最近のトラックバック

CSR、コンプライアンス

2010年5月11日 (火)

横浜型地域貢献企業 評価員研修

昨日と今日の2日間、「横浜型地域貢献企業」の外部評価員研修を受講してきました。

CSRについてよくある誤解として、「大企業がやるもの」、「お金に余裕がある時にやるもの」、「本業以外の寄付などをするのがCSR」等があります。

そうではなく、「CSRとは企業戦略である」という前提に立ち、本業を通じて雇用や環境などの事業活動に取り組む地域貢献企業を応援すべく、一定の基準をクリアした企業を認定する、というのがこの制度の趣旨です。

研修の締め括りに、事例を基にした評価のテストが行われました。合格すると、評価員リストに登載して頂けることになっています。

この制度、ISOとは違い、コンサルと監査の完全な分離をあえてしない設計になっています。

私の場合、内部統制を構築する側、システムが回っているかを監査する側の両方とも前職でやったので、その経験を活かして、具体的なアドバイスもしていければと思っています。

---

横浜型地域貢献企業支援事業

◇今回の講師、影山摩子弥先生のインタビュー

◇ 「競争優位のCSR戦略」(マイケル・ポーターほか)
  (「ハーバードビジネスレビュー」2008年01月号掲載。こちらで単品で買えます)