« 久々にパンク修理 | トップページ | 近所の夏祭り »

2008年7月18日 (金)

今年も残念

諸事情あってテレビ観戦こそ控えているものの、山場に差し掛かってきたツールの動向は気になるところ。
昨日は平坦ステージだったかな、今日のコースはどんなだっけ?と公式サイト(英語版)を見てみたら、トップ写真の説明に“EPO”“Ricco”という文字。

えっ?と思ってCYCLINGTIMEを確認すると、やはりリッコがドーピング検査で陽性になり、チームごとリタイヤになったらしい。
う~む。本当だとして、痕跡を隠すためにさらにドーピングするところでミスってしまったのだろうか。あるいは画期的な検査方法でも導入されたか。(笑)

リッコはビッグマウスで有名な選手だが、「絶対見つからないようにドーピングやってるもんね!」というのがその大言の源だったとしたら、何とも虚しいような...。
2006年のジャパンカップに来た時のパンフ写真(「少年」です)から、最近はちょっと漢な顔つきになってきてたんだけど。

これから再検査等を経て厳しい処分が下るだろうが、復帰できるのは2年後かな?
まだ若いので再起は図れるかもしれないけど、何だかもったいないなぁと思えてしょうがない、この一件。

去年はラスムッセンやアスタナチームが途中で消えたりの騒動があり、今年はもう少しまともな大会になることを内心期待していたけれど、また同じような話になってきた。
残る見所は、エヴァンスが最終的に勝てるかどうか、かなぁ。

|

« 久々にパンク修理 | トップページ | 近所の夏祭り »

レース(プロ)」カテゴリの記事

コメント

ここまで注目されているにもかかわらずあえてドーピングするものなのでしょうかねえ~???
検査されるのは確実なんだし。

理解に苦しみます。

投稿: くろだ | 2008年7月18日 (金) 19時28分

> くろださん
本人が除外されるのはもちろん、チームからスポンサーも降りてしまうでしょうし。リスクはかなりありますよね。解せません...。
“mas ciclismo”第12ステージの項にはリッコについて、「体外から摂取された物質の痕跡がすでにジロのときに見つかっていた」と書いてあります。
これが本当だとしたら何とも間抜けな話ですし、当局も「毎日でも検査して絶対挙げてやる!」と気合い入ってたかもです。(笑)

投稿: まつあに | 2008年7月22日 (火) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/41894708

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も残念:

« 久々にパンク修理 | トップページ | 近所の夏祭り »