« ちょっと進化 | トップページ | 本番前調整ラン、服装と補給 »

2008年3月10日 (月)

ユーラシア(15) ブレーキ交換

今朝は外の音からしてまとまった量の雨。予報では次第に弱くなり午後は晴れるとのことだったので、レインウェアを着込んでユーラシアでの出勤。
泥よけのありがたさには感謝しつつも、なにせ鉄フレームなのでサビは心配の種。チェーンも黒い安いやつだし。帰ってからはラスペネを吹いたりで少し気を遣ってみた。

初回の3/5以降、通勤にはこうしてユーラシアを使っている。ドロップハンドルでありながらまったりした独特の乗り心地、これはなかなかのもの。車重が重いので前よりしんどいような気はしないでもないけど、いい練習にはなるかも。

もう大きな問題はないのだが、前にも書いたようにオリジナルのブレーキが弱く、目いっぱいに引いてもなかなか止まらないのが玉に瑕だった。
これについては、FisherのXTカンチを移植するか、それともシマノ「BR-R550」(105グレードのカンチブレーキセット)を入手しようか...と考えていた。
昨日はとりあえず、すぐできる前者を試してみた。←なのでFisherはいま乗れない状態です。(^^);

Fisherからサクサクっと前後のブレーキ本体を外し、ユーラシアに移植。取付部分の規格は共通なようで、まもなく完了。シューがフォークやシートステーと重なってタイヤの着脱ができない等の問題もなし。
それではとXTカンチのアーチを掛けてみると...、何と掛かることは掛かるがタイヤは回らず、アーチが泥よけに接触。(笑)
同じカンチとはいえ、元々フレームが予定しているブレーキの形状が全く違うのだろう。そのことは、アーチに使う部品を見比べると如実に分かる。(上がXTカンチ、下がユーラシアの両太鼓ワイヤー)

080310_01

ユーラシアの両太鼓ワイヤーに着け換えてブレーキワイヤーを張り直すと、今度はごく普通に動かすことができた。XTカンチを使うならアーチワイヤーが両太鼓である必要はなくなるのだが、便宜上そのまま使っておく。

あとはシューの角度やリムとの距離の微調整。XTカンチはダイアコンペのオリジナルに比べると調整がしやすかった。
交換後の見た目はこんな感じ。オリジナルに比べると横の張り出しが大きいのでちょっとごっつくなったけれど、個人的には許容範囲内。

080310_02

さっそく、外に持ち出して試走してみた。平坦地で動作確認後、自宅前に下り坂があるので(帰りはいつも頂上ゴール)、そこで前と比べてどれぐらい止まるかで比較。
今度は、ブレーキレバーを引く力に比例して制動力が立ち上がってくるし、ギュッと引けばロックもさせられる。
ブレーキ本体の剛性もシューの性能も段違いだと思うし、そもそもシューの長さがオリジナルの1.5倍以上ある。

080310_03

他の1台がいま犠牲になっているが(笑)、これでかなり安心して乗れるようになった。
あとはブレーキ本体の劣化対策やカンチシューの確保(一応まだ買い置きあり)が課題になるだろう。
サドルやバーテープは引き続き物色中。

|

« ちょっと進化 | トップページ | 本番前調整ラン、服装と補給 »

ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

着々と進化しているようですね
私のリッチィーは2001年のXTで
わずか7年前のパーツですが
去年の雨の王滝以降BBに、どろが入ったのか
ゴロゴロした感じで 交換しようと思ったところ
メーカーには在庫がないとのこと
地方ゆえ 在庫を持ったショップもなく
クランクごと 変えることになりました
ユーラシアの再生が大変だろうこと
つくずく 感じました
頑張ってください

投稿: リッチー2号 | 2008年3月11日 (火) 10時38分

やはり古いブレーキは剛性ないですよねぇ。
僕もMTBのカンチを新しい物に換えましたが、全く別物でした。

投稿: つっち~ | 2008年3月11日 (火) 19時31分

> リッチー2号さん
王滝は自転車にとっても過酷なイベントですよね~。フレームは傷つくし、BBやハブへの負担も大きいですし。自分もチェーンリングをヒットして傷めました。
それでもやっぱり申し込んでしまうという。←きっと病気でしょう。(笑)

ユーラシアの方は、カートリッジでないBBの調整をやったあたりから、楽しくなってきてます。
よく考えて設計してるなぁと感心することも多いですし。(輪行しやすいようにスパナ1本でフォークの抜き差しができる等)
オリジナルに厳格にこだわらなければ、きっと楽しく維持できると思いますよ。(^^)

投稿: まつあに | 2008年3月12日 (水) 13時22分

> つっち~さん
たしかにXTカンチは剛性感があります。でもよく見ると、ブレーキを強くかけるとフォークやシートステーがたわむのが分かるあたり、ブレーキの性能を上げると全体としては傷みが早く出るかも?と思えて、痛し痒しです。(^^);

XTカンチを外したFisherのほうは、Vブレーキ+ブースターで復活しようかと思っています。

投稿: まつあに | 2008年3月12日 (水) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/40452949

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア(15) ブレーキ交換:

« ちょっと進化 | トップページ | 本番前調整ラン、服装と補給 »