最近のトラックバック

« あさ出版社長が語る“選別眼” | トップページ | 『企業診断ニュース』6月号 特集を執筆しました »

2012年2月26日 (日)

「稼げる資格」をご覧になった方へ

稼げる資格 2012年上半期版

今、コンビニや書店に並んでいる「稼げる資格 2012年上半期版」(リクルートムック)で、「中小企業診断士」の頁(P22)に、私・松林が載っています。

この記事の取材は一昨年の暮れに行われたものですが、少しずつ内容を改訂する冊子らしく、今回は継続して使われたようです。
以下3点、冊子をご覧になって「中小企業診断士」を知ったり、興味を持たれた方にお贈りします。

■私にとっての「中小企業診断士」資格

記事にもあるように、私は40代後半で会社を辞め、経営コンサルタントとして活動を始めました。

そもそも、「コンサルタント」は、自分がそれだと名乗ればなれるものであって、中小企業診断士という肩書きは必須ではありません。
とはいえ、資格なしでいきなり「コンサルタントです」と名乗ってお仕事をいただくには、相応の実績が必要です。

少なくとも自分においては、「中小企業診断士」という資格が、重要なツール、いわば人生の扉を開ける「鍵」の役割を果たしています。

■初掲載から1年間の状況

おおむね、この記事の延長上にあるといえます。
子どもを養う都合上、ある程度は安定した収入も得たかったので、中小企業支援センターの相談員と、助成事業実施機関の事務局のお仕事についてお声掛けがあった際、ありがたく引き受けさせていただきました。

そうなると、平日の日中はあまり動けないので、夜や土日も使ってお客様に会うことになり、それらを除いた時間で資料作成などの宿題をすることになります。正直、時間のやりくりには今でも苦労しています。

当然、プロである以上は成果を求められるわけで、プレッシャーもそれなりにあります。
しかし、アドバイスを実践して効果があった等と感謝されることはとても嬉しいので、「この資格を取ってコンサルタントになってよかったか」と問われれば、迷わず「はい!」と答えるでしょう。

■中小企業診断士試験で得られるもの

1次試験には7科目あり、他の多くの資格試験に比べて、カバーすべき範囲は広いです。
その反面、それぞれの専門資格(司法試験、会計士、社労士など)と比較して、知識の深さや細かさは要求されません。

この「浅く広い知識が必要」という特質から、「別に独立するつもりはないし...」という方にとっても、一種の「ビジネスマン検定」として、受けてみる価値があるのではないでしょうか。
実際、友人知人を見ると、企業に勤務しながら、部署のマネジメントや顧客への提案のために、中小企業診断士としての知識を活かしている方がたくさんいます。

何であれ、「やりたいと思った時がやり時」です。
興味を持たれた方は、この「稼げる資格」に載っている資格試験学校などで、どういう試験なのか、合格した人はどう活かしているのかを、さっそく調べてみることをお勧めします。

« あさ出版社長が語る“選別眼” | トップページ | 『企業診断ニュース』6月号 特集を執筆しました »

書籍・雑誌・新聞・TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193938/54078809

この記事へのトラックバック一覧です: 「稼げる資格」をご覧になった方へ:

« あさ出版社長が語る“選別眼” | トップページ | 『企業診断ニュース』6月号 特集を執筆しました »