄を履くまで分からない。諦めてしまえばそこで運が逃げていくし。
かつて入学式の日、自分たちを歓迎するように花のアーチを掛けてくれた桜を思い出し、頭の中に 

 振り向くな 後ろには明日はないから
 前へ 前へ

と表題の歌を鳴らしながら仕事をしていた、土曜出勤の1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

急に暖かく

朝起きて天気予報を確認すると、今日の最高気温の予想は15℃。念のため外へ出て確認すると、たしかに風の冷たさが先日までとは明らかに違っていた。

始めの暖冬傾向から一転して寒い冬に変わり、昨冬はほとんど使わなかった防寒グッズを出して活躍させていたのだが、今日はそれらはオーバースペックと予想。
グローブを防寒のBBBから一段階薄いものに、ジャージをウィンドブレークタイプから普通の長袖にそれぞれチェンジ。イヤーウォーマーはなしで出発した。

ここ最近の寒さに慣れた体にとって、今日の空気は何だか生ぬるく感じてしまった。
服装を軽めにしてきたのは正解、それでもしばらく走っていると汗が出てきて、ボトルの中身は早めに減っていく。←最近は自家製“ゆずサワードリンク”を使用中。
膝などの関節への負担を考えたら、暖かいのはもちろん歓迎なのだが、これほど劇的に変わると季節感も何もあったものではない。

気温の変動で思い出したのは、梅の開花状況。どうやら梅もとまどっているみたいで、早咲き種は平年より約半月早く咲き始めてしまい、反対に遅咲き種は遅れそうだという。
近々に梅見に出かけようと思っているが、ちょうどそれらの狭間で梅の花がない!という状況にならなければいいけど...。

予報では明日までは気温が高く、その後また一気に下がるとのこと。こういう時は体調を崩しやすいので、週明けごろには服装を真冬仕様に戻して対応することになりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

Mt富士ヒルクラ申込完了

先日届いたfunride3月号に、Mt富士ヒルクライムの先行申込(定期購読者枠)の案内が同封されていた。
メール便になってから発売日より早く届くこともほとんど無くなり、この先行申込のためだけに定期購読していると言ってよいfunride誌。(笑) さっそく案内に従ってエントリーさせて頂いた。

今年のMt富士ヒルクラは6月1日(日)で、6月王滝と同日。(去年もたしかそうだった。)
王滝のほうは今年も抽選という不確実な方式に賭け、9月のほうに申し込むつもり。
(王滝は昨年までと逆回りになるらしく、興味津々ではあるのですが。)

さて、Mt富士の申込画面にログインしてみると、今までと少し項目が変わっていた。自分の予想タイムを入力するようになっていて、どうやら申告タイム別にスタートする方式が採られるらしい。
これまでは前の年齢帯の遅い人たちが車線全体に広がり、抜くのが大変だったので(自分でそうなのでもっと速い人はなおさら)、やってみないと何とも言えないけど基本的に賛成だ。

その申告タイムは「1:25」と入れておいた。(それに近い皆さん、よろしくです!)
せっかくなら自己ベストの更新ぐらいはしてきたいとは思うけど、年々トシは取るわ、ろくに練習はしてないわで、実現性には疑問符が...。(^^);

ところで、funrideのイベントは参加賞がよく考えられていて、割と好感を持っている。
今までに貰ったTシャツ、布バッグ、裾止めなど、どれもきちんとした品物だった。
スタッフの話では「自分が貰って嬉しいものを」という考えで決めているそうだし。
それらと比べて一昨年の王滝の参加賞Tシャツ、あれはひどかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ユーラシア(12) エンドが...

前回の続き。バーテープはしばらく乗ってブレーキレバーの位置がこれでよいと思ってから巻くことにし、泥よけの取付もその他が大丈夫か確認後にやるつもり。

とすると試走前にやることは、シフターの調整、チェーンの取付、サドルとシートピラーの取付、ペダルの取付の4つ。

シフターの調整といっても、インデックス式ではないので、左右の限界点を確認してトップからローまで動くようにするだけ。

・FD
アウターは必要なし。ダブルレバー側からインナーワイヤーを入れ、BBの上側経由でFDに持って行き、ボルトで仮留め。
レバーをフルに下げた状態でトップ、上げた状態でローの位置になることを確認し、初期伸びをとるためにしばらく倒した状態のままにする。
インナーワイヤーに数センチの余裕を残してカットし、キャップを付ける。
ディレイラーの可動部分にはRESPOのチタンスプレーを軽く差しておく。

・RD
リアディレイラーを新調したので、どんな感じかな?と思ってワイヤーを繋いでみると...。
何と、開放状態でプーリーがトップギアの下にきていない。しかも、ネジで微調整するなどという以前の状態で、ディレイラーがローギアへ行く前にスポークに接触してしまう。(@_@)

080220_01

元々のディレイラーは取付ネジの直下で破断していて、それは金属疲労なのだろうと勝手に決めつけていたけれど、転倒による衝撃で折れただけだったのかも。

この自転車、ディレイラーハンガーが直付け(交換式ではない)なので、このままでは直結(RDをパス)しない限りは乗れない。
修正機は持っていないので、自転車屋さんのお世話になることにしよう。
その際、ディレイラーは一度外すはずだし、チェーンは付いていない方がいいだろうと思い、ここで中断。

というわけで、試走はまたまたお預けになってしまった。
まだ続きます。(^^);

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

ユーラシア(11) 組み立て中 その2

今日はTDLの余韻覚めやらぬようで、長女は「ディズニーランドごっこしよ!パパはお客さん。」と言いながらキャラクターになりきって踊るし、次女は脳に刺激を受けたらしくよく喋るようになった。

さて、前回の続き、部品入手の話から。

・クランクキャップ
分解した際に破損したので代わりを入手したかったのだが、なかなか見つからない。
ある日ネットを漁っていて、『6wheel.net』というWEBショップを見つけた。メールを出したら返事が来て、スギノのクランクキャップは在庫ありとのこと。
で、商品代金と定形外郵便料を振り込んだら、まもなく届いたのがこれ。

080219_01

元のと同じくプラスチックにメッキしただけの代物だが、新品なのでピカピカと輝いている。これを付けておけばしばらく持つだろう。

・ブレーキレバー
もう一つ入手できていなかったのは、ブレーキレバーのパッド。DIA-COMPEからは今でもランドナー用のレバーが出ているが、パッドだけでは売っていない。
ヤフオクには時々パッドだけで出てくるが結構高い。上記のWEBショップでもパッドはビンテージ商品のようで、オールドカンパなどはかなり高額になっている。

う~ん、パッド込みで新品のブレーキレバーを買うしかないか...と思ったところで、一つ気づく。
現代のコンポのようにシフターを兼ねておらず、単に引ければいいのだから、ワイヤーをオリジナルの上からでなく後ろから入れてもいいのではないか?
そうすれば、カンパのコンポみたいにブレーキアウターをバーテープで巻けて、ハンドル周りがすっきりするし。と考えて買ってきたのが、同じDIA-COMPEの“BL-07”。

080219_02

パッドの色が違うこと(オリジナルは茶色)、ワイヤーの引き方が違うことから、原形は失われる。でも、フロントバッグに地図などを入れた際に見やすくなるし、カンパユーザー的にはこの方が見慣れているので、まぁよしとする。
ブレーキレバーを取り付け、一度アウターにインナーを通して、左右いっぱいにハンドルを切りながら長さの検討。カットしてハンドルにビニールテープで留めておいた。ハンドルの操作感やブレーキの引きには問題なさそう。

ブレーキの取付が済み、シフターを調整するか~と思ったところで、問題発覚。(^^);
(次回へ続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

TDLの1日

今週も土曜日は出勤予定、日曜以外の休みは平日にとることになっている。
その休みを今日にし、家族で懸案の東京ディズニーランドへ行ってきた。

・到着
横浜から湾岸経由でTDLの立体駐車場に着いたのは、開園後の9:15。既に2Fが満車で、3Fに誘導される。
広い広い駐車場を横切って場内に入ると...、おぉ、ものすごい数の人が通路を流れている。聞いた話どおり小学生連れも結構いるし。
最初に『リロのルアウ&ファン』を予約しに行ったが、既に午後の回まで全部締切。覚悟はしていたが、平日だから空いてるとかいうことは全くないと思い知る。

・『スーパードゥーパー・ジャンピンタイム ビビディ・バビディ・ブー!』
子どもだけが前方でキャラクターと一緒に踊り、付き添いの大人は後方の席で待機する。
既に子どもの席はかなり埋まっていたが、後ろの方の空席に長女を座らせることができた。ジャケットの下は借り物だけど一応ドレス。(笑)

080218_01

・冷や汗(^^);
自分は家内と次女を残し、『ハニーハント』の発券所へファストパスを取りに行く。
出てきたチケットに書かれた時刻は「15:25~16:25」。ということは、もっとのんびりしていたら取れなかったかも。(実際、昼前に閉園時間のファストパスが終了。)

ほっと一息ついてポケットを触ると、えっ財布がない!!
入場する時にはあったのでどこかで落としたのだ。何たる不覚...。(人生で財布や定期入れの類を落としたことは一度もなかった。)

戻りながら探すも見つからず。家内のところに戻って事情を話してから、近くにいたキャストに遺失物管理所を教えてもらう。
そこへ行って財布を落としたことを告げると、名前・電話番号、大体の落とし場所、財布の形・色・構造、現金の額、他に入っていた物などを事細かに聞かれる。

「該当する落とし物があるかどうかお調べしますので、建物の中でお待ちください。」と言われて2~3分。
名前を呼ばれて戻ると、「伺ったお話に近いお財布がありました。ご確認頂けますか?」と財布を1つ目の前に置かれた。
外見は自分のと同じ。中を開くと運転免許証があり、紛れもなく自分の財布。現金やカード類は全て揃っていた。

「間違いありません。中身は全部そのままでした。」と答えると、窓口の女性は「よかったですね~!」と言いながらニッコリ微笑んだ。その話によると、キャストが発見してここへ届けてくれたとのこと。
まだ気持ちが落ち着かないながらも多少はホッとし、受取証へサインしてから丁重にお礼を言って部屋を出る。
落とした財布が手つかずで、しかもすぐに手元へ戻るとは...。あまり好きではなかったけれども『魔法の国』には感服せざるを得ない。

『スーパードゥーパー』へ戻ると、ちょうどフィナーレで盛り上がっていた。

080218_02

終わって長女を迎えに行くと、満面の笑みで「楽しかった~!」と言いながらまだジャンプしている。
君たちすごいよ。>ディズニーランドの皆さん

・『空飛ぶダンボ』
これは長女が楽しみにしていたアトラクション。45分待ちということだったので、その場でしばらく待つ。
周りではマーチングバンドが行ったり来たりして雰囲気を盛り上げていた。管楽器が周囲の空気を振るわせ、雰囲気満点。

080218_03

並んで待っている人たちは誰一人として不機嫌そうな顔をしていない。魔法の国ってすごいなぁ。
乗っている間は禁止なのでその写真はないが、ダンボに乗った長女が自分でボタンを押して上下させ、後ろのゴンドラにいる母親に手を振っていたのが印象的。

080218_04

・『ミッキーマウスレビュー』
これは待ち時間ゼロで、昼食までの時間調整のつもりで期待せずに入ったけれど、なかなか面白かった。

・昼食
30分待ちでレストラン『バンケットホール』へ入店。長女はお子様ランチを食べることに集中していたが、次女は周りの装飾や照明器具に少し気をとられていた。←無理もないけど。

080218_05 080218_06

・『キャッスルカルーセル』
レストランを出て並び、20分待ちで乗れた。待ち人数は結構いたけど、一度に消化できる人数が多くて回転がいいのかも。
家内は次女を抱いて乗り、自分は1人で乗る長女の側に立つ。長女は1人で乗れたのがかなり嬉しかったらしい。

080218_07

・パレード“ムービン・オン”
ここで13:45、パレードの時間が近づいてきた。
席取りをしなかった割にはよい位置、前から3列目を確保。シートと毛布を敷いてしばし待つ。
やがて音楽がだんだん大きくなってきて、パレードが到着。お立ち台の上でアクロバチックに踊るミッキーに、長女拍手喝采。
長女はミニーちゃんのドレスやキャラクター達の動きに見とれ、次女は音楽に合わせるように声を出しながら手を叩いて喜んでいた。

080218_08080218_09080218_10080218_11

・『グーフィーの弾む家』
パレードが終わって人々は大移動。どうかな?と思ったがここには15分待ちで入れた。
これはエアシートの上で飛んで遊ぶというもので、子どもだけが中に入り、大人は周囲で見守ることになっている。
どちらかと言えば人見知りな長女だが、今日は見知らぬ子どもたちと一緒でも臆することなく遊んでいる。割とあっという間に終了。

080218_12_2

・抽選
出店で入れ物付きポップコーンを買ってから、『トゥーンパーク』という公園のような場所へ移動。ここで家内に子どもたちを見てもらい、自分だけ『シンデレラの戴冠式』の指定席抽選に行く。
機械にパスポートを入れてボタンを押すと...キラキラリ~ンという音がして当選のメッセージ。(^^)
出てきた券を見ると席はかなり後方みたいだが、これで直前に行っても座って観られることは確定。ずっと前から並んだり、始終だっこや肩車をする必要はなくなった。

080218_13

・『ハニーポッド』
財布を落とすというトラブルはあったものの、午前中のうちにファストパスを発券しておいたのは正解だったようで、専用入口からスッと中に入る。
ゴンドラが前後左右に自走して絵の中を進んでいくというのは、なかなか凝っていた。
肝心の内容は長女にはピンと来なかったらしく(ちなみに夢の中の話という設定)、何だか不思議そうな顔をしていたが、まぁよしとしよう。

・『ジャングルクルーズ』
夕食前に水上系に1つ行ってみようかと思い、行ってみたら15分待ちで乗れそうなのでそのまま待つ。たまたま列の切れ目になり、一番前(船長さんの目の前)に通される。
昔からそうだが話のテンポがよくて、長女は「ゾウさんは朝からずっと水浴びしてるんでシワシワになっちゃってますね~」などの話にケラケラと笑いながら乗っていた。
次女は話しかけられてびっくりしたようで、大声で泣いてしまった。(^^); ←まだ知らない男の人が怖い年頃。

080218_14 080218_15

・夕食
『プラザ・レストラン』へ移動して、早めに軽く食事。
園内では値段が安い部類のせいかかなり混んでいたが、カレーやピタサンドで腹ごしらえ。

・『シンデレラの戴冠式』
指定券があるので、子どもたちのトイレを済ませてゆっくりシンデレラ城前へ。
周囲のイルミネーションが点灯され、王族が祝福に来たという設定で美女と野獣だの白雪姫だのが全員集合したところで、いよいよシンデレラ登場。
王子様とシンデレラが高いところへ上がっていくクライマックスを、子ども的にはたまらないだろうなぁと思いながら観ていた。長女はうっとり。次女は点目。

080218_16 080218_17

・帰宅
今日は平日で花火はないし、かなり冷えてきたので買い物してぼちぼち帰ることに。
売店でご近所友達への土産にシンデレラ缶のクッキー他を購入。
出口までの通路で長女はマリーちゃん、次女用にはミニーちゃんの風船をゲット。それらをラゲージに押し込んで出発。車の中では2人はすっかり爆睡。

というわけで、魔法の国は何かとお金の掛かるところだったけれど(笑)、子どもを引きつける何かがあるところだというのはよく分かった。
待ち時間がこんなもので済んだのは平日ゆえだろうから、今日来たのは正解かも。
それでも一度ではとても全部回れないし、そのうちまた行くことになるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月17日 (日)

東京マラソンの日に

今日は日曜で仕事は休み。

ちょうど第2回東京マラソンの日なのだが、自分はエントリーしていない。抽選なので通る確率は低いが、来年は申し込んでみようと思う。(ちなみに今年は約5倍。)

プリキュアが終わって9時。日テレに変えて東京マラソンのスタートを見る。
いやはやとにかくものすごい人、人、人。(@_@)
15分ぐらい経っても、まだランナーが出発していく。スタート順は申告タイムでブロック分けされているのだろうか。

9:30になったので、自分も着替えて週末恒例のランニングに出発。
少し北風は冷たかったが、特に午前中はよく晴れていて、走り出すと汗が出てきた。
本来は距離を増やしていくべきところ、今週は途中で風邪を引いて運動不足だったので、無理せずにまた10kmで止めておいた。

心肺機能的にはもっと距離が長くても大丈夫そうだが、膝や腰には自転車の時とはまた違った疲れが溜まってくるのを自覚できていて、30kmへのネックはそれらになりそう。
グッズの力を借りるしかないかなぁ?ということで、膝や腰のサポートをうたったCW-Xのタイツを検討中。詳細は次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

ひな人形登場

おおよそ風邪が治ったようなので、今日からめでたく自転車通勤再開。
少し日が空いたのでもっと辛いかと想像していた割には脚は軽かった。相変わらず寒いことは寒いが、土曜日で閑散としたサイクリングロードをマイペースで流していくのは気持ちいいもの。

夜早めに帰宅すると、リビングの棚にひな人形が飾り付けられていた。本来は7段飾り、手狭なのでおつきの皆さんは箱の中で留守番らしい。(^^);

080216_01

去年の日記にもチラッと書いたが、これは家内が実家から持ってきたもの。
最近の人形と違って顔がふっくらしているのが何とも言えない。(昔はその方が幸せそうでよしとされたのでしょう。)

ひな人形は娘が長じて良縁に恵まれるようにという願いを込めたものらしい(本当?)ので、良縁かどうかは別として(笑)、家内にとっては用済みというか賞味期限切れの代物。
生まれてきた娘らのために新調するのが本当だろうし、双方のジジババからプレゼントしようかというオファーもあったけれど、断ってしまった。
親として子どものためにできることは...という気持ちはもちろんあるのだが、この人形を捨てて買い直すのにお金を掛けることがそれにあたると思えないのだ。
それってエコ的にどうなの?という気がしてしまうし。

さて、何でもいじりたい盛りの次女に「お人形さんに触ってはいけないよ」と言って聞かせたはみたものの、どうなることか...。(^^);

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

ネズミーランド

今日の体調は熱はそれほどでもないが鼻水や痰が出る状態。一応回復に向かっているようだが、明日も自転車出勤を見送るかもしれない。
今朝は大事を取って電車で行ったつもりだったけれど、満員電車で通勤するのもそれなりに体力の要ることだというのを、半ば忘れていた。(^^);

さて、長女がこの春から幼稚園へ行き、平日に家族で出かけることはできなくなる。どこか行っておきたいところはあるかと聞いたら、返ってきた答えは「ディズニーランド!」。
近所の遊び友達はみな数回ずつ行ったことがあり、その度にお菓子などの土産をもらうのだが、わが家はこの4年間で一度もなし。
というのは、自分がディズニーのキャラクターをあまり好きではないのだ。ミッキーマウスにしてもプリンセスにしても、独特のバタ臭さが鼻について何だか馴染めない。
ミッフィー、キティちゃん、プリキュアなどはまぁかわいいと思えるし、アンパンマンやムーミンは毒気のある原作のほうが好みでも、子供向けに丸みを帯びさせたのも別に嫌いではないのだが...。

ところで、ディズニーの理想を追求し細部にまで徹底的にこだわる姿勢をはじめ、企業経営上参考にすべき点が多々あることは、自分のマーケティングの先生(*)のお話によく出てくる。
* 三越の元役員でディズニーやティファニーと話をまとめた、やり手な方です。

その一方、ディズニーランドは「運営はアルバイトで回し、長期間勤めても正社員にはしない」というやり方で年長者フリーターを量産してきた。それをキャスト等の言い方でごまかしているのにも馴染めない。
勤務先でも「ディズニーランドで働いてきましたがアルバイトでは家族を養えないので...」と正社員募集に応募してきた人と何度も面接したし。

まとめると、「すごいとは思うが個人的に好きではないところ」かな?

とは思いつつも、やっぱり行くことになりそうなのでプランを考えねば。(笑)
ディズニーランドはかなり久しぶりなので、家内がご近所パパママに最近の傾向をリサーチしてくれた。いわく...
・平日でも、遠足等に加え、幼稚園児や小学生を連れた親子連れが多く(幼稚園や学校は休ませるのか?)、結構混むらしい。
・長女ぐらいの女の子の多くはドレスを着てやってくるらしい。(!)
・季節限定の『プリンセスの戴冠式』というのが人気で、席は抽選制らしい。
等々。そうなのか...。

3月の春休み前だと仕事的にちょっと難しいので、行くなら2月中。今年の舞浜は寒そうだなぁ。(--);

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

車検終了&風邪ぎみ

今日は夕方ディーラーへ直行し、先週車検で預けた車を引き取ることにしていたため、自転車通勤はお休み。
リアシートを畳めばMTBを車載できるのだが、今日はそれが何だか面倒に思えたのだ。

先日日記に書いたバッテリー交換代も含め、残金9万何千円を払ってディーラーを後にした。ある程度掛かるつもりでプールしてあったお金でも、いざ払い終わると財布の薄くなり具合に何だか悲しくなった。(^^);

その頃から、少しのどが痛くなる。自宅に戻って夕食を取っていると、何だか体のふしぶし、特に腰が痛くなってきた。これは風邪だ!

原因として思い当たるのは、生活リズムの乱れ。実はここ最近、早寝して朝起きて勉強したり、逆に夜更かしして勉強して朝ぎりぎりまで寝ていたりしていたのだ。
もう若くないし、そういう乱れた生活をしているとてきめんに健康状態に反映してくるなぁと反省。とにかく今日は早く寝ることにした。

明日も寒そうなので、自転車通勤を休んで回復に努めようと思う。早く直して週末はまたランニングしたいし、自転車の組み立ての続きもしたいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

北風とひきかえに

今週は強い冬型が続いていて、天気予報はずっと晴れ、最低気温は毎日0℃や1℃と言う。
昨年はほとんど出番がなかった、イヤーウォーマーや防寒グローブ等、厳冬期用のグッズが活躍中で、今朝もしっかり防寒して出発。
Naliniのネックウォーマー(ETXEONDOの洗い替え用、一昨日の帰り“なるしま”で買ったもの)で首からあごまでを覆い、顔の寒さを緩和したつもり。

行き帰りとも北風が強く、特に朝は気温の低さも手伝って、まるで頬を切られるような感覚だった。
そのかわり、強風が吹き飛ばしたのか空にはほとんど雲がない。鮮やかで透明感を兼ね備えた水色の空を見ながら走っていると、やや大げさだけど自分が宇宙の一部として生かされているとでも言おうか、そんな心境になったりもする。

だいぶ日も長くなり、朝7時台でも物の色彩や陰影がよく分かるようになってきた。沿線で花開く梅、大きくなっていく桜のつぼみ、霜でバリバリの畑などを見ながら走るのも、またよろし。

仕事のほうは翌年度の予算組み等、この時期ならではのが入ってきて忙しくなりつつある。
夜の帰宅ライドでは、プロジェクトマネジメントをしっかりやってツーリングや自転車いじりの時間を作るぞ~!と思いつつ、強い風に向かって低く構える。もうすぐ年度末がやってくる...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

ユーラシア(10) 組み立て中

予定以上の長期連載もぼちぼち終盤、現在は組み立てに移っている。

前回のBB調整は、その後再度開けてやり直した。
1回転の中で特定の区間(ある角度からある角度まで)のみ微妙にガタがある状態、というのがあり、それ以上締めると全体的にゴリゴリになってしまう。
たぶん、どこか局所的に摩耗したところがあるのだと思うが、そのうちカートリッジ式のに換装するつもりなので、これ以上こだわらないことにした。

部品の掃除はぼちぼちやっていて、アルミのものは耐水ペーパー・スコッチブライト・コンパウンド等でまあまあ綺麗になった。床の間用に組み立てる訳ではないし、個人的にちょっと古め感がどこかに残っていた方がいいので、この位で打ち切り。

080212_01

鉄にメッキされたものはもう少し大変。例えば前にも写真を載せたクイックの場合、一部錆に浸食されていて、表面を磨いただけでは完全に綺麗にはならなかった。剥いて空気にさらすとあっという間にまた錆びるので、錆止め剤を塗ってみたり。

080212_02

フレームとフォークについては、傷に入り込んだ錆を削り落とし、一度脱脂してタッチアップ処理。但し、タッチアップは似てはいても元の色とは微妙に違っていて、傷の多いフォークは処理後はまだら模様になってしまった。

080212_03

どうせなら一つ試してみるか...と、左右同面積になるようにテープで目張りし、その中をタッチアップで塗りつぶしてみた。乾かしてから耐水ペーパーとコンパウンドで擦ると、ぱっと見はシールを貼ったような感じに。(^^);
ちょっと乗ってみて、気に入らなければ本物の反射素材テープでも貼ってみよう。(通勤車なので、夜目立って有用性があるのです。)

080212_04

あとはワイヤー類の準備。既に買いそろえてあるので、元の長さを参考に切ってヤスリをかけたりする。写真はリアのシフトアウターで、バネのを買わずにあえて現行品を選択。

080212_05

クランク、前・後輪、ハンドル、前後のディレイラーを付けたらにわかに自転車らしくなってきた。あとはブレーキレバー取付、配線、チェーン取付を済ませて調整すれば試走できそう。

080212_06

なお、壊してしまったクランクキャップの入手にはめどがたった。その話と調整の様子は次回掲載の予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

神宮外苑クリテリウム大会

連休明けでちょっと仕事が忙しいので、とりあえずのご報告。
自分は出場はしなかったのですが、ベルナール=イノーさんに会う&母校の選手を応援ということで、ご近所なくろださんをお誘いして行ってきました。

ご存じない方のために一応書いておくと、イノーさんはかつてツール・ド・フランスで5回総合優勝したフランスの英雄です。
本日はスペシャルゲストとして、フリーランやマスターのクリテリウムにも出場。昔テレビで見た現役時代の険しい感じはなく、優しそうなおじさまでした。

080211_01

見たところ、今でもかなり走れるとお見受けしました。場内アナウンスによると、今でも週2、3回は練習してるそうです。

080211_02

一度昼食に出てから、午後は大学生のレースを観戦。
絵画館の前を選手が駆け抜けていく様子はなかなか絵になっていたし、学生界の一流だけあって特に上位の選手達は相当に速かったです。

080211_03

イノーさんには持参した“La Vie Claire”ジャージにサインを頂いてきました。
(同じことをやってる人、見ただけで2人いました...。)
このジャージ、ますます宝物になりそうです。(^^)

080211_04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

ランニング練習再開

仕事のほうは明日までの2連休。
今日は先週大雪でできなかったランの練習をしようと思っていた。路面状態を確認するため、起きがけに近所を軽く散歩。

昨夜の帰宅後間もなく止んだのか、それとも雨に変わって解けたのかは分からないが、雪は歩道にうっすら残っているだけ、車道にはほとんど無かった。日も差してきたので、まだ日陰で凍っているところもすぐに解けそうだ。

未舗装路はぬかるむので避けるとして、アスファルト中心なら大丈夫と判断。朝食後に着替えを済ませ、新横浜公園へ走りに行ってきた。

これが2週間ぶりのランになるわけだが、自転車通勤を続けているので心肺機能的には特に変わりはない。ただ、膝の脇の筋肉が早めに張ってきて、走ることに関してはレベルが前に戻ってしまったような感じも少々。

本当は15km走ろうと思っていたけれど、ここで体を壊しては元も子もない。10km1時間で切り上げてストレッチし、以前書いた今川焼き屋『おすとあんでる』でおやつを買って帰宅。(^^);

080210_01

家内は「久しぶり~」と言いながら、子どもたちは無言で、それぞれ1個を完食。自分も走った後なので甘いものはとても美味かった。特に冬場になると無性にあんこ系が食べたくなるのはなぜだろう?

湘南国際マラソン30kmはいよいよ1か月後。来週から距離を徐々に伸ばして、本番前にはそれに近い距離を走っておきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

週末はまた雪

今日は土曜だが通常の時間帯で出勤。
いつものように起きて天気予報を確認すると、昼から雪と出ている。バッグにはレインウェアを入れて出たが、降り方しだいでは帰りは自転車を諦めることもいちおう想定。

午後からは風がやや強まり、雨が降ってきた。区切りのいいところまで仕事を片付け、来週のToDoを整理したところで午後7時過ぎ。レインウェアを着込み、耳・首・足にウォーマーを着けて、いざ出発。

キャップを被ることで少しは緩和されるとはいえ、次第に眼鏡に雨粒が溜まって前が見えづらくなる。特に前方からヘッドライトを照射された時は最悪。スピードを落としつつ、時々信号待ちで眼鏡を掃除しながら走っていく。

やがて新横浜に近づいた頃、空から降ってくる粒が大きくなり始めた。雪まじりから、やがて全部が雪に。顔に当たって痛いのでスピードをさらに緩め、ほとんどアドベンチャー的な心境で漕ぎ進めていく。
雪は車が往来する部分には溜まらないけれど、路側帯や歩道には次第に折り重なっていく。それらはベタベタの雪で薄い膜ができ、制動距離がとても長くなっている。そこで大型車は端へ寄って避けつつ、白線の内側中心に走る。

いつもより2割増し位の時間をかけて、ようやく自宅へ到着。(^^)
玄関でずぶ濡れの外装一式を脱ぎ、家内が持ってきたバケツに突っ込んで浴室へ。それらを乾燥機に掛け、着替えて暖かい食事をとる。とりあえず今週も無事に終わった。

明日の天気予報は晴れだが、凍るにせよ溶けてグシャグシャになるにせよ、ランの練習には厳しい路面状態になりそうだ。
先週は土曜は出勤で走れず、日曜に予定していたら雪で断念した経緯がある。今週もまた同じことになるのか? 明後日は休みだが外出の予定があるし...。
もし土曜が休みならランの練習にあてていたものを...とは思うが、こればっかりは仕方がないこと。何とか場所と時間帯を工夫して走りたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

バッテリーが...

今朝は路面凍結はほとんど無かったものの、当地にしては厳しい冷え込みは相変わらず。ミドルウェイトのタイツの上にアウトドア用のナイロンパンツを重ねた、1年でいちばん寒い時期用の仕様で往復してきた。

今日の仕事中、ポケットに入れた携帯からブルブルと着信の合図あり。昨日車を預けたディーラーからだった。
廊下に出て電話を掛け直してみると、「バッテリーがとても弱っているので交換をお勧めします」とのこと。
バッテリーはエンジンを動かして発電するので、あまり乗らない車のバッテリーが弱るのは至極当然。で、お値段を尋ねると工賃込みで36,500円だと言う。

これを聞いてすぐ「高~い!」と思った。というのは、前にこういうネットショップを利用したことがあり、そこで買えば20,000円もしないことを知っていたから。
交換も手順(+-どちらを先に付け外しするか)さえ間違わなければ別に危ない作業ではなく、簡単にできることだ。

但し、バッテリーの中身は劇物なので、それ相応の処分をしなければならない。前に自分で取り寄せ交換をした際は近所の修理工場に持ち込み、処分料2,000円を払って引き取ってもらった。
それが面倒だったりお金が掛かるのが嫌だったりするのか、バッテリーは通勤路の鶴見川沿いにおいて、古タイヤ等とともに不法投棄されることが多い部品の一つ。

いちおうエコへの意識を掲げる当サイトとしては(笑)、バッテリーを不法投棄するわけにはいかないし、今忙しいのでどこかに持ち込む面倒も省きたいし...。というわけで、不本意ながら提案どおりに交換をしてもらうことにした。
ロードバイクのハンドルかMTBのコンポにあてようと思っていた資金が、バッテリー代に消えてしまった。(^^);

ちなみに今回は新車で買って3年後の車検。今後も3年に1回ペースで交換していくとしたらランニングコストは結構高くなってしまう。
特に車で行く必然性もないところに車で行くようにするのも無駄だし、使えば使ったでガソリン代はかかるし(しかもハイオク)。何とも悩ましい...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

長女との時間&車検

今週は木曜休み、土曜出勤の予定。午前中はゆっくり自転車いじりでもしようかと思ったら、今度は次女の歯科検診とのことで、またもや長女と留守番。

長女は先週同様、ニコニコしながらリカちゃんハウスを持ってきて「いっぱい遊ぼう!」と言う。(^^);
始まると先週と微妙に筋立てが違っていて、いづみちゃんと一緒にパンを焼いたり、ハンバーグを作ったり(この前はカレー)。パジャマに着替えて歯磨きして、お泊まりしてから行った先は、ライブではなく水族館。
イルカのショーがあったり壁や天井を魚が泳いでいると言っていたのは、去年連れて行ったシーパラのイメージだろう。

続いて、長女と話をしながら野菜入りオムレツ、ベーコンとトマトソースのパスタの2品(こっちは本物です)を作ったところで、家内と次女が帰宅して一緒に昼食。

ちょうど自家用車の車検時期が来ていて、午後はディーラーへ車を預けに行こうかと思っていた。長女はこれにも「一緒に行きたい!」と言う。
同じ目線にしゃがんで「帰りは車に乗って帰れないけど、それでもいいの?」と確認すると、「頑張って歩いてくるから大丈夫。」という返事。
という訳で一緒に乗せていき、ディーラーで出されたジュースを頂く。長女ひと満足。

さて、継続車検には、自賠責と重量税で7万円、他に整備料その他で7万円台、計14~15万円が必要。他にも毎年の任意保険料や自動車税も払っているので、車にはかなりお金を使っていることになる。
通勤は自転車だし、次女が生まれてから長距離のドライブ等も少なかったので、年3000キロ程度しか乗っていない。何ともったいない話だ。
子どもを連れて病院に行く、自転車のイベント(交通の不便な場所多し)に行く等の都合上、車はできれば持っていたいのだが...。

と思いつつ、前金の領収書を受け取ってディーラーを出る。
自分一人なら走って帰るところ、長女がいるのでどうしたものか?と一瞬考えて、行ったのはすぐ近くの『IKEA港北』。
バスにただ乗りするのも何なので、一緒に2階のレストランでブルーベリー味のシュークリームを食べた。長女もうひと満足。
トイレを済ませ、青いバスで新横浜へ。あとは普通のバスで自宅最寄りまで。

そんなこんなで自転車いじりは進まなかったけれど、長女が母親に今日1日のことを楽しそうに報告していたので、まぁいいことにしよう。
そのうち、「いたの?」とか言われるようになるだろうし。(^^);

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

雨の帰宅&職場での会話

昨夜の天気予報では今日は雪となっていたが、朝起きて見直したら曇りに変わっていた。
雨や雪が降るかどうか微妙な線なのだろうと思いつつ、日曜のような天気にはならなそうなので自転車通勤を選択。

出勤途上、濃いグレーをした低い雲を見ながら走っていたら、少量の細かい粒が風に揺られながら落ちてくるのが目に入った。雪だ!
それ以上に強くなることはなかったので、無事に勤務先に到着。

日中は時々雪がちらつき、やがて雨に変わった。夜になって窓の外を見ると、傘を差した人たちがぞろぞろ歩いている。迷わずレインウェアを着こんで出発。
冷たい雨の中の夜間ライドになったのでいつもより慎重に走って帰り、暖かい自宅に戻ってホッと一息。

さて、職場に1人、ふわふわのイヤーウォーマーをして近くからママチャリで通勤してくる20代の女性がいる。今日たまたま給湯室で一緒になった際、自転車の話を振られた。
「まつあにさんは自転車で来てるそうですが、その格好(スーツです)で自転車に乗ったら、服が傷んだり寒かったりしないんですか?」
「実は自転車に乗りやすくて暖かい服装をしていて、早めに会社に着いてからスーツに着替えてるんです。」
「あ、それで謎が解けました!(笑)」

それから携帯を出して、真っ白な富士山、川霧立ちこめる幻想的な鶴見川、去年の春撮った大倉山梅園などの写真を見ながら話す。
「途中ではこういう景色を見ながら走ってるんだ。今年も梅が咲いたら出勤前に見てこようと思ってるし。」
「通勤なのに気持ちよさそう。自分の時間って感じですね!」
そう、そのとおり。「自転車通勤は職場に着くまで・職場を出たら自分の時間」というのはうめ吉さんの名言。自分も毎日そう思って行き来している。

この女性、湘南が好きでよくドライブに行くとのこと。←たぶん彼氏とでしょう(^_-)
134号の車道は大型車が多くてあまりお勧めできないが、側のサイクリング道路なら気持ちよく走れるかも。
彼女がスポーツ自転車を買ってサイクリングしたくなるように、折に触れて普及活動をしていこう。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ユーラシア(9) BBメンテ

この件、予定より長期連載になってしまっているが、今回は日曜にやったBBのメンテについて。

もともとBBの分解と調整は、組立がひと通り終わったら自転車屋さんに依頼しようと思っていた。この1台でしか使わないオールドタイプな工具を買い揃えるより結果的に安上がりでは?という発想からだ。

再度観察したら何となく?行けそうな気がしたので、土曜日に用事ついでに自転車店へ寄ってみた。探すべき工具は「ロックリング回し」と「カニ目スパナ」。前者はすぐ見つかったけど、後者は置いていなかった。(無理もないです。)
「カニ目」については店長さんに「スギノですか?」と聞かれ、「そうです。」と答えると、パークツール等のカタログで「こういうやつですね。」と見せてくださった。形はレンチ状のとピンセット状のがあり、お値段は1700円~4000円程度。

よく考えると、左ワン自体を強く締め付けて固定する訳ではない(締め付けるのはロックリング)ので、強いトルクは必要ないはず。ピンセット状ので足りるというのもそういう意味だろう。なので、とりあえず「カニ目」なしでやってみてダメなら取り寄せすることに。

夜、子どもたちが寝てから、パーツクリーナーを使うために換気扇のある浴室と自転車部屋を何度か行き来をしつつの作業。
まずは手持ちのメンテ本で手順を確認。外す時は、クランク→左ロックリング→左ワン→シャフト取出し→右ワン。付ける時はその逆で、クランクを付ける前に締め合わせ調整。

始めはクランクのキャップ外しから。最初に分解した時、マイナスドライバーで回そうとしてプラスチックがバキバキっと割れてしまっていた。カッターナイフで半時計方向にギューっと押していったら、ある時点でクルッと回った。

080205_01

次はクランク。現代ではまず見られないナットでクランクを固定する方式で、付け外しにはボックスレンチが必要だ。手持ちの工具でダメだったらダイソーで激安ソケットレンチでも買うか~と軽い気持ちで挑戦。

080205_02

幸運にもLUFUのペダルレンチの反対側が14mmと15mmのボックスになっていて、その14mmの方がぴったりだった。

080205_03

ボルトさえ外せれば、あとは一般的な四角テーパーのクランクと同じはず。シマノのコッタレス抜き「TL-FC10」をゆっくり回し入れ、柄をモンキーで回す。何かの拍子にギアの歯で手をザックリやるといけないので慎重に構えたが、それほど強いトルクをかけることもなくあっさりと外れた。

080205_04

続いて左ロックリング。ロックリング回しをあてがって回すと、これも固着はなくてすぐに外れた。

いよいよ左ワン。空いている穴は、2.5mmのアーレンキーは入るが3mmは入らないという大きさ。試しに2.5mmのアーレンキーでグッと引っ張ってみたが動かない。
一瞬、まるで知能テストをされているような気分になったが、「穴に何か差し込んでてこの原理で回す」で行けるかも?と気づく。で、実際にやってみたら外れた。

080205_05_2

これって板に釘でも打ち込んだら自作できるレベルの工具じゃないの?と感じて、自転車さんには悪いがこの時点で「カニ目スパナ」を買う気は無くなった。(^^);

次はシャフトを抜き、右ワンを外す番。ところが、右に回そうが左に回そうがビクともしない。(たぶんJIS規格の逆ネジで、右に回すと外れるはずなのですが...。)CRE556を噴いて少し置いても変化なし。(^^);
中をよく見ると、右ワンを外さなくても右側の玉押しは外せることが分かった。今日のところはそうしてから、穴の中と部品を掃除&グリスアップして戻すことに決定。

外した部品の一部。グリスはベアリングの削りかすが混じったのか黒く汚れてはいたが、固化はしていなかった。おそれていた錆もなし。写真を取り忘れたが、フレーム側の穴(BBシェル)も拭き取ってみたら綺麗だった。

080205_06_4

外した部品とシェルをパーツクリーナーで掃除したらかなり綺麗になった。
外す前のクランクは割と渋くて、それはグリスが固化しているか水が入ってサビサビになっているせいだと思っていた。それほど状態が悪くないとなると、グリスアップだけで良くなるかなぁ?と思い、ベアリングの玉を全とっかえ。(左右で18個、たぶんリアハブと同じもの。)

080205_07

あとは外す時の逆。左ワンを回し入れ、玉あたり調整をしてロックリングで締め付ければいいはず。
ところが、「微妙にガタがあるが回転は軽い」と「ガタはないがスムーズに回転しない」の間が見つからない...。手持ちの他の3台はどれも全くクランクのガタはなくて、正しくはそうすべきものと解釈できる。

構造上、クランクが付いていても玉あたり調整はできるようになっているので、クランクを付けて先端でどの程度のガタになるのかを確認しつつ再調整すればいい。
...と考えて、グリスを塗りながら左右のクランクを入れ、ナットで固定。クランクは外れると重大な事故になる箇所なので、ギュッと体重をかけて取り付けておいた。

というわけで、右ワン外しは諦めるとして、残る課題は微妙な玉あたり調整と、クランクキャップの入手ということになった。(たぶん続く)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

凍結につき

今朝はかなり冷え込み、起きて下見に行くと路面が凍っていた。
自分はスパイクタイヤを持っていないので、「凍ったら乗らない」という制限を課してリスクを回避している。今日は潔く電車で行くことにした。

歩いてみると横浜線沿いは写真のような佇まいで、政令指定都市っぽさは全くなく、むしろ生まれ育った田舎の風景を思い出させる。

080204_01

空はすっきりではないが一応晴れていて、遠くにはさらに雪を多くまとったかもしれない富士山の姿。

080204_02

駅前に着いた頃、歩道を歩いている自分の横で、ママチャリに乗った男子高校生がステーンと転倒した。
駆け寄って「大丈夫?」と声を掛け、カゴから落ちた鞄を拾って渡すと、「大丈夫です!」と元気な返事。実際、転び方を見た限りでは打ち所はあまり悪くなさそうだったので、「凍ってるから気をつけて」と言って見送った。

このように、氷上では急にグリップを失ってコントロール不能になることが多い。土の上ならリアが滑っても逆ハンで復帰、とかあり得るだろうが、氷の上ではフロントがツルッと行くことが多く、そうなったら転倒は免れないと思う。

幸い日中は暖かくなり、ずっと日陰なところ以外の雪や氷は跡形もなく溶けたようだ。明日からはまた爽快な自転車通勤が楽しめるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

雪の節分

今日は仕事は休みで、予定ではランニングの練習をする日。
...なのだが、朝起きると既に外は雪。ちょっと偵察に出てみたら2~3cmは積もっている。雪質はベタベタした温暖地に降る雪のそれだ。

体は上下レインウェアを着れば濡れないし、頭にはゴアのキャップ、手には防水のウィンターグローブもある。問題は足で、普通のランニングシューズでは滑って危ないことこのうえない。
というわけで、外でランの練習をするのは止めて、運動は室内でのローラー台に切り替え。時間ごとにギアを順次重くしながら1時間やってみた。

続いて先日同様、長女のリクエストで雪遊びに付き合う。
午前中にしたのは、もっと大きい他の子どもたちが来ると雪がなくなってしまうので、その前に遊んでおこうと思ったから。
もともと少ししか積もっていないので、雪遊びといっても限界はある。それでも充分満足そう。

080203_01

雪だるまはすぐに黒くなってしまうのだが、それも気にせずよいしょよいしょと言いながら自分と一緒に雪玉を転がしていた。湿った雪なので、最後に乗せる頭はとても重い。(^^)

長女の手袋の素材はただの毛糸で、湿った雪を触るとすぐに浸みてしまう。手が冷たいと言うので、特に濡れのひどい利き手に自分の防水グローブを脱いではめてあげた。
「寒いし、そろそろ帰ろうか?」と声を掛けたら、「雪だるまさんは一人だと寂しいと思うよ」と言うので、一緒に小さいのをもう一つ作り、黒いだるまさんたちと記念撮影をして帰宅。

080203_02

家では家内が暖かいお汁粉を用意して待っていて、いつもはない午前中のおやつタイム。最初は真っ赤な顔をして鼻水をたらしていた長女だったが、お汁粉をうまそうに食べながら、雪だるまを作った話を嬉しそうに母親に報告していた。
それを見ながら、じきに次女もこうして遊ぶようになるだろうし雪山ライドで役に立つかもしれないので、そりでも買っておこうかなと思った。

午後は家の中で節分の豆まき。
家内が「ラジオでドクターコパが『鬼は外は3回、福は内は4回』と言っていた」というので(笑)、そのとおりにやってもらった。当然、鬼の面をかぶって逃げるのは自分の役割。
同じく「ドクターコパが『何か新しいものをおろすといい』と言ってた」というので、家内と長女は新しい歯ブラシを出し、次女はアンパンマンの箸デビュー。
自分はというと、ユーラシアで使うために買った650Aのタイヤをホイールに装着。(^^);

その後は子どもたちとビデオを見たり、あいうえおと絵の付いた積み木をしたり、一緒に風呂に入ったり。
明日の最低気温予想(横浜)は1℃。凍結が心配される気温なので、出る前に下見しようと思っている。

夜はユーラシアいじりの続きを少々。結論としては主にBBを外してメンテをしたのだが、その話は後日写真付きで改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

メンテをさぼると...

今日は土曜日だが通常の時間帯で出勤。
一日中曇っていて気温があまり上がらなかった。行きはそれほど寒くは感じなかったが、帰りは結構寒くて、ネックウォーマーをアゴへ引き上げての帰宅ライド。明日はさぞかし寒いことだろう。

帰りの道すがら、前方の信号が赤に変わったので、減速してリアギアをシフトダウン。すると、チェーンが上がるまでに一瞬のタイムラグ。
通勤用MTBのコンポは古いとはいえ一応XT、いつもなら「カチ」「シャキ」と瞬時に切り替わるのだが...。

実は最近、ユーラシアの再生にかまけて、通勤用MTBのメンテをさぼりがちだった。ここ2週間、タイヤのエア圧をチェックしたのみで、チェーンやワイヤーへの注油もしていない。
放っておくとチェーンや前後のギア板に余計な力がかかるだろうし、シフトが決まらないと気分もよくない。

帰宅後、ユーラシアの部品で手狭な自転車部屋に通勤用MTBを持ち込み、久々のメンテ。チェーンやリムの汚れ取り、ブレーキシューの小石取りなどをして、シフトやブレーキのワイヤーに注油。ワイヤーのテンションはいじらなくても元の感触に戻った。雨風で汚れたフレームは「フクピカ」で拭き取り。
これで、月曜には気持ちよく自転車通勤のスタートを切れることだろう。

明日の天気予報は雨または雪になっているが、タイミングを見計らってランの練習に出るつもり。ゆっくりでいいので15km走ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

ブログパーツ

昨日分に、無料のブログにはバナーを置けないと書いたが、ちょっと考えたら回避方法を思いついた。

それは、自分のホームページのサーバーにhtmlとJavaScriptを置いて、ブログからJavaScriptの外部ファイルとして呼び出すというやり方。いわゆる「ブログパーツ」を使う時によく用いられるものだ。

というわけで、早速うめ吉さんのキャンペーン、それに数日前Leeさんのサイトで見て気になっていた一件をバナー表示してみた。ブログのhtmlを直でいじれないので格好はあまり良くないけれど。

これらをサクッと作り、普段使っているFirefoxで見たらOKだったが、IEで確認したら文字化けしたり(HEADで文字コードの明記を忘れていたため)、バナーの下が切れたり(ブラウザによってiframeの見え方に違いがあるため)の不具合があった。とりあえず、マージンを多く取ったりして回避したつもり。

※もし皆さんの環境で見られないようであれば、ぜひコメントでお知らせ願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »