« せめて涼を | トップページ | 今年も残念 »

2008年7月17日 (木)

久々にパンク修理

朝起きて、いつものように空の様子を確認。
一面を雲が覆っていて、それなりに暑そうだけど日差しがない分は楽そうだ。(^^)
ユーラシア号のエアを充填して、いざ出発。

いつものように順調に進んでいったのだが、鶴見川を離れて『電気の史料館』という建物の近くに来たところで、何だかグニャっとした感触?
ゆっくり停止して確認してみると、リアタイヤのパンクだ。(--);
修理場所を探して押し歩き、広い歩道を見つけて工具などを取り出した。

チューブには少しエアが残っており、穴はごく小さそう。エアが漏れる音はよく聞こえず、タイヤの内側を触っても何も刺さっていない。
原因が分からないとすぐ再発するかも?と思いつつ、手早くチューブを交換して戻す。

ポンプは、元々取り付けられている「プリムス」のフレームポンプ。
これをフレンチのバルブに軽くねじ込んでスパスパとやると、柄が大きいせいかどんどん空気が入っていき、何だか頼もしい。(本体はかなり熱くなったけど。)

080717_01

この後、ホイールを戻して撤収するところで、凡ミス。汚れた軍手をしたままハンドルを触ってしまい、白いバーテープを激しく汚してしまった。(TT);
かなりみっともないので、後で買ってきて交換しなくては...。

080717_02

走っている間はそうでもなかったが、止まってしまうと暑く、汗が路面にしたたり落ちてきた。曇り空でまだ助かった、と言うべきか。
気を取り直して、原因をちょっと考えつつ残りの距離を進む。

エアは今朝入れたばかりでリム打ちはなさそうだし、何か鋭利なものを踏んだのかな?
それともバルブの根本を傷めたか、あるいはリムテープ(ママチャリにも使うビニールテープ状のもの)が良くないのかも。

リムテープ、本当はミシュランかパナのあらかじめ円形になったものを使いたいのだが、どちらも「650A用」という特殊な規格はないと思う。
「緩いけど700C用のを使う」か「きついけどMTB用のをグーっと伸ばして使う」でも、今のよりはいいのだろうか。

|

« せめて涼を | トップページ | 今年も残念 »

通勤」カテゴリの記事

コメント

リムテープ  リッチィーのリムテープは布のような貼り付けるタイプで厚手と薄手があったような(今でも売っているかどうか?)
以前一度使ったことがあります。
ガム(布)テープを貼り付けて使うので、サイズはどうにでもなります。
テープ自体は悪いことはありませんでしたが
交換しようとしたとき、なかなか剥がすことができず、困りました。

投稿: リッチィー2号 | 2008年7月18日 (金) 09時27分

> リッチィー2号さん
たぶん絆創膏みたいなやつですね。どこかのお店で見たことがあります。サイズの融通が効くという意味で、これがいいかもしれません。
最初から輪になったやつだと、700C用を700Cで着脱する時、結構きつかった記憶があります。
なので、パナの700C用で太めのを買ってみて、それでダメなら糊付きテープで行こうと思います。(^^)

投稿: まつあに | 2008年7月18日 (金) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/41885614

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にパンク修理:

« せめて涼を | トップページ | 今年も残念 »