« 快晴なのにお仕事&“ペルス・ネージュ” | トップページ | 両方右じゃ... »

2008年5月 7日 (水)

DedaTRE RS Corsa インプレ

本日も昨日に続いて、いわゆるいい天気。(^^)
最近は朝でもノースリーブアンダー+半袖ジャージでOK、時にはそれでも暑いぐらい。
明日も暑そうだけど、今のところの予報では週末にいったん気温が下がるとのこと。
このまま直線的に暑くなっていくときついので、ほどほどが嬉しいのだが...。

さて、一昨日分で書き忘れた件。
和田峠にニュータイヤ『DedaTRE RS Corsa』で行ったので、印象が薄まらないうちに一応インプレを。

前夜にタイヤの交換は済ませたのだが、その際今までのタイヤよりちょっと手間取った。
というのは、どうも『Michelin PRO2』あたりと比べて細いようで、チューブを噛まないように綺麗に収めるのに難儀してしまったから。
一度使ったチューブだと長さ的に余って綺麗に入らず、結局新品のMichelinチューブ(ブチルライト)を2本出してしまった。(^^);
一度使ったものが予備にならないともったいないけど、タイヤの方に癖がつけば使えるようになるのかな?
とりあえず3気圧入れて、就寝。

一夜明けて、8.5気圧入れてから出発。(推奨は7~9気圧)
走り出してみると、前の『Michelin PRO2』と比べて、路面のざらつきや凹凸がかなり強く手に伝わってくる。
自分の体重だと8.5気圧は入れすぎのようで、これで長距離はちょっと辛いかと。;
多摩川へ行く途中、よみうりランドの坂上で少し抜いて7.5気圧にして下ったら、結構いい感じ。(^^)
相変わらず路面情報は伝わってくるけど、しっとりした感触だしグリップもいい。というわけでそのまま過ごしてみた。

ニュータイヤ、かつ霧が出て少し路面が濡れてもいたので、スリップを警戒しながら乗っていたが、和田峠をシッティングで登る限りでは一度も後輪が空転することもなく、安定したグリップで気持ちよく登っていけた。
トレッドが軽く鮫肌になっているのが効いたのかもしれないが、それは不確か。

丸1日走ってみて、個人的には『Michelin PRO2』よりは『Vittoria OPEN CORSA EVO CX』のほうに近いと感じた。
どっちも「オープンチューブラー」的な名乗り方をしているタイヤなので、設計思想が似ているのかな?

別にヒルクラ専用タイヤではないけれど、そこそこ軽いし登りに向いている方だと思うので、減ってしまうまではこれを常用タイヤとして使ってみたい。 続く(かも。)

|

« 快晴なのにお仕事&“ペルス・ネージュ” | トップページ | 両方右じゃ... »

機材とグッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/41125273

この記事へのトラックバック一覧です: DedaTRE RS Corsa インプレ:

« 快晴なのにお仕事&“ペルス・ネージュ” | トップページ | 両方右じゃ... »