最近のトラックバック

« 臨時収入?に思う | トップページ | 『企業診断』8月号に載ります! »

2009年7月 3日 (金)

温泉街とサイクルトレイン

おはようございます、まつあにです。

昨日Asahi.comを見ていて、目にとまった記事がありました。
「飯坂温泉―福島駅、列車時々自転車の旅いかが」というタイトルで、福島交通のサイクルトレインを動画付きで紹介しています。
(私はいわゆる“スポーツ自転車愛好家”でして、「自転車」というワードに目が...。)

この飯坂温泉といえば「じゅらくよ~」のTV-CMが頭に浮かぶのは、私だけ?(あれは強烈だった...)
聚楽は一大リゾートでまぁうまくやってるんでしょうが、古くからある零細旅館の多くは経営が厳しいと想像できます。

そして、温泉旅館といえば、自分も受けたH20の事例2です。
もしも与件文に書かれた資源が、「高速道路とショッピングモール」ではなく、「鉄道のローカル線」だったら、H温泉組合にサイクルトレインの導入をアドバイスしたでしょう。(笑)

さて、Wikiで「サイクルトレイン」を引くと、既に多くの実例があるようですね。
個人的には、その中では香川の土讃線や琴電を利用してみたいです。
(私はいわゆる“讃岐うどん愛好家”でもありますので...。)

但し、このサイクルトレイン、話題作りにはいいとしても、実効性は?です。
 ・大抵は乗れる区間が短いので、あまり便利だと感じてもらえない。
 ・温泉旅館や名所旧跡が固まりすぎず、数駅の周囲に点在している必要がある。
 ・レンタサイクル等、下支えするシステムの導入・運用コストがかかる。
  (愛好家は自転車を分解して袋に入れ、新幹線や飛行機に持ち込めるが、普通の人はそうではない。)
等々、制約や課題がありそうなので。

いずれどこかでサイクルトレインを利用してみて、地域活性化にどの程度役だっているか、関係者に取材もしてこようと思っています。

« 臨時収入?に思う | トップページ | 『企業診断』8月号に載ります! »

書籍・雑誌・新聞・TV」カテゴリの記事

コメント

いまごろ書き込みです・・
ツール・ド・フランの追っかけでスイス(とフランス)に行ってきました。スイスは鉄道網が整備されているのでも有名ですが、自転車はほぼすべての電車に自転車用スペースがもうけてあり、そのまま乗せられます。
http://photozou.jp/photo/list/77316/883703
うらやましいですねえ~。

日本のサイクルトレインでは”南会津サイクルトレイン”という、一種のイベント列車に乗ったことがあります。東武鉄道からそのまま会津鉄道に乗り入れるのです。福島の自然の中をサイクリングして、一泊旅行してまた電車で帰ってくるというパッケージツアーみたいなもの。地元の皆さんもバックアップしてくれていて楽しかったですよ。

また、静岡の遠州浜名湖鉄道のトロッコ電車というのも区間限定ですが、自転車がそのままもちこめるらしいとのことで行ってみました。ただし、私の旅の都合で、トロッコ電車に乗れる駅までは輪行、ホームで自転車を組んで乗せたんですけど・・。

降りた後、浜名湖周遊自転車道からの眺めは絶景でした~!

>くろださん
スイスの自転車環境もうらやましいけど、生でツール・ド・フランスを観戦できるくろださんもうらやましい、まつあにです。(爆)

それはさておき、サイクルトレインの類は、向いたところで使う限り、結構なポテンシャルがあるのでは?と思っています。
貴重な情報、ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/45523779

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉街とサイクルトレイン:

« 臨時収入?に思う | トップページ | 『企業診断』8月号に載ります! »