« 満開の桜と | トップページ | 1勝1敗1分け? »

2008年3月30日 (日)

ユーラシア(16) ライト破壊とポジション考

ブレーキを換装され、通勤車として活躍するユーラシアのその後について。

◇ライトのガタ
前にも書いたように性能的にたいしたことはないにせよ、ダイナモライトは順調に働いている。
ただ、砲弾型ライトの蓋(というより電球とレンズを含む本体)にガタがあって、走行中にカタカタと音を立てるのが不満だった。
(逆に、歩いている人に自転車が近づいていることを音で知らせることにはなるけど。)鶴見川土手の未舗装路を走っていて、中の予備電球が振動で外れてしまい、カラカラと異音がしたこともあったし。

ある雨の日に走った後で自転車を掃除する際、ストッパーを外して蓋を取り出してみた。ストッパーのバネを少し強くすればガタが減らせるかと思い、グッと反らせたところ...パキッと音がして折れてしまった。
ぱっと見金属だと思ったその部品はただの金属色に塗ったプラスチックで、劣化もしていたようでごく簡単に破断。(^^);

080330_01

もはや簡単に手に入るような部品ではないので、現実的に交換は無理だろう。とりあえず枠にビニールテープを貼って少しきつくしてから、上蓋の下隅をビニールテープでとめておいた。

本格的に修理するとしたら、ただ接着剤で着けただけではすぐに取れてしまうので、プラモデル用のドリルか何かを用意し、小さな穴を開けて針金を通してからプラリペアを流し込んで固めるのがいいと思う。
(鉄筋コンクリートみたいなもので、その昔「HP-200LX」という携帯PCのヒンジや電池蓋を修理するのに使った方法。)

◇ポジション
ポジションについては試行錯誤が続いていて、まだバーテープも巻いていない。
まず、サドルは初期状態(上面とBB中心の距離が他の自転車と同じ)から1cm上げた。これはサドルのふかふかさとクランクが他の自転車より5mm短いことから、脚が必要なだけ伸ばせない感覚があったから。

逆に、ハンドルは1cm下げた。リラックスして乗る自転車なのである程度アップライトな方がいいと思ったけれど、しばらく乗ってみたらアップライトすぎると逆に不安定になるように思えて、少し下げたくなったから。

高さと前後を調整したサドルにどっかり座り、ブラケットに自然に手を伸ばした状態では、正直なところあと1cmほど手前にブラケットが来てほしい。
今は定石どおり、ブレーキレバーの先端が下ハンの延長上に来るようにしてあり、これ以上レバーを上げると横から見て上向き(ハの字的)になる。そうなると、ブラケットでは良くても下ハンを持った時にレバーを引けなくなってしまう。(単に「カッコ悪い」ってのもありますが...。)

080330_02

その反面、下ハンを持つととてもしっくり来る。リーチやドロップがあまり大きくないので負担が少ないのか、下ハンで乗り続けても疲れはほとんどない。通勤路ではレバーに指をかけて遊びの分引いておき、緊急時はフル制動できるようにしている。

今どきスレッドステムは選べるほどなさそうだし、ブラケットの微妙な遠さには慣れるしかないと諦めて、近々バーテープを巻くことにしたい。

◇サドルバッグ
換えチューブ、パッチ、タイヤレバー等を入れるためにサドルバッグを付けたくなったので、手持ちのを試してみた。すると、見事なほどにブレーキワイヤーに干渉。

080330_03

サドルをグイッと上げられれば解決するのだが、自分の脚の長さを考えると無理。(^^);
たしかにスローピングフレームの隆盛は自分にとって福音(笑)だけど、クラシックなホリゾンタルを味わい続けるためにも何か対策を考えてみたい。

|

« 満開の桜と | トップページ | 1勝1敗1分け? »

ユーラシア」カテゴリの記事

コメント

いろいろと問題ありなんですねぇ・・・
ステムは日東が何種類かあるので、ブラケットを手前に持ってくるのは可能だと思います。
日東のHPに載ってないヤツもあるみたいですよ。

サドルバッグは・・・
サドルを薄いヤツに交換してシートポストを上げればいけそうですが、全体の雰囲気が変わってしまいますかねぇ・・・?

なかなか難しい・・・

投稿: つっち~ | 2008年3月31日 (月) 20時49分

こんにちは。
ライトの爪ですが、自分ははんだごてで溶接のように溶かしながらくっつけて修理しました。ライトのブラケットが割れた時はこれで完璧でした。
お試し下さい

投稿: kan | 2008年4月 1日 (火) 17時45分

> つっち~さん
残るはマイナーな問題だけなので、楽しみながらぼちぼちやっていこうと思ってます。(^^)
ブラケットは現代のシフター兼用のと違ってコンパクトなので、いきおい遠めになりがちでして。ブラケットをもう少しだけ手前に寄せるのはありかな?と。
サドルはどのみち取り替えるつもりなのですが、あまり薄いものだとレーシーな見た目になっちゃいますね。

投稿: まつあに | 2008年4月 2日 (水) 12時23分

> kanさん
こんにちは、アドバイスありがとうございます。
なるほど、溶着しちゃうわけですか。
異臭とダイオキシンが出そうなので、ベランダに電源タップを出して半田ごてを使うといいかな?と思いました。今度やってみますね。

投稿: まつあに | 2008年4月 2日 (水) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/40707264

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシア(16) ライト破壊とポジション考:

« 満開の桜と | トップページ | 1勝1敗1分け? »