« 帰省の余波 | トップページ | あれから4年 »

2008年8月12日 (火)

電卓選び

10/19の中小企業診断士二次試験まで、あと9週間余り。
10/19って、ジャパンカップサイクルロードレース(宇都宮)の1週前。まだ先のような気もするし、すぐ目の前のような気もするし...。
そのジャパンカップ観戦を楽しみに、時間を大事にして勉強してみますか~!

二次試験の過去問や予備校のガイダンス講義などから、こういうことをこれぐらいできるようになっとけばいいのね、という概要は分かった。あとは計画的に進めていくのみ。

と思ったところで、二次試験で必要な電卓を持っていないことに気づく。(^^);
仕事は簡単な四則演算で済むものはあまりなく、ExcelやAccessでやるから電卓はほとんど使わない。なので、1,000円もしない電卓で間に合わせていた。
試験勉強的にも、一次では電卓持ち込み禁止なので特に買う必要も感じなかったし。
でも二次試験は電卓持ち込み可、というよりは電卓が無ければ時間的に無理と見た。

関連情報をググってみると、試験用あるいは試験勉強用として出ているものがあり、それは4,000~5,000円もするらしい。(@_@)
そこまで出さなくても、
 ・早打ち対応(先に押したキーから指が離れる前に次のキーを押しても入力を受け付ける)
 ・グランドトータル機能(計算結果の加算・累計)
 ・アンサーチェック機能(2回同じ計算をして結果が同じならOKと表示)
があれば必要十分という意見も見られた。

これに、自分の好みとして
 ・ある程度のキーの大きさと幅
 ・キータッチ
 ・液晶ディスプレイのチルド
 ・静音性
を加えて選ぶことに決め、昼休みにヨドバシカメラ川崎店へ。
その2階には大きめの電卓コーナーがあり、試用機も相当数置いてある。(^^)

あまり大きいと本番で机に置きづらいし、小さいと使いづらい。カシオとシャープでは微妙にキー配置や操作方法が違うようだし...。
必須機能を備えた機種をいくつか触ってみた結果、シャープの『EL-N732K』(1,980円)に決定。

080812_01

同じものを2台買い、1台は自宅での勉強用、1台は会社に置いて使い慣れ用にする。
本番では2個とも持って行き、1個は予備機にすればかなり安心。(本番会場で電卓が故障や破損で使えなくなったら即アウトなので。)

早速、試験的に便利な使い方を探してググってみると、こういうブログを見つけた。
これを読んで「ほ~、GTってこういう時に使えるんだ!」などと、40年以上生きてきて初めて気づいた、そういうのに疎い自分。(^^ゞ

|

« 帰省の余波 | トップページ | あれから4年 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/42153295

この記事へのトラックバック一覧です: 電卓選び:

« 帰省の余波 | トップページ | あれから4年 »