機材とグッズ

2009年11月17日 (火)

ミンクオイル

今日は雨のため、自転車通勤はお休みです。(T_T)

日曜日に靴屋で一つ買い物をしたので、そのお話を。

通勤に使っているユーラシア号には、サンマルコの“ロールス”というサドルを付けています。

そのロールス、20年ぐらい前の古いものなせいか、乗り込むにつれて表面が傷んでみっともなくなってきました。

記憶によると本革じゃなかった気がするので、オイル等を塗り込むのは邪道かもしれませんが、あまりに白茶けてしまったので、ミンクオイルを買ってきました。600円なり。

ミンクオイル

これを薄く延ばしながら全体に塗り込んで、たぶん元の色(黒っぽい)に近いのか?と思える感じになりました。

塗って1日放置してから磨いておいたので、雨が上がったら座り心地を試してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

風邪引きました&ツールボトル購入

先週は水木金の都合3回、自転車通勤ができました。今週から皆勤!と思ったところ、何と風邪を引いてしまい、またバス&電車に舞い戻っています。(^^);

先週の土曜日、診断協会の新人歓迎イベントに行った帰り道あたりからのどが痛くなり、そのまま鼻水やふしぶしの痛みに突入...。うー、不覚です。

金曜日の帰りは小雨が降っていましたが、そのつもりでレインウェアを着て出たので、雨に濡れた訳ではありません。
レインウェアで走っていて汗をかいてしまい、帰宅してからも暑くて薄着でボーッとしていたのが良くなかったかも?

そんな中、昨日は諸事情あって朝から電車が終わるまで仕事をしなければならず、なかなか辛い状況でした。
今日は何とか早めに上がれて、昨日よりは元気になったことでもあり、帰りに某自転車店でお買い物をば。(^^ゞ

購入したのは、ドリンクボトルのケージに入るツールケースです。
去年の春、通勤車をMTBからユーラシアに変えた時、一緒に予備チューブや工具の入れ物を、ツールケースからサドルバッグに変えました。
(ユーラシアにはポンプが付いているので、ボトルケージは1個しか付けられません。)
そのツールケースはどこかに仕舞ったはずですが、いくら探しても出てきません。(笑)

さて、お店に入ると、OGKとシマノのツールケースがあり、より大きいシマノのほうを1個ゲット。色は無難で汚れが目立たなそうな黒にしました。
これに予備チューブ1本、携帯ポンプ、パッチ、軍手(片方)、携帯工具を入れたいのですが、それら全部が入るのかな?

風邪が治ったらさっそく実戦デビューと行きたいのですが、週間天気予報を見ると微妙な感じ?です。水曜と金曜は夜に用事があり、自転車で行けるとしたら木曜日なのですが...。

※写真↓をクリックするとウエパーさんのホームページへ飛びます。

090421_01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

気になるRS800CX

自転車通勤再開3日め、ようやく以前のパターンに戻りつつあります。

昨日分に書いたクランクの違和感は、なぜか?今日は出なくなりました。(^^ゞ
ちょっと渋くなったベアリングがあり、何かの拍子にクルッと回ったのかもしれないので(笑)、近々にメンテは必要そうです。

さて、実はこのところ気になっている周辺機器があります。それはPOLARから発売される予定の“RS800”です。
自分は既に、GPS・心拍計・サイクルコンピュータ機能を併せ持つ“GARMIN Edge305”のユーザーで、結構満足もしているので買い換えはしません。
でも、北欧の雄・POLARの製品がどれだけ洗練されているのかは気になるところです。

これまで、POLARにはGPS内蔵の機種はなく、GPSを使いたい人は別に用意する必要がありました。SPORT ENTRYショップから最近届いたメールによると、

RS800CXは心拍数やスピード、距離はもちろん、GPS機能を使うことで、計測された走行ルートを「グーグルアース」の地図上で確認できる機能が追加!! すべてを網羅した一台です。

とのこと。但し、自転車用のスピードセンサーが付いた“RS800CX BIKE”が\65,100、GPSセンサーは別売で\26,460とかなり高価です。
GPSセンサーがログ採りにしか役立たないとすると、そんなに出すのなら地図表示ができるGARMINのGPSレシーバーを別に買ったほうがいいような気もしますが...。

この製品、日本では11月中旬発売予定だそうですが、まだ日本語のサイトには載ってもいません。USAのサイトには出てます。
たぶん、11月のサイクルモードでお披露目になると思うので、行ってしっかり見て(できれば触って)来るつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

2009モデルのExcalibur

今年は勉強もあるので控えている、ツールの生中継観戦。自分はとても心が弱いので、ひとたび見出したら途中でスイッチを切ることなどとてもできないのだ。(^^ゞ

一応、土日の結果だけは見ておくか、と思ってCYCLINGTIMEを見ると、初日はアップダウンのあるコースをバルベルデが制し、2日目は集団スプリントをフースホフトが制したらしい。エヴァンスやリッコは上位にいるようだ。

ふと目を画面の下の方に移すと、「フルモデルチェンジを果たしたエクスカリバー」という文字が目に入ったので、エクスカリバーのユーザーとしては迷わずクリック。(笑)

この機種は中堅グレードで、途中からカーボンがT700のみからT700と800の組み合わせになったりと、それなりに進化してきていた。
2009モデルの説明を読むと、さらに「リアステーが上記機種(オリオン)と同一の形状に」「フレーム重量が950gに」等々。 ←おぉ、軽い! 前は1150g。

写真の車体は、フルレコードにBORAというかなり贅沢な仕様で組まれたもの。特にBORAあたりは相当に見た目のインパクトもあるのだが、カラーリングやロゴの配置など、決して負けてない感じがした。

こういう豪華な機材と組み合わせたら、相当に悪くない限りダメ!っていう印象にはならないだろうし、そもそも企画記事なのでヨイショもしなければならないだろう。
そういう意味では、インプレの文章は多少割り引いて読んだほうがいいのかも...。

とはいえ、自分が持っているモデルが年々進化し、アップトゥデートなスペックになっていくこと自体は、シリーズが廃番になってしまうよりはずっといいと思っている。

気になるお値段のほうは去年モデルとほぼ同じ。ミドルグレードのカーボンを狙っている、このカラーリングやロゴが嫌いではない、名前よりは実質のコスパ重視派(笑)、の人には、ぜひ候補に加えてほしいものだ。このブランド、塗装が丁寧なのも気持ちいいし。
自分もサイクルモードか何かで、新しくなったエクスカリバーに試乗してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

サイクルパンツ

今日は朝からどんよりと曇っていて、夜の天気予報は雨。最悪は置いてくることも想定して自転車で出たけれど、帰りも走行困難なほどの雨には当たらず、事なきを得た。
ほぼ元気になった長女はマスクをして幼稚園へ行き、普通に午後まで遊んできたとのこと。

さて、金曜に都内で同窓会に出る前、千葉方面への出張を1つ入れてあり、それが終って40分ほど時間に余裕があった。
せっかくなので途中の市川で下車し、DEPOT(ディーポ)というサイクルグッズショップへ立ち寄ってみた。店の前に飾ってある自転車からしてこんな感じで、「普通じゃやだよね」というメッセンジャーさん御用達?の店と想像。

080623_01

自分が買いたかったのは、膝丈のサイクルパンツ。前々から欲しいと思っていたのだが、人一倍痩せているのでサイズ選びは難しく、試着なしでの購入は危険。どこか置いてある店で試着してから買いたかった。

お店にはrin projectとSwrveが何種類か置いてあり、どちらもSサイズでウェスト約80cmの想定。ジーンズが27~28でよい自分(笑)には、あまりに大きすぎる。(^^);

rin projectは新柄のハウンドトゥース等ではXSが出たのだが、無地タイプについてもXSがサンプル出荷され、黒の在庫が1本あるとのこと。実物を見ると、たしかにSよりひと回り小さく、サイズのタグが付いていない。

「限定でサンプル出荷」ってブランドのCOACHみたい...と思ったが、XSな自分には朗報に違いない。試着してみたらピッタリだったので、迷わずお買い上げ。(^^)
見た目的には、前から見るとサイドのポケットが斜めに切ってある点、後ろから見ると尻ポケットがなく、股に補強布を追加してあるのが特徴だと思う。

080623_02 080623_03

今日は通勤での初着用となった訳だが、自転車に乗る時の動きを考慮して設計したとの触れ込みどおり、どこにもストレスがなくて楽ちんだった。ストレッチ素材だし、縫い目の位置がよく考えられているのも好感度高し。後ろの丈が長く、前傾しても背中が出ないし。(^_^)b

通勤車のユーラシアにレーパンはトゥマッチ感ありありだけど、このパンツならまだ許せそうで、秋まではこれをメインに使えそう。
あとは耐久性だが、メッセンジャーさん相手なら多少のヘビーユースも想定の範囲内と期待したいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

Mt富士HCでの買い物

今週は木曜に休んだので、今日は土曜だけど出勤。
昨日の腰痛はほぼ治まったので、颯爽と...とはいかないが、主にランドナーバーの肩に手を添え、週末の空いたサイクリングロードをゆっくり走って行った。

さて、今年は先週末にあったMt富士HC。毎年会場内には代理店やショップのテントが多数出て、中には掘り出し物もある。前日は早めに北麓公園に行き、ひと通り見るのが恒例行事。(^^)

去年はドイターの型落ちリュックが特売で、しばらくは黒山の人だかりだった。(自分は間に合っているので買わなかったが...。)
それと、スペシャの代理店が変わったため、ダイワのブースでも特売があった。(こちらはBGグローブのフルとハーフを各1セット購入、今も重宝している。)

今年はそこまでの特売品にはお目に掛からなかったような...。
強いて言えば、スペシャのブースで去年カラーの“S-WORKS 2D TEAM”ヘルメットが半額なのが目を引いたけど、Mサイズはアスタナしかなく、あとはSサイズばかり。(このモデル、Sサイズはとっても小さいのです。)
それに、自分は今年カラーのをつい先日買ったばかりだし。

今年は小物ばかり、細かい買い物に留めた。1つめ、JAGWIREの“RACER”。3000円という値段はすごく安い訳ではないけど、ついでに。
これはロードバイク用のブレーキとシフトのケーブルやキャップがセットになったもので、サドルに合わせて白にしようという趣旨。前から存在は知っていたが、使うのは初めてで性能は未知数。(笑)

080607_01

2つめ、VELOの傷防止シールのセット(300円)。定価(1000円以上)なら高い!と思うが、300円ならと買ってみた。カーボン柄なので、自分の黒いカーボンのロードバイク用。

080607_02

3つめ、ドイターの携帯入れ(100円)。実際に携帯を入れるとかさ張ると思うので、輪行する際にGPS(Edge305)やサイコンを仕舞うケースにでもしようかと。

080607_03

4つめ、GOLDWINのグローブ(1800円)。サイズが小さいのだけ大量に余ったらしく、定価の半額で売られていた。自分は手が小さいので、試着してみたら十分使える大きさ。パッド厚めと薄めの2種類あり、スペシャと機能がかぶらない薄めをチョイス。

080607_04

翌日、肝心の本番では記録が前年並みだったので、何しに行ったんだかね~という気も若干するけれど、これも楽しみなのでいいことにしよう。(笑)
現地にいらした他の皆さん、何か掘り出し物はありましたか?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

BONTRAGER “Inform RL”ファーストインプレ

先週前半に買ってきたサドル、仕事が忙しくて取り付けないまま週末を迎えていた。昨夜ようやく、交換&ひと通りのポジション調整をしてみた。

まずは高さ。新旧のサドルを横から見ると、“Inform RL”の方が明らかに薄くて、座面とレールの距離が短い。サドルの上面とクランク中心の距離を前と同じにするには、アリオネの時より約7mm、シートポストを出すことになりそう。
続いて前後。ローラー台で、定石どおり膝皿下とペダル軸が垂直になるように調整し、前後を動かすと高さも若干変わるので微修正。

それで漕いでみると、何だか前より下死点を遠く感じて、ケイデンス90以上になるとスムーズに回せない。サドルの高さは確認したはずなのだが...。
アリオネは前後に大きくてクッション性もあったので、沈み込みがやや大きかったのかも。とすると、買ってから約2年もの間、自分は教科書どおりよりややサドル低めで乗っていたのだろうか?

とは思いつつ、乗ってみて違和感が取れないようだったら再調整するか、ひとまずアリオネに戻せばいいことにした。←シートポストやサドルにマーキングしてあるので、戻すのは簡単。

翌日の今日、通勤バイクをロードに切り替えて具合を見てみた。ここでbeforeとafterの写真を1枚ずつ載せておこう。

070212_01 080526_01

左がbefore。タイヤは『Michelin PRO2』の水色サイド、サドルは『Fizi:k Arione』のシルバー、バーテープもFizi:kの同色。
右がafter。タイヤは『DedaTRE RS Corsa』の黒、サドルは『BONTRAGER Inform RL』の白、バーテープもBONTRAGERの白。

15分ほど乗った後、とある段差を越えた際に座面の後ろ半分がガクっと下がって驚いた。落ちついてダンシングで安全な場所まで行って確認すると、サドルが緩んでしまっている。(^^);
自分のシートポストはネジ1本で下から締めてレールを固定するタイプなのだが、そのトルクが足りなかったらしい。レールが中空なのでちょっと遠慮してしまった記憶も少々。
低速なヒルクラ中ならまだ笑えるけど、高速で下っている時なら大ケガしたかも...。と反省しながら、携帯工具で増し締め。

さて、実走でもやはりローラー台同様、少しペダルが遠い間隔があった。回転重視なら数mm下げてもいいかもしれない。
それと、サドルをきっちり留め直してもなお、尻を後ろにずらしたりわざとドンと座ったりすると、サドルの後ろ半分が落ちて前半分が浮くような感覚がある。
降りてサドルの後ろ半分を押さえ、前半分を動かすと、少しグニャっとするのが確認できた。

通勤の往復で使ってみて、この製品はラウンド形状による座骨への局所的な負担防止、全体的なしなり、プラス前半分の柔らかさで快適性を出そうとしていると想像できた。
この前半分の柔らかさからして、太もも内側の擦れで悩むことはなさそう。
また、アリオネより尻の座りがよく、勝手に前後に動かない。軽いギアで回すにしても重いギアを踏むにしても、安定感はありそうに感じられた。

とりあえず、今日の時点で思ったのはそんなところ。また調整したりでフィーリングが変わってきたら、続きを書くことにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

軽量ウィンドブレーカー(他にも...)購入

厚い雲が通過したようで、朝のうちは室内から雨粒が見えるような強い雨だった。
窓を開けてみると、ジメっとした梅雨どきの空気感。そして木々や道路を打ち付ける雨の音。あぁもうすぐ梅雨入り、続いて夏が来るのだと思いながら、そっと窓を閉めた。

やがて10時近くになると、雨が小やみになってきた。これなら、屋根のないアウトレットなどへ行っても難儀せずに済みそう。
最初は自分だけで行くつもりだったけど、いつものパターンで子ども達が着いていくというので、家族を車に乗せて南町田のグランベリーモールへ。

自分が買いたかったのは、先日から検討していた軽量のウィンドブレーカー。結局、モンベルのを買うことに決めていた。
フードコートで早めの昼食を済ませてから、いざモンベルへ。さすが本家本元?だけあって、全4色ともSサイズの在庫がある。
実物を見比べながら、電車の中で着ても目立たないほど無難なのは紺、黄色もうるさい色ではないので悪くない云々と最終検討して、結局は前々からいいと思っていた白を購入。7800円なり。

これを入れてくれた紙袋のほうが重いぐらいで、峠に行く時には荷物が軽くなっていい。
ヒルクライベントでリュックを預けてからスタートまで待機する間の冷え対策にもよさそう。缶コーヒー並みに小さくなるし、80gは「バックポケットに入れて登ってもいいや」と思える重さなので。

ここで家内より、ちょっとレインコートを見ていきたい、新型である必要はないのでアウトレットのコーナーへ行こうという提案あり。
家内はレインウェアを持っておらず、先月嵐の入園式の日はジジのを借りたという背景あり。なるほど、もうすぐ梅雨の時期なので、徒歩で幼稚園の送り迎えをする家内には必要なものだ。

アウトレットコーナーでは、レインコート、ポンチョ、カッパ類の型落ちが少しは安く売られていて、費用対効果的にはスーパーハイドロブリーズあたりでよさそう。でも、身長148cmの家内には大人用のSやXSでもやや大きかった。

ここで小さい人とっておきの作戦。キッズの150cmを試着してみたらぴったり。デザインや機能面でも大人のと何ら変わらない。値段は大人のよりやや安い。というわけで、おとなしい赤色のレインコートを6000円で購入。

最後に本屋で子どもたちに絵本を買い、スタバでおやつしてから帰路へ。
それらも自分が出したので、家内のレインコートと合わせるとずいぶん高いウィンドブレーカー代になったけれど、先日のジロジャージの件もあるし。これで済めば安い位か?(^^);

夜はロードバイクにサドルを取付したり、ローラー台で位置調整をしたり。そちらは明日実走してちょっと触れることにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

マリア・ビアンカその後

今日は昨日とは打って変わって、初夏らしい天気。湿度がそれほど高くなくて運動に向いており、5/16分で紹介した白ジャージ(マリア・ビアンカ)で快適な自転車通勤タイム。(^^)
このジャージ、色が白なのもあるし、生地がメッシュ系(細かい穴が無数に空いている)で通気性がいいのも効いているのだろう。

これを初めて着て行った先日のヤビツでは、気温が18~20℃ぐらい。それでも、下りでは胴体に当たる風がとても冷たく感じられ、寒さに弱い自分はウィンドベストを着ないと辛いものがあった。
これからの季節、通勤では涼しい格好をする必要があるし、デザインが控えめゆえ寄り道して買い物する際も気にならなくてよさそう。

なので自分は買って良かったと思っているけど、家庭的には微妙?(笑)
 自分「ジロのジャージを買ったよ。」
 家内「いくら?」
 自分「1万円」
 家内「えっ、1万円!(@_@)」
などというやりとりがあったもので。(^^);

今までは型落ちやヤフオクで入手した2000~3000円位のを常用していたし、「このペラペラのシャツが1万円ね~」という感覚も分かるし。5000円位とかウソを言ったほうがよかったかなぁ。(^^ゞ
今度何か買ってあげてバランスを取らねば...。

それはさておき、本家ジロのほうは若手が活躍中。総合上位の顔ぶれがかなりフレッシュだし、ステージも新人賞年齢のリッコが2勝と頑張っているらしい。
総合はもちろん、この白ジャージを最後に誰が獲得するのかも目が離せない。でも見るのは自重中。(TT);

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ニューグッズ2品到着

本日は朝の天気があまりに悪かったので、残念ながら自転車通勤はお休み。雨はまだしも突風が強すぎて、まっすぐ走れる自信が持てなかったもので...。(^^);
あげくに東神奈川に着いたら、強風のため京浜東北線が運転中止。出勤に2時間も掛かって午前中からお疲れモードだった。

さて、轍屋さんに発注していたグッズ2品が入荷したという連絡メールが来たので、会社帰りに受け取ってきた。

1つめはヘルメット、SPECIALIZED“2D S-WORKS”のMサイズ。
カタログを見て、シンプルに白かレッド、ロードバイクがRIDLEYなのでLottoカラー等を考えた。今までのMETが白1色なので複数色使いにして気分を変えたいけど、今年のLottoカラーは真っ黒で安全上どうなの?と迷う。

結局、自分の好きな水色基調で明度が高い、Gerolsteinerカラーに決定。この際、チームが違うとかは気にしない。(^^)
スペシャ日本法人のサイトにはまだ古い色で出ているが、今年モデルは薄い水色の割合が増え、より自分好みになった。

080520_01

この製品、通気口が多く、それぞれが大きい。これって夏場はさぞかし涼しいことだろう。その代わり、冬場はインナーキャップが必須かも。
着脱OKのバイザーが付属しているので、雨の通勤やオフロードイベントでも重宝しそう。

2つめはサドル。BONTRAGER“Inform RL”のSサイズ。
自分はあまりサドルで悩まない人で、股間が痛くなる等はほとんど経験がない。でも、いつもアリオネというのも芸がないので、これもいわば気分転換。

先日新調したロード用のタイヤが黒、元々フレーム・ホイール・ハンドルが黒だったので、全体的に真っ黒。そこで、サドルは白いのにしてみた。

080520_02

座骨の幅を計って買ったのでサイズは自分に合っているだろうし、後ろから見ると座面がアーチ状になっていて、不要な尻の移動や座骨への負担が少なそうな印象。
それに、サドルの前半分が比較的柔らかくて、太ももの擦れも気にならなそう。

いまは時期的にMt富士HCの直前で、本来はイベント直前に何かを換えるのはあまり良くない。
でも、Mt富士HCはほんの1時間半、下りを入れても2時間台で終わるものなので、ローラー台と軽い実走で調整して行けば大丈夫だろう、と軽く考えている。

これらのインプレは後日改めて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧