« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月25日 (木)

7.5倍!

先日ダメもとで申し込んでみた、来春の東京マラソン。ちなみに抽選結果の発表は11月中旬の予定。

前年とほぼ同じ5倍台ぐらいで収まるかな?と期待していたのだが、かな~り甘かったらしい。(^^);

東京マラソン応募者、最多の26万人 倍率7.5倍に (Asahi.com)

えっ? 7.5倍って、診断士の二次試験より高倍率じゃないですか!
(試験のほうは“抽選”じゃありませんけど...。)

最近のランニングブームはものすごいものがあるので、きっと自分と同じように初めて申し込む人が多かったのだろう。
こりゃもう、当たったら“プラチナチケット”だ。

できれば当たってほしいけど、試験前の身としては「そっちで運を使っていいのか?」という気も少々。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

故郷の話(なのか?)

自分の田舎に、昨年から全国的な注目を集めている女性がいる。その人は藤川ゆりさんといい、八戸市の市議会議員だ。

選挙では最年少でトップ当選したという話を聞いて、「八戸市民は何を考えとるんぢゃ?」というのが正直な感想だった。
でも、写真を見るかぎりは確かにかなりの美人だし、こういう人が八戸の宣伝をしてくれたらインパクトはあるかもなぁ。

...と思っていたところに、11月に藤川さんのDVDと写真集が出るというニュースが!
期待どおり水着や浴衣で(笑)、八戸の景勝地やお祭りの紹介をしている?らしい。

先日診断士の勉強を始めてから、『中小企業白書』などの統計資料を見るようになり、故郷の景気の悪さや取り残され具合がよく分かってきたところ。
この件を通して八戸を訪れる人が増えてくれたら、多少は地元の振興に役立つのではないだろうか。

などというきれい事は抜きにして、単純にどんなものか見てみたいぞ。(^^)
もうAmazonで予約できるようなので、興味のある方はぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

ジャパンカップ観戦バスツアー

今年は10/26に行われる予定の、ジャパンカップサイクルロードレース
できれば土曜日の市民レースに出場したかったけれど、勉強が忙しくて調整できそうもないので、今回は残念ながら見送ることにした。

10/26なら試験の翌週なので、せめていつもどおりの観戦だけはしたいところ。
そこで、公式サイトをまめにチェックし、今日から始まったとおぼしき日帰りバスツアーの予約をしておいた。

昨年までは東京駅発だけだったが、今年は新宿発と大宮発が加わったので、自分は新宿を選択。予約番号によると、新宿発では一番乗りだったらしい。(^^)

ツアーバスには、「渋滞でスタート時間に間に合わない等のトラブルがない限り、スタート/ゴール地点のすぐ近くまで行ってくれる」というメリットがある。
実は先月の時点で、前日から1泊の宿も押さえてあるので、自走または輪行にするか、日帰りバスでサッと観戦してくるかは、もう少し考えて決めることにしよう。

こういう試験の後のお楽しみ、1つぐらい設定しておいてもいいだろう。
この件はほぼ片付いたので、あとはその前週まで勉強のほうを粛々と進めていくのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

遅ればせながら

秋の王滝をキャンセルしたので、土日は普通に休み。なお月曜は通常と同じ時間帯で出勤する予定だ。
実は昨日から喉が痛く、咳や鼻水が出ていた。1週間ほどかけて朝型に切り替えてきたのだが、それがやや急ごしらえだったらしく、風邪を引いてしまったらしい。(^^);

そんな訳で体調もいまいちだし、勉強の都合もあるしで、世間的には連休なのにそれらしい家族サービスは難しい。またまた近場で済ませるべく、昼前に家族4人で出かけて外食してから、長女と2人で映画を観て帰ってきた。

今日観てきた映画とは、この夏のヒット作である「ポニョ」。
前にシネコン付きのショッピングモールへ行った際、「観ていこうか?」と誘ったのだが、長女は「知らないお話だから見てもおもしろくない」とつれない反応だった。
ところが、夏休みが終わって幼稚園が始まると、同クラスの多くが観ていたのに加え、来月の運動会で踊る曲がそれに決まった(ありがち!)ことで、にわかに観たくなったらしい。(笑)

この映画、予告編を含めると2時間以上あるので、2歳の次女は飽きて騒いだりすると思い、申し訳ないが家内に連れて帰ってもらった。次女の初映画は11月のプリキュアにしよう。

さて、窓口は入場券を買い求めるお客さんで長蛇の列。日曜なのに加え、月に一度の料金が安い日だったらしい。
幸い、朝のうちにネットで予約してから行ったので、行列には加わらずに済み、機械でサクッと発券して無事入場。

映画への長女の反応はというと、途中で飽きてしまったらしく、「つまんない、眠い」と言い出した。
たしかに、5歳児が見るには長いし、ちょっと冗長かもしれないなぁ。とりあえず、「あと15分ぐらいで面白くなってくるから、見ててごらん。」と説得。

長女はダラっとしつつも寝ずに見続けて、母親を捜しに行く場面あたりで座り直し、それからはじっと画面を見ている。で、見つけた車に母親がいなかったというシーンで、シクシク泣き出してしまった。(@_@)
映画が終わり館内が明るくなると、今度は満面の笑みで、「とってもおもしろかった、連れてきてくれてありがとう」と一言。(^^)

個人的には、他の宮崎作品みたいなおどろおどろしさとか、自然への畏敬、人間の業とかの要素が希薄化されていて、ちょっと物足りなかったけれど、子どもに見せるものとしてはこれぐらいでいいかも?

最後はタリーズでお茶休憩して、次女のお土産に月見だんごを買ってから帰宅。
これくらいゆっくりできるのは、試験前はこれで最後かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

おとといの続き

一昨日分に書いた、二次試験をどこで受けるか等についてですが、結局、

 ・東京地区で受験する
 ・幕張メッセになったら前泊する

に決め、幕張のホテルを予約してから、振込用紙に受験地区コードを「東京」と書いて、郵便局で手続をしてきました。

自分は田舎の出なので、大学入試などで「泊まってから試験を受けに行く」というパターンには慣れてますし。(^^)

前夜に1人で気持ちを落ち着けられる、当日に時間どおりに着くか心配したり行くだけで疲れたりがなくなる、等のメリットもありますし。

あとは勉強の中身のほうの充実、そのためには仕事の負荷の平準化や不測の事態の防止、です。 ^^)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

王滝はDNS

今年のSDA王滝(秋の部)は1週間後の9/14で、例によって春の時点で申込は済ませてあった。
先週末には参加票も届き(いつも直前に届きます)、いよいよ!という時期なのだが、残念ながら今回は参加を見合わせることにした。

というのは、10月の試験に向けた勉強のほうがどうにも追いつかないから。
スケジュール表では一応、9/12~14は「予備日」としてあったのだが、予定外に仕事で遅くなったり家族が体調を崩したり等あって、予備日は既に使い込んでしまったのだ。(^^);

もう一つ、気持ちがレースに100%向けられていないので、道中の運転やレース中の操作などがつい疎かになり、事故に繋がるリスクが高まるというのもある。

来年の今ごろはこの肩の荷を下ろせていて、レースに向けた心と体の調整に集中できるように、向こう6週間はひとつ勉強のほうで頑張ってみたい。

ま、受かったからと言って時間に余裕ができる訳ではなくて、より一層の選択と集中、タイムマネジメントのスキルが求められてくるんだけど。
(少なくとも当面はサラリーマンを続けるので、資格を維持したりポテンシャルを上げるための諸活動は、土日メインでやらざるを得ないのです...。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

一次合格通知&「東京」会場

080907_01

本日、一次試験の合格通知、それに二次試験の要項と願書が入った配達記録郵便が届いた。
(正確には届いたのは昨日で、バザーで外出してたので今日再配達してもらった。)

合格通知は写真のような体裁で、ペラ紙に割り印がされたごく簡素なもの。まだ途中段階だし、まぁこんなものだろう。

この紙、長女に「勉強をよく頑張りましたっていうご褒美だよ」と見せたところ、「もう1このしけんをがんばったら、どんなごほうびがもらえるの?」と聞かれた。
ちょっと考えて分かりやすい回答をしようと思い、「今度は金メダルがもらえるよ」と言っておいた。(笑)
(一昨日分でリンクしたポータルサイトで配っているので、全くのウソでもない。)

さて、要項のほうを読むと、東京地区の試験会場は都内の研修施設が2箇所、それに「幕張メッセ」と書いてある! 幕張って、もう完全に千葉じゃん。(--);
去年はリバティタワー(明治大学)だったのに...。

既に9/1から二次試験の受付は始まっており、前にも書いたように二次が2回目の人もいて、その多くは申込済と思われる。
主催者の割り付け方法が「まず小さい会場を埋めて、残りは幕張メッセへ流す」だと、自分は幕張メッセ決定~!だ。
「公平に抽選にする」とか、「神奈川の人は幕張はかわいそうだから都内にする」とか、自分だって面倒だからやらないし。

幕張だと神奈川から行く場合、朝早く出ても何かあったら間に合わないし、行くだけでもけっこう疲れてしまう。これは前泊がベターか?

いや、どうせ前泊するなら、新横浜から新幹線のみでパッと行ける他地区、例えば仙台や名古屋へ行った方がいいかも?
その場合、二次の筆記に受かってから最終の面接を受ける場所も、それらの他地区になってしまうというデメリットがある。(両者を別々の地区で受けることはできない。)
え? もちろん、筆記には受かるつもりですから...。^^)w

かたや、毎年の地区別合格率を見るとかなり格差があり、高いのは東京、低いのは仙台や大阪と決まっている。
東北は悲しいけれどそんなもの? でも大阪なら東京や横浜と同じように予備校はたくさんあるので、不思議な話だ。
Wikiには「エリア別合格率は東京地区が23.72%で二番目に受験者が多い大阪地区が13.63%である。これは、合格後の実務補習が出来る体制が東京が大阪に比べて整っているからでは、との声が聞かれる。」とある。え、そんな~。

あまり長い間迷っていると、特に幕張の宿は取れなくなる。それに心の準備もできにくいので、早急に方向性を決めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

幼稚園バザーの日

080906_01

10/17の二次試験まで6週間、貴重な時間を活用すべく土曜日の今日は10時間以上みっちり勉強した。
...と書きたいところだが、実際には行事があり、早朝と晩に各2時間ぐらいしかできなかった。(^^);

その行事というのは娘の幼稚園のバザー。これは年1回の恒例イベントで、毎年地域の人たちが大勢やってくる。
園児の母親は全員何かしらの係になっており、家内も会場整理や案内の係として8時前に出かけてしまう。

となると、長女と次女を幼稚園へアテンドするのは自分の役目。開場時刻の10時を目安に、身じたくをさせて家を後にした。
現地へ到着すると、一般受付のほうには長~い列! 遊びに来た親子連れに、安い日用品目当てなのかおばさんのみのグループも混じっている。
自分たちは園児用の入口から入り、先生がたや顔見知りの親御さんたちに挨拶をしつつ、用意された各種ゲームをしたり、食券を引き替えて食事をさせたり。

上の写真は、キャンディレイだのヨーヨーだのを手にご満悦の子供たち。
食事のほうも、大きなかまどで炊いたご飯がとても美味しかったせいか、カレーや赤飯をあっという間に平らげていた。

昼過ぎに帰宅して、子供たちに昼寝を...と思ったのだが、二人とも興奮が覚めやらぬらしく、全く寝る気配なし。(^^);
午後は二人の遊び相手をしたり、家内が疲れて帰ってくるだろうということで、適当に夕食の支度をしておいた。

夕方帰宅した家内によると、バザーのほうは無事終了したとのこと。収益金は卒園生への記念品代や宿泊保育の費用などに使われるそうだ。
ま、無事に終わってよかったってことで。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

一次試験合格発表

このところ、すっかり受験ブログと化してしまった当サイトです。すいません。m(_ _)m
そっち関係のポータルに登録してもらったほうがいいぐらい?)

さて、今日は一次試験の合格発表日でした。
合格者の受験番号が中小企業診断協会のサイトに掲載され、その中に自分の番号もありました。(^^)
(自己採点で合格基準を超えていたので、マークずれ等のミスが無ければ受かるのは分かってたけど。)

そこに書いてあった人数的なデータはこうなってます。
 受験者数   13,564人
 試験合格者数 3,173人
 合格率    23.4%

二次では、これに去年の二次不合格組が加わって4,000人を超える(一次に通ると二次は2年間受けられる)中から、800人ぐらいに絞られます。
一次の合格ラインは「何割以上」という絶対評価ですが、二次はおよその合格者数が決まっている、競争試験です。

というわけで、その競争に勝つべく、先月から取り組んでいるわけです。
ちなみに、問題の中で比較的易しい部類のを1つリンクしておきます。皆さんならどう答えます?

いま入っているメーリングリスト勉強会で、二次が2回目以上の人たちの答案を読み、自分よりかなりレベルが上だと分かっています。
さてどうなるか、お楽しみに~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

週末のあれこれ

ここ数日、日記書きをサボってしまったので、とりあえずまとめ書き。

土曜日は、某予備校の中小企業診断士二次模試を受験してきた。
会場は緊張感に満ちていて、こういう雰囲気に浸るのは久々かも?
(自転車のレース等では自分が勝つことはまったく!想定してないので、そこまで緊張感はないのです。)
当日は本番と同じタイムスケジュールで1事例80分を4つ、午前から夕方までかかる。
まだまだ勉強が不足でうまく書けないけど、それは想定の範囲内なのでよしとしよう。(^^);

午後は次第に頭がボーッとしてきて注意力が散漫になり、設問に書いてある制約を見落としてしまったり、考えが文にまとまらなかったり。それに、3事例めあたりでシャーペンを持つ手首がもう限界、手がプルプル震えてしまった。
これからは科目の勉強、プラス糖分の補給や手首の鍛錬?にも気を遣おう。(笑)

日曜日の朝は自分は模試の解答解説で復習、子供たちはいつもどおりプリキュアとしずくちゃんを見る。それから、子供たちの相手を近場で済ませるべく、車で近所の『ららぽーと』へ。
ららぽーとのメルマガで、マザー牧場から動物が来てふれあいタイムがあることを知っていたので、ちょっと行ってみた次第。

また季節が戻って暑い中、牧場のスタッフは「アクアラインを使って1時間で来れました。皆さんもすぐ行けるのでぜひ来てください!」と販促を頑張っていた。
長女はウサギ、次女はモルモットを抱っこさせてもらい、その温かさ、ふさふさ加減、それに重さに驚いていた。←ぬいぐるみじゃないから重くて当然なのだが...。
同じ千葉ならディズニーランドより、マザー牧場で羊と一緒に走るほうが教育上よろしいような気はするし、自分の試験が終わったら一丁行ってみるとするか。

ららぽーとで昼食を済ませて帰宅すると、子供たちはお昼寝。自分はここでまた勉強、と思っていたが...子供たちを寝かしつけて一緒に寝てしまった。(^^ゞ
なので夜、子供たちが寝てから勉強の続きを少々。

もともと、自転車イベントやツーリングで早起きが必要なので朝型にしていたのだが、ここ最近めっきり起きられなくなり、勉強は主に夜にしている。
いちおう真面目に仕事はしてるので、帰宅後はそれなりに頭が疲れていて、目で追っているものが頭に入っていないと自覚することもある。

また朝型に戻したいが、急にやると一種の時差ぼけ状態になるし、自分に甘いので起きられない→その日は勉強時間が不足という循環も怖いしで、いまいち踏み切れない。
もう1回、早起きを頑張ってみようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »