« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

講習後のラン練習は

カレンダーどおりなので今日からまた出勤。いつものように自転車で往復したのだが、道路は少し空いていて、いつもなら長い渋滞になる箇所も割とスムーズに流れているようだった。
気候はずっと夏のほうへ近づいたようで、長袖ジャージと長タイツではもう暑過ぎる。明日は上は半袖ジャージ、下は膝丈パンツにして、走り始めだけウォーマー類で調整することにしよう。

さて、昨日も昼間はかなり暑かったので、夕方5時台になってから1時間ほどランニング練習に出た。
日曜に講習を受けてからでは初めてになるので、いつものストレッチに加え、靴の履き方への注意とアドバイスされたラインウォークをしてから開始。

軽くウォームアップで心拍数を120に上げてから、いつもの鶴見川沿いを12km/hペースで走行。平均心拍数は140ぐらい。
先日の野村さんには「走っている最中に筋肉の使い方を意識するのは無理です」と言われたのでそれはあっさり諦め、前を見て走ることに集中した。(^^);
それでも、右足が外に倒れずに拇指球でしっかり踏み出してからつま先を離していく感覚を得られた。

どうも日常生活からして楽な姿勢をとってしまっているようなので、普段からつま先に体重をかけるように気をつけてみようかな?
そうすると内股の筋肉を使わないとうまく立てないため、自然に体の使い方が変わっていくような気がするので。

次回は3日ぐらい空けて練習予定。昨日と同じペースで走り、12km/hを体に覚えさせていくつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

新緑の公園で

今日は祝日でカレンダーどおりの休み。自分も長女も今日1日休むとまた会社や幼稚園。
長女は幼稚園生活に慣れてきたとは思うが、あまり疲れさせてもということで、遠出は週末の連休にし、今日は近所で過ごすことになった。

向かったのは、3月末に桜の花と一緒に写真を撮りに行った公園。筍と呼ぶにはいささか大きくなりすぎた竹の芽を横目に、相変わらず気になるものがあると立ち止まったりしゃがんだりする(笑)次女のペースでその公園へ。

遊具で遊ぶ長女。前回は同じアングルで撮ると満開の桜だったのが、今は青々とした緑だ。桜の花もいいけれど、緑の匂いが気持ちよいこの季節もまたよろし。

080429_01

八重桜の下で花びらを拾って遊ぶ次女。そうなると思ってお砂場着を持ってきて正解のようだった。

080429_02

他にも何組か親子が来ていて、挨拶をしつつ交代で滑り台で遊んだり。
周りの花壇を散歩して、手を洗ってから冷たいお茶で休憩。また次女のペースでゆっくり歩いて帰宅。

昼間はとても暑かったので、夕方になってからランニングに出たのだが、その話はまた改めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

ロード用タイヤ新調

いま毎日のように乗っているのは通勤車のユーラシア号、ロードバイクはほとんどほったらかしだった。
1か月ちょっと先に迫ったMt富士ヒルクラにロードバイク部門でエントリーしているので、ぼちぼちメンテして練習しなければ。というわけで、ほぼ1年ぶりにタイヤを買うことに。

今までミシュランPro2を気に入っていたので、正常進化ならPro3。と思いつつ、何気にウエパの通販サイトを見ると、“DedaTRE RS Corsa”が安い。定価だと1本7000円以上する高級タイヤなのだが、特売価格は約4000円。

ヒルクラの決戦用なら、同じDedaTreでも最軽量の“HST”(160g!)の方が...と思いつつ、安さにつられてついポチっとしてしまった。(^^); で、翌日到着したのがこれ。

080428_01_2

箱から出して触ってみると、今まで使ったタイヤたち(Schwalbe STELVIO、Vittoria OPEN CORSA EVO CX、Michelin PRO 2 RACE)のどれと比べても柔らかくて薄く、手に伝わる何ともペラっとした感触。

080428_02_2

しなやかで乗り心地は良さそうだけど、寿命は短いかもしれない。これを履いている間はサイドのひび割れ等にも注意した方がよさそうだ。乗ってみての感想は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

ボディバランス測定会

5/11のハーフマラソンに向けて、ぼちぼちランニングの練習も再開。

さて、自分は足の人差し指が親指より長い「ギリシャ型」、日本人では少数派らしい。(長女と次女もそうで、顔はあまり似てないのに変なところが似たものだ。)
3月の湘南国際マラソンでは人差し指が当たって少し痛かった。疲れでアーチが落ちるので靴をワンサイズ大きくしようかと思ってみたり。数日前、きちんとフィッティングをしてくれる所をネットで探してみた。

たどり着いたのは、「プロが教えます!正しいランニングシューズの選び方!」というブログ。読むと、今週末に都内で測定と講義があるというではないか。
さっそく、主催者(シューズマスターの野村さんと言います)にメールを送り、予約させて戴いた。

会場は浜松町の東京都立産業貿易センター。入口に「ボディバランス測定会」と書かれた会議室に入ると、野村さんがPCや測定機器をスタンバイして迎えてくださった。
軽くランニング歴の話などをしてから、靴裏診断。自分が普段の練習や湘南マラソンで履いた靴を手にとって、野村さんいわく。

「両足とも踵とつま先の両方が真ん中から減っていて、入り方と出方はいいです。左が軸足、右が推進力を出す足ですね。拇指球と小指球を結ぶ線を左右で比較すると、右側はより外側まで減っていて、右足を一度倒して推進力を出していることが伺えます。」

おぉ、プロは靴を見ただけでそこまで分かるのか。すごいなぁ。続いて「測定器に乗って戴いて、データを見ながら原因や練習方法を詳しくお話ししましょう。」ということで測定器へ。
出てきた圧力分布はこんな感じ。踵に体重が多くかかり真っ赤。左右均等に立ったつもりなのに左足への加重が多め(52%)。そして靴裏診断どおり、右足だけ小指球方向の割合が高くなっていた。

080427_01

以下、野村さんの診断。
・腰が強く緊張して、踵に体重が多くかかっている。大臀筋、膝関節や足首の筋肉は全て腰と繋がっているので、腰の緊張の影響で全体が堅くなっているはず。
・左足に多く加重しているのは、投げる動作で言うと、あらかじめ少し振りかぶっている感じ。
・このまま距離を伸ばしたりスピードを上げたりすると、体の使い方の不均衡はさらに極端になる。すると辻褄を合わせるために膝や足首に負担がかかり、故障の原因になる。

続いてシューズのフィッティング。詳しく知りたい人は上記のブログを。以下自分なりの解釈だが、野村さんは文章ではなかなかニュアンスが伝わらないとおっしゃっていたことを付け加えておこう。
・履いたら踵をトントンとやり、踵のホールドをきちんとする。
・足首を曲げた状態で紐を締めていく。これは足首の上面の筋を締め付けるのを避けるため。
・拇指球と小指球を結ぶ線がぐらつかないように注意しながら締めていく。但し、ことさらに強く締め付ける必要はない。
・最後は片側の穴に連続して紐を通してループを作り、反対側からの紐を通して一直線で結ぶ。

080427_02

履かせて戴いてから立つと、外側にぐらつきにくくなり、いつもと違うことにすぐ気づく。
こうして正しい履き方をすると、この靴は足に対して大きすぎ、1cm小さいものから、それも足が細いのでできればスリムタイプを試してほしいとのこと。←知らなかったら大きい靴を買うところだった!

さらに練習方法。
・右足を外側に倒してこじって進むのは、その方が楽だと脳が覚えているから。これを、股の内側の筋肉も使い、まっすぐ足の上げ下げをするように変えていきたい。
・イチローを思い出してほしい。守備位置に着く時、通常走るだけなら使わない筋肉に刺激を与えながら、ゆっくりゆっくり歩いている。
・普段使っていない筋肉にスイッチを入れ、脳に正しい動きの残像を残すため、練習前に「ラインウォーク」を勧める。
(一直線上をできるだけゆっくり歩く。つま先はまっすぐかやや外に開いても可。一度膝を上げて脚を90度にするとなおよい。←やってみると、特に右足で立つとぐらついてしまい、うまく歩けなかった。)
・もうひとつ、その場でトントンと速く股を上げ下げし、そのまま20mぐらい走るのも有効。これは、右足にこじる間を与えないことと、左足に今までと違う動きに慣れさせる(ブレーキをかけさせない)ため。
・腹筋、胸筋、背筋の筋トレはやってもいいが、それだけで良くなる訳ではない。(イチローの対局にある別の野球選手を例に出し、筋トレだけ熱心にやってもケガばかりして結果は出ない、とおっしゃっていた。)

こうして、体の使い方の特徴、靴の選び方や履き方、癖を直すための練習方法まで教えて戴いて、診断・講習料は3000円。これはとても安いぞ!と思った。

帰りは用事があって桜木町駅で降りたのだが、ラインウォークをしてから横浜駅まで軽く走ってみた。いつもは全く痛くならない内股が少し筋肉痛になり、こういうことか~!とさっそく納得。
これからのランニング練習、そして自転車の練習にもきっと役立つことだろう。感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

GWの風景

GWといっても基本的にカレンダーどおり。とりあえずこの土日はお休み。

朝食中、家内より長女の幼稚園グッズ「どろんこ遊びパンツ」を作るための布を買いに行きたいという希望あり。
「え、終わったんじゃないの?」と思ったが、話を聞くと使い始めるのが少し先なので、3月中に作らなかったらしい。(笑)

そこで家族でららぽーとへ行き、以前にも布やボタンを買った3Fのクラフトショップ・クラフへ。ここの品揃えは「キャラクターもの以外で可愛いのを作りたい」というニーズに合致するらしい。
長女が自分で選んだ、淡い黄色をベースにてんとう虫がアクセントの布地を購入。さてどんなパンツができるのかな?

他にいくつか店を見て12時近くになったので、フードコートで軽く食事。
それから中庭へ出ると何やら賑やかに音楽が鳴っていて、見ると13時から「ハム太郎ショー」とのこと。子供向けなので時間は30分間程度だろうか。
長女はハム太郎を全く知らないのだが、ショーを見てみたいと言う。これには自分が付き添い、家内はその間に食料品などの買い物をしてもらうことに。で、こんな具合...。

080426_01

ショーの途中で会場の子供たちに応援を求めるシーンがあり、長女は気後れせずに大声で声援を送っていた。見終わると一言、「ハム太郎って...ねずみ?」
「ねずみの仲間だと思うよ。ハム太郎はテレビでやってるから、見てみる?」「うん、見たい!」で、プリキュア、しずくちゃん、マイメロに続いて長女が見る4種類めのアニメになりそうだ。(^^);

最後に大丸で本日のおやつ探し。洋菓子より和菓子を好む長女が「神田明神前巴屋の揚げまんじゅう」に惹かれたので、つぶあん・こしあん・いもあん・黒糖の4種類をゲット。
帰ってから冷茶と一緒に皆で少しずつ食べたのだが、どれも非常に美味しかった。ここでの出店はGW期間中だけらしく、その間にまた買うかも。

この後、家内に食事の支度をしてもらい、子供たちと遊んだり入浴したり。明日は昼過ぎまで自分だけ出かける予定があるので、せめてもの家族サービス。
これからも大型連休らしいことは特に予定していないけど、ここ数年はGWもずっと出勤することが多かったので、今年は子供たちとゆっくり過ごせればと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

我慢できずに「プロトンの中の孤独」

今週は仕事が忙しくて、午前さま→朝から出勤のリピート。(^^);
ようやく今日で第一弾が終了するので、昼休みにずっと頭にあったあるムックを買いに行った。
風邪で体調が良くなかったこともあり試験勉強が滞っているため、ある程度追いつくまで我慢しようと思っていたのに、さっきつい読んでしまった。(笑)

そのムックとは、小説新潮5月号別冊『Story Seller』。発売は4月10日ごろだったと思う。
そしてつい読んでしまった作品とは、近藤史恵さんの「プロトンの中の孤独」。
これはベストセラーになった「サクリファイス」外伝的なもので、その登場人物・石尾と赤城の若い頃という設定になっている。
まだ読んでいない人もおられると思うので筋や結末には触れないけれど、「サクリファイス」同様に爽やかな読後感が残る逸品とだけ書いておこう。

他にも読みたいと思う作品がいくつかあり、個人的には780円ってお買い得だと思う。
大きな書店ならまだ入手できると思うので、「サクリファイス」を気に入った方はぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

まさたか君がんばれ!

自分もブログと本家サイトにバナーを置いて応援させて頂いている、心臓の難病と闘うまさたか君。
寄付金が目標額に達し、先月医療チームのエスコートを受けて無事に渡米。親御さんのブログによると、現在は様々な検査や治療を受けながら移植を待っているようだ。

自分がホームページを読んで考えさせられたのは、お母さんの書かれたこの部分。≪以下斜体部分は引用≫

ソーシャルワーカーが今までの経歴・家族など細かいインタビューをしにきました。
その中で「あなたは自分の子どもを守るためにドナーを待つことをどう思いますか?」と聞かれました。
涙が止まらず、答えられずにいると「自分を責めなくていいのですよ。自分の子どもを守りたいと強く願っても罪にはならないのです。なぜならその思いによって、ドナーが現れるわけではないからです。ですからあなたは、お子さんを助けたいと心から強く願っていいのですよ。」とおっしゃいました。言葉にならない気持ちが込み上げて来ました。

昔の自分はどちらかと言えば「不治の病になったならそれもまた運命。他人の事故など不幸を願ったりせずに潔く受け入れるべし。」という考えだった。
30代後半になって娘を授かり一緒に数年を暮らした今、仮に娘たちが難病に冒されたならそんなドライなことはとても言えないだろう。
自分もどんなことをしても子供を助けたいと願い、同じように他人の善意に頼ってお金を作り、他人の事故などに期待して移植待ちをすると思う。

問いに答えられず涙を流すお母さん。自分たちの選択はエゴなのか?と思われたのだろうか。
そしてその選択は罪ではないと諭すソーシャルワーカー。自分は倫理や宗教の知識があまりないが、話の内容にキリスト教の価値観をうかがえて感心した次第。

移植待ちリストに載ったといってもいつ移植のチャンスが来るかは分からない、という今の状況がきついことは想像に難くないけれど、まさたか君本人と親御さんが心と体の平穏を保ち続けてついには手術・回復へと向かえるよう、海の向こうから大きな声援を送りたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

ようやく復帰

ここ10日ほど風邪で体調が良くなかったのだが、ようやく鼻水や咳が治まったので、自転車通勤再開。(^^)
あまりに久々すぎて服装の加減が分からなかったので、朝の天気予報で見た現在の気温と過去の記憶を頼りに、上はCRAFTの長袖インナーと薄手長袖ジャージ、下は薄手長タイツを着用した。
ユーラシア号のスタンドを外し、靴箱からSPDシューズを取り出して颯爽と(笑)出発。

自分が自転車に乗るようになって約3年半。やせ体型は変わらないものの、食事の量は増え、階段を駆け上がっても息が上がらなくなり、風邪もめったに引かなくなりで、「体が強くなったぜ!」と勘違いしていた面があると反省。
今月は1つトシもとったし、健康のありがたみを改めて思い知る今日この頃。

久々だし若干向かい風でもあったせいか、鶴見川土手を30km/hで巡航していたら、心拍数が最大の80%ゾーンに入ってしまった。そこでリアを1枚大きくし、26~7km/hに落としてLSDゾーンへ。

見ているとまた自転車通勤者が増えたようで、特にロードバイクやフラットバーでもタイヤの細いものが流行っているらしい。「他はいけてるのにヘルメットを被ってなくて残念!」な人が多くなってきたかも。

明日の天気予報はずばり雨、その程度によっては1日バスと電車での通勤を挟むかもしれないけれど、まずは復帰できてよかったよかった。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

アースデイに

今日は『地球の日』。昼休みに弁当を食べながら何気なくEARTHDAY.JPサイトを見ていた。
その中のリンクの1つに“RUN FOR AFRICA”というイベントがあるのに気づいて、これまた何気なくクリック。
何とそれはランニングのイベントで、参加料が寄付される類の催しらしい。自転車で言うと“バイシクルライドin東京”に近いかな。

その内容は、2人以上でチームを組んでリレーマラソンをするというもの。制限時間はゲブラセラシエ選手のフルマラソン世界記録(2時間04分26秒!!)。これは自転車で言うチームエンデューロみたいなものだろうか。

日程は5月24日(土)の午前、場所は...おぉ、日産スタジアム周回コース。って自宅のすぐ近くではないか。
当日、ゲブラセラシエ選手本人はビデオでの登場らしいが、ゲストには有森裕子さんやマーラ・ヤマウチさんの名前も出てたりする。

参加料1人3000円はそれほど高いものではないし、盛り上がれそうでグッと惹かれるものがあるのだが、まだチームを組めるほど親しい市民ランナーがいない自分。(TT);
10人束になってもゲブラセラシエ選手に勝てない自分(1時間あたり11kmしか走れません...)と一緒に走ってくださる奇特な方がいらしたら、ぜひメールくださ~い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

NHKラジオで

夜帰宅すると、家内より「ラジオを聞いてたら自転車の話が始まったから、MDに録っておいたよ」とのこと。←おぉ、でかした!
(うちは子供向け番組以外はほとんどテレビは見てなくて、家内が家事をしたり子供たちの相手をしたりする時はラジオを聞いている。)

早速聞いてみると、それはNHKラジオ第一の「世の中面白研究所」という番組で、本日のテーマは「自転車が熱い」。
出演は小堺一機さん、青木裕子アナ、ゲストは『自転車名人』鶴見辰吾さん。

内容を簡単に書いておくと、まずは阿佐ヶ谷の老舗自転車店(たぶんフレンド商会)に発注したロードバイクを受け取りに来た女性にインタビュー。自転車人気は30~40代の男性に始まり、最近は若い女性にも愛好者が増えてきたという話あたりから。

続いて鶴見辰吾さん登場。ラジオなので見られないけど、話では鶴見辰吾さんはピタピタの自転車コスチュームに身を包んで現れた様子。
まず小堺さんにヘルメットを持ってもらい、「これだけ軽いものですから、自転車に乗る方はぜひ被ってほしいですね」とヘルメットの重要性をひと言。

その後、最近「佐渡ロングライド」の練習で伊東まで往復した話などを交え、交通費がかからない、体脂肪率が下がる、しかも苦しくない、エコにもなる等々、自転車の魅力を熱く語っておられた。
安全面について、ヘルメットやグローブをする、ライトを着ける、手信号やアイコンタクトでドライバーと意思疎通をする等にきちんと触れていらした点や、初めから高級ロードバイクを買わずとも、手持ちの自転車のタイヤをいいものに換えるだけでも走りが変わると話しておられた点には、素直に感心。

AMラジオしかもNHKとなると、リスナーの年齢層はやや高めだろうし、車通勤のドライバーも多いかもしれない。そういう人たちが聞いてどう思ったか少々気にはなるけれど、自転車のよさを正面から伝えようとする、好プログラムだったと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

ハナミズキ咲く中を

予定していたポタリングの主賓・meimuさんが体調を崩されたとのこと。
この際、MTB用のコースに変更してガンガン走るのも面白そうだったけれど、自分もまだ本調子ではないので素直に延期とさせて頂いた。
近いうちに皆集まって、春の山を走れるといいなぁと思っている。

結果、午前から午後までいなかったはずの自分がいることになったし、天気は何とか持ちそう。というわけで、家族4人で出かけ、鳥山川~新横浜あたりを軽く散歩してきた。

今日はとても風が強くて、次女の脚力ではまっすぐ歩くのが辛そう。それでも、何か目に付くもの・気になるものを見つけては、何度となく指さしたり触ったりして、なかなか前には進まないが、とにかく楽しそう。(笑)

080420_01

自分も小さい頃はこうして目を引くものに素直に近づき、五感で確かめたりしていたのだろうか...とふと思ってみたり。

ちょうどハナミズキの白い花(正確には花じゃないけど)が盛りなようで、あちこちで見ることができた。このあたりは横浜市港北区、「区の花」だったりする縁で多く植えられているのかな? そのハナミズキをバックに、ベンチで休憩する長女と次女。

080420_02

明日からしばらくは1年で一番仕事が忙しい時期で、正直ストレスが溜まりがち。
ようやく体調も戻ってきたので、午前さまが連続しないようにうまくやりくりし、自転車通勤でストレス解消といきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

鶴見川流域ウォーキングMAP

今日明日と仕事のほうは休み。
1日遅い自分の誕生祝いとして、おやつには家内が作った粒あんと生クリームを巻いたロールケーキ、夕飯では家内と長女が一緒に作ったちらし寿司を食べさせてもらった。

自分の体調が今ひとつ、ついでに天気も今ひとつなので家の中で多く過ごした。
長女にババ抜きを教えてみたら気に入ったらしく、何度もせがまれる。でも、3人でトランプをしていたら食事の支度は進まないし、できない次女もやりたがって乱入してくるのでほどほどに。

翌日は藤之助さんの案内で小山田緑地方面にポタリングの予定なので、手持ちの「鶴見川流域ウォーキングMAP」で軽く予習。(^^)

080419_01

これは「流域自然研究会」というNPOが作成しているマップで、ネット通販のほか、流域の書店でも扱っている。(自分が買ったのは、たしか町田の有隣堂。)
主体がNPOだけあって著作権には寛容らしく、その内容はネットでも全く同じものを見ることができる。

鶴見川は地元の川なのだが、流域の地形、動植物、歴史や文化といった様々な知識があるかと問われると、正直心もとない。
このようなマップをベースにいろんなところへ行ってみることは、それらを知る糸口になりそうな気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

雨の誕生日&弁当復活

体調はだいぶ戻ってきたけれども天気が悪く、予報によれば相当の雨量になるとのことだったので、またまた自転車通勤はお休み。

実は今日は自分の誕生日。また1つトシを取ってしまい、自転車レースイベントで5歳区切りなら次の年齢帯へ行ってしまう日も近づいた。(笑)
今日は平日で帰りも遅いので、特に何もなし。明日の土曜は休みで、長女が「パパのお祝いに、ママと一緒にちらし寿司を作る」と言っていたそうなので、楽しみに待つとしよう。

閑話休題。先日の日記に書いた弁当箱が本日晴れのデビュー。これは試作というか練習なのだが、下段には梅干しをあしらったご飯、上段には肉巻き、シメジ、スナップエンドウ、プチトマト、リンゴ等、長女が好んで食べるもので構成され、本番さながらの演習っぷり。(^^)

080418_01

写真でリンゴ等が入っているシリコンの入れ物を取り出して、弁当箱ごと電子レンジに入れて温めてから戻し、美味しく頂けた。(^^)
但し、先日はあえて小さめの弁当箱を選んだわけだが、食べ終わると何だか足りないような感覚が少々...。(^^ゞ
次回はご飯をパンパンに詰めてもらうつもりだけど、それでも足りないと「弁当箱買い換え」とか「タッパー追加!」とかに走ってしまうかも。←いつからそんなに食べるようになったのか...。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

フミ優勝おめでとう!

今日はアジア選手権のエリート男子ロードの日。普通に仕事だし奈良に応援には行けないので、どうなったかな?と気に掛けていた。

Cyclingtimeの速報によると、雨の中、別府フミ選手がウズベク人との死闘を制して優勝したとのこと。フミ選手、おめでとう!v(^^)v

欧州へ出て行く選手のことを「アジアで勝てるようになってから行けば?」的に言う人もいるけど、レベルの高いところで揉まれないとアジアで勝つのも難しいんじゃない?と思う、今日この頃。

このアジアチャンピオンを足がかりに、オリンピックをはじめとする他のレースでも活躍できるよう、微力ながら応援していきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

マスクで低酸素トレ?

昨日に続き、穏やかな暖かい1日。
...なのだが、まだ風邪が完全に治っていないので、残念ながら自転車通勤は自重。(^^);

風邪を引いた先週末以降、家庭や職場ではマスクを使用中。自分はまだ花粉症ではなく風邪もあまり引かないので、普段マスクをすることはほとんどなかった。

最近ある駅の長い階段を登りながらふと気づいたのは、「マスクをして運動すると息が苦しいぞ」ということ。
今使っているマスクは割と安いもので、袋にはポリプロピレンの不織布が材料と書いてある。もっと高性能で高価なものはフィルターのきめがさらに細かいはずなので、いっそう息苦しいかもしれない。

ということは...これを逆手に取ると一種の“低酸素トレーニング”になって、普段からマスクをして自転車に乗ったりランニングしたりすると、より強くなるのだろうか?
花粉症は長年の蓄積でなるという話を聞いたことがあって、本当にそうならマスクの常用が花粉症の予防になるかもしれないし。

とはいえ、素人考えで勝手に酸素を減らして運動すると危険な気がするので、実験はしないと思うけど。(^^);

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

ランの目標検討

今日は天気はまずまず、日中は気温が20℃近くになったと思う。
まだ体調がいま一つで自転車もランも休んでいるので、先日考えたランニング分野の目標について少々。

よく知られるようにフルマラソンの距離は42.195km。自分の持ちスピード、時速11kmを続けられるとして、およそ3:50かかる。
一度も走ってもいないフルマラソンのタイム云々を考えるのはナンセンスかもしれないけど、当面は「フルマラソンを3:30で完走」という目標で地道にやってみようと思う。

というのは、そこまでのフィジカル(心肺機能、体幹の強さ)があり、自転車の実地練習がある程度できれば、ヒルクラやロングライドイベントに出ても今よりは一段速く走れそうな気がするから。
もう1つ、ランニングに限っても、平地のフルを3:30で走る能力があれば、SDA王滝みたいなトレイルランの大会に出ても完走できそうな気がするから。

フルマラソンを3:30で完走するためには、自分の持ちスピードを時速11kmから12kmに上げる必要がある。
そのためにはストライドを大きくするか、ピッチを上げるか。自転車で言うと「より重いギアを踏むか、ケイデンスを上げるか」みたいな話で、要するにどっちもできれば一番いい。(笑)

最近2回のランニングでは両方を少しずつ試してみたのだが、まだまだ自分のものにはなっていない。来月出るハーフマラソンやその後の練習を通じてスキルや体力レベルを上げていき、マラソンのシーズン(冬場)には一定の結果を出せればと思う。

080415_01

この写真は明日でちょうど1か月になる湘南国際マラソンより。実はすっかり忘れていたのだが、大会から1か月後に消されることをふと思い出して、業者のサイトを見た。

全部合わせると結構な枚数あり、それらから分かるのは、体全体の連動性がいまいちで、腕の振りや腰の入れ方が弱いこと。脚の力で体を引っ張り出すような走り方をしていると膝を壊しやすいし、効率が悪くてタイムも上がらないだろう。
その辺を主な改善ポイントとして、体調が戻ったらぼちぼち練習再開と行ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

不調な週明け

先週の金曜から始まった咳や鼻水、これがなかなか治まらない。相変わらず体温はほぼ平熱に近いのだが、何だか体がだるいし。
今週はまだしも、来週から年間で仕事が一番忙しい時期に入るので、その前に体調を整えておきたいもの。

そこで出勤前、近所にある掛かり付けの内科に寄っていった。掛かり付けと言っても、自分が利用したのは毎年受けるインフルエンザの予防接種を除くと4年ぶり位か。
診察の後に処方された薬は、総合感冒薬や咳止めなど計5種類、4日分。

しばらくはそれらを飲んで安静にするしかないので、自転車やランニングは治るまで控えよう。
今週の天気予報は火水が曇りか晴れ、他は全部傘マークが付いている。天気の善し悪しと体調がうまくかみ合わないと、自転車はずっとお休みになってしまうかもしれない。それは少し憂鬱ではあるのだが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

雨のお祭り

今日は自宅からほど近くで、「小机城址まつり」という毎年恒例のイベントがあった。
朝起きると小雨で気温は低め、自分も風邪が直っていないので少し迷ったが、行ってみたいという長女にはレインコートを着てもらい、2人で軽く出かけてきた。

まずメイン会場になっている「小机城址市民の森」方面へ。坂の上の広場に飲食の売店が出るはずで、何か暖かいものでも買って食べようかと思ったのだが、折しも雨が強くなって未舗装の坂道がぬかるんできた。

そこは後北条氏まで使われた山城の遺構を整備した公園なので、城の防御上その坂道はかなり急だ。
長女に「雨が強くなってきたから引き返そうか?」と声を掛けたら「上まで登ってみたい」と言うので続行。すれ違う年配の皆さんに「がんばって自分で登って偉いね」等とほめられ、まんざらでもない様子。結局自力で登り切ってしまい、長女の成長ぶりに少し驚いた。

雨なので広場にはさすがに人が少ないものの、一応ぐるっと売店は出ていた。
暖かい肉まんを1つ買い、長女の希望でヨーヨーつりを1回。一般用の飲食テントが無いので肉まんは後で食べることにし、トイレを済ませて小机駅方向へ向かう。

泥道を下るのは登るよりさらに難しい。体重を前寄りにさせようと長女に少しかがんで歩いてもらったら、一度も転ばず無事に下りきれた。(^^)

小机駅前のアーケードの下で、2人で温かいお茶を飲みながら肉まんを食べ、パレードを待つ。普段は閑散としてシャッター街な通りを、今日だけは見物の人が徐々に埋めていく。
間もなく交通規制が始まり、パレード到着。最初は小机小学校のマーチングバンド(全国大会に出たらしい)のはずだったが、雨のため楽器はなし。歌いながら歩くだけになったらしくて残念。

080413_001

続いてベリーダンスのお姉さんたち。長女は“お姫様の衣装”と受け取ったようで、「今日はお姫様の格好だと寒そうだね」と言っていた。(笑)

080413_002

地元の子どもたちがかつぐおみこし。雨にも負けず元気にワッショイ。

080413_003

最後に武者の格好をした人たちや地域の山車などが通って、短いパレードはあっという間に終了。

080413_004 080413_005

この後は規制が解けて走り始めたバスに乗って帰り、家内が用意した温かいお茶やうどんでホッと一息。

パレードといってもディズニーランドのようにキャラクターは出てこないので、どうかな?と思ったけれど、長女には割と面白かったらしい。特におみこしが印象に残ったようで、家に戻ってからも何かを肩に乗せてはワッショイをやっていた。(^^);

今年は雨降りで残念というかかわいそうだったが、せっかくの地元のお祭りだし、来年は天気に恵まれることを祈ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

弁当箱と電球

今日は土曜だけど出勤日。昨日ひいた風邪のほうは熱はないけど咳が出て、運動するのは厳しい状況。昨日までのように雨模様ではなかったが、大事を取って電車通勤。

夜は割と早めの7時台に上がれたので、自宅最寄り駅に着いてから少し“ららぽーと”の東急ハンズで買い物をして帰った。

買い物の1つは、弁当箱。
先日書いたようにもうすぐ弁当を作ってもらえることになったのだが、古い弁当箱は捨ててしまって今は持っていないのだ。
ハンズの弁当箱コーナーでは、リュックやメッセンジャーバッグに倒さないで入れられる、2段重ねの細長いタイプを中心に見た。

容量の相場は、女性用だと450~550ml、男性用だと900~1000mlらしい。
1000mlというと下の段だけでご飯が茶碗で3杯。別にガテンな仕事をしている訳じゃないので、そんなには食べない。控えめに入れてスカスカで使うと中身が偏りそうだし。
そうかといって、女性用の可愛い弁当箱ではいかにも量不足。これではおやつを沢山買ってしまいそう。(^^);
というわけで、たった1種類だけあった、男性用を少し小さくした約800mlの商品(1600円)を購入してきた。さて、どんな弁当ができるのだろう?

もう1つは、ユーラシアの砲弾型ライトに使う電球。
先日立ち寄った数店には無かった、ハロゲンのねじ込み式電球。あまり期待しないでハンズの自転車グッズコーナーに寄ってみたら...あっさり発見。(^^)

080412_01

他にも、ミノウラの「スペースグリップ」、定番パナレーサーの各種チューブ(650Bまでも)等々、ちょっとした自転車屋(先日行ったセオとか)を凌駕するとさえ思わせる品揃え。やや驚いて帰ってきた。

このハロゲン電球、値段的にクリプトンの倍近く(1個で300円以上)したので、目に見えて明るくなることを期待したい。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

通勤でカゼひいたらしい

今日は午後から喉が少し痛くなり、鼻水が出てきた。熱はまだそれほど高くはない。
むー、拙いなぁ。思い当たる節はというと...。

今朝はパッと見では北東の風がやや強そう、霧雨も降っていたので、この格好でも暑くはないかと思ってレインウェア上下を着込んで行った。
でも、向かい風に逆らって漕いでいるうちに暑くなって、結構な汗をかいてしまった。

そのまま往路の終盤になり、とある踏切に差し掛かる。そこは雨が降ったりして電車が遅れ出すと、1本電車が通り過ぎても矢印が消えない「開かずの踏切」化する場所。
今日はほんの少しの差で、自分が通る少し前に閉まってしまい、その後10分間で一度も開かなかった。

この間、多数の人・自転車・バイクが遮断機をくぐって渡っていったけれど、地味ながらこういうサイトをやっている立場上(笑)、交通ルールの厳守がモットー。(^^)
なので、ドリンクを飲んだりこれから数週間の仕事の段取りを考えたりして、のんびり遮断機が上がるのを待っていた。

でも、本来はここで汗の処理をきちんとするべき。ただでさえ寒暖の差が大きいこの時期、油断するとすぐに体が冷えることが、頭からすっかり飛んでしまっていた。
踏切が開いた頃に「何だか寒いなぁ」と感じたあたり、汗をかいた後で冷えたのが原因と見てよさそうだ。

とりあえず暖かくして、明日(仕事です...)もできるだけ早く上がって休養することにしよう。
明日は土曜。平日より道も空くし、自転車通勤はさぞかし気持ちいいと思うけれど、運動を自重して電車で行くことになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

ユーラシア(17) バーテープと電球

雨のため自転車通勤はお休み。今日はユーラシアのその後を書き留めておきたい。

最近は不注意で倒してエンドを少し曲げたり、走行中に泥よけのネジが緩んで飛んでったりのトラブル(4/3分参照)はあったけれど、それ以外は順調に動いてくれている。

◇ポジションとバーテープ
前回分ではまだポジションの調整中と書いた。結局、ブラケットを近づけるより、下ハンを持ったときに楽にレバーが引ける方が自分にとってより重要なので、ブレーキレバーの位置は変えないことにした。
ステムの方はビンテージに頼らずともピスト用を中心にまだ入手できるものはあったが、お値段が結構するので当面はそのまま乗ると思う。

先日、会社帰りにトレッサのセオで安いコルクの白バーテープを買ってきた(4/7分参照)。
本来は何か淡い色、またはフレームと同系な茶色のを買いたいところだったが選択肢も少なく、当面の間に合わせなので妥協した。巻いてみたら見た目はこんな感じ。

080410_01

もともとタイヤが極太(38mm)、フレームもクロモリなので、あまりバーテープに振動吸収性は求めていなかった。実際に巻いてから走ると、たかがコルク1枚ではあっても手に感じる振動がかなり減ったことに気づく。

この白いバーテープ、たとえグローブをしていても汚れが目立つのは早いだろう。
普通、ショップでは黒と白、あとは赤などの原色が売られていることが多く、微妙なフレームカラーのユーラシアに合いそうな製品にはあまりお目に掛かれない。
今のは夏までにかなり傷んでくると思うので、近々に次を探そうと思っている。

◇電球
これも前に書いたように、ダイナモライトは点灯はするのだが、暗くて性能的に頼りなかった。すれ違うママチャリより自分の方が暗いぞ?と感じることも多い。

通勤車はハブダイナモライトにするのが一番いいけれど、それにはかなり初期投資がかかる。
とりあえず電球を交換してみたら?と思って、最寄りの自転車屋へ似たような定格でねじ込み式の電球を探しに行き、クリプトン球を買ってきた。
(本当はハロゲンが一番明るいはずだが、ハロゲンでねじ込み式の電球は売っていなかった。)

080410_02

ケイデンスとギア比を同じにして、ドアへ投射した場合の比較はこんな感じ。左が交換前、右が交換後。パッケージの触れ込みでは、通常の電球と比べてクリプトン球は2割(ハロゲンは3割)明るいという。肉眼ではそれほど違うようには思えなかったけど、デジカメで撮るとクリプトンの方が全体的に明るく、特に中心が明るくなっている。

080410_03 080410_04

今後はねじ込み式のハロゲン球を探しつつ、ハブダイナモ化のプランもぼちぼち考えていきたい。
正直なところ、自分にできるのは簡単な触れ取りぐらい。プロ並みのホイール組みができるとはとても思えない。ここはショップに650Aのリムと36Hのハブダイナモを取り寄せて1本組んで頂くよう、お願いするか?
あるいは、実はタイヤ込みの外径が700Cとほとんど同じなので、いっそ両輪700C化してしまうか?(そうすれば、シマノのハブダイナモ付き700Cホイール完成品が使える。)
後者の場合、ハブの軸長は合うのか? といった辺りをリサーチしてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

晴れ間を縫って

今日からまた土曜日まで、通常時間帯での出勤予定。自転車と一緒に外へ出て、ヘルメットとグローブを付けながら気持ちをリセット。クリートをパチっとはめて漕ぎ出す。

今朝は気温が割と低めだった。台風並みだった昨日ほどではないけれど風もまだ強かった。服装的には先週よりはやや厚着、ウィンドブレーカーと中厚の長タイツでちょうどいい頃合い。
走行中は道のあちこちにゴミ袋、段ボール、壊れた傘、それに土砂の流れた跡などを見かけて、昨日の暴風雨の爪あとを感じた。

仕事的にはいつも以上に計算ものが多かったせいか、夜はちょっと頭が疲れたなぁ...と思いつつの帰り支度。出るのが少し遅くなってしまい、子どもたちが寝た後に帰宅。

というわけで、長女の通常登園初日の様子を直接聞くことはできなかった。家内によると、寝るまでずっと「楽しかった」「早くまた明日行きたい」と言っていたとのこと。
室内では粘土遊びやままごとをして過ごし、解散後は園庭でしばらく遊んできたようだ。園庭で走り回っていてある男の子とぶつかってしまい、転んで制服を汚したりはあったようだが、お互いに“ごめんね”できたらしい。

天気予報によると今夜は南西諸島あたりで大雨になっており、関東南部は明日から明後日の午前にかけて雨とのこと。
その雨もあるし、またまた勉強のほうが遅れ気味なので、バス+電車通勤にして往復を学習時間に充てようかと思っている。(^^);
その場合、運動のほうは土日のどちらかで、また10km程度のランニングをしてカバーしておきたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

嵐の入園式

今週は土曜が出勤予定で、日曜以外の休日は平日。それなら長女の入園式の日でしょ!というわけで、休みを今日にして家族で幼稚園へ行ってきた。

既に昨日の帰り、新横浜あたりから雨脚が強くなったので、翌日の天候を危ぶんではいたけれど、今朝起きてみると想像以上の荒天ぶり。

受付開始の9時半を控えた8時半ごろに外へ下見に出てみたら、雨風ともに台風レベル。(@_@);
突風があるので幼児では傘を保持できないし。幼稚園までは大人が歩いて約10分、幼児連れだと15分以上はかかる。普通のカッパ等ではそれだけ雨を浴びる間に浸透してしまうだろうし...。

こういう時は急に探してもタクシーは捕まらないと分かっている。そこで、車で3人を送っていき、(駐車場は人数分もないので)自分だけ一度自宅に戻って歩いていくことにした。
というわけで、スーツ+革靴にモンベルのレインウェア上下とシューズカバーをしての送迎係。手で支えないと勝手にドアが開閉してしまうほどの強風、そして乗降するほんの短い間にドア周りがずぶ濡れになってしまうほどの豪雨の中、妻子を送り届けていったん自宅へ。

再度出る時は傷んでもいい古い傘を持っていったが、骨の1~2本が折れたばかりか軸までグニャっと行ってしまったのには参った。
幼稚園へ着くと持参したビニール袋に外装をしまい、10時からの入園式へ無事出席。(^^)

式そのものはほんの20分ほどで終了。長女は他の子どもたち同様、やや緊張した面持ちではあったけれど、別室に移ってからホームルームでの自己紹介等も無難にこなしたらしい。(本人・談)
その間、家内は式場に残って連絡事項を聞き、自分は飽きてきた次女を引き取って一緒に廊下を歩き回っていた。

ひととおり終わると、朝に比べれば少しだけましな風雨の中を、今度は何家族か一緒に歩いて帰宅。
昼過ぎからは予約しておいた近所のファミレスに集合して、4家族でお祝いの会食。
夕方は長女と一緒に風呂に入り、赤飯などのちょっとしたお祝い料理を食べた。
本人は緊張して疲れたらしく、いつもより少し早く就寝。(^^)
明日から元気よく通い、幼稚園で経験したいろんなことを話してくれるのが楽しみだ。

そんなこんなで、今日はいろんな意味で記憶に残る日になることだろう。
入園式や前後の光景をビデオに撮ってはきたが、外で撮影云々以前の状況だったのでそういう写真はなし。
「こういうこともあろうかと思って」(家内・談)数日前にお友達と一緒に行って撮ってきたという写真を代わりに貼っておこう。

080408_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

トレッサに寄り道

今朝の天気予報は昼から雨、夕方以降は雨風が強くなるとのこと。自転車で行くことは行くが、天候しだいでは置いてくることも想定して出発した。

朝はその予報がにわかには信じがたいような晴れ空のもと、月曜なのでフレッシュな脚で軽快に出勤。(^^)
昼からは予報どおりにどんより曇って雨もパラついたものの、宵の口になってもまだ曇りか小雨程度。
比較的早く上がれたので帰りも自転車で帰ることにして、ついでに3/27に南館がオープンした「トレッサ横浜」に寄ってみた。
トレッサは先日出勤前に寄った三ツ池公園の近くで、末吉橋から環状2号を走るとすぐ。
但し、路肩は狭いし車は自転車がいるとは想定してないしで、ちょっと危ないなぁと感じたので、いずれ別の道を探そう。

現地へ到着すると、平日夜にもかかわらず駐車場はそれなりに埋まっていた。自転車を駐輪場へ置き、ユーラシアに巻くバーテープを買いたかったので、南館1Fの「セオサイクル」へ。
春らしいレモン色、桜色、若草色あたりを買おうと思ったけど選択肢は少なく、結局安いコルクの白テープを購入。
この店舗、けっこう広いのだが、約半分を廉価な(といっても5~10万はしますが...)完成車が占めていて、エントリーユーザーに完成車を売ることを主体に考えた構成らしい。
消耗品やアクセサリのラインナップはごく簡素、その厚みは神宮のナルシマや府中のワイズ等には全く及ばない。
まぁトレッサは年中無休なので、他の自転車店のほとんどが休みな水曜に何か欲しいときには便利かも。逆に言うとここでしか手に入らないものは何もない。

この後、「エルブレス」をメインにアウトドアやスポーツ関係のショップをいくつか回ってみた。でも、一番長くいたのは、セオの向かいにあったこの店だったりする。

080407_01 080407_02

自分はいわゆるスーパーカー世代、タミヤのポルシェ934とかを一生懸命作ったクチだし、ジオラマやゲームの「大戦略」あたりも結構好きだったもんで...。(^^);

クルマと言えば、ここの運営母体はトヨタ。いわば大きなショールームみたいになっていて、現行車の数々が「ご自由にお乗りください」でズラっと並んでいる様はなかなか壮観。
でも、隅っこにポツっとあったこの車に、ユーラシアと同じ昭和の臭いというか、メードインジャパンな佇まいを感じて、思わず写真を撮ってしまった。(笑)

080407_03

その辺りに以前あった施設には、既にリタイアした家内の父親が勤めていたはず。(要人が乗る車の特装とか配送をやってたと聞いている。)
ほんの数年で随分様変わりしたものだなぁ...と感じつつ、また自転車に乗って綱島から鶴見川沿いを走って帰宅。
ここはまだ新しいので休日はかなり混むだろうから、もう少し空いた頃に家族を連れて来てみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

桜吹雪とランニング

本日は終日晴れ、穏やかな日曜日だった。

朝食をとりながら、長女に「天気がいいからお散歩に行こうよ。パパは走る練習をしながら行くから、鴨居で待ち合わせてお茶して帰るのはどう?」と言うと、「うん!お散歩してから冷たいミルク飲みたい。」という返事。

そこで、食器の片付け、掃除、洗濯などを分担してササっと終わらせ、“しずくちゃん”を見てから子どもたちの着替え。
家内に子どもたちをお願いして自分だけランニングな格好で家を出てから、鶴見川土手を含む周回路を走った。

ランの練習を始めた1~2月のことを思うと、ずいぶん暖かくなったものだ。半袖ジャージに膝丈CW-Xという軽装だったけど、それでも額から汗が出てくるほど。
散りゆく桜や土手を真っ黄色に埋めた菜の花を見ながら、当面の目安としたペース(詳細は後日)をどうしたら保てそうか、試行錯誤しつつ走る。

先日、うめ吉さんが日記に鴨居付近の桜並木の動画をアップされていたのだが、それから早くも1週間経過。まだ花が無くはないけれど相当に葉っぱが目立つ状態で、風が吹く度にサーっと花びらが降ってくる。
数は少ないけど、この時期になってもまだバーベキューだビールだカラオケだーと賑やかにやってるグループを見た。(気合い入ってるというかおかしいというか。)

家内たちはまだ速く歩けない次女を連れていることもあり、時々ベンチで休憩もしたりのゆっくりペース。都合3回手を振りながら追い越して、ウォームアップ込みで計8km強。
走り終えてストレッチを済ませたところで全員集合。駅前のカフェに入り、長女の希望どおりアイスミルクを飲んでから帰宅した。

明日からは雨模様らしいし、これで桜は完全に終了だろう。次は月末~連休ぐらいにツツジの番かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

もうすぐ幼稚園&弁当?

今週末は土日と休み。長女が幼稚園へ入る前の最後の週末となる。

というわけで、午前中は箸やハンカチなど細かいグッズを買いにららぽーとへ。
長女の小さい制服のポケットに入るハンカチを探したがあまり置いてなくて、結局サンリオ中心になってしまった。キャラものばかりでない方がいいとは思ったのだが...。(^^);

家内による幼稚園グッズの作成はようやく終盤となり、あとは細かい仕上げとアイロンでの名前シール貼りなどが残っていた。
午後から自分が子どもたちの遊び相手をしている間に家内に頑張ってもらい、ようやく準備完了。(^^)b
ママお疲れさま!ということで、夕食では珍しくビールを買ってきて乾杯をした。

幼稚園は今月いっぱいは午前だけらしく、その後は弁当を持って行くとのこと。
実は結婚してしばらくの間は手弁当持参だったのだが、家内が長女を妊娠したのをきっかけに止めてしまい、そのまま外食か弁当購入かの日々が続いていた。
これからは長女の弁当を作るついでに旦那のも作ってくれるそうで、食費的にも栄養管理的にも嬉しいことだ。(^^)
バッグに入れて運ぶ間に中身をぐしゃぐしゃにしないように、何か工夫は必要そうだけど。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

桜散る中を

ここ数日、当地では最低気温が7~8℃・最高気温が16~18℃という暖かい日が続いている。
自転車通勤スタイルもより軽装になり、今週は長袖インナー+半袖or長袖ジャージになった。朝は風通しのいい区間でやや寒く感じることもあったが、体が温まってくるとちょうどよくなる。
この分だと今月末~来月初には、半袖ジャージにアームウォーマーで微調整、に変えることになりそうだ。

その通勤ルートの話。以前は新横浜~新羽間を走る際、一般道へ下りて地下鉄の車両基地前を通ることが多かった。というのは、土手上は見晴らしがよくて富士山が見えたりする(以前日記にも掲載)メリットがある反面、未舗装部分が多くて特に雨の日は自転車が汚れるのが嫌だったから。

最近、その区間で左岸土手上が数メートルを除いてきれいに舗装され、快適に走れるようになった。←どうせなら全部舗装すれば?という気はするが...。
この時期、右岸の港北高校前あたりには桜の樹がずらっと並んでいて、左岸からそれを眺めつつ走ると朝から嬉しくなる。(^^)
すでに桜は散りはじめているので、土手が薄いピンクの帯に飾られた様子を見られるのもせいぜいあと2~3日だろう。

左岸にも何本か桜の樹があり、風が吹くたびにはらはらと舞いおりている様子。路面にうっすら花びらが積もった箇所があったりもして、急速な季節の切り替わりを印象づける。

明日からの土日は連休できるので、鴨居からその辺りまで続く「鶴見川桜ロード」を、よりゆっくり周りの景色を味わえるランニングで通ってみようかと思っている。
たぶん自宅からだと往復で10数kmで、5月に出るハーフマラソンに向けたいい練習になりそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

ついてない日

まずは朝。昼食を買っていくために途中のコンビニで自転車を立てかけ、中で弁当を選んでいると...外からガシャン!という音。
慌てて外に出てみると、自転車が右側(より倒してはいけない方)に倒れてしまっていた。
起こして確認、ハンドルが少し曲がっている。おそるおそる視線を下げていくと...。何と、まだ新品同様のディレイラーに傷が付いているではないか!→写真の赤丸

080403_01

後ろからエンドを確認すると、ひどくはないが少し曲がったようだ。実際、チェーンがトップギアにうまく落ちない。(--);
そこで弁当を買わずにその場を退散し、昼休みにショップへ行くことにした。
昼になり、工賃体系が明確で技術的にも信頼している、いそやさんへ直行。訳を話すと、20分ぐらいでできますとのお返事。
有り難くお願いし、近所のそば屋で食事してから戻ると、無事にエンド修正が完了していた。会計を済ませてお礼を言い、店を出てホッと一息。(^^);

このユーラシア号、わが家にやってきた時点でリアディレイラーが破断し、エンドがひどく曲がっていた。試走する前に一度、轍屋さんでグイっとやって頂いている。
鉄はアルミほどシビアではないかもしれないが、何度もやったらポキっと行きかねないので、今後はよくよく注意しなければ。

続いて午後。
ある上役から、とある用途で使う動画データの作成を頼まれた。これは自分の担当業務とは違うのだが、ちょっとしたサンプルでプロレベルの仕上がりは求めないという話なので、まぁいいですけど...と請け負う。
自分の手持ちPCでやり始めたら、レンダリング中は他の仕事は全くできないけど、動画編集用にDual CoreのちょっといいPCが別にあるというし。

そのPCに入っているAdobe Premiereという動画編集用のソフトを使い、デジタルビデオのAVIを切り貼りしてタイトルを付けたり、フェードイン・アウトを入れたり。
いざWMVに書き出すと...、全体で3分~5分の動画なら問題なくできるのだが、実際に必要な20分レベルになるとPCがハングアップしてしまう。(TT)

強制終了して確認すると、全体時間が分からない(要するに壊れた)WMVしかできてないことが判明。
メモリは2GBと贅沢ではないにせよ、それぐらいはできてくれてもいいのに...と思いつつ、試行錯誤のうちに夜が更けていく...。
結局はPremiereを諦め、少し機能が落ちる別のソフトの体験版をインストールしてから同じような作業をやり直して、何とか終了。(^^);

最後に夜。
くたびれて鶴見川沿いをゆっくり走っていると、路面の荒れに合わせてリアからカタカタという音が聞こえだし、まもなくガシャン!という大きな音。(@_@)

自転車を降りて観察すると、泥よけを固定するネジが1つ、取れてどこかへ飛んでしまったらしい。構造的にはフレーム側にネジ穴が切ってあり、泥よけの裏からネジを通してそこに留めるようになっている。→写真の赤丸

080403_02

少し戻ってネジを探してみたが、暗いせいもあって見つけられない。(TT);
泥よけが浮いたままだと、路面の凹凸に合わせてガチャガチャと盛大な音が出るし、内側に付いているライトの導線が摩擦で傷む心配もある。仮固定するにもヒモやテープの類は持ち合わせていないし。
まだまだ距離を残した地点だったので、仕方なくゆっくり走って帰宅。いつもの5割増しぐらいの時間がかかってしまった。(^^);

帰宅してから遅い夕食をとり、ネジの箱からよく似たネジとワッシャーを探し出して取り付けておいた。
普段、荒れた舗装路、時には未舗装路も走るので、走行中は泥よけにかなりの振動が伝わっていることだろう。これからは週に1回ぐらいは点検・増し締めをしなくては。

というわけでいろいろあったが、元を正せばみな自分の不注意や軽率さに原因がある。
物事にもう少し注意深く接していかないといけないなぁ...と反省の多かった1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

桜を惜しむ寄り道

当地では桜の開花が例年より早く、ぼちぼち見ごろも終わりに差し掛かっている。もう一度ぐらいは桜を見ておこうと思い、出発をいつもより30分早めてみた。
今日の寄り道は、通勤路からほど近くにある三ツ池公園。ここは近隣では桜の名所として知られ、池の周りを取り巻く桜の木が一斉に咲くとかなり見応えがあるのだ。

いざ着いてみると、道路や水面にはあまり花びらが落ちていなくて、先日の雨や風にも耐えてそれなりに持ちこたえているようだった。
朝早くにもかかわらず、携帯電話から三脚付きのスチルまで、各種カメラでアングルを定め写真を撮る人が多く見られた。自分も池の周りをぐるっと回りながら、何枚か撮影。
まずは池をバックに自転車という、定番ショット。

080402_01 080402_02

ユーラシアももちろん人工物の一つにすぎないけど、そのクラシックな外観は現代のレーシーなカーボン車よりも風景にとけ込みやすいように感じた。

回ってみると、それぞれの樹が大きくて開花状態もピーク。幸い天気がよくて、青空に薄いピンク色がよく映えている。(逆に曇り空だと桜は同化して薄汚れて見えてしまう。)
“池の周りに桜がパーっと咲いて綺麗でした”という様子を自分の撮影技術で表現するのは無理だけど、少しは春らしい雰囲気が伝わったら嬉しい。

080402_03 080402_04

そして、持参したボトルでお茶を飲みながらしばらく佇んでリラックス。(^^)
仕事前にひと寛ぎしてから、また通勤路に戻って勤務先へ向かった。

この公園、実は電車だとけっこう駅から離れていて来づらかったりする。自転車通勤なら気の持ちようしだいで、こんな風に日常の中にほんの少しの非日常を織り交ぜて楽しむこともできるので、これからも季節に相応しい寄り道をしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

新年度も自転車で

今日から4月、仕事のほうは新年度。他にもビールの値上げ(ほぼ飲まないので無関係)、ガソリンの値下げ(こっちは月内に満タン1回行っとこう)、等々さまざまな変化はあれど、自転車通勤のスタイルは相変わらず。また1年間、四季折々の変化を感じながら楽しんでいけたらと思う。

今朝は新年度な気分によく似合う青空がいっぱいに広がる中、気持ちよく走ることができた。気温がやや低め、風が弱かったことも手伝って、通勤ライドには絶好のコンディション。

自転車に取り付けたメーターをチラ見すると、巡航中は30km/hはコンスタントに出ていた。信号待ちの前後でたらたらしていた割には平均速度も24km/h、MTBの頃よりもかなり高い値が出ている。

といっても脚力が伸びたわけではなくて、理由は別にある。(^^);
実は、ユーラシア(650x38A)のタイヤ周長は700x23Cよりやや長いのだ。→CATEYEの資料
なので、タイヤの太さによる路面抵抗の大きさ、重さによる加速の鈍さはあるにしても、いったん巡航速度に達すれば意外と速かったりする。
自転車を換えてもうすぐひと月になり、その重さやダブルレバーの操作に慣れてきたのもあるだろう。

もちろん、ユーラシアは“飛ばすための自転車”ではないけれど、ドロップハンドルでそれなりに前傾ポジションなので、MTBに比べたら舗装路を速く走る要素は揃っている。
たまに遅いロードバイクを抜いてしまうと追いかけられるのは勘弁だけど。←泥よけ付きのいかにもな通勤車に抜かれるとアタマに来るのかな?

ともあれ、操作に慣れたことだし、この意外に速く走れるユーラシア号で、季節にふさわしいツーリングや寄り道を積極的にしてみたい。その皮切りは終わりに近づいた桜のハシゴあたりかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »