練習

2007年8月25日 (土)

峠で落車!!

今朝は先週同様、早起きして軽く食事をとり、轍屋ロード練に行ってみた。
先週は道中霧雨が降ったりして涼しかったのだが、今日は晴れで気温も朝から30℃近い。
それでも、先週よりは脚が回っていて、割と前の方で半原越の最高点を通過。

やがて下りに移り、左カーブ、続いて右カーブになったところで、体重移動がひと呼吸遅れ、右カーブの外側に脹らんでしまった。
そこには薄く砂が積もっていて、タイヤがグリップしない。やばいっ!と思った次の瞬間、ズルッと滑って右側にストーンと転倒。GPSのログによると、その時の速度は30km/hぐらい。

転んだ瞬間はよく覚えていなくて(ありがち)、気が付くと体の右側は膝、太もも~腰、肘~肩と広い範囲に血がにじんでいる。骨や靱帯は問題なさそう。
左手の付き方がやや良くなかったようで、左手親指の爪の端が2mmx5mmぐらい欠けて出血。グローブにも穴が空いた。
ヘルメットは割れておらず、特に傷もついていない。頭は打たなかったか?
服は右腰部分でジャージとアンダーに穴が空き、肩口に擦れた跡がある。

バイクは幸い、前ブレーキのアーチがずれて前輪が回らなくなったのと、サドルの表皮が傷ついた程度で済んだ。見たところホイールや変速機構は大丈夫そう。

...というあたりを確認して、ハンディツールでブレーキを修正し、他の人に大丈夫ですと告げて再開。ただ、その後はテンションが上がらなくなって、以後はだいぶ遅れてしまった。

振り返ると、慌てて咄嗟にバイクが右に傾いたままブレーキを引いたか、ハンドルを右に切って砂のないラインに戻ろうとしたのだと思う。
特に下りではラインを外さないのが大原則なのだが、誤って外した際の対応として正しかったのは、①バイクを垂直に戻す、②体重を後ろに移して可能な限りブレーキで速度を下げる、③左側壁に車体ごと寄せる、だったかな?

転び方はまずまずで、どこか1箇所に力が集中して手首や鎖骨を折らずに済んだのは不幸中の幸い。
とはいえ、擦り傷が沢山できてしまい、中には結構範囲の広いものもある。これが直るまでちょっと憂鬱だ。

自分は普段は割と注意深い方だと思うが、今日は油断してしまって反省しきり。(^^);
前日寝る時間が遅かった割に早起きだったこと、先週よりかなり暑くてややボーッとしていたこと、先週は雨で慎重に走っていたのが今日は晴れで軽く見ていたこと等々、リスクの把握と対処に甘いところがあったと思う。

まずは擦り傷を直さねば。それと、バイクのほうも一度落ち着いて見直してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

ロード練と浜なし

週末は久々にある程度長い距離を走ってみようかと思い、昨日は軽くロードバイクの点検をして、10時半ごろに就寝。
今朝は王滝その他レース系のイベントに出る日と同じように、4時に起きてしっかり朝食をとり、5時過ぎに家を出た。

まだ対向車のほとんどがスモールONな薄暗い中、LEDライト“CROPS X25”を点灯させて向かった先は、青葉台の「轍屋」。
轍屋では火曜夜に周回練習(緑山)、土曜朝にロード練をやっている。自分は「自分に甘い人」なので、1人で走るとペースは上がらず、休憩も多めになって、距離は走れても強度が稼げない。そこで、練習再開にあたって強い人たちに混ぜてもらうのが吉。

というわけで、着いて挨拶をしてから、6時過ぎに店長さんを先頭に出発。
昭和橋から法論堂(おろんど)林道経由で宮が瀬湖へ。小休憩してから別の林道をもう1本やり、相模原から尾根緑道へ出て戻ってきた。

ここ数日とは違い割と涼しくて、平地は曇り空、宮が瀬方面はほとんど霧雨だった。霧雨は視界的にはマイナスだが、常に体に水を掛けながら走っているような感じでなかなか具合がよかった。
写真は宮が瀬湖を出てトンネルを抜けたあたりにて。ちょっと停車して携帯で撮ったのだが、皆速いのでこんなに小さくなってしまった。(^^);

070818_01

店長さんはじめ王滝100kmで6時間を切るような強い人もいるので、予想どおり林道半分ぐらいでちぎれてしまった。でも、狙いどおり自分1人ではできない強度で走れたと思うし、速い人たちのペダリングや雨の下りの走り方等々、間近で見て参考になることも沢山あった。

帰りは鶴見川沿いに出て、子供たちへの土産に名物の「浜なし」を買おうと、北八朔地区へ寄り道。
写真は梨を買った直売所の「菅沼園」にて。ネットのかかっているのが梨の木だ。
この時期は販売だけだが、例年8/25頃からは幸水、9/10頃からは豊水の各梨狩り、他にはブドウ狩りもできる。後で子どもたちを連れてまた行ってみたい。

070818_02

梨5個が入って重くなったリュックを背負って鶴見川サイクリングロードへ戻り、正午ごろに帰宅。走行距離は全部で約125km、平均時速は23km/h。(遅い...)
峠は雨だったので、脚や尻が砂だらけになっており、玄関で体を拭いてから浴室へ直行。

さて、涼しいとはいえ夏なので、やはり汗はかいてしまうもの。今日は家から持って行ったボトル2本で1リットル強、途中でペットボトルの水も買ったので、計2リットル弱の水分を摂取。
そのためか、帰ってからちょっと胃がタポタポな感じがして、回復するまでに何時間かかかった。
おそらくプロならばもっと水分が必要だろうから、きっと胃が強くなければ勤まらない職業だろう。

明日は夕方から飲み会があるので、ゆっくり休んで出かけることにしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

投票ついでに周回練習

今日1日は仕事が休み。
朝起きるとかなり蒸し暑くて、最高気温が30度を超えそうな感じがした。おまけに昼頃からは雷雨のおそれありとの予報。

今日はちょうど選挙の投票日。家内と一緒に投票に行くことは子供たちを連れて行くことを意味し、暑いし雷雨になるかもしれないのに連れ出すのがためらわれた。
そこで、まず自分が午前中に投票に行って軽く自転車で流してくる、昼食後に家内が投票兼買い物に行く、ということで合意。

まずは通勤用MTBに乗って投票所へ。それから日産スタジアム方面へ行き、軽い負荷(最大の70パーセント程度の心拍数)で周回してみた。
雲はかなりありつつも隙間から差し込む太陽は強烈で、そのせいかランニングその他運動をしている人はほとんど見かけない。

で、たいした強度でもないのにあっという間にへばってしまった。結局、約3kmの周回を5周、いつもの通勤の片道分程度で断念して終了。少なくとも日中は運動に向いていない時期だと改めて認識した。

スタジアムの入口までMTBを担いで上がってみると、その階には誰もいない。下の噴水のところで水着とサンダルの子供たちが10人位遊んでいるだけだ。
サッカーは日本代表の試合があるのでしばらくお休みだし、この時期は他のスポーツの大会等も少ないのだろう。
あまりに巨大で無人のスタジアムは、何だかSFっぽい近未来的な雰囲気。

070729_01

日陰へ行ってボトルの飲み物をあおり、持ってきたラジオのスイッチを入れて休憩。
ところが、間もなくそのラジオからどこそこで大雨洪水警報が出たという声がしたので、休憩もそこそこに急いで帰宅。
実際には、埼玉や多摩のほうで先に雷雨になったようで、当地では夜7時ごろから雷と土砂降りの雨だった。

明日の天気予報は今日のそれと似たようなものになっている。雷が怖いので自転車は自重すべきか、ちょっと迷うところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

早起き開始&ローラー台練習

時間の経つのは早いもので、6/3のMt富士ヒルクライムが1週間後に迫ってしまった。いまさらハードに練習しても体を壊すのが関の山なので、当日までに疲れを取って体調を整えることを優先に考えよう。
当日は非常に朝が早い(遅くとも4時起き)ので、徐々に早起きに切り替えることにして、初日の今日は5時に起床してみた。

目覚まし代わりにローラー台を1時間ほどやってみる。マットを敷いて機材を置き、汗対策の扇風機を「強」にセット。ゲータレードの水割り、タオル、それにラジオを録音したMDとヘッドホンを準備してさっそく開始。
軽くアップ10分、34X19でケイデンス90を20分(心拍数=最大の70%)、34X15でケイデンス80を20分(心拍数=最大の80%)、クールダウン10分。
ミノウラVFS-Gはこの程度の回転なら極めて静かで、自転車部屋のドアを閉めると音はほとんど漏れない。むしろ、乗っていると扇風機の音のほうが気になるほどだ。

終わって降りてみると、ほんの少しだが脚がガクガクする感覚があり、その後しばらく経つと太ももと腰がやや筋肉痛ぎみに。
上に書いたように、使用ギアはかなり軽い部類のはずだが、筋力のない自分にはこれでもやや重めなのだろう。
普段の通勤ライドは極めて緩いもので、去年初めて心拍計を使った時は心拍数がほとんど最大の60%台に留まっているという事実に驚いたほど。
いつかローラー台でアウターに入れてブン回せる日が来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

軽く?練習&ロードバイクのメンテ依頼

今日明日と仕事のほうは2連休。
朝起きて東の空を見ると、あたり一面朝日で赤く染まっていた。夜半までは雨が降っていたようだが、これだけ晴れればすぐに路面は乾きそう。

そこで、午前は時間をもらい、ロードバイクで練習に出かけることにした。
軽く済ませるはずが、ちょっとした気分で多摩の尾根幹線方面へ行ってしまい、やや選択ミスぎみ。
地元の皆さんならよくご存じのとおり、尾根幹線エリアは断続的にアップダウンがあって、あまり“軽く”走るのには向かないコース。
上り坂で少しは車速を維持しようとすると、心拍数がぐっと上がってしまい、LSDというよりはインターバルトレーニングに近くなってしまう。

今朝の最低気温が高いのに加えて、朝からの晴天でどんどん気温が上がっていく。あまり心拍数を上げないようにはしていても、アップダウンを繰り返していたら暑くなってきた。
今日はとりあえずウィンドブレーカーを脱いだり水分を多めに取ったりで対応できたが、この分だと直に半袖上下+ウォーマー類、最初だけベスト追加、ぐらいで間に合うことになりそうだ。

そのまま走って11時すぎ、ロードバイクを購入したショップへ到着。
買ってからちょうど1年経つので、一度預けて全体的な点検とメンテをお願いすることにしていた。
自分でもスプロケを外しての清掃やワイヤー交換ぐらいはするのだが、ハブやBB、変速レバー、ヘッドパーツ周りの微妙な調整には自信がないので、おとなしくお金で解決。(^^);

気になる点としては、前輪のスポークが1本、少し曲がっているところ。その近くのリムに傷が入っていて、一度グレーチングの溝にはまったのが原因と思われる。必要があれば交換してバランスを取って頂くようにお願い。

この後は電車で帰宅して、娘たちの遊び相手。今週は一度も子ども達が寝る前に帰らなかったので、あれもこれもと次々に持ち出される。そうして喜ばれるのもあと何年だろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)