最近のトラックバック

日記・コラム

2011年7月16日 (土)

川瀬茂さんを偲んで

去る7月12日、私がマーケティングの手ほどきを受けた、川瀬茂さんが逝去されました。
日経新聞の訃報

川瀬さんは三越(現・三越伊勢丹)で常務を務められた方で、退職後は後進の育成に取り組まれ、マーケティングや経済学の勉強会を主催されました。
ここ数年、心臓の病気のため静養中でしたが、残念ながら天国へ旅立たれました。

本日(7/16)、鎌倉で告別式がありましたが、約束済みの仕事があり参列がかないません。東京の空の下から、ご冥福をお祈りしました。

川瀬さんの講義は、単なる学者の理論の解説ではなく、豊富な経験に裏打ちされた説得力のあるものでした。
例えば、「ゲーム理論」なら、「ティファニーの権利を買うためにアラブの大富豪と交渉した時の話」が出てくる等々。

当時(2004~2005年頃)、「コトラーのマーケティング・コンセプト」(写真)を勉強会のテキストとして使っていました。
この本は、各項目について簡潔にまとまっており、ボリューム的に入門書として最適なのですが、配列がアルファベット順になっています。
川瀬さんがしかるべき体系に沿って項目順を並べ直し、マーケティング計画の立案から実行管理までの流れが分かるように工夫されたのを思い出します。

さて、私が独立するまでの流れを大まかに書きますと、

  1. 会社勤めをしていて、ある日「もっと勉強せねば!」と思った。
  2. たまたまこの勉強会に出会い、マーケティング等の手ほどきを受けた。
  3. 「中小企業診断士」という資格があると気付き、受けてみたら受かった
  4. 「ふぞろいな合格答案」やコンサル塾などで多くの方に出会い、独立という道があると知った。
  5. 会社での希望退職募集に応募し、退職してコンサルタントとして独立した。

となります。ということは、もしもこの勉強会に参加していなかったら、今の自分はないわけです。診断士試験の経営理論と経済学で、その講義のノート以外に何も使わずに8割5分も取れたほどで、感謝の気持ちは言葉に尽くせません。

この先、自分が何歳まで生きるか予想はできませんが、川瀬さんに教わったことを十分に活用し、後進に伝えていくことで、せめてもの恩返しをしたいと思っています。

2011年4月18日 (月)

1つ年を取りました

P1000604

今日は私(松林)の誕生日。外での仕事を終えて帰宅すると、机の上にこんな紙がおいてありました。
2人の娘が相談して、文字は小2の長女、絵は年長の次女がそれぞれ書いたそうです。
このところ週末も研究会やコンサル塾の用事で家を空けることが多いので、朝食時など話ができる時間を大切にして、できるだけ長く大切にされる父親でありたいと思います。

最近始めたFacebookのほうでも、たくさんのバースデーメッセージをいただきました。
Facebookにプロフィールを載せる・載せないの判断は分かれると思いますが、ご無沙汰していた方と再会できたり、遠方の方の近況を知ることができたり等のメリットもあるので、うまく使っていきたいものですね。

P1000600

今日は写真をもう1つ。
お手伝いさせて頂いている支援機関のそばに、きれいな八重桜が咲いていました。まるで「桜のトンネル」のようです。(^^)
私、同じ桜ならソメイヨシノより八重桜派でして、色あいと葉っぱが付いてナチュラルな感じがするところが気に入っています。

人生の折り返しを過ぎて、あと何回美しい桜の季節を迎えられるか?と思ったのが、診断士の資格を取ったり独立したりの1つのきっかけでもあります。
1年1年が勝負。よりバージョンアップした自分になって来年も桜を見られるように、もろもろ頑張らねば!と思う、誕生日の松林でした。

2011年4月10日 (日)

桜、MPA定例会、パリ~ルーベ2011

P1000590

午前中、家族で自宅の周辺を散歩してきました。写真は鶴見川の土手に植えられた桜で、約100年前に日本からワシントンに贈られた桜の里帰りだそうです。

個人的には、桜よりは梅が好み(いち早く咲き、色がハッキリし、長持ちするから)ではありますが、こうして一気に咲き誇るのを見ると、改めて桜のパワーを感じます。

P1000593

午後は診断士の研究会“MPA”の定例会でした。今回は新入会員向けの活動内容・方針の説明会で、昨年合格の方も多数参加されました。
写真はWEBについてプレゼン中のロンドン3

皆さんのフレッシュな自己紹介を聞いていて、登録されたばかりの頃(2年前)を思い出し、“初心忘るべからず”と思う、まつあに@3年目でした。

なお、説明会ではビデオを回しており、「MPAに関心はあるが、今日の説明会には出られなかった」という方にご覧いただけるようにする予定です。少々、お待ちください。

夜はアポイント1つの後、帰宅して、“Paris-Roubaix”という伝統の自転車レースに出ている別府史之選手(今日が誕生日です)を応援中。
このレースは石畳を走る過酷なもので、落車も非常に多いのですが、活路を見出して結果を残せるよう祈ります。

2011年1月 2日 (日)

パッケージの価値

 新年2日目。どこか正月の小売店を見たいのですが、自宅近くの「ららぽーと」だといつもと代わり映えしません。そこで、首都高をひとっ走り。「横浜ベイサイドマリーナ」へ行ってみました。

110102_01

 11時前に現地に着くと、とても遠い提携駐車場しか空いておらず、入場すると家族連れでごったがえしています。@_@;
 みな両手いっぱいに福袋(1つ5千円や1万円)を持っていますが、子供服がメインのようです。大きくならない(横方向は別?)大人の服は...という人も多いのでしょうか。

 そんな中でも、一部のスポーツ系(NIKE、UNDER ARMOUR等)はごった返しており、フィットネスに関する意識が高い人が増えている状況が垣間見えました。

 さて、わが家の場合。2人の娘が1つずつ福袋を選びましたが、長女のほうは袋でなく、40×25センチの箱に入っていました。

110102_02

 他社の多くは紙袋かプラ系の袋に入れており、その方がたくさん買う人の持ち運びにはよさそうです。ただ、箱にするのも一手だなぁと感じました。というのは...

 帰宅すると、まずはその箱や入っていた服を使って、「洋服屋さんごっこ」が始まりました。

110102_04

110102_03

 さらには、「箱がかわいいので、捨てないでオモチャを整理するのに使いたい」と言い出しました。

 こうなると、この後もずっとそのブランドのロゴを目にして暮らしていくわけで、刷り込み効果は絶大。これから様々な商業施設に行く際、まずこのブランドに目がとまることでしょう。(^^);

 コトラーの製品概念(3層モデル)にも「パッケージ」という説明が出てくるように、商品の容器や包装なども、それ自体がメディアとして価値を持つのだと、改めて思った次第です。

2011年1月 1日 (土)

新年のご挨拶と2011年の目標

110101_01

 皆様、明けましておめでとうございます!
 本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 わが家では帰省は夏のみでして(田舎はとても寒いところなので...)、年末年始の旅行も特に予定していません。
 近所のお寺に初詣に行ったり、家内実家(自宅から歩いて5分!)に挨拶に行ってお寿司をごちそうになったりと、静かな元日を過ごしました。

 さて、今日は新春らしく、今年の目標を。
 レベル感がまちまちでmeasurable(測定可能)でもありませんが、特に留意しようと思っていることを3つ挙げてみます。

1、時間の管理
 これは昨日の日記に書いたとおりです。レコーディング・ダイエット的に、記録→振り返りをします。

2、より感謝される自分に
 昨年は独立し、会社員時代に比べ、相手の反応がよりダイレクトに伝わる魅力を感じた年でした。今年はより多くの方に、よりたくさん感謝されるように努めます。

3、きちんと稼ぐ
 昨年は単発や短期の仕事が多く、月による収入の多寡がありました。すぐにお金にならなくても社会に役立つことは積極的にしたいので、そのためにも安定して稼ぐように心掛けます。

 皆さんはどんな目標を掲げられましたか?
 それぞれ立場は違うと思いますが、お互いに頑張りましょう!

2010年12月31日 (金)

2010年の反省と来年の手帳

 今年は春に19年余り勤めた企業を退職し、フリーランスになりました。
 企業の経営相談やコンサルティング、研修やセミナー、執筆など、様々なお仕事を下さった皆様に、改めて御礼申し上げます。

 私はコンサルファームや研修会社などに勤めた経験はないので、一つひとつ手探りでやっていく中でコツをつかもうとするうちに、早くも年の瀬になりました。

 まだまだ要領の良くない部分もあり、バタバタした感じになることもしばしば。生活リズムが崩れることも多かったです。
 例えば年賀状も準備が押せ押せになり、昨日徹夜で作成して今日投函したような有様です。(皆様、元日にお届けできず申し訳ありません...)
 来年は、時間の管理をもっとしっかりやらねばと反省しています。

 私の場合、手帳については次のような変遷です。

  • 1980年代:Filofaxのバイブルサイズ
  • 1990年代:Macintosh+HP-200LX (*1)
  • 2000年代:WindowsPC+Palm (*2)
  • 去年から:MSOutlook+スマートフォン(EMOBILE)

*1 HP-200LX

101231_01_hp200lx

*2 Palm (写真は3代目の“m505”)

101231_02_palm505

 さて、2時間でと思った資料作成に実際はその倍も掛かったり、「これらの細切れ時間をくっつければまとまった時間が取れた」と気づいたりするので、改善ポイントはレコーディングと振り返りです。

 早くから電子化していたのは、予定に変更があった際の管理がラクなのと、バックアップが取れて紛失や破損を恐れずに済むからです。

 プランニングやスケジュール管理はPC+PDAでよいとして、レコーディングまでそれらに載せていくと、画面がごっちゃりしてしまい、使い勝手がよくありません。
 そこで、20年ぶりに紙の手帳を復活することにしました。

 本当はA5サイズのシステム手帳が好みで、それは「A4の紙をB系にするための縮小コピーが不要で、使い勝手がいいから」です。でも、バインダー自体がとても重くて、購入を躊躇しているうちに大晦日...。

 今日家族で新横浜へ行ったついでに、バーティカルのスケジュール欄が付いたA5サイズの手帳を1冊、購入してきました。カバー色は、好み+このバッグのオレンジに合わせる狙いがあります。

101231_03

101231_04

 デザインなどクリエイター系の仕事をしている訳ではないので、公的機関では微妙?ですが、必要に応じて黒カバーへの変更も考えます。(^^);

 去年からメモとして使っているA5サイズのノートをそのまま挟め、なかなかいい感じです。♪

101231_05

 見ていると、明日からの2011年、この手帳をパートナーに頑張る気持ちが沸いてきます。

 読者の方にもそれぞれ決めたものがあるかと思いますが、それらを使いこなして、お互いよい1年を過ごしましょう。p(^^)q

 それでは、皆様よいお年を!

2010年12月29日 (水)

居酒屋にて~ここまで来たサービス

 今年独立したこともあり、今月は前年より多くの忘年会に行きました。(当社比)
 今日はその最後で、中小企業診断士の資格取得を目指したきっかけの1つでもある「横浜マーケティング研究会」の忘年会でした。

 新宿歌舞伎町の一角にあるその店は、グルメで敏腕な社長が全国各地を食べ歩いて集めた食材を使っているとのことで、美味しい料理が評判と聞いていました。

 飲み放題付きで5,000円のコースを頂きましたが、なるほど、今年参加した同価格帯のどこよりも料理が美味しく、レバ刺しなど食材の良さを売りにしたレパートリーも気が利いています。
 飲み放題も、「日本酒は別料金」だの「グラスは交換で」だのという妙なルールはありません。
 料理だけでなく、若い女性の店員は皆かわいくて、愛想も良く接客マナーも備わっています。

 さて、ここまでだと「なるほど」で終わるのですが、ブログに書こうと思ったのは、もうひとサービスに感心したからです。

 主に対応してくれた女性店員(AKB48で言えばまゆゆ似?)が、厳しい冷え込みの中、外に出てお見送りをしてくれました。
 この店は和服チックな制服を着用させており、足下は素足に草履履きという軽装です。
「寒いのに大変ですね」と話しかけると、「もう慣れたから大丈夫です、ありがとうございます」との気丈な受け答え。
(ただいま就活中という彼女、頑張ってほしいです)

 御用納めも終わって忘年会も一段落の時期ですが、フロアは見渡す限り、男性のグループでびっしり。
 不景気でマーケット規模や客単価は下降していますが、この位やれればちゃんと集客はできるんだと思い、1つの基準を見た思いがした、今年最後の忘年会でした。

(宣伝するつもりはないので店の名前、プライバシーの点から店員さんの写真は、それぞれ控えさせていただきました)

2010年12月27日 (月)

取材を受けました

 今日は初めて、1人の「中小企業診断士」として取材を受けました。

 メディアの名称は「稼げる資格」といい、年2回刊行されるリクルート社の資格情報のムックです。
 あ、私自身がガッツリ稼いでいるという意味ではないので、念のため。(^^);

 取材では、ライターさんが前職企業のお客様だったり、配偶者の方が私と同郷だったり、コンサル塾以来お世話になっている先生をご存じだったりと、まずはアイスブレイク的にいろいろなお話からスタート。

 これから資格取得を目指す方向けのムックですので、メインは「なぜ資格を取ろうと思ったか」、「勉強はどのようにしたか」、「資格取得後どのように活かしているか」の3つです。

 「このままではいけない、まずは知識の棚卸しを」とTACの通信講座を申し込んだことに始まり、思い切って「ふぞろい」の編集メンバーに申し込んだことから頂いたご縁の数々、現在の仕事内容や今後やりたいことなど、計2時間ほどお話させて頂きました。

 取材を終え、試行錯誤の跡が残る問題用紙等を片付けながら、2つ思いました。

 1つめは、自分の「志」や「軸」についてです。
 食う(というか子どもを食わせる)ためには稼がなければならない訳で、日々の業務に埋没してしまい、正直それらを忘れてしまうことが多々あります。
 なぜ診断士の資格を取ろうと思ったのか、なぜリスクを冒して独立しようと思ったのか、等、質問に答えていく中で、自分をいま一度見つめ直す機会になりました。

 2つめは、プロとしての取材のあり方です。
 自分自身も、経営者や先輩のコンサルタントなど、いろいろな方にインタビューして原稿を書く仕事をすることがあります。
 場数をこなされているライターさんの話の引き出し方や聴く・突っ込むのメリハリなど、またカメラマンさんの段取りのよいセッティングやコミュニケーション力などは、駆け出し取材者の自分にとって目鱗なものであり、大変勉強になりました。

 今回の取材内容は、2月発売の“2011年度上半期版”に掲載されるとのことです。発売になりましたら、ぜひ一度ご覧になってご意見など頂けると嬉しいです。

 最近、様々な方からこのようにご縁を頂き、どの方位にも足を向けて寝られない感じですが、日々精進して恩に報いるしか道はないですね! p(^_^)q

101227_01_3 101227_02_2 

2010年12月26日 (日)

ある講師会議にて

 読者の皆さんの中には、企業研修や受験指導の講師として活躍中、あるいは講師の仕事に関心をお持ちの方も多いかと思います。

 私も講師の機会を何度か頂きまして、まずまずうまくいったものもあれば、あまり出来がよくなく反省しているものもあります。
 うまくいかなかった場合、その原因として次のような要素があると考えています。

  • 主催者の要望や受講者の現状など、認識・準備不足
  • メリハリやテンポなどの基本的なデリバリ
  • ファシリテーション的要素を含むものについては、懐や引き出しの不足

 さて、あるリスペクトしている方のご紹介から、LECが受託している「基金訓練講座」をお手伝いさせて頂きました。年末に講師総会を本部で行うという案内があり、昨日出席してきました。

 2時間の会議の内容は、クレームとその防止策、門外不出の心得などで、狙いは基本的な心構えについて再確認し徹底することのようでした。

 お話によると、クレームの多いベスト3は、次の点だそうです。

  • 難解である(専門用語を解説なしで使う等)
  • メリハリがない(何が重要か不明、飽きる等)
  • 準備不足(授業中にしどろもどろ、時間不足等)

 会議で感心したのは、登壇した取締役の方と部門長の方の講義が非常にうまく、力強いものであったことです。
 腹からの発声、声の大きさ、ゆっくりしたテンポ、重要事項の反復、四隅まで行き届くアイコンタクト等々、常日頃から研鑽を積んでいることを想像させるもので、さすが“全国に衛星中継される人”として選ばれるだけのことはあると感じました。

 多くの仕事がそうであるように、講師の仕事にもスポーツに近い面があると感じています。「心×技」がアウトプットの質を決める、という意味において。

 自分も一皮むけられるように、自分が話している場面を撮ったビデオや写真なども見返し、ブラッシュアップを図っていこうと、気持ちを新たにするよい機会となりました。

 「門外不出の心得」については、極秘ということでレジュメも配布されない位でしたので、メモの写真などは控えます。
 代わりに帰りにそれを見ながら上記のことを考えていた、サンプラザのツリーの写真を添えておきます。1日時期遅れはご容赦を。 m(_ _)m

101226_01

2010年12月25日 (土)

今年は「たまごっち」でした

P1000344

 我が家には娘2人(7歳と5歳)がおり、ご多分に漏れずクリスマスにプレゼントを渡しています。

 今月、長女はおたふく風邪(ワクチン接種がないためか、小学校で大流行)、次女も風邪で高熱を出してしまい、リクエストを話し合ったり買いに行ったりのアクションをとれずにいました。最近ようやく2人の体調が戻りましたが、所望の品々がどこにも売ってない!という...。

 どちらも「たまごっち」がらみで、長女は「たまごっちiD」、次女は「メロディバイオリン」。近所のトイザらスやヨーカ堂に聞いてみましたが、どちらも完売で入庫は未定。
 主なネットショップでもことごとく完売で、倍近いプライスになっています。(@_@)

 →たまごっちiD(スペシャルバージョン)
 →メロディバイオリン

 この「たまごっち」シリーズ、96年ごろからありますが、昨年ターゲットを「女児」と明確に設定し直しました。
 そっち方向に振ったTVアニメや雑誌連載での刷り込み、キャラを増やしてスペシャル版発売など、マーケティングの成功例として見習うべき点が多々あります。

 去年までの自分なら、「市場の仕組みを説明して“ない”と言い、別の物を勧める」、「高いのを我慢してヤフオクかAmazonマーケットプレイスで買う」のどちらかですが、今年はちょっと変更。

 ある執筆企画がきっかけで、「興味を持ったら現場に行ってみる」というタイプに変わりまして、仕事で都内に行った帰りに、いくつか大規模店を回ってみました。
 どんな商品に人気が集まっているのかや、フロアのレイアウト、キャラクター毎の陳列の工夫、親や祖父母が誰かと電話で相談する様子などを観察し、ひと学びしてきました。(^^)

 結果的に、「メロディバイオリン」を有楽町のビックカメラ、「たまごっちiD」(ノーマル版のピンク)を秋葉原のヨドバシカメラで、それぞれゲットでき、まずまずの収穫(冒頭の写真参照)。
 ちなみに、「メロディバイオリン」は前日10個入荷→残数5個、「たまごっちiD」は当日10個入荷→残数2個)という状況でした。

 人混みに出ることを避け、ネットでも用事が済ませられる時代にはなりましたが、街に出てみればいろいろ気づきがあるものですね。(^^)

より以前の記事一覧