« mikutaroさん納車記念ポタ@多摩サイ | トップページ | つくってあそぼな休日 »

2008年3月 3日 (月)

ユーラシア(13) 試走!

前回分にエンドが曲がっていてRDを正しくセットできないと書いた。修正工具の値段を調べたら...、安くても8千円、高いと2万円以上。(@_@)
高価で滅多に使わない工具を買うのは気が引けるし、素人の自分がペンチ等で何度も塑性変形させるとポキッと折れそうだしで、おとなしくプロにお願いすることに。

というわけで、3/2に前後輪を外して一緒に車に積み(エンド修正時に後輪が必要)、轍屋さんへ行った。
店員さんは作業台にクランプして手早くRDを外し、エンド修正工具を装着。それは先端がコンパスのようになっていて、1周均等にリムに触れるかどうかを確認しつつ、てこの原理でエンドをギュッと曲げ戻すというもの。
ほどなく修正が終わってRDを戻してもらうと、もう奥まで動かしてもスポークに当たることはない。(^^)
ちなみに工賃はお安くて1,000円以下。会計をしてからお礼を言ってお店を出た。

家に戻って、乗れるようにするためにもうひと作業。

・チェーン
元々のチェーンは脱着時にピンを完全に抜かないタイプ。(専用コネクトピンで繋ぐ現行とは違う。)
これはこれで貴重だが、錆びていたしメンテ性も良くないので、SHIMANO“HG-50”に交換。これは現通勤車のFisher(8速)用の予備。

080303_eurasia1

コンポのマニュアルがないので、「アウタートップで2つのプーリーが鉛直」と「リアディレイラーを通さずにアウターローで張ってプラス2リンク」を比較して検討。
アウタートップで写真のようにすると、インナートップでたるみのない、ちょうどいい長さになる。切り詰めてコネクトピンで接続完了。

080303_eurasia2

・リアディレイラー
チェーンが落ちるほどではなかったがロー側がほんの少し行き過ぎだったので、ストローク調整ボルトを回して微調整。トップ側はそのまま。RD側のワイヤー本締め。

・ブレーキ
ブレーキの調整は一度済ませてあったのだが、気になって再度の調整。
カンチブレーキの調整は難しい。2~3回ワイヤーの固定をやり直していたら、固定部分が少しほつれてきてしまった。インナーは近いうちに交換した方が無難かも。
リターンが安っぽいバネ頼みなのでそれをぐいっと開いたりして(笑)、できるだけ左右均等に開閉するようにしてみたり。
なお、前々回写真を載せ忘れたレバーとワイヤーの取り回しはこんな感じ。ワイヤーのカーブをこれ以上急にするとレバーを離してもブレーキ本体が戻らなくなる。

080303_eurasia3

・サドル
サドル高を他の3台と同じにし、前後位置は実際にまたがっての調整。ママチャリのように柔らかいサドルなので、後で若干高めにしてもいいかも。
これはたぶんオリジナルでなく今でも売ってると思われる廉価サドル。もうちょっと堅くて小さい、かつデザイン的に違和感のないものに換えてみたい。←本革のブルックスを奮発...はなしです。(^^);

080303_eurasia4

・ペダル
クランクはSUGINO“SUPER MAXY”の165mm。これは手持ちの3台(全て170mm)より短く、フラペにスニーカーでは脚が伸び切らずに膝に来そう。かと言ってサドルを高くしたら足付きが良くないし。
と考えて、元のフラペを使うのは止め、手持ちの中からSPDペダル“PD-A520”を装着。

・試走!
正月明けにユーラシアがやってきてから、早いもので2か月近くが経過。
本日晴れて試走とあいなった。(^^)

080303_eurasia5

この自転車、泥よけ含めて重量が14kg近くもある。自分のフルサスMTB(El Santo、ペダル込みで12kg)より重いし、ロードバイクと持ち比べると同じ種類の乗り物とは思えないほど。
ところが、いざ踏み出すとそれほど違和感はない。発進加速はいま一つながら、ひとたび走り出せば割といい感じに走ってくれる。

そして、スピードを出すことを強制せず、まるで「ゆっくり楽しみながら走ろうよ~」とでも話しかけてくるような、落ち着いた操作感。クロモリフレーム、太い低圧タイヤ、柔らかいサドル、幅広のハンドルなどが醸し出すのだろうか?
心配していたダブルレバーでの変速操作にも、直に慣れることができそう。←かつてのイノーみたいに「ダブルレバーで音もなく変速」とかは無理ですが...。

その一方で気づいた問題点は、予想はしていたが「ピタッと止まらない」こと。同じカンチブレーキでもFisherのXTはきっちり止まるので、カンチだから即ダメということはない。
オリジナルのシューは劣化しているとは思うが、元々の性能もSHIMANOのXTほどではなかっただろう。これは近々に何か対策しなければ。

というわけで、バーテープ巻き→泥よけ装着→ライト接続で完成!と思っていたが、ブレーキが気になるし、用途が通勤とポタゆえにスタンドも付けたいし、...そんなこんなでまだ続きます。(^^);

|

« mikutaroさん納車記念ポタ@多摩サイ | トップページ | つくってあそぼな休日 »

ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

この雰囲気にはブルックス似合いますよぉ~っ。
ブルックス・・・ブルックス・・・ブルックス・・・

まぁ、サドルはともかくブレーキは何とかしないと・・・
特に通勤ではキケンですねぇ。

投稿: つっち~ | 2008年3月 3日 (月) 21時25分

> つっち~さん
おぉ、魔の呪文が!
改めてカタログ見たら、“B17”ぐらいなら買えるかもです。それならバーテープも皮かな。(^^)
ブレーキはいっそFisherのXTカンチを全部移植しようかと思いましたが、そしたらFisherはもう乗れません。(ACERAは勘弁...。)
XTのカンチシューはなかなか売ってないので買い置きしてあるんですけどね。

投稿: まつあに | 2008年3月 3日 (月) 23時18分

完成おめでとうございます
近くに信頼できるお店があっていいですね
まだまだ細かいところはあるにせよ
一段落ですね
PS ところで お雛様 かたずけましたか?

投稿: リッチィー2号 | 2008年3月 4日 (火) 12時48分

ブルックスのバーテープは高いですよねぇ・・・
僕のビアンキのハニーブラウンのバーテープは色褪せて、白っぽくなっちゃってます・・・(^^;
他の色は分からないですが、ちょっとオススメ出来ません。
僕は次はディズナの皮っぽいヤツにしようと思ってます。
もし色褪せても安価なので許せる・・・?

投稿: つっち~ | 2008年3月 4日 (火) 18時57分

> リッチィー2号さん
ありがとうございます。これからしばらく、乗りながら細かい修正をしていくことになりそうです。
始めた頃は歩いて行ける範囲にスポーツ自転車店がなくて困ったものですが、その後自宅から10km以内でこういういいショップが見つかったのは恵まれていて、運が良かったと思っています。
ひな人形は昨日(3/4)、子ども達と一緒に仕舞いました。(^^)

投稿: まつあに | 2008年3月 5日 (水) 13時10分

> つっち~さん
いろいろ情報ありがとうございます。
たしかに、本革バーテープは高いですね。通勤車なので雨には強くしときたいですし、ちょっと考えちゃいます。ディズナの合皮タイプ、よさそうじゃないですか~。
クロモリでタイヤが極太なので、バーテープに振動吸収性は求めません。まあまあ雰囲気に合っていて、安価で、雨でも滑らなければOKです。

投稿: まつあに | 2008年3月 5日 (水) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/40356196

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア(13) 試走!:

« mikutaroさん納車記念ポタ@多摩サイ | トップページ | つくってあそぼな休日 »