« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

残念

すっかり更新間隔が空いてしまいました。
いつもアクセスしてくださっていた皆さま、申し訳ありません。

その後、実務補習は3/16までで無事終了し、晴れて「中小企業診断士」を名乗れることになりました。(^_^)b
その話はもう1つのブログをご覧ください。→別館はこちら

いま、溜まっていてかつ期末が締切な仕事に追われる日々が続いています。
でも、もうすぐ自転車通勤は復活できると思います。まずは3台の自転車のメンテからかな?

ところで、抽選制に移行してどうなることかと思っていた、Mt富士ヒルクライムの参加権。
今日、大会事務局からメールが届きました。おそるおそる読んでみると...

お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり、厳正なる抽選を
行いましたところ、誠に残念ながら1次抽選ではご意向に沿えない結果と
なりました。4月10日(金)の時点で1次当選者の入金が定員に達しなかっ
た場合は、1次抽選で落選された方の中から再度抽選を行い、追加当選者
を決定する【2次抽選】を実施いたします。

とのことです。う~残念、落選でしたっ!
当選した皆さん、頑張ってくださ~い。p(^-^)q

メールによると2次抽選があることになっていますが、1次で当選してキャンセルする人などほとんどいないでしょうから、これでほぼ不参加決定です。
宿のほうは、2次抽選の結果発表までキャンセルはしないでおきますが...。

これって、同日開催「第2回 ツール・ド・宮古島2009」に出なさいという、神の啓示かも?
最近全然鍛えてないので、行くとしたらサイクリングの方にしないと。(^^ゞ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

お帰りなさい!

このブログでもバナーを置いて応援させていただいた、拡張型心筋症のまさたかくん。
米国へ渡り心臓移植手術を受けた後、先月無事に帰国されたとのこと。
(3/1付のブログにご両親からの「帰国のご報告」がアップされています。)

お父様はスポーツ自転車乗り、自分は5歳の子持ちということで、他人ごとには思えない感じがしていたので、たいへん嬉しく思います。
順調なら新学期から学校に復帰できるのかな?

私はもともと子供の移植医療に賛成の立場ですが、今回の件でお母様のブログを拝見していて、新たに考えさせられるところがありました。

これをお読みの皆さんにも、ぜひ一読をお勧めしたいです。

 ↓↓↓
まさたかくんを救う会
http://www.masatakakun.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

Mt富士ヒルクライム申込

2009年のMt富士ヒルクライムは、例年どおり6月の第1日曜日(6/7)に開催予定。
その申込受付は昨日から始まったのですが、抽選制なので急ぎではありません。
とはいえ、忙しさに紛れて忘れてしまいそうだし、PDAのリマインダも出たことだしで、昼休みにRUNNETでポチっとしておきました。(^^);

ちょっと何だかなぁと思うのは、申込そのものが有料(200円)であることです。
首尾よく抽選に通ったとして、参加料(8,000円)から200円割り引かれる訳でもなさそうですし...。

抽選結果の発表は、3/27(金)とのこと。
実際にどれだけの倍率になりそうか、まったく検討がつきません。
でも、『東京マラソン』(落選しました...)よりもさらに高倍率!ってことはないでしょう。

なので、ちょっとは期待して待ってみます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

現実逃避 (^^ゞ

相変わらず自転車通勤はお休み、休日の多くは実習かその準備という日々が続きます。
自転車に乗るのは、休日に子どもたちから離れて資料作成するために、スタバやドトールに行く時ぐらいになっています。(^^);

本業、実習、それに受験生向けの参考書を編集するスタッフの仕事にまで首を突っ込んでしまい、スケジュールがびっちり!

そんな中、ポツンと空いていたのが今日、3月1日。
自分の好きな山下達郎さんが6年ぶりにツアーをやってまして、達郎好きな友人と2人でNHKホールへ行ってきました。

山下達郎 Performance 2008-2009

達郎さんは御年56歳、だったかな?
ツアーに向けて鍛えてこられたようで、若い頃の歌でもキーを下げたりすることもなく、声量や声のハリもかなりのものでした。(@_@)
「自分より年上でバリバリなのは小田さん位かなぁ。あの人は化け物みたいですけど。」と仰ってましたが、達郎さんも十分その域に行ってるような?

客層的に40~50歳ぐらいの人が多いためか、初めからスタンディングで踊りっぱなしとかその手のライブではありません。
しかし、新旧のヒット曲やお得意の1人アカペラ等も織り交ぜて3時間以上と、いつもながらの充実したライブを堪能してきました。

最初の曲(SPARKLE)で声が十分に出ていなかったのを気にして、アンコールでやり直してくれたり等、妥協点の高さは相変わらずでした。
(昔、バンドメンバーがコードを間違えた時、演奏を止めて曲の頭からやり直したのを見たことがあります...。)

最後には、「この不景気で辛いことや悲しいことが沢山あるかと思います。皆さんに少しでも元気になっていただけるよう精一杯やりますので、ぜひまたライブにいらしてください。」みたいな挨拶もなさっていました。
その丁寧さというか真面目さも相変わらず。

というわけで、正直ストレスが溜まっていた部分もあるのですが、家内が福山雅治のライブから帰ってきて言ったセリフを借りると、

これでまたしばらく頑張れる気がするっ。p(^-^)q

という感じの夜でした。(笑)
明日からまた頑張るか~!←適度に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »