最近のトラックバック

学習・自己啓発

2012年11月18日 (日)

渡辺美紀さんのDVD収録セミナーに参加

121118_01

昨日の土曜日、午前にアポ1つを済ませてから、午後は渡辺美紀さんのDVD収録セミナーに参加してきました。

渡辺さんはTV番組のレポーター、朗読ライブ、司会、講演などで「プロの話し手」として活躍されています。
そうなるまでに苦労してつかんだ、「伝わる」ための考え方や技術を、惜しみなくアウトプットされていて、気づきをたくさんいただきました。

他人に自分の思いや考えを伝えることは、コミュニケーションの重要な一部を構成するもので、職業やポジションを問わない普遍的なテーマです。
個人・法人を問わず、伝えることが課題だと自覚されているようでしたら、ぜひ一度彼女の話を聴いてみてください。

なお、今回収録されたコンテンツは、来年2月上旬より、全国のTSUTAYAさんでレンタル開始予定です。
さらには、今年12月上旬に幻冬舎から初の単著も発売予定とのことで、そちらも楽しみです。

☆渡辺美紀さんのWEBページ 「10倍伝わる話し方」はこちら↓
http://www.tsutawaru-miki-watanabe.com/

2012年7月 7日 (土)

ライフネット生命 出口治明社長の講演より

120707_01

勤め人時代は、仕事と称して様々な講演を聴きに行きましたが、独立後はそういう機会が少なくなり、インプットに留意せねばと思うこの頃です。
今日は午前に1件アポの後、午後はライフネット生命の出口治明社長の講演を聴きに行きました。

お話の中でポイントはいくつかあったのですが、中でも印象に残ったのはダイバーシティに関する部分です。概ね、下記のような内容でした。

ダイバーシティがないと、何だかおかしいと思っても、「皆がいいと言ってるから、まぁいいか」となってしまい、『裸の王様化』しやすい。
ダイバーシティには、「幅」、「新たな視点」、「リスクヘッジ」という大きなメリットがある。
ライフネットでは、年齢・性別・国籍を問わず、スペックで社員を採用することで、ダイバーシティを保っている。
最初は大変だが、「“国語”で議論せず、数字・ファクト・ロジックで議論する」という原則を守れば、コミュニケーションを活性化させられる。

実際、同社では、若手社員が60代の出口社長に意見を言うのが当たり前で、Twitterも若手が来て社長のPCでアカウントを設定し、「これから1日5回つぶやいてください」と言われて始めた(笑)そうです。

出口社長は、還暦を過ぎて起業し、3年で株式上場を果たしたことで注目を集めていますが、お話の端々に広い視野と古典への深い造詣がうかがわれ、上記のエピソードに象徴されるように懐が深い印象を受けました。

この同質化を避けてイノベーションが起こりやすい組織文化にすることは、自分が組織を作る場面、コンサルティングする場面の両方で、意識していこうと思います。

(写真:講演後に出口社長にお願いして1枚)

2011年9月10日 (土)

あさ出版社長が語る“選別眼”

「選択眼を身につけよう-当たる企画と当たらない企画-」


一昨日(9/8)の夜、横浜企業経営支援財団で行われた、佐藤和夫氏(あさ出版社長)の講演「選択眼を身につけよう-当たる企画と当たらない企画-」を聴いてきました。

あさ出版は、出版業界全体の売上が縮小する中、「日本で一番大切にしたい会社」、「渡邉美樹の夢に日付を!」、「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」等のヒットビジネス書を出している会社です。

佐藤社長は饒舌なタイプではなさそうですが、言葉の一つひとつに重みがあり、90分のお話は密度の濃いものでした。以下、それらのごく一部を共有させてください。

■すごく売れた本は、なぜ売れたか

前提として、トレンド+何か(一歩先、共感など)が必要。
ニーズを掴むことはもちろん重要である。しかし、ニーズ対応だけでは、「すごく売れる本」はできない。
本当のニーズは、まだ目に見えない。薄皮を被っていて、ペラッとめくるとそこにある。
それを見つけるのが“選別眼”であり、優秀な編集者は持っている。

■著者選びの基準

著名な人は既に大手に取り込まれている。では、まっさらな人をどうやって見つけるか。
斉藤投手ではないが、やはり「持ってる人」と「持ってない人」がいる。
「持ってる人」は、見極める側に人間力が求められる。

具体的に本を書いてほしいと思うのは、普通の人と使う言葉が少し違い、エッジが立っている人。それでいて、言うことに普遍性があり、一般化する力がある人である。

これらは書籍に限らず、商品企画や人材採用など、ビジネスの様々な局面にあてはまる内容だと思い、印象深かったです。皆さんはどうお感じになりますか?

2011年4月21日 (木)

講演会「OTAKUとビジネス」

Otaku

今日は仕事のあと、「OTAKUとビジネス~好きなことで起業する~」という無料講演会に行ってきました。

講演者は、コミックとらのあなで知られる、株式会社虎の穴の代表取締役、吉田博高氏です。
吉田さんはアキバをマンガやアニメの街に変えた先駆者的存在なので、ある意味「ぶっ飛んだ」キャラクターを想像しておりました。しかしながら、例えば、

■起業する際の考え方
・現金がすぐ入る仕事
・お客さんに近い仕事(顧客に近い方がサービスの質を高めやすい)
・競争相手がいない仕事(昔のアキバにはマンガ屋はなかった)

■ビジネスモデルの重点
・対象となるマーケットユーザーを絞る
 (変わった仲間、集団に注視する。細かい1ジャンルでOK)
・欲をかかないオンリーワンで
 (大手や中堅がそもそも入れないところを狙う)
・話題性を作る
 (勝手に宣伝してもらえる。わからなかったら、お客さんが入っている店に行ってみる)

のような内容から、「商売」に対する誠実なスタンスがひしひしと伝わり、感銘を受けて帰ってきました。

講演終了後も、受講者の質疑応答や名刺交換に丁寧に対応なさっていて、人に向き合う姿勢にも学びたいと思います。

最近、平日は予定が入ることが多く、あまり講演会やセミナーの類に出られていないのですが、外へ出て人の話を聞くことって大切ですね。

2010年5月 7日 (金)

松尾昭仁さんのセミナー

午前中に横浜での用事を済ませ、午後から松尾昭仁先生の「戦略的出版セミナー」を受講してきました。

松尾先生のセミナーは、「セミナー開催ノウハウ講座」に続いて2回目の参加です。

昨年先輩に勧められ手に取った誰にでもできる「セミナー講師」になって稼ぐ法 (DO BOOKS) は、先月の自主セミナー開催の際にも参考にさせて頂きました。

今日も、BGMやコーヒーのサービス、司会の立ち位置や講師紹介の仕方、関連購買(著書やCD)、アンケートの使い方など、その著書にあるノウハウが漏れなく実践されていました。

今回のテーマは出版でして、ビジネス書を出版された/近々に出版される著者さんが複数登壇され、出版までの経緯、出版してよかったこと、Amazonキャンペーンの話、今後の戦略などについて語っておられました。

ご参考までに、登壇された皆さんと近著をご紹介しておきます。Amazon総合1位など、かなり売れている本もありますね。

・鳥居祐一さん
 スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

・松橋良紀さん
 あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)

・田口智隆さん
 11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業

・田中御早希さん
 書き込み式 結婚「達成」ドリル

こうしてセミナーに行っても、実践しないと「ただの勉強好き」で終わってしまうので、行動に繋げないとです。(単著を出そう作戦、もうちょっと先の発動になりますが)

2010年4月30日 (金)

MPAに参戦

MPAのホームページ

以前から何かとお世話になっている先生の主宰される研究会「MPA」に、今年度から入れて頂くことができました。

昨日は都内某所にて、その定例会と懇親会がありました。
まずは自分も含めて新入会員から、1人7分の自己紹介プレゼン。

続いて先生から経営相談員研修のお話、ロンドン3からiPhoneによるライフスタイル効率化のプレゼンと、密度の濃い時間を過ごし、最後は近くの居酒屋で懇親会と相成りました。

「ふぞろい」の先輩や同期から、「よく学びよく遊べ」な雰囲気は伝え聞いてはいましたが、なるほど活気に溢れていて、たいへん刺激を受けました。

ちなみに、プレゼンで最下位になると罰ゲームで芸をせねばならないので、ちょっと仕込まねばです。(^^);

う~む。メイド服を着て優勝チームにご奉仕する、ぐらいで勘弁してもらえるのか?(笑)

2010年4月16日 (金)

東京都中小企業知的財産シンポジウム

東京都中小企業知的財産シンポジウム

独立してから、知識をアップデートする機会をより意識的に作る必要があると思う、今日この頃です。
(前職でも研修や教育はほぼ無い状態でしたが...)

というわけで、都庁で行われた「東京都中小企業知的財産シンポジウム」を聴講してきました。

基調講演では、伊藤元重氏(東京大学大学院経済学研究科教授)が登壇されました。
中国の経済成長や日本の急激な高齢化など、変化の著しい中で生き残るためのポイントとして、『3つの目』のお話がありました。

『3つの目』とは、「鳥の目」、「虫の目」、「魚の目」です。
特に、「魚の目」、つまり潮目(環境)の変化をいち早く察知し、潮流に乗ることが重要とのことでした。

後半のクロスセッションでは、中小企業(2社)の社長、日本弁理士会関東支部の支部長、東京都知的財産総合センターの相談員の皆さんがパネリストとして登壇され、事例をもとに中小企業の知財戦略を考えていく、という内容でした。

個人的には、特に東京ブラインド工業株式会社の櫻井武志氏のお話が印象に残りました。
同社は新連携の認定を受けており、各所で事例紹介されているので、ご存じの方も多いことでしょう。

吸音ブラインド、国内産杉製ブラインド等、ユニークで差別化された商品を指向し、大手と競合しないニッチ市場で戦っており、中小企業の戦略実例として参考になります。

知財については、「意匠登録を出願中であることを伏せて同業大手に自社製品を見せたところ、1か月後にショールームに自社製品そっくりの品が展示されていた」など、生々しいお話を伺えました。

これって、ブラインドの大手は日本に2社しかないので、そのどちらかですね。(^^);
ちなみに、意匠登録の件を伝えて「ライセンス料を頂きますよ」と言ったら、その場で目の前からスーッと展示品を下げたそうです。

また、櫻井氏の「経営革新を実践する2代目」という面は、経営承継についても参考になります、そのお話はこちらのブログに書かせて頂きます。

---

4/24(土)の「ゲームで学ぶ経営承継セミナー」が近づいて参りました。
まだ若干残席がありますので、ぜひ参加をご検討ください!

2010年4月 5日 (月)

「本当にやりたいことをやって幸せに生きる」 in 大阪 (4/24)

こんにちは、まつあにです。

前回の林様と同じく松尾昭仁先生のセミナーでご一緒させて頂いた、OFFICE nO DoubTの斉藤様より、自主セミナーのご案内を頂きました。

斉藤さんは「元歌舞伎町NO.1ホスト」というご経歴をお持ちで、現在は「セルフマネージメントプロデューサー」としてご活躍中です。
美容・アパレル・芸能関係を中心とした企業研修や、高校・専門学校・大学などでの授業を通じて、潜在能力を引き出し、人から支持されるタレントを育成するお仕事をされています。

今回のセミナーでは、「『幸せ』だから、『楽しい』のではなく、『楽しむ』ことで『幸せ』を引き寄せる」という発想で、今を楽しむ大切さとそのためのポイントをお伝えしたい、とのことです。

4/24は自分たちが都内で開催する自主セミナーとかぶっていて、私は参加できないのですが、特に関西な皆さま、下記をご覧になってみてください。

---引用ここから---

「本当にやりたいことをやって幸せに生きる」 in 大阪

人はどんな時に本当の幸せを感じるのでしょうか?
あなたは何が手に入れば「幸せ」を感じることが出来ますか?

人は誰もが「幸せ」を求めて生きています。
しかし、自分は「幸せ」だと自信を持って言える方はどれくらい居るのでしょうか?

もしも、あなたが今の生活に「幸せ」を感じられていないのであれば
何が手に入れば「幸せ」を感じることができますか?

実は誰もがちょっとしたことで
自分が求める「幸せ」を現実化する力を持っています。

セミナーでは、本当の幸せの意味を知り
本当の幸せを手にするヒントをお伝えします。

今回はメルマガ「ハッピーOL♪の輝く職場☆」
http://merumo.ne.jp/00570065.html
を発行し、女性が輝くためのヒントをお伝えしている
OLのkeikoさんとのジョイントで開催いたします。

当日は懇親会も予定しておりますので
是非、お誘いあわせの上ご来場お待ちしてます。

セミナーにご参加いただき、もし、ご満足がいただけなかった際には
全額返金させていただきます。

尚、4月10日までにお申し込みいただきますと
早期申し込み割引といたしまして「3,000円」となりますのでお申し込みはお早めに!!

セミナーお申し込みはこちらから
http://nodoubt.jp/blog/2010/03/in.html

日時:4月24日(土)
14時~16時30分(受付13時40分より)
17時より懇親会(3,000円)

会場:大阪市立生涯学習センター 第三研修室 (大阪駅前第二ビル 5階)
http://www.osakademanabu.com/umeda/

料金:3,500円

4月10日までにお申し込みいただきますと
早期申し込み割引といたしまして「3,000円」となります。

特典:
「本当にやりたいことをやって幸せに生きる」の無料レポートをプレゼント!
返金保障も付けさせていただきます。ご満足いただけなかった際には全額返金いたします。

セミナーお申し込みはこちらから
http://nodoubt.jp/blog/2010/03/in.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

OFFICE nO DoubT (オフィスノーダウト)

代表 斉藤恵一
k-saito@voice.ocn.ne.jp

ブログ
「~元歌舞伎町NO.1ホストが綴る~ 
 夢を叶えるセルフマネジメント~」
http://ameblo.jp/ken1110/

メルマガ発行中
「1日60秒 夢を叶えるセルフマネジメント」
http://mobile.mag2.com/mm/M0092182.html

「恋が叶う魔法の法則」
http://mobile.mag2.com/mm/M0092179.html

---引用ここまで---

2010年4月 4日 (日)

iPhoneを10倍楽しく使いこなす サクサク!ハッピーセミナー (4/7)

こんにちは、まつあにです。

先月、松尾昭仁先生のセミナーでご一緒させて頂いた、ヒューマンサイエンスラボの林様より、ご友人が開催されるセミナーのご案内を頂きました。

残念ながら私は先約があって参加できませんが、ご興味をお持ちの方、下記のリンク先をご覧ください。

---引用ここから---

今回、友人がiPhoneセミナーを開催することになりました。
とても濃い内容になっております。

もし、iPhoneをお持ちで、3ヶ月以内であれば、
この機会に参加してみて下さい。

iPhoneは今とても注目を浴びていますが、
最初の取っかかりが難しいと言われることがあります。

そんなこんなを丁寧に解決してくれるのが、
今回のセミナーになっています。

どんな内容のセミナーなの?
そう思われたなら、下記URLをクリックして下さい。
コンテンツの多さに驚愕するかもしれません。

http://justnow.orange-mail.net/l/outb2t1m659941

開催日:4月7日(水)19:15~21:15

開催場所:あうるすぽっと豊島区区立舞台センター 会議室B2

住所:豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
「JR池袋駅」(東口)より徒歩8分

---引用ここまで---

2009年12月24日 (木)

自主セミナー(経営承継)打合せ

昨日は自主セミナー(プロコン塾の課題)の打合せがあり、都内の某区民館にメンバーが集結しました。

ターゲット設定、会場確保、内容、形式、コンテンツ作成の段取り、PRのやり方など、午前から昼食を挟んで午後までみっちり。

「来年春」と言うと何だか先のことに聞こえますが、4月なので実はあと4ヵ月しかなく、その準備は計画的に進めていかなければなりません。

ちなみに、自主セミナーのテーマは「経営承継」です。

「経営承継」については、各種支援機関で無料あるいは低廉な価格でセミナーが開催されており、経験豊富な方が講師をなさる場合も多いです。

それらと差別化し有料で集客するというハードルは高いのですが、いい勉強の機会としてポジティブに取り組んでいくつもりです。

経営承継のブログも準備中でして、年明け以降にこちらのブログからリンクしてご案内したいと思っています。

皆さま、その際はよろしくお願いいたします。m(_ _)m