« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

自転車そのまま持ち込みって...

ただいま梅雨真っ盛り。予報サイトで雲の画像を見ると、大陸から次々に雲の帯が流れてくるのが分かって、ちょっと憂鬱になります...。

昨日も夜遅くになって強い雨が降り出したため、自転車を置いて電車で帰宅しました。
という訳で、今日は往路は電車、帰路は自転車でした。(^^)w

さて、Asahi.comを見ていたら、気になる記事がありました。
記事は「自転車そのまま持ち込みやめて 首都圏鉄道各社ポスター」というタイトルです。
どうも自転車を分解したり包んだりせずに持ち込もうとする人が増えたらしく、それを注意するポスターをJRや大手私鉄が作ったようです。

先月くろださんと一緒に高尾方面に行った際、雨に降られたので高尾駅から輪行したのですが、その時も自転車をそのまま持ち込もうとして駅員に止められている男性がいました。
(やや急な雨だったので、駅から電車で帰りたくなったのでしょう。)

また、先週の土曜日も所用で都内まで電車で行きましたが、同じように改札で駅員に止められ食ってかかっている男性を見ました。

自分がたまたま遭遇しただけで、この1か月に2回もあったのですから、毎日のようにどこかでそういう光景が繰り広げられているのもしれません。何とも気の滅入る話です。

一部の外国のように、自転車をそのまま持ち込めるようになったら便利だろうなぁとは思いますし、中長期的にはそっちを目指していきたいものです。(夢のような話ではありますが...)

でも、現状ではやはりマナー違反ですし、そういう人がいるために自転車の好きな人全体が白い目で見られるのは困ります。

車道逆走や歩道暴走なども含め、こうしたマナーの問題はどうすれば解決するか?
自転車生活を始めて何年か経ちますが、これについてはなかなかいい案が浮かばない、まつあにでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

また新しいマラソン大会が...

はじめに1つお知らせです。

ブログのメニューにも表示してありますが、本日、私も共著者の1人をつとめた資格試験の参考書が発売されました!
『ふぞろいな合格答案 エピソード2』というタイトルで、大きな書店さんにはあると思います。

この試験に興味のない方に、買って!とお願いはできませんが、よろしかったら書店の資格試験コーナーでお手に取り、巻末のプロジェクトメンバー名簿で探してみてください。(^^)

---
さて本題。RUNNETさんから、

「制限時間7時間! 新しいフルマラソンが静岡県島田市に誕生!」

という件名のメールが届きました。

どれどれ...と読んでみると、

富士山静岡空港開港記念 第1回 しまだ大井川マラソンinリバティ

スペシャルゲスト:野口みずき選手

平成21年11月1日(日)開催(静岡県島田市)

だそうです。ほぉ、またマラソン大会が1つ増えましたね!

そのメールによると、
・制限時間7時間
 これ、かなり緩いです。東京は例外的に緩くて7時間ですが、湘南は6時間、他の多数は4時間~5時間がカットラインですから。

・笑っちゃうくらいフラット
 地図を見ると川沿いに行って帰ってなので、なるほど平坦なんでしょう。

さて、個人的には、あちこちに小さい空港ができる傾向は歓迎できません。
(ミニ空港をたくさん作っても、どうせ仁川空港のハブ化を助けるだけだから。)

でも、新空港の名を借りてなにがしかの活性化をしたいという点を、理解はします。
↑苦しい言い方だなぁ。(笑)

大井川流域は自分にとって普段まったく縁のないエリアなので、一度行ってみるのもいいかも?と思ったのですが、これって「湘南国際マラソンの直前」なんですよね!

う~む、野口みずきさんと走ってみたいけど、ちょっと参加は難しいかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

暑くても自転車

先週は雨の日が多く、残念ながら自転車通勤は2回だけでした。(T_T);

クールビズ時代にはなりましたが、電車の中やオフィスはそれなりに冷房が効いているため、血行が悪くなり、結果としてだるくなってしまいます。
(まつあには冷房にとっても弱く、夏でも熱いコーヒーを愛飲しています。)

今朝はまずまずの天気になったので、ドリンクボトルを満タンにし、午前7時過ぎにして既に25℃以上あるという熱気の中を、自転車で出発しました。

アイウェアの調光レンズが真っ黒になる日差し、それに湿度の高さも相まって、汗を吹き出しながら走っていきます。

それでも、何だか体を動かす喜び?みたいなものが湧いてきて、ついついスピードは上がってしまいます。
(といっても、巡航30km/h、平均24km/hぐらいで、たいして速くもありませんが...。)

自転車通勤やランニングには厳しい季節になってきましたが、スポーツ自転車もランナーも、まだまだ沢山います。
(どっちも引き続き、かなり流行ってるようですね。)

オフィスに着くと、汗を引かせてから『Ag+』をシューっとやり、フル着替えをしてデスクワークです。
席についてメールをチェックしつつ、(以前も書いた)安い自販機で買ったドリンクを飲んでいると、「あぁ夏だなぁ」と思う、そんな朝でした。(^^)

ちなみに、今朝買ったのは、『C.C.Lemon』、お値段は100円です。

安いサントリーの自販機

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

Mt富士の購入品を投入

今週は晴れの日スタートでしたが、自転車通勤は何回できるかな?

その通勤の気分転換に、先日のMt富士のテントで購入したグッズを投入してみました。

1つめはアディダスのソックス。

アディダスのソックス

これはたぶん去年モデルですが、マヴィックよりもアディダスの方が好きなので...。(世代的に?)
割と薄手で、ガンガン使ったら長持ちはしなさそうですが、所詮は消耗品ですし。
ソフトな感触で、履き心地がよかったです。(^^)

2つめは500円(ワンコイン!)の指なしグローブ。

500円のグローブ

その値段から、「いったいどんな使い心地?」とやや不安でしたが、意外といい感じです。

高級品のようにゲルが入ってたりはしませんけど、厚くあってほしいところは厚くなってますし、甲側にはタオル地も付いてます。
これで早急に型が崩れて来なければ、いい買い物?

3つめは安いレーパン。

3000円弱のレーパン

計3枚を順繰りに回してきた中で、伝線してリタイヤした1枚の代わりです。
3000円未満というその価格から、期待はしていませんでしたが、正価5000円前後で売られている入門モデルよりいいパッドが入ってるようで、道中は快適でした。
あとは通勤による酷使にどれだけ耐えられるか?ですね。

ただでさえ気が滅入りがちなこの時期、こういう消耗品を交換するだけでも、気分が変わって嬉しくなったりするもの。
Mt富士ヒルクラは記録が落ちてショボーンな結果でしたが、こうしてアフターも楽しめるということで、よしとしましょう。(^^);

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

近所で梅狩り

先日、読者のくろださんに「もう1つのブログの方が更新頻度が高い」と、イタいところを突かれた、まつあにです。(^^);

最近、「お知らせ」欄にそっち関連のメッセージを出しましたが、現在のやり方(一種のブログパーツとして表示する)だと、2つのブログで表示し分けることができないので、ご容赦ください。m(__)m
(この点は、もう少し研究してみますね。)

さて、本日は毎年恒例、近所(鴨居駅周辺)にある梅園で、梅狩りをしてきました。
梅狩りは先週もやっていましたが、Mt富士ヒルクラに行っていたので1週先送りです。

もうかなり暑くなってきたので、熟した実がたくさん落ちていて、梅園はこんな感じでした。

鴨居駅近くの梅園にて

子供たちを「地面から傷がない綺麗なのを選んで拾う係」に任命し、かわりばんこに抱っこして青い実をもいでもらったりしていたら、あっという間に袋はいっぱいです。
梅園のおばさんに計量してもらったら、4kgもありました...。
「梅の実を拾ってくれてありがとう」ということで、全部で500円と格安にしていただきました。

この後、収穫した梅は自分が担いで(笑)、土手沿いを散歩しました。
梅雨どきを迎えて、色とりどりのアジサイが元気です。

土手沿いの元気なアジサイ

最後は『ららぽーと』まで行き、おやつに鯛焼きを食べてから帰宅。

梅のほうは、帰ってからよく洗って選り分け、熟した順に
 ・煮てジャムにする
 ・漬けて梅干しにする
 ・サワードリンクと梅酒にする
で処理。(^^)

自分的には通勤ドリンクの定番になっている、「梅サワードリンク」ができるのが楽しみです。(^^)w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

Mt富士ヒルクラ2009 終了報告

富士山5合目にて

Mt富士ヒルクライムへの参加は、4年連続4回目。
今年も6/6~7で無事行ってきましたので、そのレポをお届けします!

■前日
まずは一緒に出るくろださんをお迎えに上がってから、一路富士北麓公園へ。
雨の中央道をひた走り、昼ごろに到着。ちょうど始まった受付を済ませて、例によってブースでお買い物。(^^)w

今回は、通勤用に安いレーパン、指切りグローブ(500円)、アディダスのソックス(500円x2)、バーテープ、試しにインソール(2000円)等、消耗品メインにいくつか購入。

この後、だいぶ晴れてきたので、軽く1合目まで試走してから、宿へチェックイン。
炭水化物摂取のために「ほうとう」を食べに行き、翌朝の食事を買い、風呂に入って早めに就寝、とほぼいつも通りの流れ。
ところが、12時過ぎまで全然眠れないという...。(笑)
(先週~今週と仕事で帰りが夜遅く、早寝早起きに調整できなかったので、無理もないけど。)

■スタートまで

午前4時に起床して、用意した大福やパンを腹に詰め込むところからスタート。
やがて外が明るくなってきて、ほぼ雲ひとつ無い快晴であることが判明。(^^)
チェックアウトして、ウォームアップ代わりに約5km先の北麓公園まで自走。

あとはリュックを預け、トイレに行き、スタートセレモニーが始まって、といつも通りの流れ。
階段の上から会場全体を見渡して、いつもながらすごい人数だ!と改めて感心。(たぶん5000人ぐらい。)

■レース本番!
アスリート、女子に続く第3スタートが自分の番。あっと言う間に、スタート時刻の7:10が到来。
ピストルが鳴ると1000人近い集団が一斉にスタートゲートをくぐり、スバルラインのゲートを目指して流れていく。

今回は、自転車通勤も最近再開したばかりという現実を忘れて、理想のラップを印刷してステムに貼っておいた。
それがこれ。↓

理想のラップ表

1時間20分台前半で走りきるためには、自分の場合だと
・勾配のきついところ→34x23~21で13~14km/h
・勾配の緩いところ→傾斜に応じてリアをシフトアップし、20km/h以上出す
というのがセオリー。

でも、実際に走り出してみると、とてもそんなペースは維持できないことがすぐに判明。(笑)
頻繁にインナーロー(34x25)に入れないと、きつくてたまらない状態。
以前なら「コンパクトクランク止めようかな?」とか「スプロケを11~21に替えようかな?」とか思ってたのに...。

既に5km地点で目標タイムを3分近くオーバーし、その後もペースは上がらず。
やがて腰が痛くなり、何度も立ち上がってはストレッチを繰り返す。
体の不安定さを手で抑えていたためか、両手がかなり痺れてしまった。(T_T);

15km地点でほぼ1時間経過。そこから20km地点までに急勾配の山岳賞区間があると分かっているので止めたくなりつつ、今後のためにも何とか完走!と思い直す。

次のスタートグループの人たちに何度も抜かれてめげつつ、平坦区間はトレインに混ざって35km/hぐらいで頑張る。
そして最後の激坂、またまたインナーローに入れて、必死のゴール!
手元のタイムは1時間39分、なんと一昨年&昨年より15分遅れだった。(^^);

■終了後
とりあえず、いつものリュック探しから。今年はすぐに発見できた。
というのは、自分のグループの人の大半はゴール済で、リュックの分母が少なかったから。(笑)

この日は「もうこれ以上は無いのでは?」と思うほどによく晴れ、かなり暖かかった(推定 約10℃)。
そこで、コップの水を貰って息を整え、ゆっくり着替えてからパンやチョコを摂取。

今日は登りで手が痺れたこともあって、あまり飛ばさずに慎重にダウンヒル。
その途中、係員が旗を振りながら、「落車です!減速してください!」と叫んでいた。
なるほど、少し先に救急車が来ていて、しばらく足止め。

担架に乗せられた男性は意識があり、「すいません、ありがとうございます!」と言いながら救急車に消えていったけれど、その顔は血だらけだった。その後、命に別状がなければいいのだが...。

通行止めが解除されると、残りを慎重に下ってから北麓公園へ到着。
吉田うどんを食べ、やがて戻ってきたくろださんと一緒に抽選会までいて、日帰り温泉に寄ってから中央道で帰路へ。

出るのが遅かったのに加えて、事故もいくつかあって、とにかくすごい渋滞!
八王子まで高速で我慢し、そこからはくろださん推奨の「新奥多摩街道」で都内へ。
都合5時間近くかかって、何とか到着。(くろださん、お疲れさまでした。)
車はアイドリングが一番燃費が悪いし、CO2も大量に出てしまうので、1000円政策も善し悪しだ。
あとはいつもの第三京浜で港北ICまで行き、無事帰宅。(^^)

■振り返り
この1年の運動不足がたたって、足腰の筋肉がかなり衰えているようだ。
終盤になると心拍数も最大の70%台ぐらいにしか上げられなくて、心肺機能も後退したようだし。

まぁタイムががっくり落ちたのは残念だけど、「普段から運動していなかったら、自分はこの程度だ」ということが改めてよく分かって、収穫はあったかと思う。(^^);
またイチからやり直して、来年はリベンジ!と行きたいところだ。

それと、冒頭の写真に見るように、5合目で眺めた富士山の冠雪と青空のコントラストは、本当にすばらしいものだった。
(紫外線が強くて、唇が日焼けしてしまったのは辛いけれど。)

■最後に

今年も様々な方面でサポートしてくださった地元の皆さん、ありがとうございました。
来年も(抽選に当たったら)よろしくお願いしま~す!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »